千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
IMG_4918
佐倉市城のお客様より、外壁塗装、屋根塗装のご依頼を頂戴しました。

着工が11月でしたが、着工の1週間前の雨で、漏水が発覚。
散水テストを実施した結果、バルコニーからの漏水でしたので、大工工事と防水工事も行うことになりました。
 
2Fがモルタル、1Fがサイディングボードのお宅です。
敷地内に電線が走っている為、電線を防護する防護管の設置も必須でした。
 
IMG_201910092059346
こちらは、施工前の破風板。
IMG_6813-2
元々傷んでいたところに、9月の台風15号、10月の19号が通過したため、破損していました。
 
IMG_6789
高圧洗浄→養生&大工工事の後は既存の古いシールを抜き取っていきます。

抜き取るのは縦のシールのみ。サッシ周りは増し打ちにて施工していきます。
 
IMG_6797
こちらは抜き取ったシールの一部。
カッターを入れて、引っ張って抜き取っていきます。
 
IMG_6822
シールを抜き取った後は、新しいシールを打っていきます。
周りに貼ってある紫色のテープをはがすと、シールだけが残ります。
 
IMG_6886-3
1Fサイディングのシールと並行して、2Fの下塗りを進めていきます。

2Fはモルタルですので、塗料の吸い込み防止の為に下塗りを2回入れ、計4回での塗装を施します。
 
IMG_6890
1Fも下塗りに入っていきます。
 
IMG_6891-2
今回は1Fの色がガラッと変わって濃くなるため、下塗りを白にしていきます。
 
IMG_7081-1
この写真、真ん中を境に違う色になっていますが、実は同じ塗料の同じ色です。

左の紫色の部分が上塗り、右の茶色の部分が中塗りです。
顔料の関係で塗りたては紫色ですが、乾燥していくと右側の茶色の色に変化していきます。
 
IMG_7076
乾燥するとこの様に同色になります。
 
IMG_202001312006570
悪さをしていた、問題のバルコニー。
タイルが敷いてあったために、バルコニー床のクラック(ヒビ)に気が付かずに生活されていたんですね。
 
IMG_202001312006571
そのバルコニーを洗浄していきます。
 
IMG_202001312006572
そのバルコニーに新たな下地となるコンパネを打ち付けて施工していきます。
このコンパネが、新しい床になるわけです。
 
IMG_202001312006573
溝の部分にもコンパネを打ち付けていきます。
 
IMG_202001312006576
そのコンパネにプライマー(糊付け材のようなもの)を塗布し
 
IMG_202001312006578
FRPのガラスマットを敷きこんでいきます。
 
IMG_2020013120065710
最後にFRPのトップ防水を2回塗布し
IMG_2020013120065711
悪さをしていたバルコニーの床が仕上がりました。
ドレンについている、ストレーナも交換しました。
 

施工前〜施工後

before
IMG_4918-1
allow
after
IMG_7230-1
冒頭に書いたように、ガラッと雰囲気が変わりました。
使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
 
2019年は、千葉県に強い台風が2つ襲来したうえ、9月以降はとにかく大量の雨が降った印象があり、それに伴って漏水もかなりの件数で起こっています。
ちょっとした漏水でも放置せずに、お気軽にお問合せ下さい。

本社 久保田
 
IMG_1249
千葉市若葉区千城台東で外壁塗装工事をしました。
一般的な家の壁に使用されている外壁材には、サイディング壁とモルタル壁などがあります。今回はサイディングの塗装工事です。

サイディングボードの建物で代表的な傷みが目地(シーリング部分)の経年劣化になります。
縦目地、サッシ廻り、入隅なども含めてシーリングの痩せやひび割れが発生します。

外壁塗装はただ塗っていくわけでなく、クラックや目地のコーキング処理、場合によっては下塗りを2回入れるなど現場によって工程が変わっていきます。

いくら良い塗料を使っても、下地処理をしっかりと行っていないと、意味がなくなってしまいます。

今回はフッ素塗料を使用した現場の工事中の一部をご紹介します。
 

工事前

IMG_9451
コーキングの痩せや亀裂、ひび割れが縦目地を中心に見受けれました。
コーキングの劣化は放置しておくと最悪、雨漏りやボードの浮きなどにも繋がってしまい、メンテナンスや美観にも悪影響を与えてしまいます。
 
IMG_9459
サッシ廻りにもコーキングが入っています。
四方で増し打ちしていきます。
 
IMG_9450-1
ボードの浮きや反りが発生していました。
縦目地の劣化が進むとサイディングボードが傷んできてしまいます。
 
IMG_9461
増築部のアルミサイディングです。

アルミサイディングも塗装が可能です。
専用の下塗り材を使用して塗装していきます。
 

工事中

IMG_0339
縦目地は打ち替え工事をしています。
既存の縦目地を切り取っています。
 
IMG_0372
テープを貼り、コーキング材を施工する準備していきます。
 
IMG_0424
縦目地を施工しています。
コーキング材を打っていきます。
 
IMG_0422-1
サッシ廻りのコーキングです。
コーキングが完了したらテープを剥がしていきます。
 
IMG_0436-2
附帯部の廻りもコーキングしていきます。
 
IMG_0354
サイディングが浮いていた箇所は、ビスで固定していきます。
 

3回塗装

IMG_0815-1
下塗りしています。
アルミサイディング用の下塗り材を使用しています。
下塗りは重要です。
 
IMG_0504
左側の綺麗な白い仕上がりの外壁が下塗り後です。
下塗りが完了したら主材塗装の工程です。
 
IMG_0816
中塗りをしています。
中塗りから主剤を使用しています。
クリーンマイルドフッ素を使用しています。
 
IMG_0818
上塗りをしています。
主材のフッ素塗料を重ねて塗る事で耐久性を高めています。
 
IMG_0829
上塗り後です。色は調色です。
57-70Dを使用しています。
 
IMG_0672-1
上塗り後です。57-70Dです。
個性的な鮮やかな色味となってます。
 

工事後

IMG_0674
コーキングです。
コーキングは塗膜で保護されているため、長持ちします。
 
IMG_0840-1
外壁だけでなく、附帯部塗装もしています。
塗り替え工事で美観を演出していきます。
 
IMG_0705
塗装後です。
軒天井や破風板は白で塗装しています。
最終点検をしてから足場を解体していきます。
 
IMG_1250
足場解体後です。
綺麗に仕上がりました。
 
before
IMG_9461-1
allow
after
IMG_1247
塗り替え工事をしたことで、建物の美観が蘇りました。

今回使用した塗料はSK化研のクリーンマイルドフッ素です。
フッ素塗料なので艶が長持ちします。期待耐用年数が15年~20年の塗料となっています。

今回はサイディングボードの浮きや反り、目地コーキングの剥がれや亀裂など様々な傷みが発生していました。
どの傷みも塗装の工程に入る前の下地処理が必要となる部分でした。
こういった下地処理をしっかりと行うことで、仕上がりや耐久性にもかかわってきます。

千葉市の塗装工事はオリエンタルホームサービスへお任せください。
建物の無料診断も行っていますのでお気軽にお問合せ下さい。

担当 渡部
 
「フェンスが破損してしまったので交換して欲しい」というご依頼を頂き、交換することになりました。
今回はその工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_5132
現場は弊社本社から徒歩圏内でした。
フェンスが傾いて、落ちかかってしまっていました。
フェンスの奥に見えているお宅は、見えてる部分が2階部分。
このままだと、1階部分に落っこちてしまいます。
 
IMG_5141
高さはさほどありませんが、それでも3m前後の崖になっています。
破損したフェンスとガードレールの隙間が50㎝ほどあり、人や自転車が落っこちてしまう可能性があるので、早めに施工して欲しいと施主様。
一方通行かつ道幅が狭いので、急いで工事をしていくことになりました。
 
IMG_5131
既存のフェンスはTOEX(現LIXIL)のシャレオというシリーズのフェンスでした。
ですが、シャレオは廃盤商品になってしまっているため、LIXILのライシスフェンス6型という商品を取り付けることにしました。
商品名は変わっていますが、見た目はほぼ一緒です。
 
IMG_5742
欠落してしまっていた土台になっているブロックを撤去し、新しいブロックを積んでいきます。
ブロックの中にモルタルを流し込んでいき、固めた後にコア抜きをして柱を立てます。
写真は柱が立たない部分にモルタルを流し込んで整えているところです。
2日間ほど乾燥させ、柱が安定するとフェンス本体の固定ができます。
 
IMG_5784
本体を取り付けて完成です。
施工前のシャレオシリーズのフェンスと見た目はほぼ一緒です。
色は施工前の色と合わせてオータムブラウンを選択しました。
 
内装の建具やエクステリアのフェンスなどは3〜5年程度で廃盤になり、モデルチェンジすることがしばしばあります。
ですが、商品名が変わっただけで、中身はほぼ一緒という商品もなかにはあります。ロングセラー商品ですね。
塗装のブログが多い弊社ですが、エクステリアや内装も施工可能です。お気軽にお問合せ下さい。

本社 久保田
 
pict190705_1550330000
千葉市緑区おゆみ野中央で屋根重ね葺き工事を行いました。
屋根重ね葺き工事は、既存の屋根の上に防水紙と新規屋根材を重ねて施工することです。
重ねて施工するので、カバー工法といいます。

カバー工法のメリットは既存の屋根の上に、重ねるので2重の防水効果と遮熱性がアップします。
また、既存屋根を撤去しないので、工期短縮、処分費がかからず経済的な工事となります。
屋根材の形状や材質も選べるので、低価格でイメージチェンジしたい方などにおすすめな工事です。

今回の工事ではIGKOGYOのスーパーガルテクトシリーズを使用しました。
スーパーガルテクトは超高耐久ガルバを採用していて表面に遮熱性を兼ね備えている、耐久性が特徴の屋根材となります。

今回の工事は施主様のご要望で遮熱性フッ素樹脂を塗装したスーパガルテクトフッ素(最高グレード)の屋根材を使用した工事となります。
 

ルーフィング下ぶき施工

pict190705_1551210000
工事前の屋根の状態です。
今回はカバー工法なのでこの屋根材の上に防水紙を施工し、スーパーガルテクトフッ素本体を施工していきます。
 
IMG_1975-1
最初に防水紙を施工する準備をします。
棟包みと貫板を撤去します。
 
IMG_1984-1
棟包みと貫板の撤去が完了しました。
 
IMG_1991
雪止め金具も撤去します。
屋根上の障害物を撤去したら、防水紙を施工していきます。
 
IMG_1998
防水紙です。下葺き材、ルーフィングといいます。
今回使用している商材は田島ルーフィングのニューライナールーフィングを使用してます。
TAJIMA商品の中でも高耐久な商材となります。
 
IMG_2129
ルーフィングを軒先から棟にかけて施工していきます。
ルーフィングが完了したら、役物を施工していきます。
 
IMG_2074-1
軒先に役物を取り付けます。
今回は本体が黒なので、本体に合わせて黒で施工します。
 
IMG_2125
ケラバを取り付けています。
役物の取付が完了したら本体の施工となります。
 

スーパーガルテクトフッ素本体施工

IMG_2118
本体施工です。ルーフィング同様、軒先から棟にかけて下から順番に施工していきます。
 
IMG_2134-1
軒先から1枚1枚、重ね合わせて施工していきます。
重そうな材料を重ねて施工していますが、超軽量なので建物にかかる負担も心配いりません。
 
IMG_2126
スーパーガルテクトの断面です。断熱材が入ってます。
断熱効果の高いポリイソシアヌレートフォームを採用しています。
雨音などの遮音性能や難燃性能にも優れてます。
 
IMG_2114-1
雪止め金具を取り付けます。
 
IMG_2193
本体を棟まで施工したら、貫板、棟包みを施工します。
 
IMG_2214-1
IMG_2371
本体施工が完了したら、棟をおさめます。
 
IMG_2375
壁際にもコーキングを施工して、カバー工法完成です。
 
IMG_3296
IGKOGYOスーパーガルテクトフッ素、ブラックです。高級感ある艶で綺麗に仕上がってます。
 
IMG_2644-1
塗膜の耐久性が高い、遮熱性フッ素樹脂塗装を採用しているので変退色に強い屋根材です。
 
IMG_3563-1
壁際完成後です。
外壁の色と屋根材の色のバランスが絶妙な仕上がりです。
 
IMG_3322-1
カバー工法の完成です。綺麗に仕上がりました。美観もバッチリです。
次世代ガルバ鋼板なので耐久性も兼ね備えています。
 
IMG_2620
今回使用したスーパーガルテクトフッ素は塗膜の耐久性が高く色褪せしにくいので、いつまでも美しい外観を保てます。
ガルテクトシリーズは次世代ガルバ鋼板なので耐久性も向上している為、穴あきや赤錆にも強い商材です。

見た目だけでなく、遮熱や断熱性にも優れているので長期間住まいを快適にします。
屋根工事方法やカバー工法の屋根材で迷っている方におススメです。

ご予算に合わせて工事をご提案致します。
カバー工法、重ね葺き工事、お見積り無料なので是非お問合せ下さい。
LINEでの無料お問合せも対応しています。外壁塗装や屋根塗装も、お気軽にご相談下さい。

担当 渡部
 
印西市平賀学園台のお客様より、玄関ドアのウレタンクリヤー塗装のご依頼を頂きました。
今回はそのウレタンクリヤー塗装をアップしていきたいと思います。

施工前

IMG_1035
施工前の玄関ドアです。

白い壁に植栽の緑と玄関の茶色が映えるはずが、玄関ドアの塗膜の一部が剥離してしまっていました。
 
IMG_1034
こちらは玄関ドアのとなりのFIX窓。

なぜか下の方の色が変わってしまっており、2色になってしまっていました。
 

施工中

20190903-165950-2
マスカーにて玄関周りの外壁の養生を行ったあと、玄関ドア本体の塗膜を剥離させていきます。
 
20190903-165950
この剥離作業、とにかく手間がかかります。
剥離剤をかけ、手作業で剥離させていきます。
 
20190903-165950-7
剥離させ終わったあとは漂白剤を使い、木のヤニや汚れを除去していき・・・
 
20190903-165754-6
白木の状態に戻していく作業を行います。
同時にペーパー(やすり)をかけ、毛羽立ってしまったドア本体の表面を平らにしていきます。
 
20190903-165950-6
白木に戻したら、残りは2工程。まずはサンディング作業です。
木本体を着色していく作業になります。
 
20190903-165754-8
着色し終わったら、最後の作業。
ウレタンクリヤー塗装を吹き付けていき、完成です。
このFIX窓と玄関ドアで工期は1週間ほど。
 

施工前 〜 施工後

before
IMG_1035

allow
after
20190903-165754-8
木本来の温かみは残しつつも重厚感のある仕上がりになりました。
玄関ドアの状態や大きさ、凹凸の多さなどで変わってきますが、少なくても1週間ほどかかる工事となります。

一言で玄関ドアと言っても、鉄製、アルミ製、木製と様々ですよね。
その材質ごとに良さがありますが、木製玄関ドアからアルミ製玄関ドアへの変更を躊躇される方、多いと思います。
ただ塗りつぶしてしまうより費用も工期もかかりますが、この仕上がりはおススメ出来ます。木製ドアが蘇りますよ!

本社:久保田 寿俊
 
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ