屋根瓦工事(漆喰工事)

雨漏りを未然に防ぎましょう 屋根瓦の漆喰工事

屋根の漆喰は、屋根の棟瓦(むねがわら:屋根の頂点部分をまたぐ瓦)の土台になる葺き土(ふきつち)を雨で流されないために使われています。

屋根の漆喰の劣化がそのまま雨漏りの原因になるわけではありませんが、そのまま放置すると瓦のずれが生じ、結果的に雨漏りに繋がる恐れがあります。

また屋根を支えている木部の傷みを引き起こすだけでなく、内部のに被害が広がる可能性もありますので、雨漏りを未然に防ぐために今回は屋根の漆喰について取り上げました。

2e814cf215dc7667f332f70374a7d882
陶器瓦は割れたりしない限りは大変長く持つものですが、漆喰が劣化して崩れてしまうと瓦の固定力が弱まります。

固定力が弱まると強風や地震等で棟瓦が倒れたり瓦同士がぶつかり破損してしまう恐れがあります。

ですので、足場を組んで外壁塗装をする際には、同時に漆喰の補強も併せて行う事をお勧めします。
 
DSC01907
既存の漆喰が軽度の劣化状態なら、古い漆喰を取り除き葺き土を整え新たに詰め直してあげるだけで済みます。

しかし、劣化に気づかずに漆喰と土がボロボロ崩れてしまい、中身が空洞の状態ですと、しっかりした補修が必要になります。

一度棟瓦を屋根から下ろして葺き土と漆喰の工事を行った後に、再び取り外した棟瓦を取り付けて固定しますので、費用が余計にかかります。
DSC01910
漆喰は水を吸ったり、屋根上に籠った湿気を逃がす働きもあります。 仮にセメントで工事した場合は、逃げ場を失った湿気が梁や棟木等の木材に吸収され腐っていきます。

漆喰の寿命は10年程度ですが、ヒビ割れが目立ってきた時点で詰め直した方が良いです。 一見簡単そうに見えますが、適量を均一に塗り込むのはかなりの技術が必要です。

屋根は高い位置にあるので、状態が目視できない場合が普通ですので、定期的に点検を依頼して頂くと良いでしょう。

最近はインターネットや動画サイトで漆喰補修の施工方法が簡単に調べられ、ホームセンターに材料が売っているところもある事から、 自分で施工しようと思われている方が増えていますが、絶対に止めて下さい! 足場を組んでいても毎年熟練の職人が屋根から落ちて怪我をしたり、瓦の強度の弱い場所を踏んで割ってしまったり、漆喰が多すぎても雨水の進路が変わり、別の雨漏りの原因にもなります。

ですから屋根で少しでも気になりましたら無理をせず遠慮なくご用命下さい。

屋根漆喰工事の料金や施工手順はこちらをご覧ください。

本社:本間 聡

千葉県茂原市漆喰工事 ~見落としがちな瓦屋根の傷んだ漆喰補修~

和瓦屋根の漆喰補修工事を行いました。皆様、屋根の改修(補修)と聞くと塗装をしたり、葺き替えたりなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?ただ、和瓦は棟瓦にある漆喰を補修しなければならないのです。そんな漆喰なんですが、瓦と瓦の隙間を埋めている漆喰が剥がれたり、崩れたりすると、その部分から雨水が浸入します。  また、瓦を固定している力が弱くなっていますので、ちょっとした風や地震でも瓦がズレたり、落下したりする危険性が高まります。 いびつな形のコンクリート片のようなものをベランダや庭先で見つけたら、剥がれた漆喰である可能性が高いです。ちなみに今回、施工させて頂くお宅でもコンクリート片が落ちていた為、ご主人が梯子で覗いてみたら次の写真のようになっていました。


IMG_1046
既存の漆喰が硬化し、割れてなくなっている状態です。白い色の漆喰が経年劣化によりグレーになってきています。現状、完全に落ちてきてはいませんが、指で軽く触れるとボロボロと崩れ落ちてきました。落ちてきた状態は、次の写真になります。
IMG_1048
こちらは、棟先の箇所になるのですが、完全に取れてしまい土が見えている状態です。この土が、雨などで流れてしまうと棟瓦の強度がなくなってしまい、地震の少しの揺れやひどい場合ですと自重で倒れてしまう事もあります。そして、そういったことにならない様にするのが漆喰です。


それでは、漆喰となんぞやというところになるのですが、お城の外壁に塗られている白い壁材が、しっくい(漆喰)です。消石灰を主原料とし、これにフノリ・ツノマタなどの膠着(こうちゃく)剤、ひび割れを防ぐため麻やすさと呼ばれる藁の一種などの繊維質を加えて、水で練り上げた塗り壁の材料です。ただし、上記のままですと真っ白いお城の壁に使われるようになります。有名なところですと最近、改修工事が終わった姫路城なんかが有名で、白鷺城なんて呼ばれるくらいの白さです。
ちなみに今回は、強度と作業性の良さを出すため川砂を入れ、瓦屋根がグレーなので灰と墨を入れて黒漆喰での施工になりました。
IMG_1248
黒漆喰を施工している途中の写真になります。写真の手前の箇所がちょうど黒漆喰を塗ったばかりになります。かなり黒い為、屋根が暗くなるんではないかという心配なところも出てくると思いますが、実際乾いてくるとグレーになっていきます。


IMG_1252
こちらが、施工してしばらく経った写真になります。乾いて黒い色が抜けグレーになってきました。この状態になれば、完成です。これで、土も出てくることはなく、倒壊の確率も低くなりました。和瓦は塗装をすることは、ありませんが棟瓦の漆喰工事をしなければ大工事になることもありますので、瓦屋根のお宅にお住いの方は、気にかけてあげてください。 >

→オリエンタルホームサービスの屋根工事はこちら

工事部:大久保 大輔

習志野市屋敷 棟瓦積替え工事

梅雨ですね・・・雨キライです・・・根来です。

今回は棟瓦の積替え工事です。
OB客様の御実家工事の御依頼です。
施工前
施工前・・・

何故、こんな崩れ方をするんでしょうってぐらいにうねってます
施工前
施工前・・・

次の地震が来たら落ちてしまいそうです
施工中
とりあえず危ないので応急処置をします!
屋根職人さんが入れるまでしのぎます
施工中
数日後、職人さんが手直し開始しました!
施工後
施工後・・・

うねりもなくなり安心です
施工後
施工後・・・

棟違いも処理しました
屋根は大事なのでしっかり修繕しないとです

千葉市稲毛区O様邸屋根漆喰補修工事

こんにちは、千葉本社の本間です。
千葉市稲毛区O様邸で外壁・屋根塗装の工事をさせて頂くことになりました。
が、屋根の洗浄中に漆喰の一部がボロボロと崩れてしまいました。
なので急きょ漆喰の補修工事が追加になりましたのでブログにアップしていきます。

CIMG1279
漆喰が崩れ落ちた状態の写真です。
普段見えない場所にあるので、劣化してても気が付かないですよね?
もし足場を組む機会がありましたらご自身の目で確認してみるのも良いと思います。

CIMG9590
さて、漆喰の作業と思いきや・・・
塗装の職人さんが下塗りを始めています(^^;
左官の職人さんの日程の都合上、翌日の作業になりました。

でも大丈夫です!今回は補修のみなので塗装の途中でも問題はないんです。


CIMG9587
こちらが漆喰補修の写真になります。
O様邸では大屋根・下屋根の棟瓦が合わせて約60mあります。
一人が棟瓦を持ち上げて、もう一人が漆喰を丁寧に詰め込んでいく地味な作業ですが瓦を接着固定する為には欠かせません。
IMG_9666
補修後の写真になります。

余談ですが漆喰は水酸化カルシウムを主成分として古くから建築保護材料として使われています。
その歴史は縄文時代からだそうです!
CIMG9616
屋根の上塗りも終わり完成・・・と言いたいところですが、外壁が少し残っているので完工ではないんです(笑)
GW前に終わる予定でしたが少し日程が延びてしまいました。

O様、間もなく工事が全て終わるのでもう少しだけ待ってて下さいね!

千葉県千葉市緑区平山町O邸瓦止め施工


こんにちわ!!
本社社員の加藤です!!

今回O邸の屋根の板金の釘を打ち直ししている時に発見してしまいました|д゚)

地震や経年劣化のせいか、瓦が軽く触れただけでずれてしまうんですΣ(゚Д゚)

これは直さなければいけない!!!!と思い次の日瓦を止める
コーキングで瓦を止めなおしました(*‘ω‘ *)///




before
IMG_1283
施工前は大きな地震来たら 落ちるだろうというくらいゆるゆる でしたΣ(゚Д゚)

allow
after
DSCF1413

横の釘と瓦止めでがっちり止めておいたんで これで大丈夫でしょう!!


関東圏内も地震多いので瓦のお宅の皆さんも 一度は是非瓦確認してみてください! 地震が起きる前に是非(*‘ω‘ *) でわ(`・ω・´///
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ