船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
屋根材の剥がれの原因で良く上がるのが「ニチハのパミール」という部材があります。
たびたび弊社のブログやインターネットなどで出てきています。

年数を重ねるとミルフィーユ状に剥がれていくので、塗装を施しても下から剥がれていきます。
短期間で屋根に不具合が見られる可能性が高いです。
ということで、こちらの屋根材は「塗装工事」が基本的には不可になります。

この場合は重ね葺き(カバー工法)が一般的に最善の施工になるわけですが、屋根材も様々あります。
今回施工させて頂いた屋根材は、アイジー工業:スーパーガルテクトで施行しました。
特徴としては、遮熱性・断熱性・高級感のある質感となります。
コスト的には若干上がりますが、長期の保証(メーカー保証)・耐久性に優れているので、建物および立地条件としてはお勧めになります。

足場を設置するので外壁塗装・ベランダ防水工事と合わせて施行していきます。
 
145b722bb5c140a8f4c25cf8b76c3119-1
施工前全体写真
ca0b445880d23a06c18b67a4abb449f7
施工前屋根写真

築年数は11年程です。
状態は軽度ですが、塗装工事は出来ない状態と思って良いでしょう。

パミールの場合、施工前は状態が軽度でも洗浄を行うと悪化することがほとんどなので、担当者の現調・図面などで調べる必要があると思います。
 
001-2
パミールは小口部分(○印)がミルフィーユ状に膨れていることが多いので、それで見分けることもできます。

この端っこの部分が複層状にバサバサとなっていて、状態が悪いと剥がれて崩れている事もあります。

洗浄するとこの部分が飛び散って大変な事になります。
 
867366e7f952aca0be2cf8a09d7df5f2
施工中屋根写真

既存の棟板金を撤去していきます。
アンテナがある場合は位置をずらすので、施工完了後に調整が必要になります。
 
7a3cd3981c17a1e85c9d339b2dc74d50
施工中屋根写真

ルーフィングを下から貼っていきます。
屋根工事の場合は下から施工していきますので、軒先の加工を行います。

注意点としては、建物の状況、雨樋の形状によっては、雨樋も交換しなければならないといけないので、現調時に担当者と打ち合わせを行ってください。
 
f6f1b04d3ce4d96a0f95307ce400037e
写真右の黒いものは棟板金部分の部材です。

基本的には木材の貫板を使用しますが、経年劣化により腐食する場合もありますので、オプションで樹脂製の板に変更する事が出来ます。
 
80a756a1db384266a37b6aea2853b8fa
施工中屋根写真

雪止め金具を設置しています。
ガルバリウムの場合は、非常に滑りやすくなるので確実につけた方が良いと思います。
 
b22f29437885f850aeb4a68394da8668
屋根完了写真

施工完了です。
今回使用した色はシェイドチャコールになります。
その他に4種類の色がありますので、家の外壁の色に合わせて施工したら雰囲気も変わり良いと思います。
 
12f8ca33b6bd9b43bf3f475c06839d44
外壁完了写真

使用した商材は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。

雨樋の交換は必要なかったので、サッシの色に合わせて塗装しました。
 
f78ddd660ff08a80de3b8b75c00cb483
ベランダ防水完了写真

既存の防水はFRP防水だったので、ガラスマットを敷き直し施行しました。
 

施工前 〜 施工後

before
145b722bb5c140a8f4c25cf8b76c3119-1
施工前
allow
after
0fd760c85dd1ba9dd98856310cac9fd3-1
施工後
 
雨により多少工期が長引きましたが、ご満足いただけました。
外壁は淡いピンクとホワイト仕上げ、既存の外壁に近い様に仕上がりました。

今年も残りわずかですが、外装工事をご検討されてる方はまずはお気軽に御連絡下さい。

船橋支店:井辺 功太
 
【ベランダ壁面の劣化による、漏水が原因で起こった壁内部の腐食劣化を改修いたしました】

浦安市舞浜にある住宅の塗装工事をご依頼頂きました。築年数は16年くらいになりますが、今回が初めての塗装工事になります。

現調時に家の周りを点検・計測を行っているときにベランダ壁面(下場)に亀裂があり、足場を組んだ段階で開口(かいこう:屋根、壁の一部を剥がすなどして解放すること)したところ、想定外の劣化状況がみられたので、当初の予定工事と大きく変わる事となりました。

浦安市舞浜といえば、東日本大震災の影響をかなり受けていますのでその時に起きてしまったものかもしれません。
何にせよ、建物も細かく点検を行わないと後から気づいても費用・工期が重なりますので大事な作業だと改めて思います。施工内容をアップしていきます。
 
3645dc43bb1f63a2fb90fb350d4baa02
全体写真1

外壁面はスタッコリシンです。

※スタッコリシン(吹き付け加工のザラザラ感のある壁面)
c0aab3c53e158ddef24c240bf53578f5
全体写真2

全体的にみたら、クラック等も少なくしっかりした建物になります。
bc6fd1d3d96a1ff4d1f657cfe47a4ff2
施工前写真

ベランダ下場部分に亀裂があります。小さいクラックでしたらシーリング材(防水性や機密性を保つためのスキマ充填剤)などで補修も可能ですが、亀裂が大きい場合は断裂の幅が大きいのでシーリング材では対処できません。

予定では、下場のモルタルを落として左官補修の予定でしたが、現状は開けてみないとわからないので作業に入ります。
 
687606f7c9ec5f695a87099af8893b57
開けてみたら予想を上回る劣化状況でした。

木部は完全に腐食し作業が出来る状態ではないので、的確な処置を施さないといけません。

この様子だと上から長期間漏水していると思われるので内壁をほとんど剥がすことになりました。
 
dce4fe555e1d3145c033a7d5d7df35a9
予想は的中し、全体的に木部が腐食していたので直ちに処置をしていきます。
 
9a5be1af742a2843d24af5fba0f35405
下地の木工事を行なっていきます。
表面は大きく損傷していましたが、建物側の木材は下地が生きていたので、途中から貼り合わせていきます。
 
1ac47cdc1f2adeb6407bf5504021e683-1
木処理が終わった後に、ラスカットパネルを張っていきます。

※ラスカットパネル(木製の合板に金網を張ってその上からモルタルを薄く塗った、モルタル壁の下地材)
650967634590419699befd02e2a1c84a
ラスカットパネルを張り終わりましたら、モルタルで左官補修していきます。
一昔前は、通常のモルタルで施行していましたが、現在は荷重がかからない様に軽量モルタルで施行していきます。

問題は笠木です。今回の漏水の原因は、笠木からの原因でしたので、今後、このようなことが内容に防水処理を確実に行っていきます。

※笠木(かさぎ:手すり、屋上の縁などの上部に蓋のように取り付ける金属やプラ製の部材)
 

10737081f8de442250218933658904bf
左官工事終了後、塗装を吹き付けていきます。

現状の状態に近い様に吹き付けます。
吹き付けた後にヘッドカットをして既存の外壁と違和感がないように仕上げていきます。

※ヘッドカット(壁材を吹き付けた後にローラーで押しつけて表面を平べったくする加工方法)
 
6b45dca3035a70c7442f6cc477e4c342
塗装終了後、新規のアルミ笠木を取り付けます。

前回の笠木はサイズが小さく隙間から雨が浸入しやすかったため、ワイドのサイズに変更しました。
最後にタイルと外壁の隙間を埋めて完了です。
 
3306e3fba0967652c8504d54ff982750
正面のカーポートを洗浄して取り付けて、全ての工事が完了です。

雨も続き、工期は延びてしまいましたが、綺麗に仕上がり感無量です。
 
0f7f2dcc4e56fe0cb1aa763b2ca06390
ベランダ側も、補修ヶ所が目立たなくて違和感なく仕上がりました。

ベランダ側は漏水しやすい箇所でもあるので、外壁の異変、汚れ等目立つときは一度御連絡下さい。


船橋支店:井辺 功太
 
今回T様邸による外壁・屋根の塗装は、ASTECペイントの外壁EC5000PCM、屋根は無機ハイブリットコートJY-IRを使用しました。

お家の後ろ側がに苔や藻などが見られたため、防カビ剤プラスSという塗料を使いました。
これから塗装工事の流れと塗料の性能を分かりやすく説明していきます。
 
IMG_1718
塗装工事の一連の流れは、足場メッシュ養生→外壁屋根の洗浄→開口部養生→下塗り→中塗り→上塗りの順番になります。

良く聞く三回塗りとはこちらの事です。こちらの写真は足場を架けてメッシュ養生をした写真になります。
 
IMG_1735-2
外壁、屋根の洗浄を行ったあと、塗装できない箇所をビニール養生していきます。

一般的に金属は塗装できますが、アルミの部材などは塗装が剥がれやすくなるため塗装は避けます。
 
IMG_1744-1
<下塗り>

下塗りとは、元の外壁と新しく塗っていく塗料の接着剤のような働きをします。
 
IMG_1781-1
<中塗り>

中塗りは上塗りをしていく段階で、色ムラができないようにするために塗っていきます。
基本的には上塗りの塗料の色と同じになります。
IMG_1775
<上塗り>

今回使用した塗料、ASTECペイントのEC5000PCMの特長は、伸びる塗膜なのでひび割れに追随して、外壁の傷みを最小限に抑える役割となります。

外壁材がモルタルのお宅ですので、クラックやひび割れが起きやすいため、これは最適な塗料であることが言えます。
耐久年数も15年以上ということでフッ素同等の耐久性があります。
 
IMG_1729-2
<屋根洗浄後>

屋根の洗浄後の写真になります。
所々にひび割れがありましたため、コーキング処理をした後に塗装をおこないました。
 
IMG_1831-1
<屋根塗装後>

今回屋根の塗装に使用した塗料はASTECペイントの無機ハイブリットコートJY-IRという塗料になります。

この塗料の特徴は、フッ素以上の耐久年数と強い遮熱効果があることです。

夏場は特にエアコンの効きが良くなり実感することができると思います。
 
IMG_1922
上塗りが終了した後、付帯物の塗装をし工事完了になります。
 
最後までご覧いただきありがとうございます。

今回使用した塗料は、外壁、屋根ともにASTECペイントによる施工となりました。
様々なお宅の状態により、最も最適な塗料を選択致します。是非とも外壁、屋根の塗装でお考えの方は、オリエンタルホームサービスまでご連絡ください!

担当:大塚友教
 
今回ご紹介するのは、現調の際に新築時の施工業者のベランダ防水工事の施工不良箇所が発覚し・・・という工事内容をアップします。

当然ながら一般の方は知識があまりない中での見積依頼ですので僕らは現地でしっかりで現状を把握・施主様にご報告する必要があります。施主様はあまり気にされていませんでしたが、今回の問題はベランダのFRP防水部分でした。
※FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。

ちなみに下の写真は雨が降った翌日の現調時の様子です。
 
DSC_2723
雨が降ったのは前日。
なのに水がたまっています。
水勾配が緩いのか・・・
 
DSC_2794
ベランダ笠木に付いている手摺の根元付近です。
水が溜まっています。
DSC_2765
水が溜まっていた排水部分の真下ではカビが発生しています・・・
恐らく内部は漏っています。
 

 
ちょっと嫌な予感がしたので、集水桝を外して下地の具合を確認してみようとしましたが、通常は回転させると外せるのですが何故かボンドでがっちり固定してあったので外れません。この時点で何か怪しさを感じます。

集水桝に横から少し衝撃を与えてみたら「スポンッ!」と変な音がなって、「あれ?」と思いベランダに戻ってみると下の写真のような状態です・・・
 
DSC_2784-1
まさかの排水ドレンが浮上がって外れてしまいました、と言うより固定されていません。

そもそも防水とがドレンと絡んでいない状態です。こんなんでは雨水がダダ流れです。
周囲の床もフカフカしています。
(下地が腐っているサイン)
DSC_2790
廻りを綺麗に掃除してみると、防水面の穴よりドレンのキャップの方が小さいんです!今まで乗っかっていたのが奇跡です。

残念ながら乗っかっていただけなので雨水は流れ込み、当然下地の板は腐食してました。
 
 
 
おそらく防水工事が完了後にこの辺りに水が溜まるので、ここの排水を後で取付けたものと思われます。その際、前の施工業者が開口寸法を間違えてしまい、どうにも出来なくなりコーキング等で抑え込んでまさかの工事終了にしてしまったのではないかなと。
私もこの業界に17年程いますが初めてみる納め方でびっくりしました。

とはいえ、このまま放置すると雨漏れが進行するので、現調当日ですが持っている材料で応急処置を行います。これを何とかするのが僕の仕事なので何とかしていきます。
 
DSC_2791
周囲に雑巾で水が来ないように塞き止めてからドレン周辺を掃除します。

大きく空いた穴を小さくする為にアルミテープを貼ります。
 
DSC_2792
水が入らないように捨てコーキングをたっぷり充填。
DSC_2793
ゆっくり排水管ごと挿入。
さらに上にコーキングを盛ります。
これで内側に水はまわりません。
 
後日、外壁・屋根塗装工事を先行で行ってから防水工事へと移ります。

防水工事を先にと思われるかもしれませんが、塗装を後にするとしっかり養生しても綺麗に仕上げた防水面が汚れる恐れもあります。
しばらくの間であれば応急処置をしっかり行っているので、水漏れに関しては全く問題ありません。
 
DSC_3535
まず、真下の天井部分の修復。
腐食した下地板、ケイカル板(ケイ酸カルシウム板)を補修・張り替えを行います。

外壁の塗装と併せて防カビ材を塗布しておきます。
 
DSC_3649
フカフカしているFRP防水層を撤去します。この際、床だけでなく立上り部分も腐食箇所は撤去となります。

当然ながら外壁塗装施工時に各所シーリング処理は念入りに行います。
床組とコンパネ下地を補強・張りなおします。
 
DSC_3654
既存のコンパネ下地は12mmの二重張りでしたが、勾配が緩く水が溜まりやすいので9mmの二重張りで納めます。

こうすると6mm分周囲より下がるので「水はけ力」がアップします。
1508918361473-1-e1508918651128
下地造作が終わったら防水工事となります。

入隅(角)に面木というものをいれます。
新たに縦ドレンを設置します。
前回施工同様の穴の開け間違えに注意です。

この際水が流れ込みやすいようにするために
若干彫り込みます。
 
1508910365829-e1508918560835
FRPで防水層を形成します。

この後、仕上げの塗装をして施工完了です。
before
DSC_2724
色褪せとともに問題を抱えていたベランダでしたが・・・
allow
after
1508910383031-1
写真を見ると補修箇所が一段下がっているのが分かると思います。今まで高かった部分を低くして排水改善としました。

排水ドレン周辺も下地からしっかり修復、全体も綺麗に仕上がりました。
手摺の根元も怪しかったのでシーリングを施しました。
 

 
防水の施工不良をご説明した所、「そう言えばリビングにいる時、雨の音が近くに感じていた」とおっしゃってました。
若干の違和感は感じていてもそれが普通と思っていたみたいです。

今回のパターンはその場でしっかり調査&応急処置が出来たのが良かった点ですね。
弊社の現調担当者はそこそこの装備車でお伺いしますので、その場での急な対応も可能なのも強みかと思います。

お問い合わせどしどしお待ちしております。

船橋支店 根来孝至
 
今回の施工はOB客様からのご依頼で、浴室換気扇とエアコンの交換です。
夏に外壁・屋根塗装を承り、とても気に入って頂きお声が掛かりました。

今回は電気を大きく使う物への変更で、100Vから200Vへの電圧変更が必要になったので、併せて配電盤の交換もさせて頂きました。
 
換気扇交換 開口
<採寸(開口)>

換気扇のサイズに合わせて開口しますが、バランスよく配置する為、しっかりと採寸します。
適当な位置に取付はできませんから。
 
開口後
<開口後 >

採寸をきっちりした後は、サイズに合わせて開口します。
 
天井補強
<天井補強 >

浴室暖房乾燥機付き換気扇は、重量が普通の換気扇に比べ重いので、天井に垂木などで補強材を入れて施工します。
天井のたわみ防止です。
 
本体 取り付け
<三乾王(換気扇) 取付 >

開口後、本体を補強材の上に設置後、固定します。
この後、点検口から200V電源配線を施工、続いて排気ダクトの取り付けです。

天井取り付けタイプの換気扇は、天井がフラットでないと取り付けできません。
 
施工後
<本体工事終了>

補強材を入れ、最強度を保つ位置に施工完了しました。

換気扇のサイズの違いが判ると思いますが、かなりの重量です。
交換前の換気扇でも天井はたわんでいました。
 
電源交換
<200V用設備交換>

ハイパワーの200V電源、三乾王に交換の為、200Vの電源の配線しました。

その後、スイッチ、リモコン取り付けを施工後、全行程終了です。
 
before
浴室換気扇交換 施工前
一般的なユニットバス換気扇です。
換気力は大きさに比例します。
 
allow
after
浴室換気扇 施工後
浴室暖房乾燥機付き換気扇 TOTO 三乾王(200V)に交換しました。

これからの季節は暖房乾燥機付きですと、お洗濯物の乾燥や、浴室での事故(ヒートショック)の防止にもなりますのでお勧めです!
 
before
エアコン 施工前
20年以上稼働のエアコン交換です。
消費電力がかなり嵩むので、電気料金もお高めでしたが、さすが「MADE IN JAPAN」ですね!
 
allow
after
エアコン交換 施工後
三菱電機の2017年製、霧ヶ峰 AXVシリーズ「MSZ-AXV2517W」に交換完了です。
before
配電盤交換前
今回は三乾王(200V)とリビング用200Vエアコン、寝室100Vエアコンの交換でしたので、小ブレーカーの増設と空き小ブレーカーが無かった事で、配電盤もまるごと交換しました。

もちろん、東京電力さんで60Aに容量もアップしました。
allow
after
配電盤交換後
施工前と違いすっきりとしたブレーカーに代わりました。

昔の様に電源が落ちるときに、パチンッ!といった音がしないので、ちょっと物足りないかもしれませんが・・・
昭和かなぁ(^^♪
 
弊社の主力は外装工事ですが、内装、水廻り、増改築にも力を入れております。
お考えのある方は、気軽にお声を掛けてみて下さい。きっと良いアドバイスができると思います。

また外装工事も只今シーズン真っ只中でご好評いただいております。
新しい年に備えて年内のリフォームをお考えになっては如何でしょう! その際は、是非弊社をご指名下さい!

担当:杢谷
 
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ