船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
今回ブログにアップさせて頂く瓦は陶器瓦になりますが、建物が高台に位置し、吹き抜けの内装になっているので、屋根の蓄熱により室内が暑いとのご依頼を受けました。

現状のままだと何も変化がないので、塗料に添加するだけで遮断熱の効果が得られる添加剤を配合して塗装することになりました。
まず、陶器瓦には普通の屋根材は塗装できないので、陶器瓦専用の屋根材を選定します。
今回塗装したのは、オリエンタル塗料工業株式会社のトウキマイルドを選びました。こちらに添加材を配合して施工していきたいと思います。
 
最近の屋根材で多く普及されているのが、カラーベスト(平板スレート)になります。
カラーベストは10年くらいになると塗装が必要になります。
そのほかに瓦が多くありますが、種類によって塗装が必要の瓦もあれば、必要のない瓦もあります。

塗装推奨の瓦は、モニエル瓦・プレスセメント瓦・セメント瓦が代表的になりますが、陶器瓦・釉薬瓦・素焼き瓦などは、基本的には塗装が必要のない瓦となっています。ですが、状況によっては塗装が必要なケースもあるのが今回の様な案件になります。
 
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
<建物全景>

高台に位置するので、夏場は暑いことが予想されます。足場を設置するので、外壁塗装工事も合わせて行っていきます。
 
f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
<屋根施工前写真>

高圧洗浄後になります。
銀黒調の陶器瓦です。

陶器瓦の高圧洗浄は、通常のスレート瓦より水圧を下げて施工しないと雨漏りの可能性があるので注意です。
 
DSC_3288
<屋根使用塗料>

オリエンタル塗料工業(株)
トウキマイルド(弱溶剤二液型シリコン樹脂塗料)
 
DSC_3289
<遮断熱添加剤>

RAKコート
RAKコートは一般の塗料に添加して攪拌するだけで、遮熱・断熱効果を付加することができる遮熱塗料化のための添加剤です。
 
DSC_3290
<遮断熱添加剤>

様々な塗料に配合することが出来るので、コスト的にも抑えられ効果を発揮できます。
 
67b05eafa1ec1d9ffd23171d68d3c8d4
<施工中写真>

トウキマイルドは2回塗装の為、下塗りが不要です。(主剤2工程)既存の瓦の汚れ・苔などは確実に取り除かないといけません。

今回塗装した色は、シルバーブラックという色なので、既存の色合いとあまり変化がみられませんが綺麗に仕上がりました。
 
751f5b2b65129853d6ceeafbd1193206
<外壁施工前写真>

外壁も塗装を行なっていきます。
高圧洗浄・開口部ビニール養生を行い、作業に入ります。
 
f611d93c2cb088600cbc27d2f5d1b3b1
<外壁施工中写真>

シーリング処理を行っていきます。
既存がALCボードなので、全体的に増し打ちを行っていきます。
外壁の一部にツタが這っていたので、焼却除去していきます。
 
dc62ce3fe5f0e89cda3d66aaa697fb8c
<外壁施工中写真>

外壁の下塗りを行っていきます。
全体に万遍なく塗布していきます。
 
53e7a14add325fac061b82b7480164da
<外壁施工中写真>

下塗り終了後、中塗り及び上塗りを行います。
お客様のご要望により、3分艶で施行しました。附帯部の塗装も合わせて3分艶にしています。

使用した塗料はアステックペイント:超低汚染リファイン1000MF-IRで施行しました。
20e660dc00a4a624b36b8ab7dbe33980
<ベランダデッキ施工前写真>

ベランダのデッキも傷んでいたので、塗装を行なっていきます。
良く使うスペースなので、屋根同様に遮断熱添加剤を配合して塗装していきます。
7eb584d8acbea06f750cbf62d51b6bab
<デッキ施工中写真>

RAKコートを添加して塗装しました。
色は、附帯部と合わせて塗装したので統一感のある仕上がりになりました。
 
before
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
allow
after
340d67176285d3cabd8497d2d2324e5a
施工完了です。
グレーを基調にしたシックな仕上がりになりました。

屋根の遮断熱効果がこれからどのように発揮するのか楽しみです。
陶器瓦の塗装も可能なので、色を替えてみたい等ありましたらご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

船橋支店:井辺 功太
 
今回の案件は、ホームページにお問合せを頂いた葛飾区西新小岩の外壁・屋根塗装のご報告です。
サイディングボードの外壁とコロニアルの屋根瓦のお家で、周りにビルなどの高い建物が無く、日当たり良好のお家でした。

前回の外装工事より、高品質・高耐久の塗料のご相談を受け、迷わずアステックペイント リファインMF-IR無機ハイブリッドコートJY-IRをお勧めしました。

日当たりが良い立地条件だと、紫外線も強く浴びます。
塗料の劣化の主な原因は、紫外線でもあるので強い塗料で、遮熱機能のある塗料をお勧めしました。
そして、ベランダの痛みも激しかったので、防水工事も通気緩衝工法(ベランダ面積が大きい為)を施工いたしました。

before
P1100817-2
全体的に外壁が劣化し、外壁色が飛び、外壁目地もひび割れ、剥離、脱落した状態でした。
allow
after
P1120993-1
アステックペイント 
リファイン1000 MF-IR(スレートグレー)
無機ハイブリッドコートJY-IR(アイボリーブラック)で
施工いたしました。
 
目地シーリング打替え1
目地シーリング切り取り

目地のシーリングをカッターなどで、切り取ります。
目地シーリング打替え2
目地シーリング打ち

使用するシーリングは変性シリコンノンブリードタイプ。
塗装に適した材料です。
外壁下地処理(シーラー)
外壁塗装(下塗)

下地調整(シーラー)塗装です。浸透性のエポ系シーラーを使用しました。サイディングボードに浸透して、色の違いがはっきりと見られます。傷みが激しいですね。
 
外壁塗装(中塗り)
外壁塗装(中塗)

軒天の塗装後、下塗、中塗、上塗と工程を進めていきます。
外壁塗装(中塗り2)
外壁塗装 (上塗)

上塗りを完了後、塗装前に張ったビニール養生を剥がし、雨戸、樋等の附帯物を塗装して完了です。
 
外壁塗装 仕上がり
外壁塗装 完了

附帯物の樋、雨戸、出窓などの天場もしっかり塗装し、外壁塗装は、完了です。
屋根塗装 1
屋根塗装前の確認

高圧洗浄後、瓦のずれや、欠落箇所、屋根板金の釘の浮きなど、チェックし、補修をします。
屋根塗装 2
瓦のずれ補修など

瓦のずれを修正、コンクリートボンドにて、接着しました。(本来は、釘打ちで止まっていますが、釘が打てないので、ボンド付けです。また、ひび割れ、欠落は、パテ等で補修します。)
 
屋根塗装 3
縁切り部材設置

屋根の補修を行った後は、縁切り部材を施工します。タスペーサーという縁切り部材を瓦の間に挿入し、瓦が塗料によって接着しないようにします。
雨漏り防止になります。
 
屋根塗装 4
屋根塗装(下塗)

屋根塗装も3回塗りで仕上げます。
プライマー、中塗、上塗です。
基本、ローラーで仕上げていきます。
屋根塗装 5
屋根塗装(中塗)

光沢のある良い仕上がりです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは、20年以上経過しても、光沢保持率80%以上を誇る超耐候塗料です。
ちなみにフッ素樹脂の耐候年数は15年くらいです。
 
屋根塗装 6
屋根塗装(上塗)

アステックペイント
無機ハイブリッドコートJY-IR
色:アイボリーブラック

無機とは・・炭素を含まない化合物で、ガラスなどの様に紫外線により分解されない結合をもつものです。
 
今回のベランダ防水は、面積が広い事と、既存床面がモルタルであった為に、通気緩衝工法をお勧めしました。
ウレタン防水(密着工法)ですと、面積が広いと、剥離、膨れの可能性が大きくなるからです。
外壁、屋根塗装だけでなく、防水の関しても最適の工法、材料をお勧めしています。
 
防水 施工前
ベランダ防水・施工前確認

ベランダ床面が荒れて、ドレイン廻り(排水口回り)にも不安がありました。
周りがきれいになると、やはり気になってしまいますよね。
 
通気シート張り
通気シート張り

通気シートを施工し、床面から上がってくる蒸気を、このシートで抜け道を作る工法です。
もちろん、蒸気を抜く為に脱気筒を取り付けるのですが、密着工法ですと抜け道が無い為、膨れてしまいます。
 
通気緩衝工法 中塗
通気緩衝工法 中塗

通気シートの上にウレタン防水を施していきます。
通気緩衝工法 2
通気緩衝工法

ウレタン防水を2回施工した後、仕上げのトップ防水を施工し完成です。
脱気筒施工
脱気筒取付

先程ご説明した脱気筒です。
上がってきた蒸気を煙突のように外に逃がす事で、膨れたウレタン樹脂の破れを防ぎます。
 
ドレン廻り
ドレン廻り

ドレン廻りもシーリングとウレタン樹脂を流し防水完了です。
ドレンも新しいものに交換しました。
P1120989-1
外壁・屋根・ベランダ防水と外装リフォームのトップ3の施工でしたが、家屋のリフォームに関しては、先ず、外回りをしっかり固めてから、内装のリフォームをお考え下さい。
順序が逆になると、万が一雨漏りなどが起こってしまうと内装が台無しになってしまいます。そのような例をいくつも見てきていますので、お建て替えまでに、必ず一度は行うリフォームだと思いますので、お役立ていただければ幸いです。

また、リフォームをお考えの方々。良いアドバイスできますので、気軽にお声をお掛け下さい。
 
目隠しフェンス設置と勝手口ドアをカバー工法にて交換工事をおこないましたのでご紹介します。

施主様は過去に色々な工事をお任せ頂いているOB客様です。
今回は「隣家との視線が気になる」「勝手口の調子が悪い」と言う事でお声がけして頂きました。
DSC_3470
施工前(1)
隣地との境界ブロックですが高さが低い為、視線を遮れません。木の手入れも大変そうです。
 
DSC_1085
施工前(2)
勝手口のドア正面が隣家のリビングなのでこれも視線が気になる理由の一つです。
築年数が経過している為、隙間風も入ってきます。
建物の歪みもあるので調整では対応できません。
 
じっくりとヒアリング・打ち合わせをして、視線を遮る為のフェンスの設置、足元が土と飛び石なので、今後つまづかないようにするために土間コンクリートの打設。さらにドアの建付けも悪く古くなったのでドアを丸ごと交換することになりました。
 
DSC_3951
施工中(1)
伐根。
根こそぎ伐採です。
但し、配管などが絡んでいる所はギリギリでカットとなります。
 
DSC_3982
施工中(2)
柱建・根巻き。
柱を垂直に設置して、コンクリートでガチガチに固めます。
高さがあるので柱も太くなります。
 
DSC_3996
施工中(3)
土の埋め戻し・型枠設置。
コンクリートを打設する為の枠を設置します。
その後、砕石・メッシュ・コンクリートの順番で施工します。
 
before
DSC_3470
視線を気にしながら歩いていた通路。
 
allow
after
DSC_4213
モシャモシャあった木もなくなり隣家との視線もシャットアウト。
足元もコンクリートを打設したのでつまづく心配もありません。
 
before
DSC_1085
古くなった勝手口ドア
allow
after
DSC_1110
カバー工法により通風ドアへとガラッとリニューアルできました。
 


ちなみに今回は勝手口ドアでしたがもちろん玄関ドアも同様の工事が可能です。

カバー工法とは既存のドア枠に新しいドアを被せて施工する工法です。
クロスなどを張り替えする事が無いので費用と工事日数の短縮がはかれます。

ちょこっと過去に担当させて頂いた別のお客様の玄関ドアのカバー工法施工事例も紹介します・・・
 
before
DSC_2728
allow
after
DSC_2704
before
DSC05135-1
allow
after
DSC05445-1

どの現場も綺麗に仕上がりました。
実際どの工事も現調に伺って「ここもこうした方が良いのでは?」と思ったことはしっかりとお伝えしてご提案させて頂いております。
その結果、弊社に相談して良かったと満足して頂けることにつながっています。
今後もプロの視線でしっかりと現況の把握と適切な打開策をお伝えしていきます。

船橋支店:根来孝至
 
施工完了写真
OB客様からブロック塀の作り直し工事のご依頼を頂きました。(左は施工後の写真)

ブロック塀の上に鉄製フェンスが施されており、潮風と経年劣化でフェンスの付け根の腐食が進み、また、地震により、ブロック塀に傾きが生じたままの状態でした。
 
今回は鉄筋による補強と、鉄製フェンスの撤去、アルミフェンスの交換とブロック塀の部分積直しの施工となりました。
 
鉄製フェンス撤去
<鉄製フェンス撤去後>

腐食したフェンスを撤去し、ブロックに埋まっていた支柱をグラインダーでカットしました。
 
ブロック1段撤去、鉄筋補強
<ブロック撤去>

ブロックを1段撤去し縦に鉄筋を埋め込み倒壊防止の茶目に補強します。
 
縦、横 鉄筋補強
<縦、横 鉄筋補強>

ブロックを1段積替え後、縦、横に鉄筋を補強材としてブロックに埋め込みます。
 
割れたブロックを全撤去
<割れたブロックを全撤去>

地震により、割れたままのブロックを全撤去しました。横に鉄筋補強がされていた為、倒壊せずに済んでいたようです。補強は大事ですね。
 
ブロック積直し
<ブロック積直し>

ブロックを横鉄筋の補強を入れながら、きれいに積み直していきます。
 
フェンス支柱建て
<フェンス支柱建て>

ブロックを全周積み直した後、新規アルミフェンスの支柱を立てていきます。
 
支柱建て
<支柱建て>

積み上げたブロックにホールソーで穴をあけ、フェンスをモルタルで固定していきます。また、高さが平行になるように糸を張り、水平定規で傾きも調整します。
 
支柱建て2
<支柱建て2>

支柱が傾かず、平衡を保つ様に施工していきます。職人の腕の見せ所ですね。
 
モルタル左官
<ブロック上面モルタル左官>

フェンス支柱が固定された後、ブロック上部をモルタル左官できれいに均します。
 
完了写真1
<完了写真1>

フェンス本体を設置して、施工完了です。
 
完了写真2
<完了写真2>

割れたブロック箇所のブロック積み替えもきれいに終わりました。
 
完了写真3
<施工写真3>

フェンス高さも均一に仕上がりました。
 
施工完了写真
<施工完了写真>

ブロック塀を1段撤去、積み替え、新規アルミフェンス(YKKAPシンプレオフェンス:プラチナステン)を施工しました。
 


 
今回はOB客様のご依頼による施工でしたが、外構工事単体での施工、お見積もりも承っておりますので、お気軽に声を掛けてみて下さい。

その他、キッチン、浴室、トイレなどの水廻りから、畳替え、障子の張替まで対応可能です。

ここで一つアドバイスさせて頂くなら、これからの季節、雪のシーズンに入ります。
思わぬ雨漏りで内装リフォームが台無しになったというお話をよく耳にします。

お家のリフォームは、外部(外壁、屋根)を先に行い、内装へとお考え下さい。
せっかくのリフォームが台無しになってしまいますからね。

失敗しない様、外をきっちり固めて・・・というお考えをお持ちくだされば・・・と思います。
 
店舗の内部塗装工事の御依頼がありましたのでご紹介します。

場所は眠らない街・新宿区歌舞伎町。
通常は営業エリア外ではありますがOB客様からの御依頼でしたので遠征させていただきました。

店舗改修工事の場合は施工時間等の制限がありますのでそのあたりもふまえての現地調査となります。
 
DSC_3685
施工前(1)
クロを基調としたシックなイメージです。
色がまだらになっていますね。
 
DSC_3034
施工前(2)
背もたれの部分が擦れて剥がれています。
DSC_3028
施工前(3)
きっと最初は一色だったはずです・・・
打ち合わせの結果、弊社はクロス工事の取り扱いもありますが今回は塗装部分のみの 工事となりました。
24時間営業している店舗でしたので作業日は店をクローズしての工事となります。
当然ながら作業日数をかければ店舗の収益に響きます。
弊社に与えられた施工可能日数は3日間。 作業イメージを膨らませ、段取りミスの無いように注意します。
 
DSC_3694
ケレン作業(1)
古畳をあげてケレン作業を開始します。旧塗膜がベロンベロン剥がれていきます。
 
DSC_3690
ケレン作業(1)
木部枠も塗装するので薬品・ペーパーをあてて下地処理を行います。
 
DSC_3711
ケレン作業(3)
職人・辻本がひたすら擦ります。
DSC_3709
木部枠塗装(1)
着色を行い、ウレタンクリヤーを塗布します。
今回は室内塗装ですので臭いの少ない水性塗料を使用します。
 
DSC_3700
木部枠塗装(2)
職人・井口がドア枠も同様に仕上げていきます。

木部枠を仕上げたら背もたれなどの腰壁等の塗装作業に移ります。
基本は鉄でしたので上記で行ったケレン後、サビ止めを塗布します。
ここもやはり水性の塗料を使用します。
 
DSC_3725
サビ止め(1)
仕上げの色が深いこげ茶なのでサビ止めは赤を使用します。
 
DSC_3728
サビ止め(2)
職人・前田がローラーを転がします。
 
DSC_3718
サビ止め(3)
DSC_3721
サビ止め(4)
ちなみに木枠は仕上がっているので艶なども復活しています。
DSC_3763
仕上がり(1)
今回の仕上げ塗料はエスケー化研/水性コンポウレタンを使用しました。
 
DSC_3764
仕上がり(2)
※下のメラニンパネルは塗装しておりません。
before
DSC_3049
擦れていた背もたれや、汚れが目立った木部・・・
 
allow
after
DSC_3758
復活しました。
before
DSC_3678
剥がれや・色褪せもあった内壁・・・
allow
after
DSC_3749
ALCの壁はサビ止めではなく水性ミラクシーラーエコを下塗りし使用して仕上げました。

適材適所ですね。なんてカッコイイんでしょう。
 
before
DSC_3031
ちょうどテーブルの角がぶつかって擦れてしまっていた所。
折角綺麗になってもまた同じことが起こるので・・・
 
allow
after
DSC_3755
金物を取り付けて解消しました。
このブラウン色の金物がアクセントになってさらにカッコよさが増しました。
 
今回クロス・畳工事は他社様の施工となった為、最終の完成後をお届け出来ないのが残念ですが、弊社に任せて頂いた施工範囲は今回もキッチリと仕上げてお引渡しさせていただきました。

ちなみに色は私に一任と言う事でしたので、既存のイメージを崩さずに個人的に好きなクロに近いこげ茶を選び、仕上がりが光過ぎないように3分艶にして落ち着いたイメージにしました。

後日、店舗の従業員の方が非常に喜んでいただいていると連絡もいただいております。
工事日数も当初の予定通りの3日間で何とか納めることが出来たので良かったです。

船橋支店:根来孝至
 

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ