船橋スタッフブログ

船橋スタッフブログ
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
今回の案件は、アパート塗装です。築20年以上無塗装のアパートで、川沿いの立地条件ということもあり屋根の劣化とサイディングのクラックが厳しい状況でした。外壁クラックにはやはりアステックペイントEC-5000PCM。伸縮率約600%の凄物!屋根には、同じくアステックペイントの超耐候性無機ハイブリッドJYIRの施工です。

before
施工前
(施工前)
サイディングボードとモルタル(ジョリパット)の複合の外壁。屋根は、コロニアルのアパートでした。
allow
after
施工後
(施工後)
外壁:アステックペイントEC-5000PCM(調色)

屋根:アステックペイント無機ハイブリッドコートJY-IR
外壁 補修前
(外壁補修前)
クラックが生じ、そこから水の侵入、サイディングボードの剥離。ボードの痛みのメカニズムを絵に描いた箇所です。
ポリパテ処理
(ポリパテ補修)
傷んでる箇所を落とし、プライマーを塗布後、ポリパテにて補修。この後、ヤスリ、ペーパーを当て平らにならします。
補修後 仕上がり
(仕上がり)
補修跡の仕上がりです。若干凸凹は残ってしまいましたが、水の侵入によるボードの剥離はこれで抑えられます。何より、EC-5000PCMは防水塗料でもあるんです。
下塗り→中塗り→上塗りの3回塗り
屋根 施工前
(屋根施工前)
枯れた苔が茶色に変色し、棟板金の釘が浮いている状態でした。
屋根 洗浄後
(高圧洗浄後)
苔の根が、瓦に浸潤している為、高圧洗浄で洗い流すと、塗膜表面まで水圧で飛んでしまいます。白くなっている部分が、塗膜の剥がれた箇所です。
屋根 仕上がり
(仕上がり)
無機ハイブリッドコートJY-IR(アイボリーブラック)の塗装完了後の写真です。遮熱塗料で、20年後も光沢率80%以上を誇ります。
下塗り→中塗り→上塗りの3回塗り
施工後 2
(施工後:南面) 
日当たりの良い面なので、これからの時期、屋根に当たる直射日光も、遮熱無機塗料で快適に過ごせると思います。
施工後 3
(施工後:北面)
施工前は、北風をもろに受けていたため、外壁の痛みが酷かった面です。上記の補修箇所も北面の外壁です。
補修箇所も目立たず、きれいに仕上がりました。


アパート、マンションの様な大型物件も自社職人での施工が可能です。
物件のオーナー様からは、外装をリニューアルしたら空き室が埋まった!等 うれしいお声が聴かれます。お考えの方々は、気軽にお声を掛けてください!良いアドバイスができると思います。

船橋支店:杢谷 昌孝

オリエンタルホームサービスのアパート塗装はこちらをご覧ください。


今回の案件はビルの塗装と一面タイル斫り(はつり:解体作業)・モルタル仕上げと、屋上・ベランダ防水工事を任せていただきました。
今月は、風の強い日が続き月内の工事終了が厳しかったのですが、自社職人I君(職長)らの頑張りで、何とか終わらせることができました。
仕上げもタイルベースを吹いてヘッドカット仕上げ(スタッコ調)模様付けしてからのアステックペイント:EC-5000PCMのツートン仕上げで、施主様も大変満足していただけました。
before
施工前
(施工前)
1面タイルが施工されており、他の業者さんにタイルが剥離していると指摘され、ご相談がありました。当初は、部分補修という事でしたが、全面撤去、モルタル仕上げに変更になりましたが、タイル斫りにかなり難航しました。
オーバー目に指摘をする業者さんもいますので、注意してください。
allow
after
施工後
(施工後)
タイル斫り撤去、モルタル仕上げ、タイルベース吹き付けヘッドカット仕上げ、塗装は、アステックペイントEC-5000PCMツートン仕上げです。ちなみにツートン色は、リクエストにお応えして、調色しました。
タイル斫り
(タイル斫り)
ハンマードリルでタイルを斫ります。業者に脅され、全面斫りになりましたが、弊社の見立て通り剥離はありませんでした。結果、斫り作業は難航してしまいました。
モルタル下地
(モルタル下地処理)
タイル撤去後、シーラーを塗布、各コーナーにコーナー定規を取り付け専用モルタルで表面を仕上げます。
モルタル仕上げ
(施工後)
最も職人の腕の差が出る箇所ですが、きれいに仕上がりました。
表面が波打ったり最悪の場合クラック、剥離、落下します。何事も下地の処理で仕上がりの良さが左右されます。
模様付け
(模様付け)
下地を壁面に塗った後、タイルベースを吹き付けます。
ヘッドカット
(ヘッドカット)
吹いた玉状のタイルベースをプラスチックローラーで平らに押し潰します。
塗装
(通常塗装 3回塗り)
ヘッドカット終了後、通常の3回塗りを行います。シーラー、中塗り、上塗りです。今回はEC-5000PCM特別色(調色)で仕上げました。
before
屋上防水(施工前)
(屋上防水.施工前)
施工前の屋上です。目立ったクラックはありませんでしたが、立上りのシートの剥離や、ドレン廻りの劣化がありました。
allow
after
屋上防水(施工後)
(屋上防水施工後)
今回は、通気緩衝工法で防水施工しました。銀色の塔みたいなものが脱気筒で、防水面内に生じた膨れの原因になる空気を逃がす役割をします。
通気緩衝工法 1
(通気緩衝工法-1)
下地処理を施した後、通気シートを張ります。立上りなどのコーナーにはクラック対策として入隅コーキングとメッシュ張りを施してあります。
通気緩衝工法 2
(脱気筒取り付け)
通気シートを切り取り脱気筒を取り付けます。既存面から上がってくる蒸気等膨れの原因となる空気を逃がす煙突のような役割をします。
屋上防水(施工後)
(通気緩衝工法ー2)
仕上げは、ウレタン防水を流し防水完了です。今回は屋上で、歩行も無い事から、鏡面仕上げを施しました。頻繁に歩行のある箇所はノンスリップ仕上げを施します。
外壁塗装 施工後
(外壁塗装 施工後)
2色に塗分け、境のライン取りをタッチアップして完成です。ヘッドカット模様なので、ラインを出すのが難しい箇所です。ここも、職人の腕が問われる箇所ですね。弊社の職長の腕前はいかがですか?
ベランダ防水 施工後
(ベランダ防水 施工後)
ベランダ防水は、屋上に比べ面積も少ないので、メッシュ入り密着工法で仕上げました。もちろん歩行があるので、ノンスリップ仕上げです。


いよいよ塗装のシーズンに入ります。アパート等入れ替わりの時期になってきますね。
既存の外壁にベストマッチの材料、工法等いろいろアドバイスできます。
もちろん人生で一番大きなお買い物の大切なお住まいのリフォームも内外装問わず、外構、太陽光発電、増築まで、様々なご要望にお応え致します。

船橋支店:杢谷 昌孝

オリエンタルホームサービスのビル修繕工事はこちらをご覧ください。

今回ご紹介する内容は、築年数15年からなる建物に超低汚染塗料リファイン1000SiIRを使用した外壁塗装となります。外壁・屋根は、経年の劣化により塗装時期になりますが、合わせてサッシ工事も行いました。建て付けがもともと悪かったらしく、隙間風がとても気になるとの事でしたので、今回の施工を行うことになりました。調整では解消できないほどずれ込んでいたので、サッシをそっくり交換致しました。又、日当たりの良い面には、目隠しルーバーを取り付けたのでアップしていきます。
6b0f8605d3c89e4fea0ae56a8272250a-1
施工前写真

※南面は日当たりが良いため、色褪せ・シーリングの劣化などが多くあります。商材は、アステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IR/ベランダ部分はグラナートSPで塗装しました。
ccfc26ac1073b09a390d48d73cc91013
施工前写真

※屋根は経年劣化により、破損個所及びサビ・藻等の付着が発生しています。
d377cd2e7a5008a088ea3503c2d8027f
施工中写真

※シーリングは劣化が進んでいたので、撤去は簡単に行えました。縦目地は撤去打替え、サッシ廻り・入隅は増し打ちの工法になります。
31a5b71f11763bb4ae30af6fb49e11b1
施工中写真

※化粧帯がある家は、上部はシーリングが必要になります。
c4a623871c570492080b95f2622f1e07
施工後写真

※外壁は、シーリング終了後、下塗り+主剤2工程の順で塗装していきます。附帯部の塗装は、サッシの色に合わせて塗装していきます。
2843c29578195acf11d0d5b94dc35e9e
施工後写真

※ベランダ面も同様に、3工程になりますが、塗装材料が違う為、下塗り+中塗り+上塗りの順で指定の塗料材を塗布していきます。
e05d3574cafd543c62742167e13a6122
施工中写真

※屋根は、欠損部補修後、棟板金の釘打ち直しなどの下地処理を行っていきます。その後、専用の下塗り材を塗装していきます。
d8c51808453cecfff145d45934772205
施工後写真

※下塗り終了後、主剤を2工程行います。屋根材は、アステックペイント:スーパーシャネツサーモSIを使用しています。
7ccdf214618539bbdd9c55b9a62c2dc0
施工前写真

※写真では分かりづらいですが、シャッターも歪んでいる為、開閉が困難な状況です。
7e020eba08f60b5ce4423dcf1edef7cf
施工中写真

※サッシを撤去し、周りの外壁を解体していきます。新規で入れるサッシに合わせて加工していきます。
7aa45e07671b487b689511823851b484
施工中写真

※新規のサッシをはめ込み、歪みが無い様に調整しながら建て付けます。
3d40aac1a110172806ab3b8e187da074
施工後写真

※施工完了です。サイディングは、既存の柄に合わせて施工しましたが、既存のサイディング厚が12mmで現在は取り扱いが無いため、14mmのサイディングを使用しています。入隅と樋の裏側なので塗装すればわからないです。
before
66c5fc79c69e22b1abc0b9766f3799cc
施工前写真


allow
after
d60224cd3f7ecd14730d94ed20c2eb48
施工後写真

※2F花台を目隠しルーバーに変更しました。サッシは共に、LIXIL商品を使用しています。
before
6b0f8605d3c89e4fea0ae56a8272250a-2
※施工前写真

allow
after
14aa2df014d727b7eb68570837ae47e0
完了写真
※施工はすべて完了です。ベランダ部分を、グラナートに変更したことでアクセントになり、大変満足頂けました。色に関しては、お客様と考え決めたので、個人的にも良い勉強になったと思います。ありがとうございました。

船橋支店:井辺 功太
今回は外壁塗装・屋根塗装と同時にアルミテラス工事等を行いましたのでご紹介します。
弊社は外壁塗装や屋根工事で見積依頼を頂くことが多いのですが
一般的な塗装屋さんと比べて家のあらゆる工事に対応しているのも強みのひとつです。
ホームページやご紹介等でお問合せを頂き、現地調査に伺った際に名刺・会社案内をお渡しすると施主様に
「こんなこともやってるんだ」とよく言われます。
実際に家屋全体を診断してみると壊れている所や古くなっている物が多々あります。
古くなっているものは外壁塗装をして廻りが綺麗になるとさらに目立ってしまうので
出来れば交換などをお勧めすることもしばしばあります・・・

と言う事で今回は木材と波板で作られた庇をアルミテラスへの交換工事もご依頼いただきました。

DSC_1188-1
敷地などの条件もありますが足場を架ける際に障害物になるものは基本的には取外し、移動を行います。この場合は波板の脱着が必要になりますが折角ならアルミに交換したいとのご要望でした。その場で寸法を測り適したサイズ・商品をご提案させていただきました。

打ち合わせが終わるといよいよ着工となります。
外装工事に支障をきたす物の撤去・移動から始まります。

DSC_1518
足場を架ける前に波板・骨組みを綺麗に撤去し、
木材が固定してあったビス穴等もしっかり処理してから
塗装を行います。
足場架け→高圧洗浄→塗装工事→足場解体→アルミテラス工事の流れです。

外壁はエスケー化研の弾性クリーンマイルドシリコン
屋根はアステックペイントのスーパーシャネツサーモSi 
でしっかり、キッチリと仕上げました。
before
cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b-1
目地の劣化、色褪せあった外壁も・・・
allow
after
2a5333dcaec45f9797a6884939597957-1
キラリーンと仕上がりました。
タイルとの色のバランスもグッドですね♪
before
DSC_1206
色褪せ・コケの発生があった屋根も・・・
allow
after
DSC_0006-1
ピッカーンと仕上がりました。
カラーベスト屋根なのでタスペーサー(縁切り部材)も
しっかりはめ込んであります。

引き続き、塗装工事完了後にアルミテラス工事となります。
DSC_0040-1
壁際に固定部材を取り付けて
雨水が入らないように天端にシーリングを行います。
DSC_0032-2
柱を建ててポリカーボネート屋根材をはめ込んで完成となります。
before
DSC_1518
古くなった波板の庇を撤去した状態から・・・
allow
after
DSC_0054
外壁塗装を行い、アルミテラスの取付完了。
今回はLIXILのスピーネを採用。

今回は外壁塗装と同時にちょっとしたものを取り付けました。
「雨筋ストッパー」という水切り部材です。
壁に水が付かないので雨筋などが気になる箇所には有効な部材です。

before
DSC_1191
浴室からの結露水が外壁に流れ出て
コケが生えてしまってました。
allow
after
DSC_0058
外壁材をビスで締め付けて塗装後、
サッシの下に「雨筋ストッパー」を取付ました。

塗装だけの業者さんも多いかと思いますが
弊社はあらゆる工事に対応できる万能業者ですのでトータルでのご提案が可能です。
「あれもやりたい、これもやりたい」とお悩みの方がおられましたら、
是非、オリエンタルホームサービスへお問合せください。
宜しくお願い致します。

船橋支店 根来孝至
外装のリフォーム工事を行うにあたって、様々な傷みが原因で依頼されることが多いと思います。外壁・屋根・ベランダ・外溝など、内装工事に比べて、修繕の内容は限定されますが、太陽光・風害や、想定外(地震・雷等)な事柄から家への影響は目に見えて現れます。その中でも、見落としがちな箇所はやはり屋根ですよね。家をよく見ている方なら別ですが、仕事や日々忙しい方などは、なかなか気づかない傷みによって家に負担をかけているケースの方が多いように感じます。そうなると、工事項目を多くなりますし、費用も想定よりも掛かってしまったりと、良いことはありません。そうなる前に時間のある時は家に目をむけてみるのもよいのではないでしょうか。さて、今回アップする内容は、瓦屋根の補修工事です。外壁塗装がご依頼頂いた内容でしたが、足場を組んで屋根を確認した所、屋根の傷みが酷かったので、お客さんに確認いただき、合わせて漆喰工事のご依頼をいただきました。
b094fe9c1656874ce51ba190495f24d2
施工前写真:瓦屋根

築年数は20年以上経過していて、漆喰工事を一度も行っていないとの事でした。表面の漆喰は完全に劣化していて、場所によっては漆喰が落ち、葺き土が見えてしまっています。
866361e63c240c6fae5f6108fd9dcfb1
施工前写真:瓦屋根

大屋根、のし瓦が5段積まれていますので、重みもかかっていると思います。大通り沿いなので、大型のトラックも通り激しい振動や、大きい地震などがあった場合に、棟瓦が崩れたりしたら大変危険です。
f7d16a4077b51d021c78d515ea277c37
施工後写真:瓦屋根

今回は、予算と状態により、上塗り工事を行いました。状態が非常に悪い場合は、瓦を一度撤去し、積みなおさないといけませんが、今回は上塗りでの補修で十分な状態でした。費用は全然違うので、定期的なメンテナンスが必要になります。
1d93f1ca542aefb7d3e3d0cb18976db3
施工後写真:瓦屋根

注意点としては、浮いている既存の漆喰は完全に除去し、表面が凹凸になっている場合は、厚みにムラが出来てしまうので、均等にしていきます。また、施工に使用する漆喰は南蛮漆喰を使用しています。コテで表面を均し、乾燥すれば完了です。
南蛮漆喰は、塗りと仕上げが同時にでき1工程で仕上がる便利で優れた漆喰です。瓦屋根のお宅は、一度漆喰部分の点検をお勧めいたします。先ほどもお伝えしましたが、状態が悪い場合は、瓦の積み直しを行なわないといけないので、要注意です。

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ