アパート階段のヒビの修繕・共用部の長尺シート工事:八街市榎戸

以前からお世話になっている八街市の不動産会社様より 「アパートの共用部にクラックが発生しているのでみてもらいたい」 というご依頼を頂戴しました。 現場調査に伺い、修繕のために長尺シートのご提案をさせて頂きました。 今回はその長尺シートの工事をUPしたいと思います。

長尺シート工事施工

IMG_4780-1
施工前です。
下地がモルタルの為、築年数が経過してしまうとどうしても傷んでクラック(ヒビ)が入ってしまいます。 この上にまたモルタルを施工してもまた割れてしまいますので、長尺シートをご提案させて頂きました。

IMG_4798
2F共用部の踊り場部分です。 モルタルが欠落してなくなってしまっています。
IMG_4800
このクラックが2F共用部最大のクラック。
壁際とフェンス下の端部、こういったクラックはウレタンの線防水を施してから長尺シートを敷設していきます。

IMG_6321-1
まずはカチオンを塗布して表面を固め、下地を作っていきます。

IMG_6180
カチオン塗布後
カチオンを塗布して下地を固めたことで、細かいクラックはこの時点でほとんどなくなってしまいます。

IMG_6184
共用部通路の両端部と、カチオンを塗布しても目立ってしまう大きなクラックに関しては、ウレタンの線防水で対応するためシーラーを塗布していきます。

IMG_6191
線防水完了後はこの様になります。
共用部の両端部とクラックからの水の侵入を、ウレタンの線防水で抑えるというわけです。

IMG_6299-2
ウレタンの線防水後は、いよいよ長尺シートを貼っていきます。

IMG_6304
階段は1段飛ばしで施工していきます。

IMG_6312
この工程が最終段階。
端部のシーリングです。
シールを打っていくことで、雨水の侵入を完全にシャットアウトします!

施工前・施工後

before
IMG_4780-1
施工前の写真です。

allow
after
IMG_6203-1
施工後
長尺シートを施工するだけで、雰囲気がガラッと変わりますね。 目立っていたクラックもなくなり、綺麗な廊下になりました。
before
IMG_4794-1
階段踏み面施工前です。
allow
after
IMG_6280-1
階段踏み面施工後
今回使用した商材は、タキロンのタキステップという材料です。

もともとがモルタル面でしたのでウレタン防水かも?!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、長尺シートを張ることで高級感もでて雰囲気もだいぶ変わります。特にアパートのオーナー様にはお勧めの材料です。気になる方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせ下さい。

担当者:久保田 寿俊

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ