船橋スタッフブログ

船橋スタッフブログ
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
外装のリフォーム工事を行うにあたって、様々な傷みが原因で依頼されることが多いと思います。外壁・屋根・ベランダ・外溝など、内装工事に比べて、修繕の内容は限定されますが、太陽光・風害や、想定外(地震・雷等)な事柄から家への影響は目に見えて現れます。その中でも、見落としがちな箇所はやはり屋根ですよね。家をよく見ている方なら別ですが、仕事や日々忙しい方などは、なかなか気づかない傷みによって家に負担をかけているケースの方が多いように感じます。そうなると、工事項目を多くなりますし、費用も想定よりも掛かってしまったりと、良いことはありません。そうなる前に時間のある時は家に目をむけてみるのもよいのではないでしょうか。さて、今回アップする内容は、瓦屋根の補修工事です。外壁塗装がご依頼頂いた内容でしたが、足場を組んで屋根を確認した所、屋根の傷みが酷かったので、お客さんに確認いただき、合わせて漆喰工事のご依頼をいただきました。
b094fe9c1656874ce51ba190495f24d2
施工前写真:瓦屋根

築年数は20年以上経過していて、漆喰工事を一度も行っていないとの事でした。表面の漆喰は完全に劣化していて、場所によっては漆喰が落ち、葺き土が見えてしまっています。
866361e63c240c6fae5f6108fd9dcfb1
施工前写真:瓦屋根

大屋根、のし瓦が5段積まれていますので、重みもかかっていると思います。大通り沿いなので、大型のトラックも通り激しい振動や、大きい地震などがあった場合に、棟瓦が崩れたりしたら大変危険です。
f7d16a4077b51d021c78d515ea277c37
施工後写真:瓦屋根

今回は、予算と状態により、上塗り工事を行いました。状態が非常に悪い場合は、瓦を一度撤去し、積みなおさないといけませんが、今回は上塗りでの補修で十分な状態でした。費用は全然違うので、定期的なメンテナンスが必要になります。
1d93f1ca542aefb7d3e3d0cb18976db3
施工後写真:瓦屋根

注意点としては、浮いている既存の漆喰は完全に除去し、表面が凹凸になっている場合は、厚みにムラが出来てしまうので、均等にしていきます。また、施工に使用する漆喰は南蛮漆喰を使用しています。コテで表面を均し、乾燥すれば完了です。
南蛮漆喰は、塗りと仕上げが同時にでき1工程で仕上がる便利で優れた漆喰です。瓦屋根のお宅は、一度漆喰部分の点検をお勧めいたします。先ほどもお伝えしましたが、状態が悪い場合は、瓦の積み直しを行なわないといけないので、要注意です。

今回は屋根のカバー工法を行ったので工事内容をご紹介します。

「玄関の屋根の所が雨漏れしてるみたい」との連絡を頂き、現地調査に伺いました。
DSC05354
施工前の状況①
破風板(雨樋が付いている木部)が腐食し、軒天井に雨シミが出ています。
DSC05345
施工前の状況②
屋根材が滑り落ちそこから水が廻ったのが原因です。


今回のように屋根からの雨漏れは塗装ではどうにもなりません。
基本的には葺き替え工事が必要となります。
工事方法として既存のコロニアルを剥がして張り替える方法もありますが、剥がす手間やアスベスト含有屋根材の処分費などで高額な費用となります。
そこで、現在最もスタンダードな屋根リフォームと方法して認知されているのが、既存のコロニアルに軽量金属屋根材(ガルバリウム鋼板)を上に張る 屋根カバー工法 となります。




DSC05356
応急処置
何もしないでおくと腐食が進行するので屋根の割れた周辺をビニールで養生。材料・職人さんの段取りをして後日施工となります。
DSC01400
施工中①
既存の棟板金・貫板を撤去。軒先に専用の部材を取付ます。
DSC01405
施工中②
ルーフィング(防水紙)を貼り・各所に専用の板金を廻してから屋根材を水下から施工していきます。
DSC05525
施工中③
壁際に雨押さえを取付て、取り合い部のシーリング工事をします。
before
DSC01397
施工前
全体的に屋根材の劣化、割れが目立っていました。
allow
after
DSC01411
施工後
新規に棟板金も交換。屋根全体をガルバリウム鋼板を施工して蘇りました。
屋根工事と同時に雨漏れしていた部分の破風板・軒天井の修復、雨樋の交換等を行いお引渡しとなります。
どうしても家の経年劣化は避けられません。
家のことで気になる所が出てきたり、10年を超えて来たら早め早めのメンテナンスを行うことで被害を最小限に抑えられますし大工事にならなくて済みます。
弊社は無駄のない適材適所の工事の提案が得意ですのでお気軽にお問い合わせください。

船橋支店 根来孝至



今回は、アステックペイントEC-5000PCMにて、目地の塗分け塗装工事のご報告です。主に、サイディング壁の塗装になりますが、1色の塗りつぶしとは、意匠性が断然upしますよ。少し手間がかかるので、お値段的にもupしますが、末永くお住まいのなるお家のリフォームですのでお考えの1つに加えられたら外壁のお色選びもより楽しくなると思います。

before
施工前
(施工前)
施工前の外壁は、色が褪せ始め、白い粉(チョーキング現象)が浮き出している状態でした。
ここまでの痛みですと、はやりのクリア塗装はお勧めできない状態でした。
allow
after
施工後
(施工後)
1Fのタイル調サイディングボード壁は、アステックペイントのEC-5000PCMにて目地の塗り分けを行いました。
アステックペイント EC-5000PCM
・目地色:スレートグレー
・外壁色:アイアンバーグ
・2F外壁色:ペールビスケット


before
1F 外壁施工前
(1F外壁施工前)
チョーキング現象とボードの反りが見られます。
意匠性の高いサイディングなので、1色の塗りつぶしに戸惑いがあられました。
早めのご決断があれば、クリア塗装も出来たのですが・・・・。
allow
after
1F 外壁施工後
(1F外壁施工後)
目地だけでなく、外壁の細かな模様も塗分けることができす。
ランダムな色彩は再現できませんが、1色塗りつぶしに比べ、大変気に入っていただけました。

目地コーキング(打替え)
(目地コーキング 打替え)
目地コーキングをカッターで切り取り、変性シリコンコーキングを新たに充填します。
その後、外壁下地調整(シーラー)を塗布します。


目地色塗装
(目地色塗装)
目地の色を全体に塗装します。塗回数は、シーラー合わせて3回塗りです。
目地塗分け 施工中
(目地塗分け 施工中)
だんだんと仕上がってきました。塗り方は、お問合せください。

目地塗分け 仕上がり
(目地塗分け 仕上がり)
微妙な模様の色付けいかがですか?フラットな表面ではないので、手間がかかるんです・・・・・いや、逆に塗り易い?
職人の腕の見せ所です。

2F 施工後
(2F施工後)
2Fは通常施工で、目地コーキング 打替え後、エポパワーシーラー、EC-5000PCM(2回塗装)色:ペールビスケットで仕上げました。
附帯物塗装
(附帯物塗装)
附帯物(軒天、雨樋、破風板、幕板、水切り等)をしっかり塗装し、全体の仕上がりになります。

外壁塗装 仕上がり
(全体仕上がり)
今回は、屋根瓦がスレート瓦でなかったので、外壁塗装のみのご依頼でした。その分、目地の塗分け塗装のリクエストを頂きました。
仕上がりに御満足頂け、職人共々喜んでおります。

意匠性の高い外壁塗装をお考えの方々。
また、クリア塗装のご相談と、目地塗分け塗装のアドバイスも的確に行えます。
アステックペイントで塗り分け塗装をお考えの方は是非ご相談下さい。

船橋支店:杢谷 昌孝

購入した住宅も築年数が進むにつれて、様々な劣化が出てきます。家電と同じように、家も年数と共に故障(劣化)が生じてくるのはしょうがないことだと思います。建物を長持ちさせるためには、その家にあった修繕方法をしていかないといけません。今回アップさせて頂く住宅は、築年数15年近くたっている建物で、外壁はもちろんの事、植栽が多く家の周りにあるので、それが原因で傷みを生じている部分もあります。立地条件により、同じ年数でも傷みの度合いや修繕方法も変わってくるのでその家に合った修繕を行う事が家を長持ちさせる事だと思います。
DSC_0233
施工前写真

※外壁を覆うツタも腐食してしまい、外壁を痛める原因に繋がっています。目の前も公園になっていて、植栽が多数あることもあり、日の当たらない面は、苔・藻の発生が著しく見られます。
DSC_0237
施工前写真

※反対面は、ラティス・ウッドデッキがありますが、経年の劣化により、腐食が進み使えない状況になっています。パーゴラ部分もキウイがなっていますが、腐食している為、大変危険です。今回は、こちらのラティス以外はすべて撤去していきます。
DSC_0255
施工前写真

※木材が腐食しているので、現在は使用していませんが、そのまま放っておくと、シロアリの発生の原因になりかねません。そうなると、建物に影響が出てきますので、早めに処理しないといけません。
DSC_1122
施工中写真

※上部木材を撤去していきます。水が染み込んでいた為、土台の木材も腐食しています。
DSC_1181-1
施工後写真

※ウッドデッキ解体処分完了。木材が無くなりスッキリしました。続いて外壁塗装工事に入っていきます。
DSC_1114
施工中写真

※高圧洗浄後、下地処理工事を行っていきます。正面に生えていたツタを撤去していきます。皮スキなどで撤去していきますが、根は取りきれないので、焼却処分していきます。
DSC_1196
施工中写真

※ツタ焼却は完了しましたが、既存の外壁材も一緒に取れた部分が多数ありました。そのまま塗装しますと段差が出てしまうので、既存の下地と同じように吹き付けで形成していきます。ミラクファンド(下地調整材)を塗装した後にリシン吹きを行っていきます。
DSC_1175
施工中写真

※周りの外壁は通常の施工になるので、専用の下地材を塗装していきます。今回は、クリーンマイルドフッソ(SK化研)を塗装していくので、下地材にソフトサーフSGを塗布していきます。
DSC_1202
施工中写真

※下塗り材塗布後、クリーンマイルドフッソ(SK化研)を2工程行います。こちらも既存の外壁材が艶消しなので、風合いを替えずに艶を落とした塗装を行なっています。
DSC_1248
施工後写真

※施工完了です。ツタの跡も消えて、違和感なく仕上がりました。色は、施主様が、既存の外壁に近い色との指定がありましたので、調色にて近似色での塗装です。
DSC_1255
施工後写真

※反対側は、パーゴラを撤去した為スッキリした外観になりました。既存のラティスは防腐剤(キシラデコール)を塗布しています。植栽が多い環境でウッドデッキ等がある場合は、マメに防腐剤を塗装することをお勧め致します。


船橋支店:井辺 功太
今回は介護老人施設の内装工事(内部塗装・パネル工事)を行いましたのでご紹介します。
県内数ヵ所の介護老人施設を運営している会社様からの御依頼です。

施工箇所は調理場及び通路の

・内壁塗装
・内部ドア枠塗装・鉄扉塗装
・巾木塗装(一部パネル貼り)

が対象となります。
各施工箇所の
施工前・施工中・施工後の順番で紹介します。




内壁塗装
DSC08558
内壁施工前①

食事を運ぶ配膳台が擦れて塗膜が剥がれています。
DSC08578
内壁施工前②

こちらも同様です。
DSC09906
内壁 塗装中①

非塗装部(周囲・スイッチ類)が汚れないようにビニール養生、
土間養生をしっかり行います。
DSC09907
内壁 塗装中②

養生が終わったら捲れあがっている塗膜などをペーパー等で削り下地調整を行います。その後、塗装となります。


before
DSC09900
内壁施工前
allow
after
DSC09936
内壁施工後

使用した塗料はアクアレタン(関西ペイント)です。
水性の一液塗料ですので低臭・速乾性・耐候性に優れ、
飲食店、公共施設の稼働中の塗装も可能な商材です。



内部ドア枠塗装・鉄扉塗装
DSC08572
ドア枠施工前

角は色んなものが擦れるので弱いですね。
DSC08569
鉄扉施工前

物の搬入時にどうしても擦れるのと、台車の置場が問題ありです・・・。

DSC09954
ドア枠 塗装中

ケレン・サビ止め塗装です。
DSC09905
鉄扉 塗装中①

ケレン作業中です。
DSC09912
鉄扉 塗装中②

下塗り(サビ止め)塗装後です。
before
DSC08579
ドア枠塗装前
allow
after
DSC09962
ドア枠塗装後

使用した塗料はセラMレタン(関西ペイント)です。
この塗料は弱溶剤2液型の塗料です。
調理室の作業が終わった後に十分な換気を行い作業しました。
before
DSC08564
鉄扉塗装前
allow
after
DSC09974
鉄扉塗装後

使用した塗料はドア枠同様でセラMレタン(関西ペイント)です。
扉を開放した状態で作業出来たので臭気は気になりませんでした。若干色も明るくなり艶も復活しました。


巾木塗装(一部パネル貼り)
DSC08581
巾木塗装施工前

配膳台のタイヤがぶつかるとの事。
DSC09902
パネル貼り施工前

こちらもタイヤがぶつかるとの事。

DSC09933
巾木塗装 施工中①

凹んでしまった部分を硬質パテで平らにしていきます。
DSC09934
巾木塗装 施工中②

凹みは至る所にあり、下地造りにしっかりと時間をかけます。
DSC09949
巾木塗装 施工中③

凹みの修復が終わったら仕上げ材を2回塗布します。
before
DSC08574
巾木塗装施工前
allow
after
DSC09959
巾木塗装施工後

使用した塗料はケミクリートE(ABC商会)です。
食品工場や厨房に適した商材です。
フォークリフトの走行にも耐える耐久性の高い床材です。
before
DSC09904
パネル貼り施工前
allow
after
DSC09973
パネル貼り施工前

周囲の塗装巾木・ソフト巾木の高さに合わせてパネルをカット、施工しました。
今回は調理室付近の内装工事ということで、食事時間の配膳作業のご迷惑にならないように
作業箇所・作業時間を調整しながらの施工となりましたが
施設スタッフの方のご協力により予定工期にて完了となりました。
食品を扱う場所での作業でしたので弊社スタッフもキャップ・シューズカバー等をして細心の注意をして行いました。

今回の工事でご満足頂けたとの事で後日、他施設での工事も任せて頂きました。
今後もお客様満足度アップを目指して工事していきたいと思います。


船橋支店 根来孝至

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ