千葉スタッフブログ

本社スタッフ工事日記
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
今回は千葉市中央区にありますビルをお持ちのオーナー様で、古くなったエントランスを綺麗にされたいとの事でご依頼を受けました。 また、エントランス内も雰囲気を変えたいとのご要望もありアステックペイントの多彩色模様のグラナートSPをご提案させて頂きました。

IMG_9623
こちらは、施工前の写真になります。
IMG_9624
こちらは、角度を変えた施工前の写真になります。築40年以上の建物で、エントランスの入り口には現在使用していない受付のカウンターがあります。オーナー様は、まずカウンターが使用していないのにかなりの面積を有している為、撤去をご所望でした。あとは、全体的な色合いが暗く感じられ昭和の匂いが漂う感じの改善です。
IMG_9631
こちらも別角度の施工前の写真になります。今回は、階段やそれに付随する壁は、手を付けません。
IMG_9633
その他には、正面に写る大きなポストを交換してほしいとの事でした。簡単に請け負ったのですが、後で後悔することに。
IMG_2922
まずは、壁を塗装する前にポストを撤去します。素地が出て来たことによりこのポストは、建てた時より使われていたことが分かります。つぎにつける予定のポストは、既存の物よりも高さが半分くらい小さくなる為、塗装を全体的にしていきます。
IMG_2923
無事に外して、仮置きをしておきます。新しいポストが付くまで引継ぎがある為です。なぜ、後悔したかと言いますとこのポストを2人で外しに行ったのですが40年前のステンレス製のポストは、想像以上に重く、余裕だと思って作業をしたところ大変苦労したという事でした。
IMG_2932-1
壁を塗装する前にまずは、天井を塗装していきます。見て頂いてお分かりのように右が施工前で、左が新しく塗装をかけている所です。
IMG_2936-1
観葉植物にも塗料が付かない様に養生をしていきます。通行する人の邪魔になる為、今回はサッシと共に養生しました。
IMG_2941
テナントビルという事もあり溶剤の塗料では匂いがきつい為、今回は水性の塗料(ニッペ水性ケンエース)で施工しております。
下地の色も有り2回塗装です。
IMG_3031
前回の塗装が、目地の入る塗装であったため今回もその目地を生かして塗装していきます。吹き付けをする前にラッカーテープ(紙テープ)で養生をしていきます。
IMG_3036
養生の上から主材を吹き付けていきます。今回は、アステックペイントのグラナートを使用しました。汚れも付きづらいうえに多彩色の為、飽きのこない色です。
IMG_3048
ポストを取り付けしていきます。
水平を取りながら、穴をあけてつけていきます。
IMG_3277-1
全部のポストを付けてから、壁に出来た段差をモルタルで埋めていきます。
IMG_3366
モルタルで埋めた箇所をパターンを付けて塗装をしていきます。
IMG_3034
全体に吹き付けた写真になります。以前の壁の色が暗い色だったため、今回の色で大分明るくなったと思われます。
エントランスは、ビルの顔ともいえるところですので、オーナー様も仕上がりに満足されていました。

ビル修繕工事でお悩みのあるオーナー様は是非オリエンタルホームサービスへお問い合わせください。

担当:大久保 大輔

皆さんのお宅の波板は劣化していませんか?
立地条件や使用環境によっても変わってきますが、一般的にポリカ波板の耐候年数は約10年と言われています。
今回は塗装工事の際に同時施工になったガレージのポリカ波板の交換工事を紹介していきたいと思います。


IMG_2238_R
一部解体されていますが・・・
施工前のポリカ波板です。
解体されている箇所(写真右側)が足場の立っていた箇所になります。



IMG_2237_R
ご主人さん手作りのガレージになり、波板も20年以上前にご自身で施工されたようです。

IMG_2154_R
下から見上げるとこんな感じになっています。
木で組まれているので、傘釘を使ってポリカ波板を固定していきます。
かなり年季が入っていますね。

IMG_2253_R
大量の傘釘が撃ち込まれていたために、解体していくのにかなりの時間を要しました。
ポリカ波板を取り外した後に、写真のように釘が残ってしまっているので、ペンチで除去していきました。
この除去作業を怠ってしまうと、新しいポリカ波板を貼っていく時に干渉してしまうので、丁寧に除去していきます。
IMG_2297
波板を解体した後です。
腐食している部分もあるので、補強しながら下地の木を打ち込んでいきます。

IMG_2335
施工後です。
通常は波板の山5つにつき傘釘1つという間隔で傘釘を打ち込んでいきますが、ご主人さん手作りのガレージのため、強度の関係上波板の山3つにつき傘釘1つという間隔で打ち込んでいきました。
使う傘釘の量、施工時間共に通常の倍近くかかりました。
波板は「家屋の附帯物」というイメージが強いので放置しがちですが、一生ものではありません。
塗装工事の際には是非一緒に交換されることをお勧めいたします。

波板交換の料金表⇒

担当者:久保田 寿俊




IMG_3624-1
今回は、RC造の建物から雨漏りがしているというご連絡があり、現調に伺いました。現調してみると2Fに雨漏りの痕跡があり、その他の階にはない状態でした。
IMG_3620-1
室内から現調した写真になります。
室内から室外へと延びるダクト周りからの雨漏りの痕跡が見られました。
IMG_3614
室内の天井点検口から外壁等からの雨漏りによるシミが無いかも確認しましたが、特にしみもなく漏れている形跡は有りませんでした。
IMG_3657
雨漏りの痕跡のあるダクトの室外側を見たところ、外壁とダクトの間に隙間が有り、中に雨水が入る様な感じになっていました。
IMG_3632-after-1
2Fにあるダクトは、全部で6本あるのですが、全体的にシールの劣化が見られた為、6本全部のシール工事を施工する事となりました。雨漏り対策です。
IMG_4291-after-1
コーキングがはみ出ない様にラッカーテープを張ってから目地用プライマーを塗布していきます。
IMG_4293
(施工後)
コーキングを打ってからラッカーテープを剥がし、施工完了となります。
今回は、2Fのダクトからの雨漏りと見られますが、建物が築30年くらいの経っていて塗装工事などは、まだされていないため今後、外壁からの漏水が出てくる可能性がある為、何年後かに全塗装をお勧めします。

本社:大久保 大輔

熱源機とは簡単に説明すると、ガスを使用した浴室乾燥暖房や床暖房の機能を備えた給湯器の事です。浴室乾燥暖房機はガスを使用せず電気のみの器具もありますので交換する際は注意が必要です。今回は市川市妙典のT様邸で既存のNORITZ熱源機GTH-2413AWXH-Tを同メーカーGTH-C2450AW3HBLに交換工事を行いましたので、熱源機の選定方法を中心にブログを進めていきたいと思います。

DSC_0388
こちらが熱源機の写真でマンションのベランダに設置されています。写真の上部が本体で給湯器よりやや大きいサイズになり、写真の下部は配管カバーで交換する際は予め寸法を測ります。マンションのベランダや戸建ての屋外に設置されていれば、正面に障害物がなければ標準設置型になりますが、マンションのPS(パイプスペース)に設置されている場合はPS扉内・アルコーブ(側方排気)・上方排気・後方排気に分かれますので、まずは設置環境と排気の方向を確認する必要があります。

DSC_0389
配管カバーを外すとたくさんの配管が見えます。熱源機は浴室乾燥暖房などの暖房機に接続されている配管を高温と呼び、床暖房に接続されている配管を低温と呼びます。ノーリツのカタログでは高温のみ使用する場合は1温度、高温と低温もしくは低温のみの使用は2温度というように分類されていて、低温の配管が3本以内か6本以内なのかが分かれば熱源機の選定がさらに絞れます。写真の左手前の低温の配管が2本熱源機に接続されていますので、交換する熱源機は標準設置型2温度3P内臓を選びます。

DSC_0394
本体の全面パネルを外した写真です。かなり複雑な構造ですが、ここから浴室・台所リモコンや高温・低温器具のリモコン配線を外し新しい熱源機に配線します。特に床暖房の配線は1つのリモコンで、例えばリビングの床のA面・B面といった2系統を制御しているものもあるので、床暖リモコンを交換する場合は制御する系統数に応じて選びます。今回は1系統に対してリモコンが1つとなりました。

DSC_0405
最後に号数・おふろ沸かし機能を選択します。号数とは水温+25℃のお湯を1分間で何リットル出湯できるかという給湯能力の事で、24リットル出湯できれば24号となります。できれば既存の号数に合わせた方が良いでしょう。お風呂沸かし機能はオート(自動)とフルオート(全自動)の2種類があり、追い炊き配管洗浄機能が付いているフルオートタイプがお勧めです。まとめになりますが、設置環境・排気方向・低温配管数・号数・お風呂沸かし機能が分かればご自宅の熱源機を交換する時の参考になると思います。ただ屋内設置型や差し湯型や暖房専用など例外もありますし、ドレン配管工事の有無もありますので工事前には必ず現調が必要となります。もし熱源機の交換を考えている方がいましたら気軽にご連絡ください。            

工事部:本間 聡

一戸建てにお住いの方もマンションにお住いの方も、新築より15年が経過すると徐々に住宅設備に不具合が生じてくることがあると思います。
今回はそんな住宅設備の中から、トイレ、ビルトインコンロ、シロッコファンの交換工事をアップしていきたいと思います。

IMG_1890
まずはトイレの施工前です。
当初施主様は便座のみの交換をお考えだったようですが、先々は便器とタンクの交換も必要になりますので、今回思い切って便器とタンクも交換することになりました。
IMG_1590
次にシロッコファンの施工前です。
このタイプ、掃除が大変なんですよね・・・。
なので、フラットタイプのファンを入れることにしました。
IMG_1899
最後にビルトインコンロの施工前です。
こちらも掃除が大変なので、ガラストップコンロに交換することになりました。

IMG_1905
トイレの施工中です。この写真は排水管を立ち上げたところですが・・・。

いざ便器を外してみると、排水芯の位置が用意していた便器と違
い、慌てて開口しなおし、排水管を立ち上げました。
排水芯200mm(奥の壁化から20cm)のトイレが圧倒的に多いのですが、今回は排水芯120mm(奥の壁から12cm)だったので、急遽開口しなおしたというわけです。

before
IMG_1890
トイレ施工前
allow
after
IMG_1909
トイレ施工後
写真左側にウォシュレットのリモコンが付いたことにお気づきになりましたか?
今回はTOTOのピュアレストQRという商品です。
便座の内側にフチのないタイプになるので、掃除面でも楽になりました!!

IMG_1896
次にシロッコファンの交換です。
まずは既存のファンを解体していきます。
IMG_1898
次に台紙を貼って、新しいファンの取り付け位置を調整していきます。

IMG_1901
台紙をはがし、ファン本体を取り付けていきます。
ファンの幕板を外すと、裏側はこんな感じになっています。
ダクトとファン本体が結合されていますので、この状態でもファンは作動します。
before
IMG_1590-1
シロッコファン施工前
allow
after
IMG_1906-1
シロッコファン施工後

中央についている板を取り外すと、そこに油が溜まっている仕組みになっているので、掃除も楽々です。
IMG_1902
最後はビルトインコンロの交換です。
写真は既存のコンロを撤去したところです。
この状態から清掃をし、新しいコンロを入れていきます。
before
IMG_1899
ビルトインコンロ施工前
allow
after
IMG_1907-1
ビルトインコンロ施工後

五徳も簡単に外せる上に、トップもガラストップでフラットになっているので、とにかく掃除が楽です。
今回は左右共高火力のタイプを取り付けました。
シロッコファンやトイレ、ガスコンロ、給湯器などの住宅設備は、壊れてしまってからでは交換にかなりの時間を要してしまいますので、早め早めの交換が必要です。
設備交換1ヵ所からでもお見積りお出ししますので、お気軽にお声かけ下さい。

本社:久保田 寿俊
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ