TOTOサザナでのユニットバス工事:鎌ヶ谷市東中沢

3年前に僕が担当させて頂いた塗装工事のOB客のお客様より「脱衣所の床が腐ってしまったので見て欲しい」というご連絡を頂きました。

伺ったところ、在来(タイル)の浴室から水が廻ってしまっていましたので、ユニットバスへの変更をご提案。工事をさせて頂くことになりました。
 
IMG_2116
よくありますよね、タイルのお風呂。
浴室のサイズは1700mm×1700mm。普通のサイズより若干大きいサイズの浴室になります。
築年数も15年程度なので、まだまだ活躍できる、と思われましたが・・・
 

現状確認(施工前)

IMG_2119
脱衣所との境目に、こんな溝(集水溝)がありました。
この溝と、浴室のタイルとの間に隙間が発生し、そこから浴室の水が廻ってしまい・・・
 
IMG_2107
脱衣所のCFをめくると、この様な状態になってしまいました。
 
IMG_2108
左のアップ写真です。腐食してしまっているのは、脱衣所の床板です。
水の廻りは数年前からでしょうか。
この状態だと、床板の下にある土台の木も腐ってしまっています。
コーキングではこの水の廻りは押えられないので、ユニットバス(UB)への交換工事となりました。
 
IMG_2124
通常であれば天井換気扇に変更ですが、今回はこの既存の乾燥暖房機を脱着し、再利用することにしました。

この乾燥暖房機は2年前に取り付けたばかりとのことですので、まだまだ活躍できます。
 

施工中

IMG_3230
斫り機でタイルの斫って(はつって)いきます。
 
IMG_3239
数年前に一度床のかさ上げをしている為、コンクリートが二重構造の様になっているためなかなか解体できず、手間取り中です。。。
 
IMG_3244
床の斫りも進んでいき、浴槽の撤去も完了しました。
浴槽撤去後の浴室はこんな状態になっています。
 
IMG_3254
浴室側から脱衣所側の床を撮影。浴室ドアの枠を撤去したところです。
溝の隙間から侵入した水が床板どころかその更に下の土台まで腐食させていました。
当然ながら土台も交換しました。
 
IMG_3356
強度アップのため、砂利や砂などをコンクリートに混ぜ、ユニットバスの土台を打っていきます。
 
IMG_3354
こちらの写真は高さ調整しているところです。

メジャーを当ててる部分にユニットバスの足が乗っかるので、慎重に高さを調整していきます。

この調整が甘いと、ユニットバスが歪んでしまい、入らなくなってしまうというわけです。
ここまでくると、あとはユニットバスの組立だけです。
 
IMG_3422
ユニットバスの壁に暖房乾燥機用の穴を空け・・・
 
IMG_3428
予め付いていた暖房乾燥機を再び取り付けていきます。
 

施工後

IMG_3507-1
施工後の浴室です。
やはり新しいお風呂はきれいですね!!お風呂の時間が楽しみになります!!
今回のお風呂はTOTOサザナ Sタイプ1717サイズです。

在来(タイル)からユニットバスへの変更をご検討中の方、是非お問い合わせください!
もちろんユニットバスからユニットバスへの変更もOKです!
 
担当:久保田
 

浴室・脱衣所の水回り改修工事(お風呂リフォーム):鎌ヶ谷市中佐津間

塗装工事着工中に現場点検に伺った際、基礎から水が染み出ているのを発見し床下をのぞいてみると、床下一面に大量の水が・・・。
原因を突き止めてみると浴槽の排水管が原因でしたので、急遽浴室の改修工事を行うことになりました。

IMG_2458_R
タイルの浴室。
浴槽はFRPの浴槽でした。
浴槽の下にある排水を受け止める漏斗の大きさが小さく、浴槽の栓を抜くと水圧でオーバーフロー。そのオーバーフローした水が床下に溜まっていくという状態でした。
恐らく15年間は床下に水が存在していたと思われます。

IMG_2481_R-1
こちらも解体前。
鏡の上の部分から水が侵入し
IMG_2465_R-1
洗濯機脇の壁を腐食させていました。
せっかく浴室の改修をするので、この袖壁の腐食も直していくことになりました。

IMG_2747_R
浴室を解体してみると、入り口わきの柱も、侵入した水で腐食していました。
この柱は2階を背負っているので抜いてしまうわけにはいかず、腐食部分を交換していくことにしました。
IMG_2881_R
浴室解体後、砂利を敷いた上に土間コンクリートを打っていきます。
重さ数百㎏あるユニットバスを支える土台なので、レーザーで墨出しをしつつ、慎重に施工していきます。
before
IMG_2747_R
ここで一度ビフォーアフター
allow
after
IMG_2936_R
腐食している柱、床下の木を交換していきます。

IMG_2915_R
洗濯機の給水管の蛇口を移設するために、石膏ボードを開口していきます。
IMG_2931_R
そして塩ビ管で蛇口を延長しました。
延長して蛇口の位置を変更したことで、新しい洗面化粧台のサイドラックが干渉しなくなるんですね。
IMG_2946-2
浴室内の方は、いよいよユニットバスを組み立てていきます。
こちらはTOTOのメーカー施工です。
IMG_2949
窓周りです。
この出窓の周りは出窓用の部材で収めていきます。

IMG_3075
ユニットバスの施工後です。
今回はTOTOのサザナSタイプを施工しました。
出窓周りもきれいに収まりましたね。

IMG_2958
浴室の工事が完了した後は、脱衣所の工事を仕上げていきます。
腐食してしまっていた洗濯機脇の石膏ボードとベニヤを撤去し
IMG_3083
新しい石膏ボードを貼り、クロス工事に移行するための下地を作っていきます。
パテ処理を施して、段差をなくしていくわけです。
IMG_3078-1
クロスを張り替えた後は、洗面化粧台を設置していきます。

IMG_3064
洗面化粧台とサイドラックを組み立てて完成です!!

完成写真

before
IMG_2458
浴室の施工前です。
allow
after
IMG_3075-1
浴室の施工後です。
お気づきだとは思いますが、浴槽の位置を変更しました。

before
IMG_2735
洗面化粧台の施工前です。
allow
after
IMG_3092
洗面化粧台の施工後です。
洗面台の横にラックを設けたことで、収納力がアップし、浴室内の荷物が大幅になくなりました!!
浴室正面のアクセントパネルと共にブラウン系で色をまとめ、シックな印象になりました。
「脱衣所とお風呂にいると、ホテルに来てるみたい」
と施主様。
大変お喜びいただけました!!!

浴室や脱衣所のお風呂のリフォームでお悩みの方はオリエンタルホームサービスへ是非ご相談ください!お見積もりは無料です!!

本社:久保田 寿俊

浴室リフォーム工事~在来工法の浴室からユニットバスへ交換 千葉県市川市~

千葉県市川市にて在来工法(※1)の浴室からユニットバス(※2)への交換工事を行いました。在来工法の浴室はどうしてもカビが生えやすく、タイルで作ってあるので目地周りが劣化してきます。浴室に床の段差などもあり歳を重ねるごとに不自由を感じることも少なくありません。そういった悩みを解決できるのがユニットバスになります。
 ※1 在来工法:家の柱や壁の構造をそのまま使う浴室のこと。
 ※2 ユニットバス:家の構造の中に新たな箱を組み入れるタイプの浴室


今回は浴室リフォーム工事を工程順に紹介していきます。

DSC075171
<施工前>

①塗装壁とタイル壁で作られています。目地の劣化がありました。
②室内にバランス釜があるので浴槽も小さいです。酸欠などの安全性も気になります。
③シャワーがないので不便です。
DSC04379
<解体中>

浴槽を撤去して内壁、天井を解体していきます。新規で組み立てるユニットバスの関係で今回は窓も替えるので外していきます。

内壁がなくなると左の写真の様に外壁の下地材がみえてきます。この段階で大事なのは木部の現状の把握です。

年数を重ねた浴室の下地材は老朽化で水漏れによる腐食、白蟻による食害等があるので内部をしっかりと点検しなければなりません。
DSC04376
<現状点検後>

今回は土台の一部に腐食があったので交換・補強となりました。土台は家の大事な構造部材なので腐食した状態で放置してはいけません。
DSC04387
<土台交換後>

窓は通常、既存の物を使用しますが、浴槽の向きにより位置が変わる事があります。
窓は通常は浴槽の長手方向の壁面にある事が多いのですが、今回はその壁面には筋交い(すじかい:耐震用の補強木材)が入っているのでその方向への窓の新設は出来ず、そのままの方向への設置となりました。

今回のユニットバスはこの面にシャワーやミラーが付くので既存サッシの半分サイズに交換しなければなりませんでした。
DSC04388
<サッシ交換後>

給水・給湯、排水工事が完了したら同時に電気配線、ダクト工事を行います。床面補強でコンクリートの打設を行い、いよいよユニットバス本体の組み立てとなります。
before
DSC075171
施工前の
タイル張りの壁も床も・・・
狭かった浴槽も・・・
不自由だった設備も・・・・・・

こんな感じに生まれ変わります!
allowdown
after
DSC04464

商品はサザナHDシリーズ(TOTO)を採用しました。

今までの浴室より大きくガラッと変わりました。バリアフリーになり段差も解消です。
新たにシャワーも増えて、蛇口廻りの使い勝手も大きく向上しました。
給湯設備も浴槽隣接型から屋外設置型になったので、浴槽もその分広くなり安全性も高まりました。

主な商品特徴は・・・
①ほっカラリ床:入った瞬間から心地よく、冬場もヒヤッとせずに快適。翌朝にはカラリと乾きます。
②エアインクリックシャワー:シャワーに空気を混ぜて浴び心地を変えずに約48%の節水。
③魔法びん浴槽:断熱構造の浴槽で4時間後の温度低下を2.5℃以内に抑えます。

今回の工事を行う前に施主様とショールームに行って実際に商品に触れてきました。
浴室内の広さ、材質、色、機能などと、あれこれカタログで迷うより、実際に「見て・聞いて・触って」が一番わかりやすかったでした。

完成後、施主様にも非常に喜んで頂けたので良かったです。


工事部:根来
工事場所:市川市東菅野

→市川市の外壁施工事例

千葉市中央区誉田町 ユニットバス交換工事!

こんにちは! 杢谷です。

今回は、シロアリの発生で脱衣室の床が傷み、解体、補修のついでにユニットバスに交換。

シロアリ防除工事の報告です。

before
在来工法 浴室

施工前

在来工法の浴室は、タイル張りの浴室が多いですね。

冬場は、タイルが冷たくなっているので、寒暖差の影響で、脳溢血など事故の多い箇所になります。

グレードにもよりますが、冷たくなりにくい浴室床が付けられるユニットバスが人気です。

allow
after
浴室解体

浴室解体

タイルを剥がし、コンパネを解体します。

before
シロアリの被害

浴室土台(脱衣室土台)

シロアリの食害跡です。

シロアリは、水分の有る所に居つくので、(アリが水分を含んで、乾いた木に水を吐き出し柔らかくして食べる為)浴室廻り、キッチン廻りに居ついてしまいます。



allow
after
お風呂のシロアリ防除工事

シロアリ工事

土壌から、木部土台、バラ板、柱には、穴を開け薬剤を注入!

食害のある木を切断し取り除き、補修します。

切断した木を割って見ると・・・・・やっぱり、い・ま・し・た!

写真を載せられないくらい・・・・・・・。

完成写真

toto サザナ 1616サイズ

設置完了

TOTO サザナ 1616サイズの設置完了です。

足延入浴と、ホッカラリ床(冷たく感じにくい)、魔法瓶浴槽、冷暖房乾燥機付き換気扇を御選択されました。


ユニットバスの窓枠

既存の窓 窓も潰す事無く、オプションの窓枠を設置しました。


ユニットバス交換の他に、給湯器交換、廊下のフローリング、脱衣室の床交換、洗面台交換の工事も行っています。

すべて終了しましたら、またアップします。

TOTO サザナシリーズ 人気ありますよ!浴室のサイズアップには、サザナシリーズがお勧めです。

お考えの方、ご相談に乗りますので、問い合わせ待ってます!

市川市若宮の現場にて水道料金が・・・

突然ですが、急に水道料金が先月比50%増、何て事があるのご存知ですか?

築20年以上のお宅は、水道料金のチェックを!!

地中に埋まっている水道管のほとんどが鉄管なので、20年以上 土中に埋まっていると

錆びますし、特に継手部分から漏水が起こります。

CIMG8527

あまりに水道料金がかかりすぎていると、水道局の検針時に教えてくれます。

また、特殊な機械を用いて、漏水箇所をある程度の特定もしてくれます。

その後の工事は、お任せください!!

中には、かなり深いところに水道管が通っていることもあるので、公共機関を活用するのも一手だと思います。

CIMG8528

気づいた点がありましたら、ご相談してください!

杢谷でした。

現場:市川市若宮にて


外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス