LIXILジオーナフェンス設置・コンクリート土間造成工事:四街道市栗山

IMG_4132
四街道市栗山で敷地廻りの工事をしました。内容はフェンス取り付け工事(LIXILジオーナフェンス設置)とコンクリート土間造成工事になります。今回は庭を土からコンクリートへ造りかえる工事の一部を紹介します。施主様の目的は敷地スペースの有効活用と雑草処理の手間を省くことです。雑草処理は手で抜いたり、草刈り機を使用したり、除草剤をまく、砂利を敷いたりと様々な処理方法がありますが、いずれにしても対策する為に時間を費やしてしまいます。雑草は土面が少しでもあると、飛んできた種子が発芽し育ちます。今回はコンクリートを造成する事で土面を減らし雑草対策を行いました。又、庭を土面からコンクリートにする事で地面が安定し多様性あるスペースが演出出来る工事となっています。

工事前

IMG_5414
4月に撮影した庭の写真です。家廻りのお手入れをしているのですっきりした印象です。目隠しの為に植えている木も整えられていますが、この状態を1年中キープするのには労力と時間が必要です。
IMG_5415
一見綺麗ですが、雑草を根から処理除去するのは困難です。除去出来なかったイネ科の植物などは春から夏にかけて育っていきます。
IMG_2813
6月に撮影した庭の写真です。上記写真と比較すると雑草が増殖しています。庭だけでなく道路に面している隙間の部分からも、雑草が生えてます。仕事など抱える生活の中で、空いた時間にこの状態を整えるとなると一苦労です。
IMG_7253
暖かくなり始めると、雑草が生い茂るスピードが早まるので、背が高くなり、範囲も広くなってしまいます。こうなってしまうと丸1日雑草処理に時間を費やしてしまいます。
IMG_2804
さらには家廻りにも、雑草が生えています。イネ科の植物は土があるところなら、簡単に発芽する植物です。目につくとこだけでなく室外機下などにも根をはってしまいます。
IMG_2798
こんな場所にも植物は生え茂ります。今回の工事では、植物が繁殖しづらいように土からコンクリートで土間を造成しています。併せて目隠しで活躍していた、木々を抜根し、代用としてフェンスを新設し、室内を目隠し出来るように防犯対策もしていきます。

施工中

IMG_8344
まずは下地をつくる為に雑草を取り除き整地する作業です。下地作りは重要な工程です。
IMG_8335-1
抜根して整地しています。下地処理は2日間かかりました。
IMG_8342-1
整地が完了したら、コンクリート造成工程へ移ります。
IMG_8386-1
コンクリートを流し込み固めました。綺麗に仕上がってます。
IMG_8391
室外機の土台廻りは、枠組みをしてコンクリートを流し込みます。枠組みして固める事で、土台交換や室外機交換が簡単に出来るようになります。
IMG_8387
コンクリート造成工事では、雨水の排水出来るようにします。コンクリートに勾配をつけ、浸透桝を設置します。雨水がたまらないように水はけに注意を払います。
IMG_8404
コンクリートが固まったら、フェンスの造成工事へと移ります。今回は、フェンスに高さを出すために、既存のブロックの上に一段ブロックを追加して、フェンスを取り付けることにしました。
IMG_8439
ブロックを積み上げるので、既存ブロックにアンカーを取り付けます。アンカーを取り付け、積み上げたブロックに強度をつけ倒壊防止します。
IMG_8446
ブロックを積み上げていきます。
IMG_8455
新規ブロックの積み上げが終わったら、はみ出たモルタルを削り慣らしていきます。
IMG_8457
綺麗に仕上がりました。仕上がったら新規ブロックに強度をつけます。
IMG_8464
新規ブロックの上部にモルタルを流し込みます。モルタルを流し込み終わったら、バランス良くフェンス柱を立てていきます。
IMG_8466-1
フェンス柱を水平になるように施工します。
IMG_8467
フェンス柱が水平になったら、新規ブロックに流し込んだモルタルを慣らし固めていきます。
IMG_8523-1
フェンスの柱を新設しました。柱の取り付けが完了したら、目隠しフェンスを取り付けます。
IMG_8524
インターロッキングブロックです。下地調整をしてから職人による手作業でブロック工事を進めていきます。ブロック同士をかみあわせて施工します。

工事後

IMG_8660-1
取り付けたフェンスはLIXILのジオーナフェンスYS型です。色はシャイングレー+クエリダークとなります。フェンスを新設したことでプライバシーの確保が出来ました。防犯対策もばっちりです。
IMG_8664
ブロックを一段新設した事によって、フェンスに高さが出てます。これで目線が隠れます。ジオーナフェンスは横移動調整が可能です。道路からの目線が気になるようなら、柱の幅でフェンス自体を微調整できます。
IMG_9379
インターロッキングブロックが完成しました。今回は既存のブロックに合わせて、類似ブロックを使用して施工しています。インターロッキングブロック工事は色や形のバリエーションが豊富な工事となっています。用途や外観に合わせた提案が可能です。気になる方はオリエンタルホームサービスまで是非お問い合わせ下さい。
IMG_8400
駐車場の土の部分もコンクリート工事をしています。土の部分がなくなったので雑草の繁殖率も軽減です。コンクリートで対策しておけば雑草処理もかなり楽になります。

全体写真

IMG_9472-1
建物全体の写真です。使用しているフェンスはLIXILジオーナフェンスYS型です。色はシャイングレー&クリエダークです。施主様の建物とマッチしてます。
IMG_8657
今回の工事では、庭の土部をコンクリートに変えて、フェンスを新設してるので庭だけでなく建物自体の印象が大きく変わる工事となりました。庭の木々を切り、目隠しフェンスを取り付けコンクリートを敷いたので、洗濯物を干すスペースや物置を設置する等のスペースとして活用出来ます。敷地を有効活用したい方などにおススメな工事となっています。千葉県内、千葉市周辺でエクステリア工事でお悩みの方などがいましたら是非弊社までご連絡、お問い合わせ下さい。ご予算に応じた工事をご提案致します。

担当者:渡部 大輔

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ