千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
IMG_9025
立地によるベランダの湿気でお悩みの方、ベランダのお手入れ方法でお悩みの方、ベランダ防水工事をご検討中の方は必見です。

千葉市若葉区若松台のF様邸で、ウレタン防水通気緩衝工法(脱気筒取付)の工事を行いました。
 
今回は通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材を塗布する防水工法になります。

降雨などの上からの水分をシャットアウトすると共に、ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させるため、安全で信頼性の高い防水工事となります。
 
IMG_0017
工事前の写真となります。
湿気がたまりやすい立地でしたので藻やコケが多いベランダでした。
広いベランダでしたので日々のお手入れは難しいです。
 
IMG_0018-1
下地に水分を含んでしまっていた為内部から上がってきた水蒸気により防水層が膨れ上がり、剥離していました。
今回はお客様のご要望で湿気を逃がす防水工事を提案しました。
 
IMG_9007
洗浄後の写真です。

コケや藻の付着を落とします。
経年による傷み、ひび割れが目立ちます。

ベランダの傷みは雨漏りの原因に繋がるので、この状態で放っておくわけには行きません。
 
IMG_9008
下地処理 1

防水工事では下地処理がとても重要です。
経年の劣化で下地がボロボロでしたのでサンダーがけで下地調整をします。
この作業が良い防水層を作ります。
IMG_9009
下地処理 2

シール材で埋めて補修をしていきます。ヘラで表面は平滑にします。
IMG_9010
下地処理完了

平滑な表面に仕上がれば下地処理は完了です。
 

IMG_9011
プライマー塗布

通気緩衝シートを貼る前に、密着性の高いプライマーを塗布します。
接着の良い下地処理剤を使用しています。
IMG_9012
通気緩衝シート張り

通気緩衝シートの貼り付けです。
これがウレタン防水工事の上で下地の水分を逃がすための施工です。
穴が開いたシートを間に入れることで塗膜と下地の密着が半分になります。
この空間によって水蒸気が発生しても塗膜が膨れを起こさない防水層が出来上がります。
 
IMG_9013
ジョイントテープ(ジョイント処理)

結合部にテープを継ぎ目のないように貼ります。
ジョイント部分の水の侵入を防ぐため、テープの上にウレタン塗膜防水材を塗布します。
 
IMG_9015
メッシュ貼り(立ち上がり)

ベランダの立ち上がりにメッシュを貼ります。
衝撃による防水層のひび割れの抑制します。

防水層の厚みの確保をする為、補強メッシュシートを貼っていきます。
IMG_9016
脱気筒設置

工事のメインとなる湿気の逃げ道となる脱気筒です。
動かないようにしっかりと固定します。
勾配の高い位置に取り付けることにより蒸気を逃がします。
IMG_9017-1
ウレタン塗膜1層目施工

ウレタンの1層目です。
1層目の塗膜を平滑に施工をしていかなければなりません。
 
IMG_9018
ウレタン塗膜2層目施工

1層目の乾燥を確認してから2層目を施工していきます。
FRP防水と比較すると、ウレタン防水は厚膜のため乾燥までの時間も長くなります。
 
IMG_9019-1
保護材塗布(トップコート)

ウレタン防水層の上から保護材トップコートを塗布します。
ウレタン防水自体は紫外線に大変弱く、そのまま露出させているとひび割れの原因にもなりかねません。
トップコートでの表面保護により綺麗に、且つ高耐久に仕上げる効果があります。
IMG_1492-1
ウレタン防水通気緩衝工法完了です。
とても綺麗に仕上がっています。
IMG_9021
今回の工事にて脱気筒を取り付けています。
 
IMG_9022-1
併せてドレン工事もしています。

施工前〜施工後

before
IMG_9006-1
allowdown
after
IMG_9025
 
トップコートの塗り替え目安は5年です


施工後5年後からベランダ防水のヒビ等が気になり始めるとは思いますが、大体の原因はトップコートの劣化です。
防水層には大きな影響はありませんが、やはり防水塗膜の傷みの原因になりますので早め早めのメンテナンスが大事です。

防水工事でお悩みの方はコチラのページへ
↓↓↓↓↓↓↓

大切な住まいを長持ちさせる方法

千葉市内や千葉県内でベランダの防水工事を検討中の方や工事時費用でお悩みの方は
オリエンタルホームサービスへお気軽にお問い合せ下さいませ。

担当:渡部
DSC_1091
今回は築10年のお宅で、外壁塗装と屋根のカバー工法を行いました。一見何の問題もない綺麗な一軒家に見えますが・・・
 
DSC_3113
縦目地のコーキングに関しては劣化して割れてきてしまっていました。
DSC_3067
屋根は一見問題のないコロニアルの屋根ですが・・・
DSC_3063
10年前後で不良が見られ問題になっているニチハのパミールの屋根が葺かれているご自宅でした。
 
DSC_3069
パミールの屋根においては、基本塗装を行なっても写真の様に表面の層が剥がれてきてしまうものなので、費用はその分かかってきてしまいますが、塗装より新しく屋根を葺いてあげるようなカバー工法や葺き替え工法を推奨しています。

今回は施主様とご相談させていただき、既存の屋根の上に新たに屋根を乗せて施工する「カバー工法」を行っていくこととなりました。
 
DSC_1066
まずは外壁を施工していきます。付着した汚れを落とし密着性を良くするために、洗浄を行っていきます。
 
DSC_1088
どうしても日の当たりづらい面に関しては、写真の様に藻が付着してしまいます。
DSC_1100
換気口付近などは黒ずみも付着してしまうので、こういった箇所は洗浄時は入念に洗っていきます。
DSC_3107
色付け塗装の際、まずは既存のコーキングをすべて写真の様に撤去していきます。
 
DSC_3110
サイディングボード外壁の一番大事な箇所なので、後々の不具合も見越して・・・
DSC_3165
コーキングは塗り足しでなく、しっかりと撤去→打ち替えて施工していきます。
DSC_3185
コーキング処理が終わった後は、壁の下塗りを入れていきます。

今回はクリヤー系の下塗り材を使用している為、わかりにくいですが、写真は下塗り後の様子となります。
 
DSC_3266
続いて主剤により塗装をかけて、中塗りの工程を進めていきます。
DSC_3274-e1511338387539
続いてもう一度主剤よる塗装をかけ、上塗りの工程となります。

これで合計3回塗装となります。
DSC_1079
1階サイディング面に関しては、クリヤー塗装を行なっていきます。
DSC_3295
クリヤー塗装に関しては下塗り、上塗りと合計2回塗装となります。
 
DSC_3292-1
写真を拡大すると分かりますが、塗装を行なった部分に光沢が蘇っています。
 
DSC_3369
クリヤー塗装は既存の柄が気に入られていて、なおかつ多色彩な外壁材だったりしたときのお客様にお勧めできる商材の一つです。
(時間が経過して傷みが激しいサイディング壁にはクリア塗装ができないことがあります)
 
DSC_3297
続いて色付け塗装と同様、既存のコーキングを切り取って撤去していきます。
DSC_3308
切り取った後はみ出し防止のマスキングテープを貼り、コーキングを打ってからテープを剥がすと綺麗なラインが出ます。
 
DSC_3346
クリヤー塗装に関してはコーキングが後打ちとなり、表に出てきてしまうということもあり、通常より持ちの良いものを使用していきす。
 
DSC_3658
続いて問題の屋根のカバー工法を行っていきます。
既存の屋根の上にまずはルーフィングという防水シートを全面的に打ち付けていきます。
DSC_3712-1
その上に新しく屋根材を軒先から順に拭いていく形となります。
DSC_3713-1
使用している屋根材に関しては、ガルバリウム鋼板という屋根材で、重量も少なく持ちの良いもので、屋根のカバー工法や葺き替えに優れた商材となっています。
 
before
DSC_3562
allow
after
DSC_3825
屋根を全面的に葺いたのち、棟板金を取り付けてカバー工法の工程は終了となります。
 見た目はコロニアル屋根と大差は無いですが、これで屋根による心配はもうありません。
 
DSC_3367
今回附帯部に関して使用した商材は、エスケー化研のクリーンマイルドシリコン、色はSR-423というものになります。
 
DSC_3361
1F外壁への使用商材は、日本ペイントのUVプロテクトクリヤーになります。
DSC_3276
2F外壁への使用商材は、アステックのリファイン1000Si-IR、色番は8087スムースクリームというものになります。

before
DSC_1094
allow
after
DSC_3879

元々の雰囲気を壊さずに塗装をしたいという施主様からのご要望により、今回はクリヤー塗装と、既存の色に近い色味による色付けの塗装を行ないました。

外壁塗装や屋根塗装などのご相談はぜひ当社にお任せください。

担当:大網
 
IMG_7518
ログハウスにお住いのお客様より「ウッドデッキの造作をして欲しい」というお問い合わせを頂きました。
今はログハウスのお宅もすごく珍しいですね。

この角度から見ていると、ウッドデッキを造り変える必要はなさそうですが・・・
 
IMG_7522-1
裏にまわってみると、腐食が激しくウッドデッキの床、ラティス共に欠落していました。
 
IMG_8260-1
今回、ウッドデッキを造作し直さなければいけない理由がコチラ。

奥に見えてるドア、実は玄関なんです。

ウッドデッキの腐食が進んで玄関前の床が欠落してしまうと、屋内への出入りが出来なくなってしまうわけです。
 
IMG_8257-1
まずは丸ノコなどの電動工具を使って既存のウッドデッキを解体していくわけですが、やみくもに解体してくと屋内への出入りが出来なくなるので・・・
 
IMG_8251
玄関ドアの前のウッドデッキのみを残し、他の部分を解体して、先に造成してしまいます。
 
IMG_8265
写真奥から造り始めたウッドデッキを、玄関前まで伸ばしていきます。

玄関前のウッドデッキは、午前中に解体、午後に造成することで、玄関の出入りに困らないというわけです!
 
IMG_7602
造成途中にウッドデッキの下に潜り込み、床の裏面や根太もしっかりと防腐塗料を塗装をしていきます。

今回使用した防腐塗料はキシラデコールという塗料のウォルナットという色です。
IMG_7598
今回施工したウッドデッキ造成のこだわりポイントその1。

「床の木材同士の隙間を広めに取る」

材料同士の隙間が狭いと風で舞った土が詰まり、その土が降雨で湿って、ウッドデッキが腐食するスピードを上げてしまいます。

木同士の隙間を広めに空け、土が溜まらないようにしています。

写真はキシラデコールの下塗り(1回目)後です。
 
IMG_8262
幕板、幕板の裏も塗装をした後、いよいよラティスを組んでいきます。
IMG_8269-1
解体前のウッドデッキと同じように、ラティスを組んでいきますが、柱と筋交いの接合部分の色が変わっているのがお解りいただけるかと思います。

これは筋交いを組む前に、木にキシラデコールを塗布しているためです。

このひと手間を加えることで、木の防腐効果がより一層高かくなるわけです。
 
IMG_8045
パイプで作られていた階段は撤去、お役御免です。
新しく階段も造成しました。

IMG_8053
今回のウッドデッキ造成のこだわりポイントその2.
階段を広めに造り込むことで、階段の両端に植木鉢が置けるというわけです!

階段も、段裏やささらをしっかりと2回、キシラデコールを塗装していきました。
 
IMG_8054-1
ラティスの表裏を2回塗装した後は、いよいよウッドデッキの床面に2回目の塗装を施していきます。

2回目を塗装し終わると、見違えるように艶が生まれます!
IMG_8055
全ての部分に2回塗装を施し、完成です!

土台や根太、各種接合部分などの目に見えない部分もしっかりと2回塗装を施していますので、防腐効果はかなり高くなっていると思います。木の風合いが生きていて、とてもキレイな仕上がりですね。

担当:久保田
 
IMG_6499-1
千葉市内にある自動車整備工場より、古くなった看板の撤去と撤去した部分の再塗装の御依頼を頂きました。

外国車中心の整備工場で、整備待ちの車がたくさん入庫している為、
塗料の飛散に気を遣いながらの作業となりました。

今回看板を撤去し下地の部分補修をする場所は、建物に向かって左側です。
一面のみ足場をかけて工事をしていくことになりました。
 
IMG_6501
古くなってしまった看板。
看板の周囲はコーキングが施されているものの、看板自体はビスで少々固定されている以外は、強めの両面テープで止められているのみでした。
IMG_6508-1
左のアップ写真です。
カッティングシートで作成されていたようですが、紫外線や雨水で劣化していました。
まずはこの看板を撤去し、撤去した後の下地のALCを補修していきます。
 
IMG_7387-2
撤去した看板です。
撤去した看板は70cm × 800cmの横に大きなサイズ。
1枚あたりの重さがかなりある上、雨も降っていたので2人がかりで撤去していきました。
IMG_7450-1
看板撤去後のALCです。
雨水の侵入防止で施されていたコーキングなどがまだ残っています。
こういったコーキングを撤去し。剥がれてしまっているALCの表面も補修していきます。
 
IMG_7477
下地を補修した後は水性ソフトサーフSGというサーフェーサーを「砂骨ローラー」というデコボコの型が付いているローラーで転がし、既存の外壁に似たパターンをつけていきます。

こうすることで、上塗りをかけた時にきれいに仕上がります。地味な工程ではありますが、非常に重要なひと手間です。
IMG_7490
最後は主剤の塗装です。
中塗り、上塗りと主剤を2回塗装していきます。

しっかりと補修し、下塗りでサーフェーサーでパターンをつけていくことで、看板撤去後の傷も目立たなくなり、綺麗に仕上がります。

今回の上塗りの材料はSK化研のクリーンマイルドシリコン、色はN-93という色です。
 
CHPS3347
こちらで作業完了になります。

看板を撤去したとろこだけでなく、青色の帯より上全部を塗装したことで色がちぐはぐにならず、色の統一性が出ました。
今回の様に「一面のみ足場を組みたい」、「壁についているものを撤去したい」などありましたら、是非お問い合わせ下さい。

担当:久保田
15年前に一条工務店さん【ハウスメーカー】で建てられたT様邸では、外壁のクラックや藻の付着、化粧帯・モールの色褪せが出てきて、施主様はそれを特に気にされていました。

築年数がおおよそ10年以上経過してくると屋根や壁が傷みだします。

外壁の塗り替え時期は10年〜15年が一般的です。
今回T様邸の外壁は、窯業系サイディングボードに現場でリシンを吹き付けた仕様になります。
リシンは石粒のような塗料で防水性に関しては弱いので、早めのメンテナンスが大切です。
 

施工中写真

IMG_7718
【外壁:施工前】

築15年ともなると藻が発生したりクラックが生じてきます。
クラックはパテ処理してから塗装工程に入ります。
IMG_9316-1
【外壁:施工後】

藻の付着での汚れを気にされていましたので、防カビの塗料を混ぜて塗装しています。
これでバッチリ藻の発生を抑えられます。
 
IMG_7719
【化粧帯・モール:施工前】

経年による色褪せが生じ始めています。
IMG_9189
【化粧帯:施工後】

SK化研クリーンマイルドシリコンのSR-423で塗装しています。(雨樋とモールも同色です)
 
IMG_8490-1
【モール:施工前】

経年による色褪せが生じ始めています。
 
IMG_9335
【モール:施工後】

SK化研クリーンマイルドシリコンのSR-423で塗装しています。(雨樋と化粧帯も同色です)
 
IMG_8487-1
【雨戸・戸袋:施工前】

特に戸袋が経年により色褪せが生じています。
今回は雨戸の色に合わせて戸袋の塗装をします。
 
IMG_9338
【雨戸・戸袋:施工後】

雨戸と戸袋が同色になって統一感が出る仕上がりになりました。
調色もバッチリですのでお客様にも気にいってもらえました。
 
IMG_8497
【目地:施工前】

目地が硬化し劣化、ヒビ割れが生じており、藻も付着しています。
 
IMG_9183
【目地:施工後】

縦目地は打ち替えをしています。
サッシ周りと入隅は増し打ちの工事をしています。
綺麗に仕上がっています。
 

完成写真

before
IMG_7724
allow
after
IMG_9330
before
IMG_7809
allow
after
IMG_9323
今回の工事に使用した商材になります。
アステックペイントの塗料を使用し塗装しています。
 
外壁商材
超低汚染リファイン1000Si-IR 【色:ライトクリーム】
 
アステックプラスS [防カビシリーズ]
施工箇所
外壁・軒天・雨樋・ダクトカバー
 
雨戸・戸袋・モール・化粧帯
 
外壁のライトクリームは穏やかな印象になり、帯・モール・雨樋の色はしっかりとしたブラウン色で統一してますので、全体がぐっと引き締まった感じのご自宅に仕上がりました。 お客様にも大変満足とお声を頂いております。

今回の塗料が気になった方は、耐候年数等、商材の説明をしています。
詳しくはこちら→超低汚染塗料リファインシリーズ

ご自宅の塗り替えをご検討している方は、外壁・屋根の状態が良いうちに【適切な】メンテナンスをすることが大切です。
無料で外壁診断・塗装アドバイスをしていますのでオリエンタルホームサービスにお気軽にお問い合わせください。

担当:渡部 大輔
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ