千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
塗装工事中のお客様よりご紹介を頂き、現場調査に伺ってみると1Fのリビングに若干の漏水が発生していました。
真上がバルコニーになっている為、バルコニーの防水工事をご提案させて頂き施工致しました。
今回はその防水工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_1808-1
「あれ?これウチと同じじゃない?」という方も少なくないはずです。
某大手ハウスメーカーのバルコニーの施工前の写真です。
シート防水の上にタイルが敷き詰められているタイプです。
 
IMG_1807-1
こちらは溝の上の写真です。
藻がびっしり張り付いていますが、この下に溝があります。

ドレン(集水マス)は3箇所。
この集水マスから繋がっている竪樋に詰まりがあり、雨水が流れずにオーバーフローし、溝に水が溜まって湿気がある状態が続いていました。
 
IMG_202010271731513
まずは、タイルを撤去せずに、タイルの上から高圧洗浄をかけていいきます。
 
IMG_202010271731515
裏返して、さらにタイルを洗浄していきます。
 
IMG_202010271731516
タイル撤去後。
このタイルの下、実は結構な確率で泥だらけなんですよね。
タイルを敷いていても、埃や土が長年溜まり、この状態になってしまいます。
 
IMG_202010271731517
この泥を、さらにきれいに洗っていくと・・・
 
IMG_202010271731519
出てきました、出てきました!漏水箇所のほぼ真上。シート防水の切れ目ですね。
漏水はこの箇所からで間違いありません。
 
IMG_2020102717315114-1
シートのつなぎ目部分、立ち上がりの部分にメッシュシートを敷いて補強していきます。
 
IMG_2020102717315116
傷が入ってしまっているところにシートの上からカチオンを塗布し、傷を補修していきます。
 
IMG_2020102717315120
カチオン塗布後は、プライマー塗布し、ウレタン防水を塗布していきます。
 
IMG_2020102717315122
こちはらウレタン防水2層目塗布後です。
 
IMG_2020102717315123
最後にトップコートをかけて、ウレタン防水の工程は完了です。
 
IMG_2020102717315129
初めに洗浄していたタイルを復旧し、工事終了となります。

大手ハウスメーカーのバルコニー防水は、新築時に「浮かし張り」という工法を用いている可能性があります。
シートを所々浮かせて固定している工法のことで、その浮かし張りの上にタイルを敷いている場合があります。

施工サイドとしては最後のタイルの復旧を頭に入れた上でのご提案となるため、今回はシート防水よりも安価なウレタン防水での施工となりました。(もちろんシート防水のお見積りもご提出させて頂いておりました。)
 
「2019年の台風15号、19号から雨漏りしている」というお問い合わせを相当数頂いています。
防水工事含め、一言で「工事」と言ってもそれぞれの家屋に合った様々な工法、商材があります。

複数のプランがご提案可能な場合もありますので、まずはお気軽にお声掛け下さい!!

本社:久保田
 
塗装工事のOB客様より、ユニットバスの交換工事のご依頼を頂戴し、工事させて頂きました。
今回はそのユニットバス工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_9496
よくある在来のタイルの浴室です。
新築から20年以上が経過している為、床や壁、浴槽の脇などにクラック(ヒビ)が入っている状態です。
 
IMG_9499
こちらはカラン水詮周辺です。

クラックにご自身でコーキングを施し、補修されていました。 しかし、床下のシロアリ調査を行った際に、浴室側基礎に水シミを発見。
大量の水シミではありませんでしたが、浴室からの漏水ですので、ユニットバスに交換することになりました。
 
IMG_3653-1
まずは既存の浴室、タイルを解体して撤去していきます。
窓はアタッチメントを取り付けてそのまま使用しますので、今回は解体しません。
窓のサイズによってはこの段階で窓交換の大工工事、サッシ工事が入ることもあります。
 
IMG_202009291009220
床のタイルも撤去します。
 
IMG_202009291010240
天井の高さも変わりますので、天井も解体していきます。
 
IMG_2020092909184136
解体後は、給排水の切り回しを行い、砕石、コンクリートで土間の造成を行います。

ここで重要になってくるのが乾燥時間。
土間コンクリートを打ってからユニットバスの設置工事まで、中1日、乾燥時間を設けます。

ユニットバスの重みに耐えられる様、土台をしっかり固めるというわけです。
 
IMG_3720-1
土台を乾燥させると、いよいよユニットバスの設置になります。
まずは土台とユニットの枠(骨組み)を組み立て
 
IMG_3721
そこにユニットバスの壁のパネルをはめ込んで固定していきます。
 
IMG_3724
カランの位置や手すりの位置などを確認しながら組み立てていきます。
 
IMG_3789
ユニットバス施工後です。
換気扇、照明共に天井付けになります。
窓もアタッチメントの取り付けでそのまま使用できますので、採光を邪魔することもありません。
 
IMG_3788
今回設置した浴槽は、TOTOのSAZANA1616サイズになります。
カランやシャワーが付いている部分の壁(アクセントパネル)はマテリアルアロマピンク、周辺パネルはプリエホワイト、カウンターと浴槽はホワイトです。
 
設備の状態や使用頻度にもよりますが、新築から20年が経過すると、水廻りの設備(トイレ、キッチン、お風呂)にどうしても傷みが生じてきます。

今回のOB客様も「お風呂が1週間使えないのはちょっと。。。」とおっしゃっていましたが、いざ工事が終わると「お風呂がホテルみたいになりました!!やって良かったです!」と大満足を頂きました。

在来の浴室で壁や床にクラックのある方は、じわじわ漏水している可能性大です。
塗装工事の件数が多い弊社ですが、内装工事もバリバリこなしています!!!

調査お見積りは無料ですので、ぜひお声がけ下さい。

本社 久保田
 
「鉄階段や通路の防水を施したいけど、どうしたらいいのかわからない」そんな方もいらっしゃるかと思います。
印西市発作にて、通路、階段のウレタン防水を施工しましたので、UPしていきます。
通路は膨れ防止の為、ウレタン防水の通気緩衝工法、鉄階段はウレタン防水の密着工法で施工しました。
 
IMG_202008121805163
階段の施工前です。
蹴込み部分は鉄ですので、蹴込み部分は塗装。踏み面のみウレタン防水の密着工法で施工していきます。
 
IMG_202008121805161
こちらは鉄階段を上り切ったところの通路。
通路がかなり大きく、コの字になっています。
こちらは膨れ防止の為、ウレタン防水の通気緩衝工法での施工となります。
左に見えている屋根は倉庫の屋根です。
 
IMG_202008121805165
まずは端部の不良部の撤去、いわゆる下地処理というやつです。
金物とブチルテープで納めてありますが、ブチルテープが浮いています。
 
IMG_202008121805167
なので、ブチルテープは剥がし、金物は再固定していきます。
 
IMG_202008121805168
ブチルテープの剥がし、金物の再固定が終了しました。この部分を再びブチルテープでガッチリ抑え込み
 
IMG_2020081218051614
カチオンを塗布していきます。
 
IMG_2020081218051612
と同時に、導線を確保していきます。
通路に関してはコの字になっている為、しばらくは玄関ではなく掃き出し窓より出入りして頂く形を取らせて頂きました。
 
IMG_2020081218051613
ただし、当然階段を歩かないわけにはいきません。
階段に関しては狭くなってしまいますが、縦半分で導線を確保していきます。
階段もカチオンを塗布して下地を造っていきます。
 
IMG_2020081218051617
カチオンが固まったら、次はプライマーを塗布していきます。
 
IMG_2020081218051618
端部はメッシュテープで処理し、
 
IMG_2020081218051620
通気シートを敷いていきます。
 
IMG_2020081218051619
端部のシール処理を施し、
 
IMG_2020081218051621
通気シートの張り込みが完了しました。通路の量端部に貼ってあるものはジョイントテープになります。
ここまでくれば、工程は半分以上が終了した形になります。
 
IMG_2020081218051622
通気シートの上に、ウレタン防水を2層目を塗布してきます。
 
IMG_2486-1
階段は密着工法ですので、カチオン→ウレタン防水2層→トップコートという順に施工します。通気シートは入れません。
先ほどの写真とは「歩けません」が密かに反対になっています。
 
IMG_2495
先にトップコートを入れた部分が「歩けます」に変わり、「歩けません」の部分にトップコートを施してきます。
これで導線の養生テープ、端部の養生をしているラッカーテープを剥がして完成となります。
 
IMG_2020081218051633
こちらは脱気筒の写真です。
今回は平米が広いので、脱気筒を2箇所設置しました。防水層の中に万が一湿気を帯びても、ここから抜けていくので防水が膨れてこないというのが通気緩衝工法です。
歩行の邪魔にならない様、雨戸の戸袋の下に2箇所とも設置しました。
 
before
IMG_202008121805163
<鉄階段施工前>
 
allow
after
IMG_2020081218051630
<鉄階段施工後>
ツヤが違いますね。
防水層が復活しました。
 
before
IMG_202008121805161-1
<通路施工前>
ツヤがなくなってしまっていた上に、端部が傷んでいました。
 
allow
after
IMG_2020081218051627
<通路施工後>
浮いてしまっていた端部も完ぺきに収めました。床面のツヤも復活しましたね。
 
お宅一軒一軒に合ったそれぞれの施工方法があります。
敷地や建物の形状、工事方法などでお悩みの方は、ぜひご連絡を頂ければと思います。

本社 久保田
 
築年数が経過してくると、漏水してしまうケースが本当に多いんです。今回UPする現場も例外ではなく、クラック(ヒビ)が原因と思われる漏水が発生していました。
そこで、モルタルの撤去&再施工よりも比較的安価に施工できるカラートタンを部分的に施工する工事をご提案させて頂きました。
 
IMG_6578
築40年を越えたこちらのお宅。10年ほど前に一度外壁の塗装を他社さんで行ったようですが、特に2階部分にクラックが複数発生。
 
IMG_6395
施工前の全体写真に写っている2Fの出窓のサッシ周りを室内から撮影した写真です。
 
IMG_6383
出窓の木枠に雨染みが確認できます。この出窓の真下にある1Fの窓にも漏水が起きています。
そこで、高所カメラにて出窓の周辺を撮影してみました。
 
IMG_2019121918535040
こちらは出窓の上。
モルタルにクラックが入り口が開いている上、サッシ周りのシールにも劣化が見受けられました。
 
IMG_2019121918535044
こちらは出窓の右脇。
こちらにも横にクラックが入っている状態です。その他にも複数のクラックが入っていました。

本来ならば散水テストをまず行いますが、今回はクラックの数が多く雨水の複数侵入が疑われるので、散水テストは行わずにこの面の外壁をカラートタンで覆ってしまう工事をご提案させて頂きました。
 
IMG_1568
まずは、カラートタンの下地となる防水紙を貼っていきます。
 
IMG_1569
問題の出窓周りにも、防水シートをきっちり貼っていきます。
この防水シートの上に胴縁を打ち、下地は完成です。
 
IMG_1663-1
胴縁を打ち終えると、カラートタンを施工してきます。
1階から貼っていくところや胴縁に固定していく辺り、工事方法がサイディングと少し似ています。  
 
IMG_1665-1
正面の平面だけを先に施工してしまい、外壁の出隅に関しては、板金を加工してコーナーカバーを作成していきます。
 
IMG_1717
コーナーカバーを加工して取り付けましたが、漏水とは関係ない場所に立派なクラックが入っていますので、
 
IMG_1721
シールでクラックの処理を施していきます。
 
IMG_2632-1
エアコンの冷媒管のテープを巻き直して、冷媒管を固定する留め具も交換しました。
 
IMG_2631
窓枠周りのシールです。
ここまでしっかり施工すれば、もう雨漏りの心配はありません。
 
before
IMG_6578
<施工前>
2Fの出窓、1Fの窓共に漏水していましたが、
 
allow
after
IMG_2628-1
<施工後>
トタンはもちろん、胴縁や防水シート、防水テープ、シールまで完璧に施工しましたので、漏水は止まりました。
 
「漏水しているけど、費用が心配」 「漏水しているけど、まぁ少しだから」
こんな風にお考えの方もいらっしゃると思います。が、漏水は確実に家屋を傷めます。

雨水の侵入口や量、状態によって工事方法は異なります。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

本社:久保田
 
意匠性のあるサイディングと普通のサイディングで構成されているお宅を、4種類のアステックペイントを使用して塗装しましたので今回UPしていきます。
IMG_8966-1
築14年のお宅です。
本来ならクリヤー塗装に適した築年数の目安(10年以内)を過ぎていますが、サイディングの退色が目立たない為、意匠性のあるサイディング部分はクリヤー塗装をご提案させて頂きました。
普通のサイディング部分、軒天・破風板、屋根と4種類のアステックペイントを使用しました。
 
IMG_8970
意匠性のあるサイディング部分にコケが見受けられました。
クリヤーですので、しっかり落とさないとコケの上にクリヤーの塗料が乗るため、緑色が目立ってしまいます。
 
IMG_8968-1
こちらは北面。
かなりの面積にコケが出ているので、バイオ洗浄にて落としていきます。
 
IMG_0315-4
前出の樋の裏です。
 
IMG_0318
こちらは塗りつぶしてしまう部分ですが、コケがかなり濃く付着しているので、こちらにもバイオ洗浄の洗浄液を噴霧していきます。
 
IMG_0336
こちらは大屋根です。大屋根にも噴霧していきます。
 
IMG_0551
高圧洗浄後、次に行う工程は塗りつぶし部分のシールの打ち替えです。
 
IMG_20200625171437108
先に塗りつぶしの部分や軒天などを仕上げていくため、塗りつぶしの部分に下塗りを入れていきます。
下塗りはアステックペイントのエポパワーシーラーのホワイトを使用しています。
 
IMG_20200625171437109
塗りつぶしの部分の下塗りを入れ終わると、軒天を先に塗装していきます。
軒天にはエポパワーシーラーのクリヤーを塗布した後、シリコンフレックスJYという塗料を塗布していきます。
 
IMG_20200625171437105-1
軒天に使用した色は、アイアンバーグという色になります。
破風板も同じシリコンフレックスJYで塗装していきます。
 
IMG_20200625171437101
塗りつぶしの部分から先に仕上げていきますので、塗りつぶし部分にリファイン1000Si-IRを塗布してきます。

窓より下部分と少し色が違うように見えますが、窓より上はまだ乾燥してない状態なので、少し紫がかっています。
 
IMG_20200625171437103
こちらは玄関周りです。
塗りつぶし部分に使用した色は、ウィザードコッパーという色です。
 
IMG_20200625171437115
壁の方はいよいよ、クリヤー塗装に移っていきます。
 
IMG_20200625171437114
このサイディング部分に使用したクリヤーはスーパーSDクリヤーSi-JYという塗料です。
シリコンフレックスJY、リファイン1000Si-IRと外壁に使用し、これが3種類目の塗料となります。
クリヤーは標準で2回塗装なので、2回塗布して仕上げていきます。
 

IMG_0784
クリヤーを塗布し終わった後は、シールの打ち替えになります。
クリヤー塗装の場合のみ、シール部分は後からの施工になります。
 
IMG_0787-1
縦のシールは全てこうして抜き取っていきます。
 
IMG_0856-1
抜き取った部分にシールを打ち込んでいき、仕上がりとなります。
今回使用したシール材はオートンイクシードという材料になります。通常のシール材よりも長持ちする、ランクの高いシール材になります。
 
IMG_0363-1
屋根はスーパーシャネツサーモSiを使用します。
こちらは下塗り+タスペーサー挿入後の写真になります。
 
IMG_0383-1
中塗りを経由し・・・
IMG_0546-1
上塗りをかけ、完成です。
このスーパーシャネツサーモSiがこちらのお宅で使用した4種類目のアステックペイントの塗料となりました。
 
before
IMG_8966-2

allow
after
IMG_1053
柔らかい印象から、かなりシックな印象に変わりました。
 
外壁の塗装と一言で言っても、現場毎に少しずついろんな違いがあります。
1軒1軒、ご予算やプラン、ご希望に沿ったご提案をさせて頂きます。

本社 久保田
 

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市、野田市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区 他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス