千葉スタッフブログ

header_main_honsha
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
本社スタッフが交代で日々の工事をお伝えします。
「現在使っていない雨水貯水用(?)の格納庫があるので解体して欲しい」というご依頼を頂き、格納庫の解体工事を行いました。今回はその解体工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_3623-1
雨水貯水用(?)の格納庫がこちら。
壁の左側上部から2本のパイプが出ているのが確認できます。

この筒、中のタンク二つにそれぞれ1本ずつ接続されていて、水を溜められる仕組みになっていました。

僕も初めて見る代物で、これが果たして何の役目を果たしているのかわかりませんでした。

この格納庫を解体した後に、この場所に設置したい物があるようで「地面も平らにして欲しい」というご要望も頂きました。
 
IMG_3625
前出の細い2本のパイプを目立たないところでカットすることにしました。
当然ながら排水パイプ(雨どい)は残します。
 
IMG_5231
まずは上部のパイプ類をカットし、撤去していきます。
写真中央、扉の間に見えているのがタンクです。
 
IMG_5233-1
パイプ類を撤去した後は、ひたすら掘削機で解体していきます。
 
IMG_5236-1
そこまで大きな格納庫ではありませんが、やっぱりそれなりにゴミが出ます。
 
IMG_5238
基礎(土台部分)には、しっかりアンカーが入っていますので、アンカーもサンダーや掘削機を使用して撤去していきます。
 
IMG_52421
格納庫は基礎まで解体しましたが、格納庫の床が駐車場のレベルよりも高いので・・・
 
IMG_52461
床を駐車場のレベルよりも掘り下げ・・・
 
IMG_5248
メッシュを引き、その上にモルタルで左官をしていきます。
 
IMG_5249
左官終了です。
 
IMG_5253
最後に電気のケーブルを壁際に移動して、工事完了です。
ここまで工期は2日間でした。
 
塗装工事の工事実績が多い弊社ですが、この様な工事もかなり施工しております。
様々な工事に対応可能ですので、お気軽にお声がけ下さい。

本社 久保田
 
昨年末に塗装工事を終えたお客様より、駐車場入り口の渡り石の交換工事のご依頼を頂きました。
今回はその工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_2600
この石の板の名称をご存じでない方も多数いらっしゃるはず・・・。正式名称は「渡り石」と言います。
言うまでもなく、道路と敷地の境目にある、溝をまたぐための板です。
 
IMG_2602
まずは、古い渡り石を撤去していきます。
この渡り石、中にアンカーと呼ばれる鉄骨が入っている上に圧縮されているため、本当に重いんです。
 
IMG_2605-1
しかもこの溝、幅が36cmある、今では珍しいタイプの溝なんです。
この幅の溝に対応する渡り石は、もはやホームセンターでは手に入りません。
 
IMG_2601-1
なので、創りました!!!
特注サイズの渡り石です。しかも鉄板入りで、強度もアップ!!!
 
IMG_2604-1
こちらは渡り石を撤去した後の、敷地内土間の端部の写真。
欠けている渡り石の部分を補うように、コンクリートで耳が作られていました。
要は、欠けている渡り石ありきで土間を打ったということになります。
 
IMG_2606-1
新調した特注の渡り石を敷いていくにはこの耳が邪魔になるため、サンダーで切り落としていきます。
 
IMG_2623
耳を切り落とした後はレベル調整(高さ調整)をしながら、木で枠を作っていきます。
 
IMG_2630
そして作った枠の中に、モルタルを流し込んで、平らに慣らしていきます。
道路側との高さにバラつきがあるため、モルタルで土台を作ってレベルを調整する作戦です。
 
IMG_2632-2
モルタルが固まったら、木枠を外していきます。
が・・・
 
IMG_2634-1
実はこのモルタルで作った土台、高めに作ってあるんです。
土台を低く作ってしまうと、渡り石がガタついたときに不陸調整でモルタルを追加して高さを出すことになります。
追加するよりも引く方が簡単
ということで高めに作った土台を削って、渡り石の不陸を調整し、ガタつきをなくしていきます。
 
IMG_2646
一枚一枚
渡り石置く→ガタつきを確認→不陸調整
これを6回繰り返していきます。
1枚40kgを超える渡り石を6枚敷き、完成しました!!!
 
塗装工事の際に「駐車場の入り口の石がボロボロで、ガタつくんですよ。交換なんて出来ませんよね?」 そんなご主人さんの一言で、今回施工させて頂きました。

撤去した渡り石も、特注の渡り石も相当な重さ。この重労働をサラッとやってしまう職人さんにも感謝です。
今回は渡り石の交換という珍しめの工事でした。

本社 久保田
 
外壁塗装の調査依頼を頂き伺ってみると、セラミックが吹き付けられた外壁でした。
十数年前に施工されたようで、塗膜が劣化した状態でした。
そのセラミックが吹き付けられた外壁に今回はアステックペイントのリファイン1000Si-IRを塗装施工いたしました。
 
IMG_4289
施工前の壁面です。
パッと見はモルタルに見えるんですが・・・
 
IMG_4295
よく見るとセラミックが吹き付けられていました。
表面が劣化して、細かくひび割れていました。
セラミックが吹き付けられている場合は、下塗りが通常よりも1工程増えますので、合計で4回塗装となります。
 
IMG_1376
足場仮設後→高圧洗浄→養生という流れはいつもと一緒ですが、養生後にミラクファンドという下塗りを塗布していきます。
 
IMG_1375-1
通常の液体の下塗り材ではなく砂状の材料を液体に混ぜて撹拌し、練ってからローラーで塗っていくのでドロドロ。。。この材料がかなり塗りにくいんですよ。当然ながら作業スピードも若干落ちます。
 
IMG_1379
このミラクファンドの塗布と同時並行で行ったのがクラック(ヒビ)の処理です。下地が動いてしまうほどではありませんが、かなり幅のあるクラックが入っていました。
この写真はクラックの上に塗布してあったコーキングを除去した後です。
コーキングの除去もかなり大変でした。
 
IMG_1408-1
クラックの幅がかなりあるため、今回のクラック処理にはハンドスムーサーエポという材料を使用しました。
注射器のようなものでクラックの中に注入していくエポキシ樹脂系の補修材で、乾燥後はガッチリ固まります。
 
IMG_1450-2
先走って2回目の下塗り後の写真をUPしていますが、クラックを補修した部分です。
ガッチリ固まる上にコーキングよりも補修跡が目立たないので、大きなクラックの補修に必須です。
 
IMG_1456-1
こちらが前出の下塗り2回目。ミラクファンドの上に、マイルドシーラーエコという下塗りを入れていきます。
IMG_1448-1
雨樋(竪樋)の横にチラッと見えている部分がミラクファンド部分、白く塗られているところがミラクシーラーエコになります。
IMG_1807-2
中塗り、上塗りはアステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
 
IMG_1697
壁上塗りと同時に、竪樋やシャッターボックス
 
IMG_1702-2
化粧帯などの付帯物も塗装して仕上げていきます。
このまで来ると外壁の塗装はほぼ終了です。
 
before
IMG_4300
通常玄関ドアは塗装しませんが、玄関が南面の為、日焼けによる色褪せが激しいので・・・
 
allow
after
IMG_1710
付帯物と色を合わせて黒で塗装をしていきました。
ケレン(清掃)→ミッチャクロン塗布→シリコン塗装という流れで仕上げていきました。
 
before
IMG_4280

allow
after
IMG_2280-4
しっかりとクラック処理を行ってから4回塗装を施しましたので、正面に目立っていたクラックもすっかり見えなくなりました。
今回使用した材料はアステックペイントのリファイン1000Si-IR、色はガルグレーという色です。

各塗料メーカーの努力のお陰もあり、前回の塗装の塗料が特殊でも下塗りを変えたり工程を増やしたりすれば、難なく塗装工事が出来るんです。

先々のご予定や予算に合わせて、様々なご提案をさせて頂きます。 お気軽にお問い合わせください。

本社 久保田
 
大手ハウスメーカーさんの陸屋根のお宅にお住まいの方より、「屋上のシート防水が心配」というお問合せを頂きました。
現場調査にお伺いしたところ、多少の劣化は見受けられたものの、まだシートがしっかりしていた為、シート防水の機械固定工法(上張り)をご提案し、施工となりました。
 
IMG_2020080917545831
3階建てのお宅の屋上、施工前の状態です。
築13年ということもあり、若干の傷みはあるものの『酷い状態』というわけではありません。
 
IMG_2020080917545829
1辺のしかも一部にのみ立ち上がりがある変わった造りです。
今回はこの立ち上がり部分にも塩ビシートを巻き込んで施工していきます。
 
IMG_202011140852582
屋上を高圧洗浄した後、まずは絶縁シート敷きこんでいきます。
 
IMG_202011140852583
全体に絶縁シートを貼り終えたら、絶縁シートのジョイント部分にテープを張って、つなぎ目部分の補強をしていきます。
 
IMG_202011140852584
次の工程はディスクと呼ばれる固定するための部材を等間隔に設置し、シートを固定していきます。
 
IMG_202011140852585
こちらは端部の写真。端部の金物のビスを一度抜き取り、金物の下にも絶縁シートを敷き込んでいきます。
 
IMG_2020111408525811
こちらは立ち上がり部分です。この立ち上がり部分にも、塩ビシートを巻いていきます。
 
IMG_202011140852589
脱気筒も取り付けました。
建物の屋上は意外と湿気を含んでいる為、建物の屋上に溜まった湿気をこの脱気筒から湿気を逃がしてあげる為に取り付ける部材です。
湿気をシート内に留まらせないことで、シートの密着性が長持ちするというわけです。
 
before
IMG_202011140852580
施工前のシートの状態です。
傷んでボロボロというわけでは決してありませんが、防水工事、塗装工事共に転ばぬ先の…工事になります。頃合としては決して早すぎるタイミングではありません。
 
allow
after
IMG_0090-1
こちらは施工後です。
塩ビシートの上張りで施工出来ましたので、張替えよりも安価で施工できました。
 
『シート防水』の中にも材料や工法など、様々なシート防水が存在します。
築年数や状態、歩行面なのか非歩行面なのかで様々な選択肢があります。
一つ一つの建物に最適なご提案をさせて頂きますので、防水に不安がある方、是非一度ご連絡下さい!

本社 久保田
 
塗装工事中のお客様よりご紹介を頂き、現場調査に伺ってみると1Fのリビングに若干の漏水が発生していました。
真上がバルコニーになっている為、バルコニーの防水工事をご提案させて頂き施工致しました。
今回はその防水工事をUPしていきたいと思います。
 
IMG_1808-1
「あれ?これウチと同じじゃない?」という方も少なくないはずです。
某大手ハウスメーカーのバルコニーの施工前の写真です。
シート防水の上にタイルが敷き詰められているタイプです。
 
IMG_1807-1
こちらは溝の上の写真です。
藻がびっしり張り付いていますが、この下に溝があります。

ドレン(集水マス)は3箇所。
この集水マスから繋がっている竪樋に詰まりがあり、雨水が流れずにオーバーフローし、溝に水が溜まって湿気がある状態が続いていました。
 
IMG_202010271731513
まずは、タイルを撤去せずに、タイルの上から高圧洗浄をかけていいきます。
 
IMG_202010271731515
裏返して、さらにタイルを洗浄していきます。
 
IMG_202010271731516
タイル撤去後。
このタイルの下、実は結構な確率で泥だらけなんですよね。
タイルを敷いていても、埃や土が長年溜まり、この状態になってしまいます。
 
IMG_202010271731517
この泥を、さらにきれいに洗っていくと・・・
 
IMG_202010271731519
出てきました、出てきました!漏水箇所のほぼ真上。シート防水の切れ目ですね。
漏水はこの箇所からで間違いありません。
 
IMG_2020102717315114-1
シートのつなぎ目部分、立ち上がりの部分にメッシュシートを敷いて補強していきます。
 
IMG_2020102717315116
傷が入ってしまっているところにシートの上からカチオンを塗布し、傷を補修していきます。
 
IMG_2020102717315120
カチオン塗布後は、プライマー塗布し、ウレタン防水を塗布していきます。
 
IMG_2020102717315122
こちはらウレタン防水2層目塗布後です。
 
IMG_2020102717315123
最後にトップコートをかけて、ウレタン防水の工程は完了です。
 
IMG_2020102717315129
初めに洗浄していたタイルを復旧し、工事終了となります。

大手ハウスメーカーのバルコニー防水は、新築時に「浮かし張り」という工法を用いている可能性があります。
シートを所々浮かせて固定している工法のことで、その浮かし張りの上にタイルを敷いている場合があります。

施工サイドとしては最後のタイルの復旧を頭に入れた上でのご提案となるため、今回はシート防水よりも安価なウレタン防水での施工となりました。(もちろんシート防水のお見積りもご提出させて頂いておりました。)
 
「2019年の台風15号、19号から雨漏りしている」というお問い合わせを相当数頂いています。
防水工事含め、一言で「工事」と言ってもそれぞれの家屋に合った様々な工法、商材があります。

複数のプランがご提案可能な場合もありますので、まずはお気軽にお声掛け下さい!!

本社:久保田
 

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市、野田市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区 他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス