屋根工事、破損した棟板金を交換と遮熱塗装工事:香取市牧野

pict200216_1240170000
築18年の2階建ての改修工事をしました。壁(サイディング)屋根(カラーベスト)の塗装工事の1部をご紹介します。

香取市牧野で屋根板金工事、屋根塗装工事、外壁塗装工事をしました。あわせて、雪止め金具を設置したいとのことで新規で雪止め金具を設置後に、屋根塗装工事をしました。

写真は工事前の写真です。経年により藻やコケの付着が見受けられます。
また一部の棟が強風によりとばされ補強されていました。

棟の貫と板金を交換後、遮熱塗料を使用し、建物の美観を整える工事の一部をご紹介していきます。
 

棟交換工事

IMG_8602
工事前の棟板金です。
棟包みと貫、コーキングを撤去していきます。
 
IMG_8693-1
新しく貫を設置しています。
新規設置となるので木材ではなく樹脂製のタフモックを選んで頂きました。樹脂製なので水分で劣化することがありません。
 
IMG_8692
タフモック(貫)に棟包みを軒先から順にかぶせて固定していきます。
板金はブラックを使用しています。カラー板金なので色の種類が豊富です。
 
IMG_8855
棟交換後です。棟交換は、土台の貫と、板金交換をします。

長持ちする塗料を使用する場合は棟交換を検討してみてもよいと思います。
 

雪止め金具設置

IMG_8616-1
取付前の写真です。
雪止め金具を取り付けたいとの事でしたので、取付け工事をしています。

雪止めとは、屋根に積もった雪がいっぺんに地面に落ちることを防ぐために、屋根に設置する設備のことを言います。
 
IMG_8856-1
雪止め金具設置後です。
スレート用の金具を取り付けています。

降雪が少ないからこそ、あらかじめ雪止めを設置し、不意のトラブルや事故を未然に防ぐことが大切です。
施主様の安全意識を高く感じました。
 

屋根遮熱塗装工事

pict200216_1240000000
工事前です。高圧洗浄をしてから塗装工事となります。
 
IMG_8615-1
高圧洗浄をしていきます。洗浄後の屋根です。

色が白っぽくなっています。
今回は遮熱塗料を使用して3回塗装をしていきます。
 
IMG_9260-1
1回目の塗装です。下塗り工程となります。

アステックペイントの下塗り材を使用しています。
サーモテックシーラーを使用していきます。
下塗りですが、遮熱効果があります。
 
IMG_9101-1
下塗り後の屋根です。

下塗り材のシーラーは、上塗り材との密着性を高め、主材が屋根材に吸い込まれるのを防いでくれる役割があります。
 
IMG_9240
下塗りが終わった後、屋根材の重なり部分にタスペーサーを挿入し、隙間を確保していきます。

タスペーサーバネの構造で充分な隙間をつくります。
重ね塗りしても塞がれる心配がありません。
 
IMG_9247
色が黒くなっている面が中塗りです。
今回使用している主剤は、アステックペイント、スーパシャネツサーモSiとなります。

トゥルーブラックを使用しています。遮熱効果があるシリコン塗料です。
IMG_9227
上塗り中の写真です。
主剤を重ねて塗ることで耐久性を高め美観も整えていきます。
遮熱効果がより発揮されます。
 
IMG_9192
上塗り後の写真です。色はトゥルーブラックです。

人気が高い色となっています。
屋根は耐久性の高い遮熱塗料です。シリコンで13年~16年とされています。
 

施工前から施工後

IMG_7648-1
施工前の外壁です。

既存外壁の経年による色落ちを気にされておりました。
新築当初は明るい色だったとのことで、基本色ではなく特別仕様の調色を選ばれました。
 
IMG_9426-1
施工後の外壁です。

使用した塗料はアステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
シリコンの中でも耐久性が高いものとなります。(期待耐用年数15年~18年)です。

今回使用した色は特別仕様の調色塗装となります。
 
IMG_7658-1
外塀の汚れを気にされていました。
艶をおさえた塗装が希望との事でしたので、SK化研アートフレッシュを使用して雰囲気あふれる塀塗装をしています。
 
IMG_9405
壁色に合わせて、塀塗装をしています。

SK化研アートフレッシュ(調色)3回塗装です。
建物とのバランスが取れています。
施主様のこだわりを感じる仕上がりです。
 
before
IMG_8615-2
塗装工事前のカラーベストです。
表面の色褪せが目立ちます。
塗装工事で美観を整えていきます。
 
allowdown
after
IMG_9196-1
今回は外壁塗装と屋根塗装工事の他に、棟交換、雪止め金具設置、バルコニー防水工事をしています。

千葉県内の塗装工事や屋根修繕工事、FRP・ウレタン防水工事はオリエンタルホームサービスまで一度お問い合わせ下さい。
点検からお見積りまで無料となっていますので、メンテナンスする、しないにかかわらず、お気軽にお問合せ下さいませ。
大切なお住まいの状態を知っておくという事が大切です。

また、LINEでのお問合せを始めています。LINEなので、スマホから簡単にお問合せが可能となってます。
建物写真が必要ですが添付して頂ければ、お悩みを解決できるようにスタッフがお答え致します。

この機会に無料診断のLINEを是非ご利用下さいませ。

担当:渡部
 

色あせたカラーベスト屋根をフッ素遮熱塗料で3回塗装:千葉市花見川区宮野木台

5960F265-A084-4E11-B63B-71BCA6AC2534
花見川区宮野木台で築12年の外壁塗装(サイディングボード)屋根塗装(カラーベスト)の工事をしました。
外壁と屋根は時間の経過とともに傷みがでてきます。12年ともなると、サイディングボードの色褪せや、コーキングの硬化が目立ち始めます。

外壁の傷みは、住んでいる方でも比較的簡単に劣化に気づくのですが、紫外線の影響をモロに受けている屋根の傷みや劣化状況については気付く事が難しいです。
12年も経過すると、カラーベストにクラック(ひび割れ)が入っていたり、棟板金の釘がゆるんでいたり等、外壁よりも傷みが進行しています。
 

屋根塗装工事(3回塗装)

IMG_2462
今回は紫外線と熱に強い遮熱塗料、アステックペイントのスーパーシャネツサーモシリーズでの塗装となります
シリコンタイプの耐用年数が13年~16年相当、フッソタイプの耐用年数が16年~20年相当となってます。

今回の工事では耐用年数の長いスーパーシャネツサーモF(フッソタイプ)での塗装となりました。
屋根の塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗装となります。
IMG_2476
塗装工事に入る前に、屋根の高圧洗浄をして経年の汚れ付着を落とします。
 
IMG_2470
洗浄中です。洗浄前は汚れているようには見えませんが、洗浄をするとこんなにも変わります。
洗浄して汚れを落としたら、下塗りをしていきます。
 
IMG_2463
下塗りはサーモテックシーラーを使います。
下塗り材にもシャネツ効果があるものになります。
 
IMG_2709
下塗りを終えたら、雨漏り防止のタスペーサーをカラーベストの隙間に差し込んでいきます。  
IMG_2711-1
下塗り後の屋根です。
遮熱機能を備えた上塗り材と併用すれば、遮熱効果をアップすることができます。
 
IMG_2713-1
塗装した塗料は屋根材同士の重なった隙間を塗料で埋めてしまいます。
屋根材の表面には雨水排水や通気性の確保を目的とした溝がついているのでスキマは必要なんです。
そこでタスペーサーを差し込んで屋根材同士の重なるの隙間を確保します。
 
IMG_2767
中塗りをしていきます。
中塗りから主材を使用した塗装となります。
スーパーシャネツサーモFを塗っていきます。
 
IMG_2770
中塗りを終えたら3回目の塗装をしていきます。
主材を重ねて塗っていきます。
 
cd996779962adc150ef7980bfbc0e184
上塗りをしていきます。
3回目の塗装、仕上げ塗りです。
中塗りの時点ではまだ色ムラが残っている場合などがあります。
これを調整するという役割を担うのが上塗りであり、二度の上塗りによって性能の高い塗膜を作る事にもなります。
 
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-3
上塗り後の屋根です。
艶が出て、綺麗に仕上がりました。
使用塗料はスーパシャネツサーモF、エバーグリーンです。
 
IMG_3518-2
仕上がり後の屋根です。主材を重ねて塗装しているので耐久性もバッチリです。
アステックペイント「スーパーシャネツサーモF」は、弱溶剤形二液屋根用遮熱上塗材で、今までのフッ素樹脂塗料をしのぐ最高ランクの耐候性を持っています。
優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料です。
 
IMG_3199-1
光沢がありキレイな緑色で美観もバッチリに仕上がりました。
遮熱塗料での塗装なので、仕上がった美観を永く保てます。
 
IMG_3197-1
今回のカラーベストの屋根塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの遮熱塗料を使用した3回塗装でした。

屋根の傷みの進行はとても気が付きづらい部分です。現在住まれている建物の屋根の傷みや、カラーベスト、コロニアルの塗り替え工事など、気になる方がいましたら、是非弊社までご連絡・お問い合わせ下さい。

建物の点検からお見積もりまで無料で対応しています。
千葉市の屋根点検はオリエンタルホームサービスまでお気軽にお問合せ下さいませ。

担当:渡部
 

ブラック×レッドの2トーンでご自宅の外観を大胆にイメージチェンジ:千葉市美浜区幸町

DSC_3937
今回は、施工前はベージュ系の色合いにブルー系のアクセントによる色合いになっていたお宅の塗装を行ないました。
施主様のご要望により「塗装をやるなら外観ををがっつり変えたい!」ということで、今回細かく打ち合わせを重ねながら工事を行いました。
 
DSC_3936
ここから施工の様子を載せていきます。
外壁材はリシン吹きの外壁で採用されているご自宅です。
 
DSC_3939
リシン吹きの外壁材は、通気性が良いというメリットがあります。

一方、デメリットとしては写真の様に雨染み等の汚れが付着しやすい所です。
 
DSC_3950
化粧帯に関しては、経年による色褪せが目に付きました。

また同時にクラックと言われるひび割れもいくつか見受けられましたので、当然こういった箇所は下処理を行ってから、施工に移っていきます。
 
DSC_5006
まずは高圧洗浄により付着している汚れを落とし、壁の下塗りと言われる一番始めの塗装をしていきます。
 
DSC_5005
今回使用した下塗り材は、アステックのエピテックフィラーAEというものになります。
 
DSC_5012-1
3回塗装のうち、一番大事な工程がこの下塗りの作業です。
これによって剥離などの原因を事前に防ぐものとも言われています。
 
DSC_5055
続いて主剤による中塗りをかけていきます。

ここで家の色がガラッと変わり、雰囲気が大きく変わりました。
 
DSC_5060
今回選んで頂いた塗料は、アステックの超低汚染リファイン1000Si-IRで色はチャコールになります。
 
DSC_5159
主剤をさらにもう一度塗装をかけていき、上塗りの工程により外壁を仕上げていきます。
 
DSC_5003
同時進行で、屋根も施工をしていきます。
こちらは洗浄後の様子になります。

屋根材はコロニアル、カラーベストなどとも言われる一般的な商材が採用されていました。
 
DSC_5080
そこに屋根も同様3回塗装のうち、1回目のシーラーと言われる初めの下塗り材を塗布していきます。

使用している商材は、アステックのサーモテックシーラーという商材となります。
 
DSC_5072
コロニアルの屋根は、瓦屋根と比べると重量は軽いので、家自体への負荷が少ないメリットはあるものの、耐久性には劣るというデメリットもあります。

今回の案件でも実際にいくつかクラックが目につきました。
 
DSC_5074
当然このまま塗装していくわけではなく、変成タイプのコーキング材によりクラックを補修していきます。
 
DSC_5076
補修した箇所は、このような形になります。

この上に、主剤による塗装をかけていく形となります。
 
DSC_5288
壁と同様合計3回塗装を行ないました。(写真は塗装後)

今回屋根に使用した商材は、同じくアステックのスーパーシャネツサーモFとなります。色はカーボングレーになります。
こちらの商材の特徴としては、遮熱効果も期待できる塗料になります。

室内が極端に涼しくなるわけではありませんが、屋根の表面の温度を通じて2階のお部屋に来る熱は伝わりにくくなるので、多少の体感温度の変化は感じられるものではあります。
 
DSC_5273
その後附帯物の塗装に移っていきます。

今回は施主様のご要望により、【赤】をアクセントに使用しました。限りなく原色に近い赤で、G05-40Xという色番で、商材はエスケー化研のクリーンマイルドシリコンになります。
 
DSC_5292
すべての附帯物を赤にしてしまってはしつこさが出てしまうであろうとのお考えにより、細かい箇所は白に近い色でまとめています。

こちらは同じくエスケー化研のクリーンマイルドシリコンで、G25-90Dといった色番の物になります。
 
DSC_5274
玄関ポストは施主様のお手製ということもあり、状態もよく同じく赤でまとめていきました。
 
DSC_5275
今回はかなりのイメージチェンジとなる施工を担当させて頂きました。
 
DSC_5277
赤いアクセントがしつこくなく、かっこよく映えていて、僕自身が住みたくなるようなお家に進化しました(笑)
 
before
DSC_3937

allow
after
DSC_5276

それぞれのアングルに細かくお考えを持っていらっしゃって、綿密な打ち合わせを行ったということもあり、施主様にも大変満足していただけました。

「塗り替え後の美しさがずっと続く」というのが超低汚染リファインの「売り」なので、耐久性にも優れたこちらの商材は当社の推奨品です。

気になる所があれば、いつでもお問い合わせいただけたらと思います。

担当:大網

アステック スーパーSDクリヤーで外壁塗装 レンガ調サイディングの輝きを再生:四街道市もねの里

DSC_2629
今回は、1Fと2Fによりクリヤー塗装と色付けにて分けて施工をした外壁塗装現場の様子をアップしていきます。
工務店さんにより建てられたお宅で、高級感のあふれ出る立派なお宅です。
 
DSC_2597
1F部分に関しては、レンガ調のサイディングボードを採用されています。
せっかくの二色使いの綺麗なレンガ調ですので、塗りつぶしてしまうには勿体ないということもあり、こちらに関してはクリヤー塗装を推奨させて頂きました。
 
DSC_2594
2F部分に関しては、白系のお色のサイディングボードとなります。
こちらを今回は色を変えてイメージを変えたいというご要望を頂きました。
 
DSC_3451
傷みとして目につく箇所はまず南面のベランダの外壁です。
日当たりによって出来てしまったような変色が目に付きます。
 
DSC_2621
北面に関しては、常に日に当たらないせいもあり、藻の付着が見られます。
まずは高圧洗浄により、できる限り汚れを落とし、施工に移っていきます。
 
DSC_2613
シールは経年による硬化と、細かいひび割れが目に付きました。
DSC_3468
屋根に関してもまずは高圧洗浄からスタートしていきます。
 
DSC_3476
こちらは洗浄後の屋根の様子となります。
 
DSC_3482
一見問題のない綺麗な屋根に見えますが・・・
 
DSC_3601
こういった細かいひび割れが所々に見受けられました。
屋根材の下にはルーフィングという防水シートが入っていますので、そうそう雨漏りに繋がることはありませんが、風などで破片が飛んでしまう事も考えられるので、補修をしっかりとしてから塗装に移ります。
DSC_3602-e1515571255173
写真のようにシーリング材を用いて、ひびをしっかり補修していきます。
 
DSC_3603
シールを打った後、ヘラ等を用いて写真の様に薄く伸ばして乾燥させ、ガッチリと固めていきます。
 
DSC_3614
それぞれ割れ箇所は同様に施工します。
DSC_3578
続いて既存のシールをすべて抜き取り、打ち替えていく作業となります。
 
DSC_3609
その後マスキングテープにて両サイドを養生を行い、シールを打っていきます。
 
DSC_3716
シールを打った後、テープを剥がしていくと、写真の様に綺麗なラインが出るという形になります。
 
DSC_3922
シールを打った後はいよいよ塗装に移っていきます。
まずはシーラーと言われる下塗り材を塗っていきます。
 
DSC_4073
続いてその上に主剤の塗装をかけていきます。
こちらは中塗りの工程となり、ここからもう一度主剤を塗ります。
 
DSC_4518
2回目の主剤により上塗りとなります。
写真は上塗り後の様子となります。
 
DSC_4215
屋根も同様に下塗りから塗装をかけていきます。
 
DSC_4305
乾燥させたのち、主剤による中塗りを かけていきます。
 
DSC_4495
2回目の主剤により上塗りを行うと、光沢もさらに出て、写真の様に仕上がっていきます。
 
DSC_4090
1Fサイディングボードに関しては、クリヤー塗装となりますので、始めに塗装から行っていきます。
こちらは1回目の塗装の様子となります。
 
DSC_4183
2回目の塗装により、クリヤー塗装の場合は上塗りとなります。
写真ではわかりにくいですが、施工前と比べると光沢が蘇っていく形となります。
 
DSC_4187
その後にシール処理を行い、写真の様に仕上がっていくというわけです。
クリヤー塗装の場合は、色付け塗装とは異なり、シールそのものが表に出てくるため、オートンイクシード15+という商材で、ワンランク上の物を採用させていただいております。
使用した色はランプブラックという色になります。
 
DSC_4634
最後に附帯部の塗装を行ない終了となります。
今回は既存の黒や茶系でまとまっていた附帯部を施主様のご要望により白に統一して塗っていきました。
よってお家の見た目の印象がガラッと変わり、明るいイメージに変身しました。
 
before
DSC_2629-1
allow
after
DSC_4640

今回使用した商材は、壁の1F部分はアステックスーパーSDクリヤーです。
2F部分に関しては同じくアステックリファイン1000Si-IRで色がモカ8088という色になります。
屋根も同じくアステックスーパーシャネツサーモSiで、使用した色が9114キャビアブラウンになります。

今回は1F外壁のクリア塗装を先に(または2Fと同時に)すると、2Fの色づけ塗装の飛び散りなどで面倒なことになるので、1F塗装を2F塗装終了後にしているのがポイントです。
工期の短さと仕上がりの良さのバランス感覚がとても大事な工事となりました。

レンガ調のサイディングは塗りつぶしてしまうのはとてももったいないです。
サイディングの外壁は10年を超えてくるとクリア塗装が不可能なタイミングに入ってきます。

外壁診断は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

担当:大網
 

千葉市緑区あすみが丘東 防カビ抗菌剤入りアステックペイントEC-2000F、無機ハイブリッドコートJY-IR塗装完了です!

こんにちは 杢谷です。いつもの最強コンビ(屋根、壁)塗装に加え、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)の塗装が完了しました。

添加剤なので、見た目は変わりませんが、抗菌スペクトラム500対応、真菌310、細菌140、藻類50菌全て5ppm以下の添加剤です。

安全性もLD50=20000㎎/㎏以上、溶出度(水・温水)3ppm ※(一般的な防カビ剤は、3000ppm)です。

施工例では、施工8年後でもカビ、藻類の発生は、認められません一般的な防カビ剤は、藻類に対しての抵抗力は、ほぼ無です。

家の北面の壁を気にされている方は、是非 ご相談ください!

千葉で外壁塗装の相談は


before
施工前

施工前

既存外壁材:リシン

目が粗いので、通気性には優れていますが、藻類、カビ類が根を張りやすい外壁材です。



allow
after
防カビ抗菌剤 アステックプラスS

施工後

EC-2000FにアステックプラスSを添加した後、よく撹拌後塗装しました。


before
施工前

施工前

南面の壁は綺麗でしたが、やはり、北面と両サイドは、通気が悪いせいか藻類の発生が著しかったです。

隣接のお宅も、ご同様の悩みをお持ちでした。


allow
after
EC-2000F アステックプラスS

施工後

外壁材:EC-2000F、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)

色:オフホワイト、ベイジュ



before
施工前

高圧洗浄後

屋根の傷みは、まだ少なかったですが、外壁塗装とセットで施工した方が、経済的ですね。

外壁材の持ち年数に合わせて、無機ハイブリッドコートJY-IRをご選択して頂きました。



allow
after
無機ハイブリッドコートJY-IR スチールグレー

施工後

屋根材:無機ハイブリッドコートJY-IR(遮熱)

3回塗り仕上げで、無機JY-IRは、フッ素を凌ぐ、超耐候性塗料で20年以上経過しても、光沢保持率80%以上維持する遮熱塗料です。



アステックプラスSの効果は、塗り立てではわかりませんが、壁一面緑色の外壁に対して、8年後全く異常なしの壁を確認していますので、自信を持ってお勧めします。一般的な防カビ剤入り塗装も経験していますが、残念な事に浅い年数で、カビ、藻類の発生を確認しました。

対菌数、対藻類数の違いが、如実に表れると思います。「せっかくきれいになったのに・・・」のお言葉をもう聞かなくて済む防カビ剤だと思います。よかったら、お声を掛けてみてください!

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス