電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
千葉本社スタッフ工事日記
2020.08.29

カラートタンを外壁に施工しました:市川市曽谷

外壁修理・補修
この記事を書いたスタッフ 本社 久保田

築年数が経過してくると、漏水してしまうケースが本当に多いんです。今回UPする現場も例外ではなく、クラック(ヒビ)が原因と思われる漏水が発生していました。
そこで、モルタルの撤去&再施工よりも比較的安価に施工できるカラートタンを部分的に施工する工事をご提案させて頂きました。

築40年を越えたこちらのお宅。10年ほど前に一度外壁の塗装を他社さんで行ったようですが、特に2階部分にクラックが複数発生。

施工前

施工前の全体写真に写っている2Fの出窓のサッシ周りを室内から撮影した写真です。

出窓の木枠に雨染みが確認できます。この出窓の真下にある1Fの窓にも漏水が起きています。
そこで、高所カメラにて出窓の周辺を撮影してみました。

こちらは出窓の上。
モルタルにクラックが入り口が開いている上、サッシ周りのシールにも劣化が見受けられました。

こちらは出窓の右脇。
こちらにも横にクラックが入っている状態です。その他にも複数のクラックが入っていました。

本来ならば散水テストをまず行いますが、今回はクラックの数が多く雨水の複数侵入が疑われるので、散水テストは行わずにこの面の外壁をカラートタンで覆ってしまう工事をご提案させて頂きました。

施工開始

まずは、カラートタンの下地となる防水紙を貼っていきます。

問題の出窓周りにも、防水シートをきっちり貼っていきます。
この防水シートの上に胴縁を打ち、下地は完成です。

胴縁を打ち終えると、カラートタンを施工してきます。
1階から貼っていくところや胴縁に固定していく辺り、工事方法がサイディングと少し似ています。

正面の平面だけを先に施工してしまい、外壁の出隅に関しては、板金を加工してコーナーカバーを作成していきます。

コーナーカバーを加工して取り付けましたが、漏水とは関係ない場所に立派なクラックが入っていますので、

シールでクラックの処理を施していきます。

エアコンの冷媒管のテープを巻き直して、冷媒管を固定する留め具も交換しました。

窓枠周りのシールです。
ここまでしっかり施工すれば、もう雨漏りの心配はありません。

施工前 〜 施工後

2Fの出窓、1Fの窓共に漏水していましたが、

トタンはもちろん、胴縁や防水シート、防水テープ、シールまで完璧に施工しましたので、漏水は止まりました。


「漏水しているけど、費用が心配」 「漏水しているけど、まぁ少しだから」こんな風にお考えの方もいらっしゃると思います、が、漏水は確実に家屋を傷めます。

雨水の侵入口や量、状態によって工事方法は異なります。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

この記事を書いた人
本社 久保田
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区