千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
印西市の小林浅間にて、屋根のカバー工事と外壁塗装の工事を行いましたのでUPしていきます。
IMG_9802
築年数は30年近い積水ハウスの物件です。
モルタルに見えますが、サイディングボードのうえにモルタルを打って仕上げている仕様です。
数か所ですが、下地のボードのなりにモルタルが割れてしまっている箇所が複数個所ありました。
CJJD3038-1
施工前の大屋根です。
傷みが激しくコロニアルが欠落している箇所もありました。

XSQY4601
下屋根の北面です。
日当たりが良くない面ですので、大屋根の方が傷みは顕著でしたが、やっぱり傷みはありますね。
IMG_1417
まずは、屋根のカバー工事からスタートしていきます。
写真は既存の屋根の上にルーフィング(防水紙)を敷いているところです。
軒先にはゼロスターターを取り付けていきます。
IMG_1426
ルーフィングを敷いた後は、ニチハの横暖ルーフSを葺いていきます。
写真はちょうど雪止め金具を取り付けているところです。
カバー工事を行うと、降雪時に雪が勢いよく滑るようになりますので、雪止め金具は必須工事です。

IMG_1463-1
一番最初に水の通り道である「谷」という部分を板金で造作していきます。
IMG_1465
ここまでくると、大屋根の工程の8割強が終了です。
この後、後程登場するタフモックという貫板を下地に使用して、棟板金を造作していきます。
IMG_1618
こちらが例のタフモックです。
棟の貫板が黒くなっているのがおわかり頂けると思います。
樹脂製のタフモックを使用していくことで、万が一棟板金の中に水が侵入しても、木ではないので腐らないんです。
これ、なかなかおススメですよ。
IMG_1241-1
冒頭の通り、サイディングの上にモルタルを打ってある仕様ですので、どうしてもクラック(ヒビ)が発生します。
IMG_1240-5
目立ってしまっているクラックひとつひとつにクラック処理を施し、シールを打っていきます。
IMG_1335-1
クラックのシール処理が終わると、壁は下塗りへと入っていきます。
ILXJ2673
今回の塗料も弊社ブログに度々登場する、アステックペイントのリファインシリーズで、リファイン1000MF-IRという20年超の期待耐用年数を誇る、超耐久塗料です。
この写真で使用している下塗り材は同じくアステックペイントのホワイトフィラーAという下塗り材です。
IMG_1338
工程は中塗りへと移ります。
今回は軒天もリファインMFで塗装していきますので、軒天から作業を進めていきます。
NGDM4871
軒天を1周塗装し終わると、中塗りは壁へと移っていきます。
色はホワイトリリィという色です。

IMG_1413-2
上塗り後です。
養生も取れて、スッキリしましたね。


IMG_1414-1
シャッターボックスや、化粧帯などの付帯物も塗装を施していきます。
今回、樋は軒樋、竪樋共にPanasonicのファインスケアシリーズに交換していますので、塗装は施しません。

before
IMG_9802-1
施工前
細かいひび割れと色あせが顕著でした。
allow
after
IMG_2008
施工後
「思ってたよりもキレイに仕上がってスッキリしました」
と奥様。
化粧帯や樋を黒で仕上げたことで、お家がグッと締まりましたね。
今回はポータルサイトからのお問合せで、「カバー工法で工事してください」とのご指定でした。
「ウチは塗装でいけるのか?それともカバーしなきゃだめなのか?」
という疑問をお持ちの方、ぜひお声がけ下さい!!
先々のプランやご予算に沿ったご提案をさせて頂きます。

本社 
久保田
IMG_8669
花見川区検見川町で屋根(カラーベスト)のカバー工法(重ね葺き)工事をしました。
今回担当したのはニチハパミール(カラーベスト材)から稲垣商事、ヒランビー(ガルバリウム鋼板)を使用したカバー工法です。

ICひらぶきヒランビー220はガルバリウム鋼板の屋根材で、軽量性に富んでいるので重ね葺きに適した屋根材です。
又、豊富な色(8色)から屋根材を選べるので建物に適したコーディネートが可能な屋根材となっています。
加えて綺麗な平葺きデザインとなるので、美しくスッキリとした屋根の見た目にする事が出来ます。

今回の工事ではインパクトのある色をチョイスしました。
インクブルーNC(U09Z)を使用しています。パミールからヒランビーへの屋根重ね葺き工事の一部をご紹介致します。
綺麗な屋根へ一新されています。
 

築13年ニチハパミール

IMG_8675-1
屋根材にパミールを使っている現場の写真となります。

パミールはカラーベストの先端から傷みが進行する素材となってます。
日当たりの悪い面は、軒先に痛みが出ています。
写真の白くなってしまっている部分が素地が傷んでいる箇所です。
 
IMG_8684-1
こちらは日の当たりが良い面の屋根写真です。

左記の写真と比較すると白い部分が少ないですが、屋根材先端の変色が見受けられます。

このまま放っておけば、水が滞留しやすくなっていますので、先端から徐々に剥がれてしまいます。
最悪のケースは屋根材ごとズレ落ちてしまいます。
 
IMG_8679
日の当たりが良い屋根です。
この写真ではあまり傷んでないようにみえますが、屋根材の先端に変色があるので、雨水が滞留し、湿気も溜まりやすい状態になっています。
 
IMG_8670
剥離が酷い箇所のアップの写真です。
剥離してしまっています。剥離が酷くなると、雨漏りの直接の原因に繋がってしまいます。
雨漏りする前のメンテナンスが必要です。
 

重ね葺き工事

IMG_9250
重ね葺き工事では、既存の雪止め金具を撤去します。
 
28d9c38079433d5922cd17b6df614efe
矢印の箇所は棟板金です。
棟板金と板金を固定している貫板を撤去します。
 
IMG_9262
撤去した貫板です。
 
IMG_9261-1
撤去した棟板金です。
 
IMG_9244-2
下地処理を終えたら、ルーフィング(下葺き材)を施工していきます。
改質ゴムアスファルトルーフィングでの下葺きなので耐久性もばっちりです。
 
IMG_9248
戸建ての雨仕舞いは1次防水、2次防水の2重構造になってます。
1次防水は、屋根本体や板金による仕上げ材によるものです。

ルーフィングシートは2次防水の役割を担ってますので、重要な建材です。
重ね葺き工事でも使用します。
 
IMG_9260
軒先の役物、軒先スターターです。
 
IMG_9289
軒先加工中です。
軒先に取り付けていきます。
 
IMG_9287-1
ケラバ加工中です。
雨天時などに屋根からの水切りの役割を果たし、外壁や窓への吹き込み防止の役目があります。
 
IMG_9286
壁際の役物、雨押さえです。
外壁と屋根のつなぎ部分です。
 
IMG_9296-1
役物全体の写真です。
役物施工が終わったら、屋根材施工になります。
 
IMG_9324-2
ヒランビーを軒先から施工しています。
軒先から順番に施工していきます。
 
IMG_9325
ヒランビー施工中の写真です。
きれいに仕上がってます。
 
IMG_9282
ヒランビー施工中です。
棟の部分です。雪止め金具も取り付けています。
 
IMG_9508
棟板金の貫板は腐食を起こさない樹脂製貫板を使用しています。
樹脂製の貫板は、湿気や雨水の影響による腐食がないので長期の耐久性が期待出来ます。
 
IMG_9509
樹脂性貫板です。
ビスで固定していきます。
 
IMG_9361
樹脂製の貫板施工が終わったら、棟板金を施工します。
貫板がしっかりしているので板金が風で飛ばされてしまう心配もいりません。
 
IMG_9363
施工後の壁際の屋根です。
綺麗に仕上がってます。
 

重ね葺き施工後

IMG_9448
施工後の写真です。
インクブルーが映えてます。
 
IMG_9447
施工後の写真です。
今回は屋根材のブルーに合わせて、破風板も青で塗装しています。色合いも綺麗です。
 
IMG_9429
施工後の写真です。
 
IMG_9432
施工後の写真です。
 
IMG_9438
施工後の写真です。
 
IMG_9356
施工後の写真です。
 
IMG_9450
今回の重ね葺き工事にて使用した屋根材は、稲垣商事のひらぶきヒランビー220です。色はインクブルーNC(U03Z)です。
高級感溢れるブルー色となっていて、かなりおすすめな色です。

ヒランビーはデザイン性も高く耐久性ある屋根材なので、カバー工法にお勧めです。
カバー工法はコストパフォーマンスが高く経済的な工事です。
カバー工法を検討している方はぜひオリエンタルホームサービスまでお問い合わせ下さい。

カバー工法、葺き替え工事、瓦の積みなおし工事等、屋根工事を検討している方は是非弊社へお問い合わせ下さい。

担当 渡部
 
IMG_8969-1
2019年最初のお問い合わせで「鉄製の階段が腐食して落ちてしまっている所に階段を新規で再設置したいという物でした。

「木で階段を新規に造作して欲しい」という事でしたので、そちらの施工内容を掲載致します。
 
弊社本社から近いお宅でした。

伺ってみると鉄製の階段が腐食し、昇降、出入りが出来ない状態になっていました。
裏口の階段とはいえ、出入りできないとさすがに不便ですよね。

玄関への階段も木製で造作し直してあり、そちらはまだ新しくキレイな状態でした。
 
IMG_8971
踊り場が錆落ちて無くなってしまっているので、裏口が全く使えない状態です。

この階段が使えない為、お車への移動は全て玄関から回っていました。
 
IMG_9670
まずは既存鉄製階段と残土を撤去し、枠を組んでいきます。
 
IMG_9673-1
枠を組んだ所にコンクリートを流し込み、階段の土台を造っていきます。
 
IMG_9669
現場で左官工事を進めている間に、作業場にて木製の階段を造作しておきます。

現場のスペースが非常に狭く作業スペースが確保できない為、寸法を測って別の作業場で木製階段を造作。

その後、造作した階段をトラックで運び、現場では取り付けと微調整のみを行う作戦です。
 


IMG_9486
現場にて取り付けと微調整を行い、最後に防腐塗料を塗布して完成です。

これで、裏口からの出入りも出来るようになりました。
 
塗装工事のブログが多い弊社ですが、この様な大工工事、内装工事も相当数行っています。

今回は「木製階段」とのご指定がありましたが、いろいろな材料、工法での施工が可能です。
お見積もりは無料ですので、工事の内容に関わらず、是非一度お問い合わせ下さい!

担当:久保田
 
IMG_1046-1
千葉市花見川区宮野木台で外壁塗装をしました。
築13年で日当たりが良い立地なので、紫外線に強いシリコン塗料を使用して塗装をしました。

建物を明るい印象にしたいとの事で、ブロークンホワイト(白)色を選んで頂き、外壁と附帯部(破風板、雨樋)を白にして、大きくイメージチェンジをしています。

使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRを使用。
このリファイン1000Si-IRは美観保持性に優れた塗料で、耐用年数が15年~18年でフッ素塗料と同等の高い耐候性を発揮する塗料です。
 
IMG_1067
工事前の外壁です。築13年です。
サイディングの色あせや汚れの付着が見受けられます。
色褪せはサイディングが傷み始めているサインです。
ボロボロになる前に手入れをする事がサイディングを長持ちさせるコツです。
 
IMG_1065
工事前の外壁です。日当たりの良い面です。

サイディングの色あせや、破風板や雨樋の色あせなどが見受けられます。
塗装する事で新築時の様な艶が蘇ります。
 

超低汚染リファインSi-IRを使用した外壁塗装3回塗装

IMG_3330
下塗りです。1回目の塗装です。
主材を塗装する前に、下塗りをして主材が密着しやすいようにします。
 
IMG_3328-1
今回の下塗りでは、クリヤー色を使用しました。
色が濃くなっている外壁が下塗りを施工している場所です。
 
IMG_3347
中塗りです。2回目の塗装です。
中塗りから主材を使用していきます。
リファイン1000Si-IRを使用してます。
色はブロークンホワイトです。
 
IMG_3363-2
下塗りと中塗りの写真です。
白くなっている部分が中塗り中の外壁です。
塗り残しが無いように塗装していきます。
 
IMG_3505-1
上塗り。3回目の塗装です。
主材を重ねて塗装していきます。
耐久性を高める工程です。
 
IMG_3497
主材を重ねて塗装していきます。
紫外線に強い塗料です。
 
IMG_3502
塗装後の外壁です。綺麗に仕上がってます。
ブロークンホワイトを使用して塗装しています。
 
IMG_3504
塗装後の外壁です。ベランダ面です。
リファインは高耐候性、遮熱性を有してるので、日当たりが良いベランダ面のサイディングをガッチリ護ります。
 

施工後

IMG_3809-1
工事後の写真です。雨樋を白で塗装してます。
 
IMG_3801-1
工事後の写真です、破風板とダクトカバーを白で塗装しています。
 
IMG_3802-1

IMG_3794

IMG_3785

IMG_3793-1

IMG_3786
外壁と附帯部を白で統一した事で、大きくイメージチェンジが出来ました。

今回外壁に使用した塗料は(超低汚染リファイン1000Si-IR)で色はブロークンホワイトです。
ブロークンホワイトはサイディングボードの建物だけでなく、モルタル壁でも映える色なので、かなりおすすめの色となってます。

白は汚れが付着しやすいイメージがあると思いますが、今回仕様したシリーズの塗料は、藻や苔の発生を抑え、親水性が高い(水となじみやすい性質)ので、塗装後の美観を長期的に維持する事が可能です。
アステックペイントジャパンのリファインシリーズは、美壁に求められるあらゆる機能を備えた塗料になっています。

千葉市で美壁革命、遮熱塗装で気になった方は、オリエンタルホームサービスへお問い合わせ下さい。
現地調査は無料です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。皆様のお問い合わせお待ちしております。

担当 渡部 大輔
 
5960F265-A084-4E11-B63B-71BCA6AC2534
花見川区宮野木台で築12年の外壁塗装(サイディングボード)屋根塗装(カラーベスト)の工事をしました。
外壁と屋根は時間の経過とともに傷みがでてきます。12年ともなると、サイディングボードの色褪せや、コーキングの硬化が目立ち始めます。

外壁の傷みは、住んでいる方でも比較的簡単に劣化に気づくのですが、紫外線の影響をモロに受けている屋根の傷みや劣化状況については気付く事が難しいです。
12年も経過すると、カラーベストにクラック(ひび割れ)が入っていたり、棟板金の釘がゆるんでいたり等、外壁よりも傷みが進行しています。
 

屋根塗装工事(3回塗装)

IMG_2462
今回は紫外線と熱に強い遮熱塗料、アステックペイントのスーパーシャネツサーモシリーズでの塗装となります
シリコンタイプの耐用年数が13年~16年相当、フッソタイプの耐用年数が16年~20年相当となってます。

今回の工事では耐用年数の長いスーパーシャネツサーモF(フッソタイプ)での塗装となりました。
屋根の塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗装となります。
IMG_2476
塗装工事に入る前に、屋根の高圧洗浄をして経年の汚れ付着を落とします。
 
IMG_2470
洗浄中です。洗浄前は汚れているようには見えませんが、洗浄をするとこんなにも変わります。
洗浄して汚れを落としたら、下塗りをしていきます。
 
IMG_2463
下塗りはサーモテックシーラーを使います。
下塗り材にもシャネツ効果があるものになります。
 
IMG_2709
下塗りを終えたら、雨漏り防止のタスペーサーをカラーベストの隙間に差し込んでいきます。  
IMG_2711-1
下塗り後の屋根です。
遮熱機能を備えた上塗り材と併用すれば、遮熱効果をアップすることができます。
 
IMG_2713-1
塗装した塗料は屋根材同士の重なった隙間を塗料で埋めてしまいます。
屋根材の表面には雨水排水や通気性の確保を目的とした溝がついているのでスキマは必要なんです。
そこでタスペーサーを差し込んで屋根材同士の重なるの隙間を確保します。
 
IMG_2767
中塗りをしていきます。
中塗りから主材を使用した塗装となります。
スーパーシャネツサーモFを塗っていきます。
 
IMG_2770
中塗りを終えたら3回目の塗装をしていきます。
主材を重ねて塗っていきます。
 
cd996779962adc150ef7980bfbc0e184
上塗りをしていきます。
3回目の塗装、仕上げ塗りです。
中塗りの時点ではまだ色ムラが残っている場合などがあります。
これを調整するという役割を担うのが上塗りであり、二度の上塗りによって性能の高い塗膜を作る事にもなります。
 
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-3
上塗り後の屋根です。
艶が出て、綺麗に仕上がりました。
使用塗料はスーパシャネツサーモF、エバーグリーンです。
 
IMG_3518-2
仕上がり後の屋根です。主材を重ねて塗装しているので耐久性もバッチリです。
アステックペイント「スーパーシャネツサーモF」は、弱溶剤形二液屋根用遮熱上塗材で、今までのフッ素樹脂塗料をしのぐ最高ランクの耐候性を持っています。
優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料です。
 
IMG_3199-1
光沢がありキレイな緑色で美観もバッチリに仕上がりました。
遮熱塗料での塗装なので、仕上がった美観を永く保てます。
 
IMG_3197-1
今回のカラーベストの屋根塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの遮熱塗料を使用した3回塗装でした。

屋根の傷みの進行はとても気が付きづらい部分です。現在住まれている建物の屋根の傷みや、カラーベスト、コロニアルの塗り替え工事など、気になる方がいましたら、是非弊社までご連絡・お問い合わせ下さい。

建物の点検からお見積もりまで無料で対応しています。
千葉市の屋根点検はオリエンタルホームサービスまでお気軽にお問合せ下さいませ。

担当:渡部
 
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ