佐倉市城で外壁・屋根の塗装と大工・防水工事

IMG_4918
佐倉市城のお客様より、外壁塗装、屋根塗装のご依頼を頂戴しました。

着工が11月でしたが、着工の1週間前の雨で、漏水が発覚。
散水テストを実施した結果、バルコニーからの漏水でしたので、大工工事と防水工事も行うことになりました。
 
2Fがモルタル、1Fがサイディングボードのお宅です。
敷地内に電線が走っている為、電線を防護する防護管の設置も必須でした。
 
IMG_201910092059346
こちらは、施工前の破風板。
IMG_6813-2
元々傷んでいたところに、9月の台風15号、10月の19号が通過したため、破損していました。
 
IMG_6789
高圧洗浄→養生&大工工事の後は既存の古いシールを抜き取っていきます。

抜き取るのは縦のシールのみ。サッシ周りは増し打ちにて施工していきます。
 
IMG_6797
こちらは抜き取ったシールの一部。
カッターを入れて、引っ張って抜き取っていきます。
 
IMG_6822
シールを抜き取った後は、新しいシールを打っていきます。
周りに貼ってある紫色のテープをはがすと、シールだけが残ります。
 
IMG_6886-3
1Fサイディングのシールと並行して、2Fの下塗りを進めていきます。

2Fはモルタルですので、塗料の吸い込み防止の為に下塗りを2回入れ、計4回での塗装を施します。
 
IMG_6890
1Fも下塗りに入っていきます。
 
IMG_6891-2
今回は1Fの色がガラッと変わって濃くなるため、下塗りを白にしていきます。
 
IMG_7081-1
この写真、真ん中を境に違う色になっていますが、実は同じ塗料の同じ色です。

左の紫色の部分が上塗り、右の茶色の部分が中塗りです。
顔料の関係で塗りたては紫色ですが、乾燥していくと右側の茶色の色に変化していきます。
 
IMG_7076
乾燥するとこの様に同色になります。
 
IMG_202001312006570
悪さをしていた、問題のバルコニー。
タイルが敷いてあったために、バルコニー床のクラック(ヒビ)に気が付かずに生活されていたんですね。
 
IMG_202001312006571
そのバルコニーを洗浄していきます。
 
IMG_202001312006572
そのバルコニーに新たな下地となるコンパネを打ち付けて施工していきます。
このコンパネが、新しい床になるわけです。
 
IMG_202001312006573
溝の部分にもコンパネを打ち付けていきます。
 
IMG_202001312006576
そのコンパネにプライマー(糊付け材のようなもの)を塗布し
 
IMG_202001312006578
FRPのガラスマットを敷きこんでいきます。
 
IMG_2020013120065710
最後にFRPのトップ防水を2回塗布し
IMG_2020013120065711
悪さをしていたバルコニーの床が仕上がりました。
ドレンについている、ストレーナも交換しました。
 

施工前〜施工後

before
IMG_4918-1
allow
after
IMG_7230-1
冒頭に書いたように、ガラッと雰囲気が変わりました。
使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
 
2019年は、千葉県に強い台風が2つ襲来したうえ、9月以降はとにかく大量の雨が降った印象があり、それに伴って漏水もかなりの件数で起こっています。
ちょっとした漏水でも放置せずに、お気軽にお問合せ下さい。

本社 久保田
 
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ