屋根塗り替え

img_head_riyu-column08
大切な家を守る 屋根塗装 で定期的なメンテナンスを
家の中で一番痛みやすい「屋根」。屋根塗装に当社は材料選びからこだわります。
屋根材もメーカーより多数の材料が発売されており、どのタイプで塗装するかは悩むところ。
大きくわけますと、ウレタンシリコンフッ素無機遮熱塗料に分類され、その中でも水性タイプ弱溶剤2液タイプに分かれます。
下地の状況、2度目~の屋根塗替えで合わない屋根材もありますので、特に注意して下さい。
屋根材の劣化が、隔離、剥がれ、雨漏りまで進行しますと、塗装工事では直りませんので多額の費用がかかります。
適切な時期に屋根のメンテナンスをすることで、建物の耐久性を高めてあげましょう。

屋根材の種類と特徴・リフォーム時期

屋根塗り替えリフォーム
 屋根の種類 特徴 リフォーム時期
カラーベスト
コロニアル
カラーベストコロニアル 耐久性や耐候性に優れ、軽量で施工しやすい。
価格も手頃なことから広く普及されている。
7〜10年で再塗装
セメント瓦 セメント瓦 セメントとを細骨材(砂)を原料として
塗装したものと無塗装品とがある。
端面が平滑になっている。
10年前後で再塗装
モニエル瓦 モニエル瓦 セメントと細骨材(砂)を原料として、
その上にスラリー層+塗膜を塗付した瓦。
端面が凹凸になっている。
10年前後で再塗装
瓦棒葺き 瓦棒葺き 板金で施工される屋根工法。
急な勾配を必要とせず、様々な形の屋根に対応。
5〜8年で再塗装
リーズナブル

耐汚染性・防カビ・防藻性に優れた塗料

長持ち遮熱

最上クラスの耐候性と屋根の遮熱効果を兼ね備えた塗料

超耐久遮熱

防汚性に優れ、塗装表面を長期に保護する為、遮熱効果を持続できる塗料

詳細はこちら

※上記参考価格はあくまで目安です。屋根塗装面積は80m2、足場代は別途必要になります。

屋根 カラーベスト 塗装工程

屋根は紫外線や雨風の影響をもっとも受ける部分です。
普段見えない屋根部分の工事は、仕上がりをご確認していただけるよう、
施工後の写真をお渡ししております。ご安心ください。
足場

外部足場組み
安全に作業を行うため、足場を組みます。

足場

屋根施工前
屋根が色あせ、コケや汚れの付着が目立っています。

足場

水洗い(高圧洗浄)
付着したコケや汚れを高圧洗浄で洗い流します。

足場

屋根下塗り
(シーラー塗装)

下地と上塗り材との密着を高めます。

足場

屋根中塗り
(シリコン塗装)

中塗りを塗って十分乾燥時間をとります。

足場

屋根上塗り
(シリコン塗装)

最後に入念に上塗りをして終了です。

施工前施工後
屋根塗装部分の工期 2〜3日
保証 3年〜7年(材料によって異なります)
耐久年数 8年〜13年(材料によって異なります)

屋根縁切り部材タスペーサーとは?

img_check02
tas_img03
タスペーサー(縁切り部材)とは、経年変化によるスレート屋根の傷み回復の再塗装時に、雨漏り防止のために、屋根材同士の重なる部分に差し込む樹脂部材です。

屋根材同士の重なる部分に適正な隙間を作ることにより、屋根の耐久性、防水性を高めるための部材になります。
屋根を再塗装する際には、塗料が屋根材の重なる部分を接着してしまうことがあります。
これをそのままにしておくと、雨などで浸入してきた水分を屋根材が適正に排出することができず、屋根内部に水分が溜まり、構造材の腐食雨漏りの原因に繋がります。

塗装した際に塗料で屋根材同士が密着したのをカッターなどで切断していく事を「縁切り」といいます。
密着した方が防水の事を考えると良いような気もしますが、密着しすぎもあまり良くないのです。

縁切りした後に、タスペーサーを屋根材の間に差し込む事によって適度な隙間が生まれ、毛細管現象による構造材への水の浸透を防ぎ、腐食などによる雨漏りを予防できます。加えて通気性も確保されるので、浸入した水分の乾燥も行われます。

屋根の通気性を確保しつつ、防水性を保つために屋根の再塗装時にはタスペーサーが必要になります。
00419
屋根材同士が塗料で接着されてしまっています。
このままでは排水性が悪いために、屋根内部に水分が溜まってしまい、後のトラブルの原因になります。(画像をクリックすると拡大)
003
へらなどの工具で屋根材を軽く持ち上げ、その隙間にタスペーサーを差し込んでいきます。状況によって差し込む枚数が増えます。
00518
タスペーサーを差し込んだ上で、屋根材を塗装した後の画像です。
屋根材の重なる部分に適正な隙間が確保されているのがわかります。(画像をクリックすると拡大)
【以下のような場合はタスペーサーは不要です】
・屋根材の重なり部分に4mm以上の隙間が空いている場合。
・三寸未満の緩やかな屋根の勾配の場合。(屋根勾配が30°未満の場合)
・アスファルトシングル材の様な柔らかい屋根素材の場合。

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ