千葉スタッフブログ

本社スタッフ工事日記
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
耐久性・色・費用・工事内容などなど、外壁塗装工事をする上で気になる点はいくつもあると思います。
今回はクラックの補修跡が気になっているお客様のご自宅について紹介していきます。
 
IMG_6246
【施工前】の全体写真です。

以前にも塗装工事から年月も経過しているため、雨染み、藻の発生、クラックの発生が多々見受けられました。

この中で一番気にされていたのが、以前補修したクラックの跡が浮き出ている部分だそうです。
IMG_6577-1
現象が発生している箇所のアップ写真です。この部分以外に家全体に補修の跡がありました。

これはブリード現象といい、使用するコーキング材を間違えたりするとコーキングの上に塗装をした部分に黒ずみが発生し、写真のように黒い跡が浮き出てきます。
 
IMG_6980
もちろんこのまま塗装をする訳にはいきません。
まず以前のコーキング材をカップワイヤーなどを使用し撤去していきます。
 
※カップワイヤー:ドリルの先に付ける針金でできた回転式歯ブラシのようなもの
コーキング剤
目地を埋めるシリコン製のゴム剤
可塑剤
コーキング剤を柔らかく保つための添加物
ブリード現象
経年変化で染み出た可塑剤と塗料が反応し壁色が悪くなる事
ブリードオフ
プライマー
染み出た可塑剤を塗料に伝えないためのカバー塗装剤
ノンブリードタイプ
コーキング剤
可塑剤を含まないコーキング剤
IMG_7008-1
撤去後はコーキング処理をしていきますが、コーキングを打って行く前にブリードオフプライマーを使用します。
その後ノンブリードタイプのコーキング材でコーキング処理をしていきます。
 
IMG_7092
続いて、塗装の工程に移りますが、以前のコーキングを撤去する際に外壁のパターンも少し削り落としたので、同じようなパターン吹き(壁にデコボコを付ける)をしてから、下塗りの工程に移りました。

IMG_7317
【壁面:施工後】

中塗り・上塗りを行って壁面は施工完了となります。施工前と比べてみると綺麗になったのがわかると思います。


IMG_6559
続いて屋根の塗装工事についてです。

この写真は【屋根:施工前】の写真です。
屋根にもクラックや色褪せなどの経年劣化が発生していました。

IMG_7109
洗浄後はクラックの補修をして下塗りを行います。

今回使用した下塗り材はベスコロフィラーHGです。ベスコロフィラーHGは厚塗りの材料で、傷んだスレート屋根に浸透して削れてしまった表面を蘇らせてくれます。
 
IMG_7119-1
タスペーサー挿入部分のアップ写真です。

タスペーサーとはコロニアルの屋根材を塗装する際に使用する縁切り用の部材です。

このタスペーサーを差し込むことで、雨漏りの原因となる雨水が屋根裏に逆流する毛細管現象を抑えることができます。
(屋根材同士がぴったりくっついていると、その細い隙間を伝って水が上向きに吸い上がるので、この部材でわざと隙間を作り水を伝えない様にします。)
 
IMG_7269-1
外壁同様に中塗り・上塗りをして完成となります。

艶も蘇り綺麗に仕上げることができました。


before
IMG_6246-1
【施工前】
allow
after
IMG_7312
【施工後】
2階部分の目立っていたヒビの修復跡も綺麗になったのがハッキリとわかると思います。お客様も大変満足して頂きました。

今回はブリード部分の補修のお話しを中心に進めてまいりました。

これと同じようにブリード部分を気にされている方はもちろんのこと、他の部分、施工内容などで悩まれている方も、まずはお気軽にオリエンタルホームサービスまでご連絡ください。

IMG_3441-1
市原市ちはら台南にて、外壁・屋根の塗装工事を行いましたので、その様子をアップしていきたいと思います。

築12年のサイディングボードのお宅です。
壁・屋根ともに大きな傷みはなさそうに見えますが・・・
IMG_3457
コーキングはところどころ経年劣化で剥がれてしまっていました。

こちらは東面でお隣さんとの距離も遠く、朝の時間帯の直射日光による紫外線での劣化と考えられます。
 
IMG_3453
屋根も色褪せや苔・藻の付着がみられ、築年数なりの傷みの症状はやはり出ていました。
IMG_4120-1
足場架設→高圧洗浄と工程を進めた後は、開口部(玄関・窓・掃き出し窓などの塗らない部分)をビニールで養生しながら、既存のコーキングを抜き取っていきます。
 
IMG_4112
こちらは抜き取った目地です。
カッターを入れて引っ張るとキレイに抜き取ることが出来ます。

IMG_4123
コーキング作業と同時に、屋根のクラックも補修していきます。
IMG_4131
こちらは下屋根の北面ですが、下屋根の北面1面だけもこれだけの補修箇所がありました。
 
IMG_4194
コーキングの作業の後は、軒天の塗装をしていきます。
弱溶剤のケンエースという商材で仕上げていきます。
IMG_4196
古いコーキングを抜き取った後は、新しいコーキングを打ち込んでいきます。(コーキングの打ち替え、と言います)

手間と費用のかかる作業ではありますが、この作業をするしないでは、完成後の耐候年数に大きな差が出ます。
 
IMG_4254
コーキング、軒天の塗装後は、壁の下塗りに移っていきます。
 
IMG_4257
同時に屋根も下塗りに移っていきます。
IMG_4261-1
こちらは中塗りの写真。
白く残っているところが下塗りのシーラーです。
色が付いていくとガラッと印象が変わりますね。
 
IMG_4286
中塗り完成後です。
3回塗装ですので、まだこの上にもう1回塗装を施します。
IMG_4330
上塗り後です。樋も壁もツヤが復活しましたね。

壁の材料はSK化研のクリーンマイルドシリコン、色番はSR‐406です。
IMG_4332
屋根も上塗り後です。板金の釘はすべて打ち付け、クラックは補修してから塗装をしています。

屋根の材料はアステックペイントのスーパーシャネツサーモSi、色はエバーグリーンです。
 

完成写真

before
IMG_3441-2
施工前の全体写真です。
色褪せとコーキングの傷みが出ていましたが・・・
allow
after
IMG_4588
施工後はコーキングを打ち替え、壁を塗り替えたことで、壁のツヤが復活しました。
シャッターボックスはワンポイントで樋や水切りと色を変え、既存色に近い色で仕上げました。
 
塗装工事は頻繁にできる工事ではありません。良い材料を使っても、コーキングの打ち替えやクラックの補修がしっかり施工されていなければ、塗装後の耐候年数に響いてしまいます。

見えないところの工事が非常に大切になりますので、塗装工事を御検討の際は、こういった部分に気を付けてお見積りを取られるといいかと思います。
 
家の外壁診断は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!
塗装工事着工中に現場点検に伺った際、基礎から水が染み出ているのを発見し床下をのぞいてみると、床下一面に大量の水が・・・。
原因を突き止めてみると浴槽の排水管が原因でしたので、急遽浴室の改修工事を行うことになりました。

IMG_2458_R
タイルの浴室。
浴槽はFRPの浴槽でした。
浴槽の下にある排水を受け止める漏斗の大きさが小さく、浴槽の栓を抜くと水圧でオーバーフロー。そのオーバーフローした水が床下に溜まっていくという状態でした。
恐らく15年間は床下に水が存在していたと思われます。

IMG_2481_R-1
こちらも解体前。
鏡の上の部分から水が侵入し
IMG_2465_R-1
洗濯機脇の壁を腐食させていました。
せっかく浴室の改修をするので、この袖壁の腐食も直していくことになりました。

IMG_2747_R
浴室を解体してみると、入り口わきの柱も、侵入した水で腐食していました。
この柱は2階を背負っているので抜いてしまうわけにはいかず、腐食部分を交換していくことにしました。
IMG_2881_R
浴室解体後、砂利を敷いた上に土間コンクリートを打っていきます。
重さ数百㎏あるユニットバスを支える土台なので、レーザーで墨出しをしつつ、慎重に施工していきます。
before
IMG_2747_R
ここで一度ビフォーアフター
allow
after
IMG_2936_R
腐食している柱、床下の木を交換していきます。

IMG_2915_R
洗濯機の給水管の蛇口を移設するために、石膏ボードを開口していきます。
IMG_2931_R
そして塩ビ管で蛇口を延長しました。
延長して蛇口の位置を変更したことで、新しい洗面化粧台のサイドラックが干渉しなくなるんですね。
IMG_2946-2
浴室内の方は、いよいよユニットバスを組み立てていきます。
こちらはTOTOのメーカー施工です。
IMG_2949
窓周りです。
この出窓の周りは出窓用の部材で収めていきます。

IMG_3075
ユニットバスの施工後です。
今回はTOTOのサザナSタイプを施工しました。
出窓周りもきれいに収まりましたね。

IMG_2958
浴室の工事が完了した後は、脱衣所の工事を仕上げていきます。
腐食してしまっていた洗濯機脇の石膏ボードとベニヤを撤去し
IMG_3083
新しい石膏ボードを貼り、クロス工事に移行するための下地を作っていきます。
パテ処理を施して、段差をなくしていくわけです。
IMG_3078-1
クロスを張り替えた後は、洗面化粧台を設置していきます。

IMG_3064
洗面化粧台とサイドラックを組み立てて完成です!!

完成写真

before
IMG_2458
浴室の施工前です。
allow
after
IMG_3075-1
浴室の施工後です。
お気づきだとは思いますが、浴槽の位置を変更しました。

before
IMG_2735
洗面化粧台の施工前です。
allow
after
IMG_3092
洗面化粧台の施工後です。
洗面台の横にラックを設けたことで、収納力がアップし、浴室内の荷物が大幅になくなりました!!
浴室正面のアクセントパネルと共にブラウン系で色をまとめ、シックな印象になりました。
「脱衣所とお風呂にいると、ホテルに来てるみたい」
と施主様。
大変お喜びいただけました!!!

浴室や脱衣所のお風呂のリフォームでお悩みの方はオリエンタルホームサービスへ是非ご相談ください!お見積もりは無料です!!

本社:久保田 寿俊

千葉市中央区宮崎町のK様邸で排水管に木の根が入り込み水の流れが悪いとの相談を受けました。突然トイレの水の流れが悪くなったので、修理したら良いのか交換したら良いのかどうすれば良いか分からなかったので、K様が緊急対応の業者に来てもらったところ、植木の根っこが屋外の排水管から侵入し水の流れを塞いでいるということでした。その業者は排水マスの蓋を開け、手が届く範囲で根っこを除去しましたが改善されませんでした。
DSC09028
排水マスの写真です。ご自宅の家の周りを1周して頂くと大きさや素材は別として、取り外せそうな蓋がいくつかあると思います。蓋の下はトイレや浴室等水廻りの排水がメインの排水管に合流していたり曲がり角になるので、今回の様に水の流れが悪くなった時は蓋を開けて点検・清掃をすることができます。しかし目で見える範囲は限られていますので、必ずしもトラブルが解消するとは限りません。
DSC09032
今回の場合は植木の根が原因と予めわかっていたので、土を掘り起こし排水管を部分的に入れ替える工事を行いました。少し土を掘っただけでも植木の根が縦横無人に張り巡らされています。
DSC09041
排水マスの少し先の曲がり部分で木の根が浸入した箇所を見つけました。排水管は一般的に使われている硬質ポリ塩化ビニル管(VU管)で耐食性・耐久性に優れた素材ですが、管と管を接続する接手部材の使用時に接着や飲み込みが不足すると隙間が生じそこから根っこが入り込みます。
DSC09043
不具合の起きた個所を切断し新しい管・マスを接続します。当然水は高い方から低い方へ流れますので、接続の際にはこう配も確認します。口径が100mmの管では1/100のこう配を取ります。
DSC09050
埋設部分の配管が終わったら今度は蓋を取り付けるための管を立ち上げます。土を埋め戻したときに地表に蓋だけが見えるように高さを調節します。
DSC09053
最後に土を埋め戻して完成です。公開使用した排水マスは既存と同じ小口径というマスで、排水管と同様に接着・飲み込みがしっかりしていれば木の根が入らないとされています。しかし長年放置すると排水管内に台所の油汚れや尿石などが付着して詰まりの原因になる場合もあるので、定期的に点検・清掃をすることをお勧めします。排水に関して詰まり気味だったり水漏れや悪臭がするなどお心当たりのある方は気軽にご相談下さい。

工事部:本間 聡
今回は千葉市中央区にありますビルをお持ちのオーナー様で、古くなったエントランスを綺麗にされたいとの事でご依頼を受けました。 また、エントランス内も雰囲気を変えたいとのご要望もありアステックペイントの多彩色模様のグラナートSPをご提案させて頂きました。

IMG_9623
こちらは、施工前の写真になります。
IMG_9624
こちらは、角度を変えた施工前の写真になります。築40年以上の建物で、エントランスの入り口には現在使用していない受付のカウンターがあります。オーナー様は、まずカウンターが使用していないのにかなりの面積を有している為、撤去をご所望でした。あとは、全体的な色合いが暗く感じられ昭和の匂いが漂う感じの改善です。
IMG_9631
こちらも別角度の施工前の写真になります。今回は、階段やそれに付随する壁は、手を付けません。
IMG_9633
その他には、正面に写る大きなポストを交換してほしいとの事でした。簡単に請け負ったのですが、後で後悔することに。
IMG_2922
まずは、壁を塗装する前にポストを撤去します。素地が出て来たことによりこのポストは、建てた時より使われていたことが分かります。つぎにつける予定のポストは、既存の物よりも高さが半分くらい小さくなる為、塗装を全体的にしていきます。
IMG_2923
無事に外して、仮置きをしておきます。新しいポストが付くまで引継ぎがある為です。なぜ、後悔したかと言いますとこのポストを2人で外しに行ったのですが40年前のステンレス製のポストは、想像以上に重く、余裕だと思って作業をしたところ大変苦労したという事でした。
IMG_2932-1
壁を塗装する前にまずは、天井を塗装していきます。見て頂いてお分かりのように右が施工前で、左が新しく塗装をかけている所です。
IMG_2936-1
観葉植物にも塗料が付かない様に養生をしていきます。通行する人の邪魔になる為、今回はサッシと共に養生しました。
IMG_2941
テナントビルという事もあり溶剤の塗料では匂いがきつい為、今回は水性の塗料(ニッペ水性ケンエース)で施工しております。
下地の色も有り2回塗装です。
IMG_3031
前回の塗装が、目地の入る塗装であったため今回もその目地を生かして塗装していきます。吹き付けをする前にラッカーテープ(紙テープ)で養生をしていきます。
IMG_3036
養生の上から主材を吹き付けていきます。今回は、アステックペイントのグラナートを使用しました。汚れも付きづらいうえに多彩色の為、飽きのこない色です。
IMG_3048
ポストを取り付けしていきます。
水平を取りながら、穴をあけてつけていきます。
IMG_3277-1
全部のポストを付けてから、壁に出来た段差をモルタルで埋めていきます。
IMG_3366
モルタルで埋めた箇所をパターンを付けて塗装をしていきます。

完成写真

IMG_3034
全体に吹き付けた写真になります。以前の壁の色が暗い色だったため、今回の色で大分明るくなったと思われます。
エントランスは、ビルの顔ともいえるところですので、オーナー様も仕上がりに満足されていました。

ビル修繕工事でお悩みのあるオーナー様は是非オリエンタルホームサービスへお問い合わせください。

担当:大久保 大輔

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ