佐倉市城で外壁・屋根の塗装と大工・防水工事

IMG_4918
佐倉市城のお客様より、外壁塗装、屋根塗装のご依頼を頂戴しました。

着工が11月でしたが、着工の1週間前の雨で、漏水が発覚。
散水テストを実施した結果、バルコニーからの漏水でしたので、大工工事と防水工事も行うことになりました。
 
2Fがモルタル、1Fがサイディングボードのお宅です。
敷地内に電線が走っている為、電線を防護する防護管の設置も必須でした。
 
IMG_201910092059346
こちらは、施工前の破風板。
IMG_6813-2
元々傷んでいたところに、9月の台風15号、10月の19号が通過したため、破損していました。
 
IMG_6789
高圧洗浄→養生&大工工事の後は既存の古いシールを抜き取っていきます。

抜き取るのは縦のシールのみ。サッシ周りは増し打ちにて施工していきます。
 
IMG_6797
こちらは抜き取ったシールの一部。
カッターを入れて、引っ張って抜き取っていきます。
 
IMG_6822
シールを抜き取った後は、新しいシールを打っていきます。
周りに貼ってある紫色のテープをはがすと、シールだけが残ります。
 
IMG_6886-3
1Fサイディングのシールと並行して、2Fの下塗りを進めていきます。

2Fはモルタルですので、塗料の吸い込み防止の為に下塗りを2回入れ、計4回での塗装を施します。
 
IMG_6890
1Fも下塗りに入っていきます。
 
IMG_6891-2
今回は1Fの色がガラッと変わって濃くなるため、下塗りを白にしていきます。
 
IMG_7081-1
この写真、真ん中を境に違う色になっていますが、実は同じ塗料の同じ色です。

左の紫色の部分が上塗り、右の茶色の部分が中塗りです。
顔料の関係で塗りたては紫色ですが、乾燥していくと右側の茶色の色に変化していきます。
 
IMG_7076
乾燥するとこの様に同色になります。
 
IMG_202001312006570
悪さをしていた、問題のバルコニー。
タイルが敷いてあったために、バルコニー床のクラック(ヒビ)に気が付かずに生活されていたんですね。
 
IMG_202001312006571
そのバルコニーを洗浄していきます。
 
IMG_202001312006572
そのバルコニーに新たな下地となるコンパネを打ち付けて施工していきます。
このコンパネが、新しい床になるわけです。
 
IMG_202001312006573
溝の部分にもコンパネを打ち付けていきます。
 
IMG_202001312006576
そのコンパネにプライマー(糊付け材のようなもの)を塗布し
 
IMG_202001312006578
FRPのガラスマットを敷きこんでいきます。
 
IMG_2020013120065710
最後にFRPのトップ防水を2回塗布し
IMG_2020013120065711
悪さをしていたバルコニーの床が仕上がりました。
ドレンについている、ストレーナも交換しました。
 

施工前〜施工後

before
IMG_4918-1
allow
after
IMG_7230-1
冒頭に書いたように、ガラッと雰囲気が変わりました。
使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
 
2019年は、千葉県に強い台風が2つ襲来したうえ、9月以降はとにかく大量の雨が降った印象があり、それに伴って漏水もかなりの件数で起こっています。
ちょっとした漏水でも放置せずに、お気軽にお問合せ下さい。

本社 久保田
 

リシン塗膜が剥離していたので外壁を4回塗装で施工

一般的に家を塗装する場合は3回塗りが多いと思いますが、今回ご紹介するご自宅は外壁は4回塗装を行いました。

4回塗装をした理由としては既存の壁(リシン)が欠落している部分が多々見受けられた為です。
また、欠落以外にもひび割れや汚れ・藻の発生が見受けられました。

今回はその行程をブログをあげていきます。
 
IMG_1116-1
こちらが施工前の全体写真です。築は11年になります。
先に述べたように欠落部分や汚れや藻の発生が目立っていました。
 
IMG_1118
この写真も施工前になります。
写真見てわかるように一部外壁が欠落しています。
 
IMG_1131-1
この写真は特に藻が目立っていた部分になります。
バイオ洗浄にて切れに汚れを除去していきます。
洗浄を行うことによって塗料の密着性を高めます。
 
IMG_2765-1
写真は洗浄後で、南面になります。洗浄前はクラックはありましたが、ここまでひどい状態ではありませんでした。

IMG_2983
開口部をビニル養生後に外壁自体をケレンし、リシン(外壁)をとれる部分は取っていきます。通常の3回塗装も可能ですが、剥離していない部分も今後どうなるか分からないので下地への浸透性が優れたミラクシーラーエコをはじめに塗装していきます。


IMG_3093
下塗り(ミラクシーラーエコ)を塗布した後は通常の下塗りの工程に入ります。

IMG_9774-1
下塗りが2度完了したので、次は欠落した部分にリシン(パターン)を吹き付けていきます。
この工程を入れると今回は5回の工程になります。
 
IMG_3281
リシンを吹き付けた後は上塗りを2回行います。
今回使用した塗料はアステックペイントのリファインSi-IRになります。
超低汚染で耐候年数も15年と長くお勧めの塗料です。
 
IMG_3532
化粧帯など附帯部の塗装を仕上げ完了となります。
あれだけ欠落していて目立ってしまった外壁も綺麗に仕上げる事ができました。
 
IMG_1162
続いて屋根の工程に入ります。写真は施工前です。

外壁同様に汚れや藻の発生、クラックが多数見受けられました。
 
IMG_2909
塗装の工程に入る前にクラック処理はもちろん、棟板金の釘頭を打ちこみ、コーキング処理を行います。(写真はコーキング処理後)
 
IMG_3100-1
洗浄を行い、下塗りを行いました。
下塗りに使用した材料はサーモテックシーラーになります。
赤外線を反射し、遮熱上塗り材との併用により遮熱効果をアップします。
IMG_3611-1
中塗り、上塗りを行い完了となります。
使用した材料はスーパシャネツサーモF(フッ素)になります。
遮熱効果はもちろん、耐用年数も16年と高い塗料になります。
 
IMG_4359
ベランダの防水工事も行いました。
既存のベランダはFRP防水でした。

今回の工事はトップ防水工事と再防水工事の2パターンがありますが、今回は再防水工事(1プライ工法)を採用しました。
 
IMG_4362-1
こちらの写真がベランダ防水の施工後です。
 
IMG_1139
細かい部分にはなりますが、スリムダクトのフリーコーナー部分(写真の中央部)が劣化し、粉々になっていました。
 
IMG_3452
フリーコーナー部分を交換し、外壁色で塗装を行い美観を取り戻すことが出来ました。
 
before
IMG_1116-2
施工前です。

allow
after
IMG_3629
足場を解体し、工事が完了しました。
もともとは1.2階のツートンでしたが、1、2階の色を統一して縦のラインをワンポイントにしました。
 
今回は外壁は4回塗装になりました。

剥離の原因は断定はできませんが、おそらく新築時の塗装自体が原因と思われます。
新築時の下塗り(シーラー)が不足しているとこういった症状が出ることがあります。

家によって様々な痛み方があると思います。その痛み具合によって塗装の種類や工程が変わって来ます。
お客様に合ったより良いご提案をご用意致しますので、まずはお気軽に当社までご連絡下さい。

担当:中山  忠士
 

ベランダ床の膨れ防止のための脱気筒取付 / ウレタン防水工事:千葉市若葉区若松台

IMG_9025
立地によるベランダの湿気でお悩みの方、ベランダのお手入れ方法でお悩みの方、ベランダ防水工事をご検討中の方は必見です。

千葉市若葉区若松台のF様邸で、ウレタン防水通気緩衝工法(脱気筒取付)の工事を行いました。
 
今回は通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材を塗布する防水工法になります。

降雨などの上からの水分をシャットアウトすると共に、ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させるため、安全で信頼性の高い防水工事となります。
 
IMG_0017
工事前の写真となります。
湿気がたまりやすい立地でしたので藻やコケが多いベランダでした。
広いベランダでしたので日々のお手入れは難しいです。
 
IMG_0018-1
下地に水分を含んでしまっていた為内部から上がってきた水蒸気により防水層が膨れ上がり、剥離していました。
今回はお客様のご要望で湿気を逃がす防水工事を提案しました。
 
IMG_9007
洗浄後の写真です。

コケや藻の付着を落とします。
経年による傷み、ひび割れが目立ちます。

ベランダの傷みは雨漏りの原因に繋がるので、この状態で放っておくわけには行きません。
 
IMG_9008
下地処理 1

防水工事では下地処理がとても重要です。
経年の劣化で下地がボロボロでしたのでサンダーがけで下地調整をします。
この作業が良い防水層を作ります。
IMG_9009
下地処理 2

シール材で埋めて補修をしていきます。ヘラで表面は平滑にします。
IMG_9010
下地処理完了

平滑な表面に仕上がれば下地処理は完了です。
 

IMG_9011
プライマー塗布

通気緩衝シートを貼る前に、密着性の高いプライマーを塗布します。
接着の良い下地処理剤を使用しています。
IMG_9012
通気緩衝シート張り

通気緩衝シートの貼り付けです。
これがウレタン防水工事の上で下地の水分を逃がすための施工です。
穴が開いたシートを間に入れることで塗膜と下地の密着が半分になります。
この空間によって水蒸気が発生しても塗膜が膨れを起こさない防水層が出来上がります。
 
IMG_9013
ジョイントテープ(ジョイント処理)

結合部にテープを継ぎ目のないように貼ります。
ジョイント部分の水の侵入を防ぐため、テープの上にウレタン塗膜防水材を塗布します。
 
IMG_9015
メッシュ貼り(立ち上がり)

ベランダの立ち上がりにメッシュを貼ります。
衝撃による防水層のひび割れの抑制します。

防水層の厚みの確保をする為、補強メッシュシートを貼っていきます。
IMG_9016
脱気筒設置

工事のメインとなる湿気の逃げ道となる脱気筒です。
動かないようにしっかりと固定します。
勾配の高い位置に取り付けることにより蒸気を逃がします。
IMG_9017-1
ウレタン塗膜1層目施工

ウレタンの1層目です。
1層目の塗膜を平滑に施工をしていかなければなりません。
 
IMG_9018
ウレタン塗膜2層目施工

1層目の乾燥を確認してから2層目を施工していきます。
FRP防水と比較すると、ウレタン防水は厚膜のため乾燥までの時間も長くなります。
 
IMG_9019-1
保護材塗布(トップコート)

ウレタン防水層の上から保護材トップコートを塗布します。
ウレタン防水自体は紫外線に大変弱く、そのまま露出させているとひび割れの原因にもなりかねません。
トップコートでの表面保護により綺麗に、且つ高耐久に仕上げる効果があります。
IMG_1492-1
ウレタン防水通気緩衝工法完了です。
とても綺麗に仕上がっています。
IMG_9021
今回の工事にて脱気筒を取り付けています。
 
IMG_9022-1
併せてドレン工事もしています。

施工前〜施工後

before
IMG_9006-1
allowdown
after
IMG_9025
 
トップコートの塗り替え目安は5年です


施工後5年後からベランダ防水のヒビ等が気になり始めるとは思いますが、大体の原因はトップコートの劣化です。
防水層には大きな影響はありませんが、やはり防水塗膜の傷みの原因になりますので早め早めのメンテナンスが大事です。

防水工事でお悩みの方はコチラのページへ
↓↓↓↓↓↓↓

大切な住まいを長持ちさせる方法

千葉市内や千葉県内でベランダの防水工事を検討中の方や工事時費用でお悩みの方は
オリエンタルホームサービスへお気軽にお問い合せ下さいませ。

担当:渡部

ベランダFRP防水工事と外壁・屋根の塗り替え:千葉市稲毛区轟町

今回は千葉県千葉市稲毛区轟町のA様邸での ベランダFRP防水工事の一部と外壁塗装の工事前・工事後の内容を写真付きで説明します。 
 
今回のA様邸は築15年で、外壁はサイディングボード、屋根はカラーベストの塗り替え工事となります。
●外壁の商材はアステックペイントジャパンの【リファイン1000Si-IR】
●屋根の商材はアステックペイントジャパンの【スーパーシャネツサーモSi】 を選んで頂きました。

お客様、ご近所様のご協力で工事は無事に終える事が出来ましたが 改修工事では、高圧洗浄をした後に経年劣化による傷みを発見する事があります。
今回のA様邸ではベランダFRPの経年劣化によるひび割れと膨れがありました。
       
                      下の写真をご覧下さい。
    A様邸のベランダ工事の一部です。
           ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FRP防水(1PLY工法)

IMG_3870
高圧洗浄後のベランダの写真です。 経年劣化によって 防水保護塗装(トップコート)が ヒビ割れを起こし、気泡や膨らみが見受けられました。
IMG_5048
防水膜がガタガタしていた為、通常の工事では、防水層が長く持たない可能性が高かった為、新しくコンパネを新設した後で、1PLY工法をスタートさせました。
IMG_5047
防水膜がガタガタしていた為、通常の工事では、防水層が長く持たない可能性が高かった為、新しくコンパネを新設した後で、1PLY工法をスタートさせました。
近年DIYが流行し、楽しんでDIYしている方が多くいます。 メリットと言えば、プロに頼むより安い費用で済むことですが 防水工事では失敗の可能性もありますので、注意が必要です。 長期的な効果や仕上がりを踏まえて、プロの私たちにご相談下さい。 FRP防水工事の費用等、気にされている方は オリエンタルホームサービスへお気軽にお問い合わせ下さい。

外壁・屋根塗装工事

before
5be5c7193658417a42d91d513885e5bb
施工前は色褪せ・汚れが著しく目立っていました。
allowdown
after
IMG_4587
塗装後の写真になります。
工事前の写真と比べて美観が蘇りました。

外壁の商材は【リファイン1000Si-IR】アステックペイントジャパン

1階色:ヤララブラウン

2階色:ペールビスケット

屋根の商材は【スーパーシャネツサーモSi】アステックペイントジャパン

屋根色:キャビアブラウン

附帯物塗装も行っています。
破風板、雨樋、化粧帯、雨戸、戸袋、庇、換気フード
水切りは黒色で統一し、軒天は白色で仕上げました。
今回の塗装工事についてお客様より大変満足しているとのお言葉が頂けましたが
1階の塗装色【ヤララブラウン】について
頭でイメージしていた色より、若干濃く見えてしまうと感想を頂きました。
A様、貴重なお言葉ありがとうございました。

塗料の色に関しては、日の当たり方や天候などによって色の見栄えが異なる為
お色の打ち合わせは入念に行っています。
今後ともお客様との打ち合わせの時間を大切にして
満足して頂ける工事をしていきたいと思える現場でした。

本社:渡部 大輔

千葉市中央区佑光の塗装工事まもなく終了です。

千葉市 I 様邸 塗装工事。ベランダ防水終了です。
CIMG88671
下地処理後専用プライマーを塗ります。
CIMG88981

FRPトップ防水(1回目)

CIMG89011

FRPトップ防水(2回目)

塗装の順序として、ベランダ防水は、最後に仕上げます。

いよいよ、足場を解体しますので、仕上がりをアップします。

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス