船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
今回の案件は、14戸口アパートのベランダに漏水が見られ、ベランダ土間がぶかぶかになっている状態のものでした。 たまたま、空き部屋が出来た為、その部屋を拠点に4部屋分のベランダ床補修と、再防水を行いました。 原因は、洗濯機排水口からの漏水とベランダ笠木からの漏水でした。腰壁を撤去し壁内の間柱の交換と、交換できない部分は添え木による補修とサイディング交換を行い、ベランダ床は13mmベニヤ張りFRP防水を施工しました。

大工工事

IMG_3368-1
笠木端部のコーキング切れ
端部に漏水防止のコーキングが無く、隙間が空きっぱなしの状態でした。 貸部屋なので、気付くのが遅くなり、大掛かりな工事になってしまいました。
笠木解体
笠木解体1
笠木中央部の間柱が辛うじて形を成していました。

IMG_3576
笠木解体2
腰壁の中に柱は一部を残して腐食により、崩れ落ちていました。

ベランダ土間
ベランダ土間
ベランダ土間は、コンパネの上にゴムシート防水がされていましたが、端部のシーリングが切れていた為と、排水廻りから水の侵入により、一部コンパネがぶかぶかしていました。

IMG_3582-1
排水溝廻り
ゴムシートを捲ると子よな状態でした。底が抜ける前に気が付けてよかったと思えるくらいの痛みです。

排水溝
排水溝
溝のゴムシートを捲りました。コンパネが波打つほどぐちゃぐちゃの状態です。

間柱取付
腰壁間柱
交換部屋の場所にもよりますが、写真の通り間柱全交換になりました。

コンパネ張り
ベランダ土間
腐食部を撤去補修後、13mmベニヤを上張しました。

防水紙
防水紙張り
交換した間柱に防水紙張りし、漏水に対応します。

サイデイング張り1
サイディング張り1
新規サイディング張りをし、腰壁の工事は終了です。

笠木端部コーキング
端部コーキング
もちろん笠木の端部、サイディング目地のコーキングもしっかりと行います。

FRP防水

サイディング張り2
ベランダ土間FRP防水
腰壁が終了し、土間の防水工事に移ります。

プライマー
プライマー塗布
コンパネに次の工程のガラスマット敷、エポキシ樹脂塗布の為の下地造りをします。

エポキシ樹脂
下地調整
排水溝にもエポキシ樹脂で、プラスチック層を形成します。プラスチックなので、ゴムシートの様に端部に隙間はできません。但し、割れる事が最大の脅威です。

エポキシ樹脂2
ガラスマット+エポキシ樹脂
エポキシ樹脂によりプラスチック防水層を形成します。 FRPは繊維強化プラスチックの略です。

FRPトップ
トップコーティング
仕上げのトップコートを塗布します。

FRP防水完了
FRP防水完了
ベランダ補修工事完了です。

今回の案件は、賃貸アパートの補修時期の難しさがわかるご報告になったと思います。お住まいになられていれば、気付ける箇所も、空き部屋にならない限り、管理会社さんもお部屋に伺うことは無いので、傷みの発見が遅れてしまいます。 そうならない為にも、補修はやれる時にしっかりとやっておきましょう。かといって、費用は抑えたいですよね! そんな時は、弊社にお任せください。アフターフォローまでばっちり対応させて頂きます! アパート、マンションのオーナー様方々。ご相談お待ちしております。

アパートの大規模修繕施工事例はこちらをご覧ください。

船橋支店:杢谷 昌孝

今回は、前回塗装工事をご依頼頂いた方からの案件です。10年ほど前に外壁と屋根の塗装を行いましたが、屋根のアンテナが傾いているということで御連絡頂きました。日当たりも良い為、ついでに屋根の点検も行ってほしいとの事でしたので現調致しました。前回の塗装の耐久年数が8~10年ほどの塗料でしたので足場を組むのでしたら合わせて行うことになりました。外壁塗装は状態が良かったので行ないませんが、破風板と軒天は傷みが生じていたので一緒に塗装致します。屋根は、アステックペイント:スーパーシャネツサーモSIで塗装、破風板はシリコン塗装、軒天はカチオン系塗料にて塗装しました。その他、防水工事・アンテナ調整工事を行ったのでアップしていきます。

屋根塗装工事・アンテナ調整工事

cce1b8a84ec26323838e1c005777675b
施工前

※全体的に色あせが生じています。目立ったひび割れ等はございませんが、軒先には藻などが発生していました。
2e8fc5b5c5031534053defaf49269a1d
施工前

※屋根のアンテナが傾いています。BSアンテナは必要ないとの事なので、撤去します。支柱は調整して立て直します。
98d4f61c9a5690c82b280d9dda3c7907
施工中

※屋根の下塗りです。今回、上塗りが弱溶剤塗料なので、下塗りの選定に、スズカファイン:ベスコロフィラーHGを使用しました。(前回水性塗料の場合に最適)
92f13b4a54fecfd53ef79ba47379731c
施工中

※下塗り完了後、タスペーサーを挿入していきます。工法はダブル工法で行っています。
fd1f19a4b1d06831a192b3c3906e5446
施工後

※中塗り・上塗りを塗装し完了です。前回はブラウン系の色でしたが、今回はグリーン系の色にイメージチェンジしました。
1530277061936-1
施工後

※アンテナの状態が悪かったため、新規に立て直しました。10年以上経つと強度的にも弱くなるので点検が必要です。

破風板・軒天塗装工事

14d06498d73bc74ea2e584b5fe88f9e5
施工前

※破風板の塗装に剥がれ等の傷みが生じています。日当たりの良い箇所なので、南面や西面は特に傷みが早いです。
340dba709e2b76ffd2f1f25d160d7bef
施工中

※既存塗膜をケレン作業にて処理していきます。浮いている状態の塗膜がある場合は、早い段階で剥がれますので、研磨作業は肝心です。
be94ea2031a9f967fe06ab7e2775d2e4
施工後

※下塗り塗布後、シリコン塗装を施して完了です。注:素地は木材なので、傷んでいた部分の色の感じは傷んでいない部分と異なります。
f6092bf5ae49afc7db9c97ce6277c45e
施工後
241880fcdb6799316e0d69f106a4a94d
施工中

※軒天の取り合いを養生して、カチオン系塗装を行っていきます。
0ee1f330abe1df7aa062ed7c95146883
施工後

※全体的に2回塗装して完了です。

防水工事

5a978323e542afc933e5bb4626d018be
施工前

※防水塗膜に膨れが生じています。前回、密着工法で行っている為、今回は、通気緩衝工法で施工致します。
86dd9a5e43a73c6afa16d0dec5dc1bc7
施工中

※既存の塗膜を、研磨にて処理していきます。膨れ部の下地処理を行い、防水処理を行っていきます。
c63159d3e3bf553f288ff603243d2967
施工中

※通気シートを全体に張っていき、ドレン周りの処理をしていきます。ドレンは、経年の劣化がおきていたので改修用ドレンを設置しました。
615d200234be4195a778667c07e2f63a
施工中

※ウレタン防水層を流していきます。防水層塗り重ねていき、塗膜を確保していきます。
3c5cdb1db49a9648e167224c6fb5a4dc
施工中

※ウレタン防水塗布後、トップコートを塗布します。
1564a88090af3aa0a3ca8a39e64025a5
施工後

※乾燥後、室外機を下して施工完了です。通気緩衝工法の場合は、中央部分にある脱気筒が設置されます。湿気を逃がす役割なので基本的に高い位置に取り付けます。
962cf90c1e4d1b735359b197ba2bc23d
施工完了

※ガレージのアクリル板を洗浄し、取り付けて完了です。室内のドア調整なども行い、悩める箇所は改善できたと思います。次回は外壁塗装も再塗装が必要になるので、その時は又、宜しくお願い致します。

船橋支店:井辺 功太
今回の案件は、ベランダ床の水捌けの改善とベランダ軒の雨染みを気になされ、お見積依頼を頂いたお客様でした。

既存のベランダ防水はゴムシート防水をされておりましたが、集水口廻りからの漏水が見られ、ベランダ軒の雨染みの様子から、軒を開口するまでも無く内部の桁・胴縁まで腐食が進んでいることが容易に想像できるほどでした。

ベランダ軒の開口、桁、胴縁、コンパネ張りにより、ベランダ床の水捌けの改善工事のご報告とベランダ工事と併せて、外壁フッ素塗装、屋根無機塗装となりました。
 

ベランダ工事

ベランダ施工前
<開口前>

集水口下に漏水跡。ここまでの漏水跡は、空けるのが怖くなるくらいの物でした。白蟻がいないか心配です。
 
ベランダ開口後
<開口後>

案の定、桁の一部、胴縁、梁の一部の腐食と、床下地のコンパネが腐食していました。
 
木部補修1
<桁、梁、コンパネ補修>

腐食部をきれいに削り取り、接ぎ木して補修しました。

桁、梁等の主要木部は、垂木を抱かせ、金物補強で補修しました。
 
木部補修2
<桁、梁、コンパネ補修2>

梁は、変色が見られましたが、深刻なほどの痛みではなかったので、金物もしっかりと固定できました。
 
防蟻剤散布
<防蟻剤散布>

蟻道、白蟻は見受けられませんでしたが、防蟻剤を散布して、ベランダ軒を閉じました。
 

ベランダ床調整、FRP2PLY防水

ベランダ施工前
<ベランダ床施工前>

ベランダ床の半分くらいまで、水溜まりの跡が見受けられます。雨の後、水たまりが残り、いつまでも水が引かないことを悩んでおられました。
 
ベランダ傾斜付け
<ベランダ床 傾斜付け>

既存の床に垂木(前傾斜に高さ調整)を施工。コンパネを上張します。
また、手前には、水の流れを改善の為、側溝を作りました。
 
コンパネ張り完了
<コンパネ敷完了>

コンパネを敷き終わり、継ぎ目をパテ処理、入隅を割れ防止のクッション材取付をし、FRP防水プライマーを塗布します。
 
FRP防水1
<ガラス繊維マット敷>

コンパネの上にガラス繊維マットを2層重ね敷します。
 
エポキシ樹脂
<エポキシ樹脂>

ガラスマット(2PLY)の上から、エポキシ樹脂を流し込みます。
乾燥すれば、ガラス繊維強化プラスチック(G-FRP)防水の完了です。
 
before
ベランダ施工前
<ベランダ防水施工前>

ベランダの水捌けの問題は、かなり多くご相談を受けています。

大工職人と、防水職人の技術の差が出てくるところだと思います。
弊社は、自信を持ってお受けいたします。
 
allow
after
FRP防水完了
<FRP防水完了>

FRPトップ防水を施して、防水工事終了です。
劇的に水捌けが改善され、施主様に大変喜んでいただけました。
 

外壁・屋根 施工前→施工後

before
施工前

allow
after
施工後

外壁目地コーキングの打替え (変性シリコンNB)
外壁:アステック リファイン1000MF-IR (無機配合 遮熱フッ素塗料 色:クールホワイト)
屋根:アステック 無機ハイブリッドコートJY-IR (遮熱無機塗料 色:アイボリーブラック)
 
ベランダ軒の雨染みは意外に気付かない方が多いので、一度注意深くご覧になってみて下さい。
ひどい場合には白蟻の発生や梁の腐食等でベランダを撤去、再築する工事を何度も行っております。

今回のようなベランダの水捌けの改善のご相談も多数ございますので、気になっておられる方は弊社までお気軽にご相談ください。
 
担当:杢谷
 
ベランダ廻りからの漏水があり、改修工事を行いましたのでアップします。
「雨の強い日や、風向きによって1階の窓から雨が漏ってくる」という状況です。
まずは状況の把握が大切です。現調の際に簡易的ですが雨漏れ対策の準備も一応していきます。
DSC_3866
施工前

ベランダの天端に板金、鉄手摺があり
さらに瓦が絡む納まりになっています。
ぱっと見て怪しい所があちらこちらにあります。
DSC_3862
施工前

瓦と板金が重なる部分です。板金が中に立ち上がっていますが継目重なり部分の雨仕舞が悪いのと鉄手摺の根元が腐食。水が廻っている証拠です。


現調後、状況を施主様に報告。
手摺廻りの修繕とベランダの床もブカブカしていたのでベニヤ板を張って強化してから防水の再施工をする事になりました。

今回は防水⇒手摺廻りの順番で作業をすすめていきます。
DSC_4657
防水下地造作

既存の下地を調整します。
床の角に付いている面木の撤去や胴縁の取り付けを先行で行います。
DSC_4717
防水下地造作

防水下地として床・立上りにベニヤを張っていきます。
床を剥がして張り替える方法もありますが
今回は重ね張りにて施工としました。
1521709197917
防水工事

床・立上りはFRP防水で施工します。FRP防水はベニヤ下地との相性が抜群です。
1521709213691
防水工事

トップコートでバシっと仕上げます。
1521709238659
防水工事

ベランダの沓石についてはFRP防水は出来ないのでウレタン防水で施工。
防水工事も使い分けが大切です。
防水工事が終わったら手摺廻りの修繕となります。
DSC_4839-1
瓦の撤去、板金、鉄手摺の撤去後です。
水が廻った痕跡がありましたが予想よりは良い状態です。
1517650127703
新たに取り付ける板金の下地を造作します。
DSC_5012-2
板金の取付です。
施工前は瓦の手前までの取付になっていましたが今回は全体をカバーします。
DSC_5129
板金の上にアルミの手摺を取り付けて完了。
サビでボロボロになることもありません。


ベランダと同じで鉄製だった面格子も交換しました。
DSC_4848
サビてボロボロです。
DSC_5005-1
撤去して、掃除。
DSC_5015
アルミ製の縦格子の取付、完了。
before
DSC_3860
allow
after
DSC_5069
今回の雨漏れとは関係なかったですが歪んでいた隅棟瓦の積み直しも行いました。
手摺の色は下の雨戸の色と合わせたいとの事でしたのでシロになりました。
あれから何度も激しい雨や雪が降っていますがバッチリ施工したので心配ありません。

担当:船橋支店 根来孝至
建物の経年劣化は、立地条件で大きく左右されます。工場地帯の近くにある建物は排気ガスによる影響がありますし、森や林に囲まれた建物は苔や藻の発生が多く見られます。外壁塗装はそんな悩みを解消するために、立地条件に応じた様々な塗装の種類があり、役割も変わってきます。今回の建物は、周りに畑などが多くある為、風が吹き荒れると砂埃による影響がみられるので、汚れが付きにくい塗装(アステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IR)で施工致しました。
72bbfbc7958bf21ab5245115e1d42d6d
施工前写真

※北面・東面は日が当たることがほとんどない為、苔や藻が多く発生しています。南面は日当たりが良いので、色褪せが見られます。砂埃がたちやすい環境なので、状況を見ながら施工していきます。
836d3b3a19063a5fd5486cea6a6a6e13
施工中:薬剤散布
※まずは足場設置後、高圧洗浄前に薬剤(スペースショット)を散布していきます。軽度の汚れ状況なら、高圧洗浄で解消されますが、汚れが多くみられる場合は、薬剤を散布することで、より汚れを落とすことが可能になります。
302d1eb858a105b16f636abfa12d90fc
施工中:薬剤散布
※外壁全体に万遍なく薬剤散布していきます。薬剤散布後、1日おいて高圧洗浄を行います。
e3c37837bbb5233827169e89d1af5f2f
施工中:シーリング処理
※高圧洗浄終了後、シーリング処理を行っていきます。今回の外壁はALCボードにリシンを吹き付けている外壁なので、窯業系サイディングのように、切り取りは行わず、増し打ちを行います。
e54b7e1dc25d23e8da88320a18212c95
施工中:シーリング処理
※今回は、外壁の形状により増し打ちを行っていますが、ALCボードでも打替えを行わないといけない事も当然ありますので、現調時に確認が必要です。
9c951bde5fe4922cbe3e685b9a9bb215
施工中:下塗り
※非塗装部・土間の養生が完了しましたら、外壁の下塗りに入っていきます。これもまた、外壁の形状により本来必要な内容量よりも多く使うことがありますので注意点です。1回目の塗装でリシンの外壁材だと通常の最大2倍くらい使うことがありますので、現調時に確認が必要になります。
c5091aed1e44b02ad39688b3648b322b
施工中:下塗り
※全体的に下塗りを塗布していき、主剤の中塗りに入っていきます。
667bdf14e63bf654468bd25491406374
施工中:中塗り・上塗り
※外壁の中塗り・上塗りを行っていきます。溝が深い為、長毛のローラーで仕上げていきます。
bd9ef67432d7b58868eda146c0dd5043
施工中:上塗り
※外壁塗装完了です。養生は圧迫感があるため、早く取れればと思っていましたが、天気も良好だったため、早々に取れて良かったです。外壁終了後、附帯部の塗装を仕上げていきます。
958c069d3888e6dbc264fd1a6130d5e9
屋根施工前
※全体的にみると、そこまでの傷みはありませんが、屋根の場合は、見えないクラック等がある場合が多いので、確認してから施工していきます。
070c124c28ed49be620198f9cede9c83
屋根施工中:屋根補修
※高圧洗浄後、クラック等がありましたので、専用ボンド等で補修していきます。又、屋根の棟板金の釘が出てきている場合がほとんどなので、再度打ち込み、ボンド・シーリング等で固定します。

e4068cebe7bc7a35f99e24bad80c80a2
屋根施工中:下塗り
※補修後、下塗りを行っていきます。中塗り前に、ローラーが入らない部分を、ハケで奥まで塗りこんでいきます。
97b62dca6286f32c24ed04ec7abdfb8c
屋根施工中:下塗り
※下屋根も同様の作業を行っていきます。
d223abfba7deb686554158ea9f56505b
屋根施工完了
※下塗り後、中塗り・上塗りを行い施工完了です。今回は屋根が思っていた以上に傷みが激しく屋根材が反りあがっていた為、タスペーサーの挿入が出来なかったので下屋根のみ取付けを行いました。
0075993dedcabfa6b1e22ef6c5df42e1
屋根施工完了
※商材は、アステックペイント:スーパーシャネツサーモSIで塗装致しました。
before
dc77ec3f3157b3c4ca46f0551da0bf5b
工事前
allow
after
74f7088e18fa207de6d8b6484c41a32b
工事後
今回は、施主様の意向により、色の塗り分け範囲を少し変えて、正面の部分のみ濃い茶色系の塗装を行ないました。附帯部の色は、サッシに合わせた色を使い、3分艶で仕上げています。正面玄関の色がアクセントになり、綺麗に仕上がりました。汚れが気になる方は、超低汚染リファインが適していると塗料なので、一度ご相談ください。立地にあった塗装プランを提案できればと思っていますので宜しくお願い致します。

船橋支店:井辺 功太

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ