千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
IMG_8669
花見川区検見川町で屋根(カラーベスト)のカバー工法(重ね葺き)工事をしました。
今回担当したのはニチハパミール(カラーベスト材)から稲垣商事、ヒランビー(ガルバリウム鋼板)を使用したカバー工法です。

ICひらぶきヒランビー220はガルバリウム鋼板の屋根材で、軽量性に富んでいるので重ね葺きに適した屋根材です。
又、豊富な色(8色)から屋根材を選べるので建物に適したコーディネートが可能な屋根材となっています。
加えて綺麗な平葺きデザインとなるので、美しくスッキリとした屋根の見た目にする事が出来ます。

今回の工事ではインパクトのある色をチョイスしました。
インクブルーNC(U09Z)を使用しています。パミールからヒランビーへの屋根重ね葺き工事の一部をご紹介致します。
綺麗な屋根へ一新されています。
 

築13年ニチハパミール

IMG_8675-1
屋根材にパミールを使っている現場の写真となります。

パミールはカラーベストの先端から傷みが進行する素材となってます。
日当たりの悪い面は、軒先に痛みが出ています。
写真の白くなってしまっている部分が素地が傷んでいる箇所です。
 
IMG_8684-1
こちらは日の当たりが良い面の屋根写真です。

左記の写真と比較すると白い部分が少ないですが、屋根材先端の変色が見受けられます。

このまま放っておけば、水が滞留しやすくなっていますので、先端から徐々に剥がれてしまいます。
最悪のケースは屋根材ごとズレ落ちてしまいます。
 
IMG_8679
日の当たりが良い屋根です。
この写真ではあまり傷んでないようにみえますが、屋根材の先端に変色があるので、雨水が滞留し、湿気も溜まりやすい状態になっています。
 
IMG_8670
剥離が酷い箇所のアップの写真です。
剥離してしまっています。剥離が酷くなると、雨漏りの直接の原因に繋がってしまいます。
雨漏りする前のメンテナンスが必要です。
 

重ね葺き工事

IMG_9250
重ね葺き工事では、既存の雪止め金具を撤去します。
 
28d9c38079433d5922cd17b6df614efe
矢印の箇所は棟板金です。
棟板金と板金を固定している貫板を撤去します。
 
IMG_9262
撤去した貫板です。
 
IMG_9261-1
撤去した棟板金です。
 
IMG_9244-2
下地処理を終えたら、ルーフィング(下葺き材)を施工していきます。
改質ゴムアスファルトルーフィングでの下葺きなので耐久性もばっちりです。
 
IMG_9248
戸建ての雨仕舞いは1次防水、2次防水の2重構造になってます。
1次防水は、屋根本体や板金による仕上げ材によるものです。

ルーフィングシートは2次防水の役割を担ってますので、重要な建材です。
重ね葺き工事でも使用します。
 
IMG_9260
軒先の役物、軒先スターターです。
 
IMG_9289
軒先加工中です。
軒先に取り付けていきます。
 
IMG_9287-1
ケラバ加工中です。
雨天時などに屋根からの水切りの役割を果たし、外壁や窓への吹き込み防止の役目があります。
 
IMG_9286
壁際の役物、雨押さえです。
外壁と屋根のつなぎ部分です。
 
IMG_9296-1
役物全体の写真です。
役物施工が終わったら、屋根材施工になります。
 
IMG_9324-2
ヒランビーを軒先から施工しています。
軒先から順番に施工していきます。
 
IMG_9325
ヒランビー施工中の写真です。
きれいに仕上がってます。
 
IMG_9282
ヒランビー施工中です。
棟の部分です。雪止め金具も取り付けています。
 
IMG_9508
棟板金の貫板は腐食を起こさない樹脂製貫板を使用しています。
樹脂製の貫板は、湿気や雨水の影響による腐食がないので長期の耐久性が期待出来ます。
 
IMG_9509
樹脂性貫板です。
ビスで固定していきます。
 
IMG_9361
樹脂製の貫板施工が終わったら、棟板金を施工します。
貫板がしっかりしているので板金が風で飛ばされてしまう心配もいりません。
 
IMG_9363
施工後の壁際の屋根です。
綺麗に仕上がってます。
 

重ね葺き施工後

IMG_9448
施工後の写真です。
インクブルーが映えてます。
 
IMG_9447
施工後の写真です。
今回は屋根材のブルーに合わせて、破風板も青で塗装しています。色合いも綺麗です。
 
IMG_9429
施工後の写真です。
 
IMG_9432
施工後の写真です。
 
IMG_9438
施工後の写真です。
 
IMG_9356
施工後の写真です。
 
IMG_9450
今回の重ね葺き工事にて使用した屋根材は、稲垣商事のひらぶきヒランビー220です。色はインクブルーNC(U03Z)です。
高級感溢れるブルー色となっていて、かなりおすすめな色です。

ヒランビーはデザイン性も高く耐久性ある屋根材なので、カバー工法にお勧めです。
カバー工法はコストパフォーマンスが高く経済的な工事です。
カバー工法を検討している方はぜひオリエンタルホームサービスまでお問い合わせ下さい。

カバー工法、葺き替え工事、瓦の積みなおし工事等、屋根工事を検討している方は是非弊社へお問い合わせ下さい。

担当 渡部
 
以前からお世話になっている八街市の不動産会社様より 「アパートの共用部にクラックが発生しているのでみてもらいたい」 というご依頼を頂戴しました。 現場調査に伺い、修繕のために長尺シートのご提案をさせて頂きました。 今回はその長尺シートの工事をUPしたいと思います。

長尺シート工事施工

IMG_4780-1
施工前です。
下地がモルタルの為、築年数が経過してしまうとどうしても傷んでクラック(ヒビ)が入ってしまいます。 この上にまたモルタルを施工してもまた割れてしまいますので、長尺シートをご提案させて頂きました。

IMG_4798
2F共用部の踊り場部分です。 モルタルが欠落してなくなってしまっています。
IMG_4800
このクラックが2F共用部最大のクラック。
壁際とフェンス下の端部、こういったクラックはウレタンの線防水を施してから長尺シートを敷設していきます。

IMG_6321-1
まずはカチオンを塗布して表面を固め、下地を作っていきます。

IMG_6180
カチオン塗布後
カチオンを塗布して下地を固めたことで、細かいクラックはこの時点でほとんどなくなってしまいます。

IMG_6184
共用部通路の両端部と、カチオンを塗布しても目立ってしまう大きなクラックに関しては、ウレタンの線防水で対応するためシーラーを塗布していきます。

IMG_6191
線防水完了後はこの様になります。
共用部の両端部とクラックからの水の侵入を、ウレタンの線防水で抑えるというわけです。

IMG_6299-2
ウレタンの線防水後は、いよいよ長尺シートを貼っていきます。

IMG_6304
階段は1段飛ばしで施工していきます。

IMG_6312
この工程が最終段階。
端部のシーリングです。
シールを打っていくことで、雨水の侵入を完全にシャットアウトします!

施工前・施工後

before
IMG_4780-1
施工前の写真です。

allow
after
IMG_6203-1
施工後
長尺シートを施工するだけで、雰囲気がガラッと変わりますね。 目立っていたクラックもなくなり、綺麗な廊下になりました。
before
IMG_4794-1
階段踏み面施工前です。
allow
after
IMG_6280-1
階段踏み面施工後
今回使用した商材は、タキロンのタキステップという材料です。

もともとがモルタル面でしたのでウレタン防水かも?!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、長尺シートを張ることで高級感もでて雰囲気もだいぶ変わります。特にアパートのオーナー様にはお勧めの材料です。気になる方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせ下さい。

担当者:久保田 寿俊

IMG_4132
四街道市栗山で敷地廻りの工事をしました。内容はフェンス取り付け工事(LIXILジオーナフェンス設置)とコンクリート土間造成工事になります。今回は庭を土からコンクリートへ造りかえる工事の一部を紹介します。施主様の目的は敷地スペースの有効活用と雑草処理の手間を省くことです。雑草処理は手で抜いたり、草刈り機を使用したり、除草剤をまく、砂利を敷いたりと様々な処理方法がありますが、いずれにしても対策する為に時間を費やしてしまいます。雑草は土面が少しでもあると、飛んできた種子が発芽し育ちます。今回はコンクリートを造成する事で土面を減らし雑草対策を行いました。又、庭を土面からコンクリートにする事で地面が安定し多様性あるスペースが演出出来る工事となっています。

工事前

IMG_5414
4月に撮影した庭の写真です。家廻りのお手入れをしているのですっきりした印象です。目隠しの為に植えている木も整えられていますが、この状態を1年中キープするのには労力と時間が必要です。
IMG_5415
一見綺麗ですが、雑草を根から処理除去するのは困難です。除去出来なかったイネ科の植物などは春から夏にかけて育っていきます。
IMG_2813
6月に撮影した庭の写真です。上記写真と比較すると雑草が増殖しています。庭だけでなく道路に面している隙間の部分からも、雑草が生えてます。仕事など抱える生活の中で、空いた時間にこの状態を整えるとなると一苦労です。
IMG_7253
暖かくなり始めると、雑草が生い茂るスピードが早まるので、背が高くなり、範囲も広くなってしまいます。こうなってしまうと丸1日雑草処理に時間を費やしてしまいます。
IMG_2804
さらには家廻りにも、雑草が生えています。イネ科の植物は土があるところなら、簡単に発芽する植物です。目につくとこだけでなく室外機下などにも根をはってしまいます。
IMG_2798
こんな場所にも植物は生え茂ります。今回の工事では、植物が繁殖しづらいように土からコンクリートで土間を造成しています。併せて目隠しで活躍していた、木々を抜根し、代用としてフェンスを新設し、室内を目隠し出来るように防犯対策もしていきます。

施工中

IMG_8344
まずは下地をつくる為に雑草を取り除き整地する作業です。下地作りは重要な工程です。
IMG_8335-1
抜根して整地しています。下地処理は2日間かかりました。
IMG_8342-1
整地が完了したら、コンクリート造成工程へ移ります。
IMG_8386-1
コンクリートを流し込み固めました。綺麗に仕上がってます。
IMG_8391
室外機の土台廻りは、枠組みをしてコンクリートを流し込みます。枠組みして固める事で、土台交換や室外機交換が簡単に出来るようになります。
IMG_8387
コンクリート造成工事では、雨水の排水出来るようにします。コンクリートに勾配をつけ、浸透桝を設置します。雨水がたまらないように水はけに注意を払います。
IMG_8404
コンクリートが固まったら、フェンスの造成工事へと移ります。今回は、フェンスに高さを出すために、既存のブロックの上に一段ブロックを追加して、フェンスを取り付けることにしました。
IMG_8439
ブロックを積み上げるので、既存ブロックにアンカーを取り付けます。アンカーを取り付け、積み上げたブロックに強度をつけ倒壊防止します。
IMG_8446
ブロックを積み上げていきます。
IMG_8455
新規ブロックの積み上げが終わったら、はみ出たモルタルを削り慣らしていきます。
IMG_8457
綺麗に仕上がりました。仕上がったら新規ブロックに強度をつけます。
IMG_8464
新規ブロックの上部にモルタルを流し込みます。モルタルを流し込み終わったら、バランス良くフェンス柱を立てていきます。
IMG_8466-1
フェンス柱を水平になるように施工します。
IMG_8467
フェンス柱が水平になったら、新規ブロックに流し込んだモルタルを慣らし固めていきます。
IMG_8523-1
フェンスの柱を新設しました。柱の取り付けが完了したら、目隠しフェンスを取り付けます。
IMG_8524
インターロッキングブロックです。下地調整をしてから職人による手作業でブロック工事を進めていきます。ブロック同士をかみあわせて施工します。

工事後

IMG_8660-1
取り付けたフェンスはLIXILのジオーナフェンスYS型です。色はシャイングレー+クエリダークとなります。フェンスを新設したことでプライバシーの確保が出来ました。防犯対策もばっちりです。
IMG_8664
ブロックを一段新設した事によって、フェンスに高さが出てます。これで目線が隠れます。ジオーナフェンスは横移動調整が可能です。道路からの目線が気になるようなら、柱の幅でフェンス自体を微調整できます。
IMG_9379
インターロッキングブロックが完成しました。今回は既存のブロックに合わせて、類似ブロックを使用して施工しています。インターロッキングブロック工事は色や形のバリエーションが豊富な工事となっています。用途や外観に合わせた提案が可能です。気になる方はオリエンタルホームサービスまで是非お問い合わせ下さい。
IMG_8400
駐車場の土の部分もコンクリート工事をしています。土の部分がなくなったので雑草の繁殖率も軽減です。コンクリートで対策しておけば雑草処理もかなり楽になります。

全体写真

IMG_9472-1
建物全体の写真です。使用しているフェンスはLIXILジオーナフェンスYS型です。色はシャイングレー&クリエダークです。施主様の建物とマッチしてます。
IMG_8657
今回の工事では、庭の土部をコンクリートに変えて、フェンスを新設してるので庭だけでなく建物自体の印象が大きく変わる工事となりました。庭の木々を切り、目隠しフェンスを取り付けコンクリートを敷いたので、洗濯物を干すスペースや物置を設置する等のスペースとして活用出来ます。敷地を有効活用したい方などにおススメな工事となっています。千葉県内、千葉市周辺でエクステリア工事でお悩みの方などがいましたら是非弊社までご連絡、お問い合わせ下さい。ご予算に応じた工事をご提案致します。

担当者:渡部 大輔

DSC_8527-2
築35年のお宅で、以前の塗装メンテナンスから20年以上経過しているということもあり、外観のダメージはだいぶ受けている様子でした。また、沿岸近くという場所でしたので外壁の他にも木部等の塗膜の劣化が著しく見受けられました。今回は価格もリーズナブル、耐久性も良いエスケー化研のクリーンマイルドシリコンをご提案させて頂き施工しました。

外壁塗装施工中

DSC_8542
細かい箇所の傷みとしては、一部塗膜の剥離が見受けられました。
DSC_8571
そのほかの点では、モルタル壁特有のクラック(ひび割れ)が見受けられました。
DSC_8644
施工の手順は基本の高圧洗浄によ って汚れを落としていく作業です。続いて剥離を起こしていた箇所は、ケレンを行い出来る限り旧塗膜を取り除いていきます。

DSC_8651
外壁のクラックに関しては、コーキングを注入して、下処理を行っていきます。うっすらと白くなっている部分がその処理を施した箇所です。

DSC_8670
ここから塗りの作業へと移っていきます。塗っていくとみるみる色が蘇っていきます。

DSC_8665
下塗りの工程は剥離を防ぐ大事な工程となりますので、しっかりと塗布していきます。

DSC_8692
続いて中塗り・上塗りと工程を踏んでいきます。3回塗料を乗せてあげると光沢も強く出てきます。

DSC_8700
今回壁の塗装に用いた材料は、SK化研のクリーンマイルドシリコンです。色はSR-163といった品番で、比較的白に近い色合いになります。

附帯物塗装

DSC_8667
附帯物(樋や帯、破風板等)の部分も下塗りを入れてあげることにより、剥離が起きづらくなります。

DSC_8689
その上で主剤(クリーンマイルドシリコン)を乗せると写真のように復活します。

施工前・施工後

before
DSC_8527-1
(施工前)
雨染みや藻が目立っていました。

allow
after
DSC_8718
(施工後)
外壁:クリーンマイルドシリコン(色:SR-163)


今回お任せいただき、外観の仕上がりを見て施主様には大変満足していただけました。塗装によるメンテナンスは、住まれていく上で家を保護するための最低条件です。その中でも塗料は年々進化を遂げていますので、特徴も耐用何数も塗料の費用も様々です。気になる部分が少しでもあればぜひお問い合わせを頂けたらと思います。

千葉市の施工事例はこちらをご覧ください→

本社:大網 晃

以前、外壁塗装・屋根塗装でお世話になったOB客様より和室の内装工事のご依頼を頂きました。塗装だけの会社と思われがちですが、実は内装等もかなり力を入れてるんです。今回の工事では和室の木枠の美観を復活させる「あく洗い」と、既存土壁からクロス(壁紙)へといった内装工事を行ったのでその様子をアップしていきます。

あく洗い工事

DSC_0220-2
一番は写真のような土壁の経年劣化を気にされており、クロスを張りたいとのことでご要望を頂きました。
DSC_0222-1
天井との境の木部も色せてきていました。
DSC_0223-1
同時に経年による木枠の色合いも気になるとのことで施主様からのご相談を頂き木部のあく洗いをご提案させていただきました。
DSC_9714
さっそくあく洗いの様子をアップしていきます。まずは木部に染み付いたあくを出していく為に専用の薬品を塗布していきます。
DSC_9710
壁につかないように同じように薬品を塗布していきます。
DSC_9713
押入れの物にも薬品がつかないようにしっかり養生工事も施しました。
DSC_9731-1
続いて表面に浮き出てきたあく汚れを写真のように除去していきます。
DSC_9732
ペーパー掛けによる作業です。
DSC_9728
しっかり擦ることで仕上がりも変わってきます。

DSC_9726
あく抜きを行っていくとある程度元の色味に復活していく様子がわかっていただけると思います。
DSC_9751
引き続き行っていく工程が染み抜きの作業となります。再び専用の薬品を塗布していきます。
DSC_9753
染み抜きの工程により木の色合いが更に蘇っていきます。
DSC_9840
その後木部専用のワックスにより、写真のように磨きをかけてすべての作業が完了となります。
DSC_9841
ワックスをかけることによって艶がよみがえり高級感が出てきます。

木部あく洗い仕上がり

before
DSC_0225-1
施工前です。

allow
after
DSC_9849
施工前の写真と見比べていただくと、木枠の色味が新築時の木枠に復活したかのように見受けられるかと思います。

クロス張替・襖交換

1534063728770-1
量産クロスにての張替をしました。
DSC_0100-e1535870381127-1
襖も新鳥の子の「光」シリーズにて選んで頂きました。
壁紙に関しては、ベニヤ板による下地を作ったのちクロスを張っていきました。今回はそのほかにふすまの張替とをお任せいただきました。外装リフォームだけでなく内装リフォームも常時担当させていただいておりますので、お気軽にご相談いただけたらと思います。

担当者:大網 晃

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ