屋上防水

屋上やバルコニー床の防水工事を通気緩衝AV工法にて施工:佐倉市江原

今回施工した内容は、屋上及びベランダの防水工事です。築年数が20年以上経過している建物で、防水工事は今回が初めてという事で御依頼いただきました。既存の下地の状態はコンクリート面になっていますが、細かいひび割れや、日当たりの悪い面は苔・藻などが数多く発生していました。お客様の要望により、夏場は非常に暑いという事から、高反射の防水材で施工することとなりました。防水工事の仕様は、通気緩衝AV工法になります。施工方法をご紹介していきたいと思います。
P2160146
施工前:屋上面

状態:ひび割れの発生・パッキンの劣化
P2160159
施工前:3Fバルコニー(2ケ所)

状態:ひび割れの発生・パッキンの劣化・苔、藻の発生

P2160188
施工前:2Fバルコニー(2ケ所)

状態:ひび割れの発生・パッキンの劣化・苔、藻の発生


DSC_0248
施工中:屋上面

まず、高圧洗浄を施した後、1日乾燥させてから施工に移ります。既存のパッキン(伸縮目地)を撤去した後に、シーリング処理していきます。
DSC_0254
施工中:屋上面

笠木(コーピング)は一時撤去し、痛んでいる箇所がありますので、カチオン処理していきます。(下地形成)
立上り面は、メッシュを入れて防水材を塗布します。
DSC_0266-1
施工中:3Fバルコニー

外壁側立上りは、シート撤去後、屋上同様にカチオン塗布します。
既存のドレンも、この時点で撤去し、周りを防水処理してから新規で取り付けます。
DSCN1358
施工中:屋上面

シーリング処理終了後、プライマーと全体に塗布していきます。この時の注意点は、隙間なく塗ることで、防水の膨れの原因を防ぎます。
DSC_0272
施工中:屋上面

プライマー塗布後、脱気筒を指定の位置に設置します。目的としては湿気を逃がす役割をするので、AV工法の場合は必ず設置して下さい。
DSC_0345
施工中:2Fバルコニー

屋上及びバルコニー面(土間)に、通気緩衝シートを全体に敷いていきます。設置面は、テープにて隙間なく処理します。
DSCN1375
施工中:3Fバルコニー

通気緩衝シート終了後、防水中塗り材を塗布していきます。工程は2工程行い、厚みを付けていきます。
DSCN1385
施工中:屋上面

中塗り材塗布後、トップコートを塗布していきます。仕様はウレタン防水(高反射)で、こちらも2工程で仕上げていきます。
DSCN1396
施工終了:屋上面
仕上がりです。高反射塗料なので、通常のグレーよりも明るく仕上がりました。膜厚もついているので、防水効果は良好です。
防水工事でお悩みの方は、一度ご連絡頂ければと思います。

本社:井辺 功太

屋上やベランダの防水工事でお悩みの方は気軽にご連絡下さい。

工事予定場所!!

こんばんは、工事部大久保です。
久々のブログ更新です。パソコンが新しくなりまして、今回は写真もUPしていきます。
薬剤師センター:折半屋根工事施工前
これは、これから施工する施設の写真です。予定では11/20(木)からの施工になります。
折半屋根から積雪があると雨漏りをするということで、漏水部を塞ぐ施工を予定しております。
進捗はまたUPしたいと思います。

千葉市中央区商業物件改修工事

本社、大久保です。11月に入り今年も2カ月を切り、なんとも早いです。

先月の末から千葉駅近くの商業物件で全面改修工事が始まりました。雨漏りがひどく、屋根の葺き替えと屋上防水、外壁塗装と施工する箇所が意外とあります。来週は、ガラスの交換と一部内装のクロス工事の予定です。

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ