船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
今回は屋根葺き替え工事(カバー工法)ヒランビーを施工しました。
築15年を過ぎると屋根のご心配をされる方が多くなり、築年数から、屋根の葺き替えを進めております。
ガルバリウム鋼板の瓦なので、軽い素材ですので、ご安心して頂けます。
before
施工前
施工前

コロニアルの瓦で経年劣化でのクラックが数カ所見られました。
紫外線により、瓦の変色、退色も見られます。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板(ヒランビー)で施工。
GLカラー(遮熱タイプ)の金属瓦なので、夏の日差しも安心です。
 

施工開始 〜 施工後

ルーフィング
棟板金撤去・ルーフィング

既存の棟板金を撤去し、ルーフィングを施工します。
 
ルーフィング・谷板金
ルーフィング・谷板金

ルーフィングを全面に施工後、谷板金を施します。
 
ヒランビー施工
ヒランビー施工

軒先スターターを全周に施工し、屋根下段から棟へと段々に重ねて施工していきます。
 
ヒランビー施工2
ヒランビー施工 2

下段から金属がわらを引っ掛けて、ビス止めしていきます。
 
雪止め金具
雪止め金具

金属瓦なので、降雪の際、積雪が滑り落ちやすくなるので、屋根廻り全周に取り付けることが必須になります。
 
ヒランビー施工3
ヒランビー施工 完了

棟板金を取り付けて完了です。
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)は瓦を重ねる工法なので、雨漏りの心配がなくなるリフォームです。
築浅のお家でしたら屋根の塗装で十分カバーできますが、15年を過ぎてのリフォームには、お勧めの施工方法です。

コロニアルはもともと割れやすく、何より屋根はお家の中で一番紫外線を受ける箇所になります。
屋根劣化の主な原因は紫外線なので、築15年を超えたらカバー工法をオススメします。

また、赤外線による熱伝導も、遮熱タイプの屋根瓦を使用すれば問題解決です!
コロニアルの屋根に遮熱タイプの屋根葺き替えをお考え下さい!

担当:杢谷
  
FRP防水 完了
今回の案件は、ベランダから雨漏りが発生し、緊急のお問合せを頂いたベランダ補修FRP防水工事です。

FRP防水はプラスチックの防水層なので、劣化が少なく長持ちする防水なのですが、防水層が割れてしまうと漏水してしまいます。
クラックの主な原因は、防水層でなく、下地に原因があることが多いです。
 
今回の案件は下地(根太)の間隔が45cmで幅が広く、防水層がたわんでしまいクラックが生じていました。
 
家の造りから屋根のあった箇所をベランダに作り替えた際、下地の垂木の間隔を屋根垂木の間隔のまま、ベランダ下地として用いた為、たわみが発生したことが推測されました。
下地より作り直すのがベストでしたが、かなりの費用が掛かり、施工途中で雨になると更なる漏水が考えられる為、コンパネを重ね貼りし、たわみの軽減とFRP2PLY防水を施しました。
 

施工開始

施工前
施工前

もともと屋根だった箇所を、バルコニーに作り替えてありましたが、下地の垂木の間隔が屋根用の間隔だった為、歩行の際に床がたわんでしまい、クラックが生じていました。
 
FRP防水層のクラック
FRP防水層のクラック

下地の根太垂木に沿って、数本のクラックが生じていました。
 
防水テープ
クラック補修

クラックが生じた箇所を、防水テープで借り補修してありました。
 
防水テープ 2
クラック補修 2

他のクラック箇所もクリアのコーキングで部分補修しました。
 
コンパネ補強(重ね張り)
コンパネ重ね張り

コンパネ(12ミリ)を重ね貼りすることで、床のたわみを軽減しました。
 
床 補強
床 補強

コンパネを隙間なく床に敷き詰め、反りが無いようにビスで固定していきます。
 
床 補強 2
床 補強 2

元々、屋根だった箇所にベランダを造作してあるので、複雑な造りになっている箇所も、ベニヤを敷き詰めます。
 
床 補強完了
床 補強完了

ベランダ床に12ミリベニヤを敷き詰め、根太の間隔広さを軽減し、たわみをなくしました。
 
ガラスマット敷
ガラスマット敷

プライマーを施し、ガラスマットを敷き、エポキシ樹脂で防水層を形成します。
 
ガラスマット敷 2
ガラスマット敷 2

ガラスマットを敷き、エポキシ樹脂で防水層を形成する工程を2回行います。
これが、2PLYという施工法です。
 
FRP防水 2PLY完了
FRP防水 2PLY完了

エポキシ樹脂が乾くと透明なプラスチック層になります。
ガラスの繊維が補強材となりプラスチックを形成する防水が、FRP(繊維強化プラスチック)です。
 
トップ防水
トップ防水

FRPが乾燥したら、トップ防水を掛けます。
只、トップ防水のみには、ほとんど防水効果がありませんので、注意して下さい。
 
トップ防水 2
トップ防水 2

立上りもトップ防水を掛け、塗り残しの内容に仕上げます。
 
FRP防水 完了
トップ防水 完了

FRP防水完了です。
 
before
施工前
施工前

元々、屋根だった箇所をベランダに作り替えたバルコニー。
下地(根太)の間隔を変更していない為、床がたわみ、FRP層にクラックが生じ、雨漏りが発生していました。
 
allow
after
FRP防水 完了
施工後

FRP防水(2PLY)完了。
コンパネを重ね貼りすることで、床のたわみも軽減し、 漏水なく、ベランダで過ごせるようになりました。
 

施工前 〜 施工後

リフォームは、表だけの物ではありません。
せっかく高価な費用をかけてリフォームをするなら、適切でない箇所も併せて直してこそだと思います。
リフォームをお考えの際は、色々良いアドバイスできる弊社に、是非お声掛けをしてください!

担当:杢谷
 
841d00253adcb159fa9a4c9a129f1ef3
建物の三面の前に障害がない為、日当たりも良好な好立地な建物ですが、紫外線などにより外壁屋根の劣化も早く、施主様も気にされていました。

逆に裏面は植栽等も多い為、藻などの汚れが付きやすい条件下になりますので、今回は人気のラジカル制御塗料で塗装していきます。

破風板などの木部は、浸透性の木部保護塗料で前回塗装されていました。
このような浸透性の木部保護塗料はウッドデッキ等の塗り替えに対し、5年以内であれば手を加える事が出来るのでメンテナンス性能は良いのですが、足場を設置するくらいの大がかりな塗装となると、コスト的にも安易に施工が出来ないため造膜系の塗装が最適と思います。
ですので、今回は下塗りを入れてシリコン塗料で仕上げていきます。
 

施工開始

e98bb4a24bc0f64d15470fe3e54804a8
<施工前>

足場が組みあがった段階で一度全体の点検を行います。
今回は塗装前に軒天・戸袋が一部傷んでいたので、大工工事を行なっていきます。
 
76519c28e5fbffa8fceb7f8ae47fd188
<施工中>

傷んでいる箇所の軒天を剥がし、下地を組み直してから新規張替を行っていきます。
 
75898d6abd98e686f0415b98bbc01d6b
<施工中>

既存がべニアなので、同様に仕上げていきます。モルタル壁の場合、外壁材の呑み込みがあるので、壁際をシーリング処理していきます。
 
d32273a557679cab7f84f8bf484f6b9b
<施工中>

戸袋ハネ補修。
 
1de71da048099566c23e8b388c7484cd
<施工中>

木部及び鉄部はケレン後、下塗りを行っていきます。
 
f046dc3355a86b458c4ed6f12aec3007
<施工中>

附帯部下塗り、軒天塗装を終えてから外壁の下塗りを行ていきます。
 
bc3e318b4155a7ef6cd66efe76c4d1b4
<施工中>

外壁下塗り終了後、中塗り・上塗りを行います。
完了後、木部の塗装も仕上げていきます。
施主様より、あまり暗い色は好ましくないとの事だったので、こげ茶ではなく赤茶で塗装しました。
 
90d481b868a155808cdf7333d25b9fe0
<屋根施工前>

続いて屋根の塗装に入っていきます。
13年前に屋根材を張り替えているようですが、藻・サビ等により劣化しています。
 
517f70a0dfe727c5d8886c71c0620acc
<施工中>

足場が組みあがった段階で、棟板金の釘の打ち込・固定を行っていきます。

釘がきかないようなら棟板金を下地から交換しないといけないですが、木材に釘が効いている状態なので、打ち込みで大丈夫です。
 
c590f2299d177ff17fedf4e77137125b
<施工中>

屋根の下塗り・タスペーサーを取り付けていきます。
棟板金は錆等が発生していた為、錆止め塗装を入れました。
 
d86232f60be6b05cc02cb84879e79e6e
<施工後>

下塗り完了後、中塗り・上塗りを塗布し塗装完了です。
屋根材も割れているところもなく、塗装により長期維持が出来ると思います。
 

施工前 〜 施工後

before
013cb297681b02dc2c142c61632de571-1
allow
after
ccf5f8f75c43fe9cc1fe5b4380e98436
外壁の色は既存の色合いが気に入っているとの事で、近い色を選んで塗装しました。

商材は下記の通りです。
 外壁:アステックペイント→超低汚染リファイン1000SI-IR
 屋根:アステックペイント→スーパーシャネツサーモSI

2月の施工ということで、気温も低く雪などにも見舞われましたが、施主様にご満足いく形で引き渡すことが出来ました。

現在、様々な特徴のある高耐久塗料を多数扱っていますので、塗装をお考えの方は是非御連絡下さい。迅速に対応致します。


船橋支店:井辺 功太
 
da998317494707c6179005b442c25d6d
築年数18年になる建物です。経年劣化が進みシーリング材・外壁の色褪せ等が大きく目立ちます。
屋根は、板金のサビ・苔等が発生していて、緊急性のある傷みが生じています。

塗り替えを考えるにあたり、どこに頼んで良いかわからないとの事で、以前に施工させて頂いたお客様のご紹介という形で今回塗装させて頂くことになりました。

今回を使用した塗料はラジカル塗料です。ラジカル塗料って、聞き覚えが無いかもしれないので簡単に説明します。

外壁用塗料のグレードでは、フッ素>ラジカル>シリコン>ウレタンの順に分かれています。
ラジカル塗料はフッ素塗料に近いほどの高性能にもかかわらず、シリコン塗料並の低単価ということで、最近徐々に広まりつつあります。

高性能かつ低単価の「リファイン」は当社のイチオシの塗料です。
 
f9ead1e13cc7cbea1af8714faa08e2b6
<施工前>

1Fと2Fのツートンの建物になります。
今回も通常の塗り分けに合わせて塗り替えを行います。
まずは高圧洗浄を行い施工に入っていきます。
 
321522d8eafcfeea82afea9c6e6efda4
<施工中>

縦目地シーリングを撤去していき、その後プライマーを塗布していきます。
サッシ廻り・帯上も同様にプライマーを塗布します。
 
4be5c54a8bd582a929e80b0c59047f6e
<施工中>

シーリング材を充填していきます。
塗装を行いますので、ノンブリードタイプのシーリング材で仕上げていきます。
 
c10de904b3b2574b6fb59cfc96fae30c
<施工中>

シーリング乾燥後、養生を施して下塗り材を全体に塗布していきます。
今回はタイトルにある「ラジカル塗料」であるアステックペイントの超低汚染リファインを塗るので、下塗りにエピテックフィラーAEを塗っていきます。

注)外壁の状態により、シーラーまたはフィラーを選定します。
 
f01485cddee7c39c3c3f7a292ffee59c
<施工中>

外壁の中塗り・上塗りを行っていきます。
前回の色より茶系統でまとめました。
 
f611d93c2cb088600cbc27d2f5d1b3b1-1
<施工中>

外壁の上塗り完了後、養生を取り附帯部の塗装に入ります。
アルミなどを除いた塗装可能箇所は全てシリコン塗料で塗っていきます。
 
5a04350e354711f523bfb4fc46ce61e0
<屋根施工前>

続いて屋根の塗装を行います。
屋根の状況は外壁よりも劣化が激しく、汚れ等も目立ちます。
 
200bc804ad701abb59c19f9ef4597b8a
<屋根施工中>

まずは高圧洗浄を行っていきます。
クラック等はあまり見られませんでしたが、錆等の発生が出ています。
海も近いので塩害もあるかもしれません。
 
0f78adaba9b795af2c0fe91236f1bd44
<屋根施工中>

棟板金の釘が出てたりしますので、再度打ち込みボンドもしくはシーリング材で固定していきます。
屋根にクラックがある場合は、専用ボンド等で補修します。
 
013cb297681b02dc2c142c61632de571
<屋根施工中>

屋根下地処理後、下塗りを塗布していきます。
棟板金・雪止金具は、錆止め塗装を塗っていきます。
 
8831cfbf5ab1a0512026c7f8a45c54b5
<屋根施工中>

屋根下塗り完了後、中塗り・上塗りを行っていきます。
今回は、アステックペイントのスーパーシャネツサーモSiで塗装しました。
 

施工完了

before
da998317494707c6179005b442c25d6d-1
allow
after
288d2f6c096ac49098f2dcd7f7f1b2f5
本案件ですが既存の外壁はグレー系統でしたが、今回は茶系統でまとめました。

施工中も寒い時期でしたが、職人への心遣い等施主様には大変お世話になりました。
色合い・仕上がりも満足頂き良かったです。

外壁塗装をお考えの際には、一つの選択肢としてラジカル塗料を考慮してみてはいかがでしょうか。

もちろんお見積もりは無料でご案内いたしますので、その際はぜひお気軽にお声がけ下さい。


船橋支店:井辺功太
 
完了写真
今回の案件は長年雨漏りで悩まれておられる方で、他社さんで数年単位で補修工事をされておられるお客様より、ネットからご依頼を頂きました。

築年数は30年を過ぎたお宅で、1Fサッシ廻りよりの雨漏りに加え、2Fの寝室天井に雨染みができ始めた所でご相談がありました。

施工中の他社さんは信用できないという事で、弊社にての施工を選択して頂きました。
 

施工開始

棟板金撤去
棟板金撤去

まず棟板金を撤去し屋根をフラットな状態にします。
 
ルーフィング敷き
ルーフィング敷き1

フラットな状態の屋根にルーフィング(アスファルトルーフィング)を敷きます。(防水の為です)
 
ルーフィング2
ルーフィング敷き2

下から上(軒先から棟)へルーフィングを重ねて貼っていきます。
ルーフィングを止めるのにコンプレッサーで釘止めします。(コロニアルを貫通して止め、釘がルーフィングを突き破らないように、薄板を下敷きに打ち込み固定します。)
 
本谷取付
本谷取付

ルーフィングを張り終えると、本谷、捨て谷を取り付け、雨水の通り道を作ります。
 
スターター取付
スターター取付

役物を取り付けた後に、軒先廻りにスターターを取り付けていきます。
雨樋にうまく雨水が流れるように水切り付きの専用部材を取り付けます。
 
金属瓦葺き
金属瓦葺き

軒先スターターに引っ掛けるように棟に向かい金属瓦を葺いていきます。
途中、雪止め金具を取り付けます。
 
棟取付
棟取付

棟まで金属瓦を葺き終り後、棟を造作します。
 
施工完了1
施工完了1

棟板金を取り付け、カバー工法 完了です。
 
施工完了2
施工完了2

本谷の仕上がり写真です。
 
下屋根 雨仕舞
下屋根 雨仕舞

下屋根や外壁に面した箇所は、雨押さえの金物を取り付けます。
壁との取り合いをコーキングで処理します。
 
下屋根処理
雨押え完了

下屋根の完了写真です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
施工前

コロニアル葺きのオーソドックスな屋根です。
経年劣化で傷みはありましたが、瓦の割れや脱落などはありませんでした。
棟板金にはかなりの浮きが見られました。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板の金属瓦を、カバー工法にて仕上げました。軽量な金属がわらなので耐震性能が高まりました。

<使用材料>ニチハ:横暖ルーフS 屋根全周 雪止め
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)完了です。
今回は築30年超えのお宅で、カバー工法をお勧めしました。

和瓦タイプでしたら、天井に点検口を開け、水の後追いをし、漏水個所を特定・補修または葺き替えになります。
コロニアルタイプですと、30年以上経過した瓦は他の場所も傷みが激しいので、常に補修が必要になる恐れがあります。
葺き替えの場合は、コロニアルにはアスベストが混入しており、既存コロニアルの撤去に莫大な費用がかかる為、カバー工法をお勧めしました。

耐震性の高い軽量な金属瓦と重ね葺きになるので雨漏りの心配も少なく、何度も補修を繰り返すことも少なく、ベストな工法と思います。

既存の屋根に瓦を葺かれておられ、耐震にご不安のある方、既築年数の高い屋根にご不安を持たれている方々には、金属瓦葺きをお勧めします。

担当:杢谷
 

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ