船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
ベランダ廻りからの漏水があり、改修工事を行いましたのでアップします。
「雨の強い日や、風向きによって1階の窓から雨が漏ってくる」という状況です。
まずは状況の把握が大切です。現調の際に簡易的ですが雨漏れ対策の準備も一応していきます。
DSC_3866
施工前

ベランダの天端に板金、鉄手摺があり
さらに瓦が絡む納まりになっています。
ぱっと見て怪しい所があちらこちらにあります。
DSC_3862
施工前

瓦と板金が重なる部分です。板金が中に立ち上がっていますが継目重なり部分の雨仕舞が悪いのと鉄手摺の根元が腐食。水が廻っている証拠です。


現調後、状況を施主様に報告。
手摺廻りの修繕とベランダの床もブカブカしていたのでベニヤ板を張って強化してから防水の再施工をする事になりました。

今回は防水⇒手摺廻りの順番で作業をすすめていきます。
DSC_4657
防水下地造作

既存の下地を調整します。
床の角に付いている面木の撤去や胴縁の取り付けを先行で行います。
DSC_4717
防水下地造作

防水下地として床・立上りにベニヤを張っていきます。
床を剥がして張り替える方法もありますが
今回は重ね張りにて施工としました。
1521709197917
防水工事

床・立上りはFRP防水で施工します。FRP防水はベニヤ下地との相性が抜群です。
1521709213691
防水工事

トップコートでバシっと仕上げます。
1521709238659
防水工事

ベランダの沓石についてはFRP防水は出来ないのでウレタン防水で施工。
防水工事も使い分けが大切です。
防水工事が終わったら手摺廻りの修繕となります。
DSC_4839-1
瓦の撤去、板金、鉄手摺の撤去後です。
水が廻った痕跡がありましたが予想よりは良い状態です。
1517650127703
新たに取り付ける板金の下地を造作します。
DSC_5012-2
板金の取付です。
施工前は瓦の手前までの取付になっていましたが今回は全体をカバーします。
DSC_5129
板金の上にアルミの手摺を取り付けて完了。
サビでボロボロになることもありません。


ベランダと同じで鉄製だった面格子も交換しました。
DSC_4848
サビてボロボロです。
DSC_5005-1
撤去して、掃除。
DSC_5015
アルミ製の縦格子の取付、完了。
before
DSC_3860
allow
after
DSC_5069
今回の雨漏れとは関係なかったですが歪んでいた隅棟瓦の積み直しも行いました。
手摺の色は下の雨戸の色と合わせたいとの事でしたのでシロになりました。
あれから何度も激しい雨や雪が降っていますがバッチリ施工したので心配ありません。

担当:船橋支店 根来孝至
建物の経年劣化は、立地条件で大きく左右されます。工場地帯の近くにある建物は排気ガスによる影響がありますし、森や林に囲まれた建物は苔や藻の発生が多く見られます。外壁塗装はそんな悩みを解消するために、立地条件に応じた様々な塗装の種類があり、役割も変わってきます。今回の建物は、周りに畑などが多くある為、風が吹き荒れると砂埃による影響がみられるので、汚れが付きにくい塗装(アステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IR)で施工致しました。
72bbfbc7958bf21ab5245115e1d42d6d
施工前写真

※北面・東面は日が当たることがほとんどない為、苔や藻が多く発生しています。南面は日当たりが良いので、色褪せが見られます。砂埃がたちやすい環境なので、状況を見ながら施工していきます。
836d3b3a19063a5fd5486cea6a6a6e13
施工中:薬剤散布
※まずは足場設置後、高圧洗浄前に薬剤(スペースショット)を散布していきます。軽度の汚れ状況なら、高圧洗浄で解消されますが、汚れが多くみられる場合は、薬剤を散布することで、より汚れを落とすことが可能になります。
302d1eb858a105b16f636abfa12d90fc
施工中:薬剤散布
※外壁全体に万遍なく薬剤散布していきます。薬剤散布後、1日おいて高圧洗浄を行います。
e3c37837bbb5233827169e89d1af5f2f
施工中:シーリング処理
※高圧洗浄終了後、シーリング処理を行っていきます。今回の外壁はALCボードにリシンを吹き付けている外壁なので、窯業系サイディングのように、切り取りは行わず、増し打ちを行います。
e54b7e1dc25d23e8da88320a18212c95
施工中:シーリング処理
※今回は、外壁の形状により増し打ちを行っていますが、ALCボードでも打替えを行わないといけない事も当然ありますので、現調時に確認が必要です。
9c951bde5fe4922cbe3e685b9a9bb215
施工中:下塗り
※非塗装部・土間の養生が完了しましたら、外壁の下塗りに入っていきます。これもまた、外壁の形状により本来必要な内容量よりも多く使うことがありますので注意点です。1回目の塗装でリシンの外壁材だと通常の最大2倍くらい使うことがありますので、現調時に確認が必要になります。
c5091aed1e44b02ad39688b3648b322b
施工中:下塗り
※全体的に下塗りを塗布していき、主剤の中塗りに入っていきます。
667bdf14e63bf654468bd25491406374
施工中:中塗り・上塗り
※外壁の中塗り・上塗りを行っていきます。溝が深い為、長毛のローラーで仕上げていきます。
bd9ef67432d7b58868eda146c0dd5043
施工中:上塗り
※外壁塗装完了です。養生は圧迫感があるため、早く取れればと思っていましたが、天気も良好だったため、早々に取れて良かったです。外壁終了後、附帯部の塗装を仕上げていきます。
958c069d3888e6dbc264fd1a6130d5e9
屋根施工前
※全体的にみると、そこまでの傷みはありませんが、屋根の場合は、見えないクラック等がある場合が多いので、確認してから施工していきます。
070c124c28ed49be620198f9cede9c83
屋根施工中:屋根補修
※高圧洗浄後、クラック等がありましたので、専用ボンド等で補修していきます。又、屋根の棟板金の釘が出てきている場合がほとんどなので、再度打ち込み、ボンド・シーリング等で固定します。

e4068cebe7bc7a35f99e24bad80c80a2
屋根施工中:下塗り
※補修後、下塗りを行っていきます。中塗り前に、ローラーが入らない部分を、ハケで奥まで塗りこんでいきます。
97b62dca6286f32c24ed04ec7abdfb8c
屋根施工中:下塗り
※下屋根も同様の作業を行っていきます。
d223abfba7deb686554158ea9f56505b
屋根施工完了
※下塗り後、中塗り・上塗りを行い施工完了です。今回は屋根が思っていた以上に傷みが激しく屋根材が反りあがっていた為、タスペーサーの挿入が出来なかったので下屋根のみ取付けを行いました。
0075993dedcabfa6b1e22ef6c5df42e1
屋根施工完了
※商材は、アステックペイント:スーパーシャネツサーモSIで塗装致しました。
before
dc77ec3f3157b3c4ca46f0551da0bf5b
工事前
allow
after
74f7088e18fa207de6d8b6484c41a32b
工事後
今回は、施主様の意向により、色の塗り分け範囲を少し変えて、正面の部分のみ濃い茶色系の塗装を行ないました。附帯部の色は、サッシに合わせた色を使い、3分艶で仕上げています。正面玄関の色がアクセントになり、綺麗に仕上がりました。汚れが気になる方は、超低汚染リファインが適していると塗料なので、一度ご相談ください。立地にあった塗装プランを提案できればと思っていますので宜しくお願い致します。

船橋支店:井辺 功太
今回のご依頼頂いたのはベランダ防水工事でした。
既存の防水もFRP防水でしたが、トップコートが細かくひび割れが生じ、剥がれてしまっている状態でした。

費用を抑えるのであれば、トップコートを上塗りすることで施工完了にもできるのですが、現状のガタガタの表面の上に塗装するだけですので、現状のひび割れやデコボコが残る汚い色付けだけの仕上がりが予想できるので、一旦既存の床面をキレイにしてからのFRPを1PLY(ワンプライ)施す防水工事をお勧めしました。
 
FRP防水はガラス繊維でできたマットをポリエステル樹脂で固めて防水層にする防水工法です。このマットの積層枚数を○PLY(プライ)とあらわします。1PLYというのはこのマットを1枚で防水層とするという意味。2PLYは1枚樹脂で固めたらその上にもう1枚やる、つまりマット2枚積層するということです。因みに3PLY以上は対費用効果の面から無駄ということでありません。間違ってほしくないのは、1PLY=手抜きではないということです。各メーカーでも1PLYの仕様は出ています。詳しく書くと、ガラスマットにも2種類があります。いわゆるサンパチマット(#380)とヨンゴーマット(#450)です。簡単に言いますとガラス繊維の密度の違いで、380より450の方が、密度が高いマットです。2PLY工法には#380マットを2枚積層するのですが、1PLYの場合には#450のマットを1枚張る仕様で出ています。ただですね、僕もFRP防水をやっていますが、1PLYではやりません。防水工事というのは責任施工ですので、新築では10年保証しなくてはいけません。メーカーで仕様として出している以上、きちんと試験をして大丈夫だとは思うのですが、試験場と実際の現場では少し違うと思うからです。その辺は経験測で危ない橋は渡りたくないというところでしょうか。。因みにFRP防水ではRC下地の380マット2PLYのみJASS8(建築工事標準仕様書)の標準仕様に採用されています。

施工中写真

施工前 1
<施工前>
FRP防水のトップが、ひび割れています。爪でひっかくとポロポロ剥がれてくる状態でした。
施工前2
<施工前>
防水的には問題ないので、このままトップコートを重ね塗りで仕上げることは可能ですが、仕上がりは、ひび割れ跡がくっきりと残ってしまいます。また、ささくれ立っている箇所は、密着していないので、数年で剥離してきます。
ケレン 1
<ケレン>
グラインダーを使い、カップワイヤーでケレンします。
剥がせる所はすべて剥がし、密着度を高めます。
 
ケレン 2
<ケレン>
浮き箇所等ケレン後清掃します。
 
カチオン塗布 1
<カチオン塗布>
ケレン終了後、残ったトップコートが剥離しないようにカチオンで固める処理方法で、施工しました。
 
カチオン塗布 2
<カチオン塗布>
モルタル樹脂なので、左官仕上げしたように平らに仕上げていきます。
 
カチオン塗布 3
<カチオン塗布>
室外機の下にも塗布しこの後施工するガラスマットとエポキシ樹脂の密着度を高める作業です。
 
ガラスマット敷 1
<ガラスマット敷>
床全面にガラスマットを敷きます。
このガラスマットが1層だと1PLYと言い、2層重ねると2PLYと言います。
新築時は、2PLYで施工してあるのが一般的です。
 
ガラスマット敷 2
<ガラスマット敷>
室外機の下にも馬を使い持ち上げてから、ガラスマットを敷き込みます。
 
エポキシ樹脂塗布 1
<エポキシ樹脂塗布>
ガラスマットの上にエポキシ樹脂を塗布していきます。
このエポキシ樹脂が固まりプラスチックの防水層を形成します。
 
エポキシ樹脂塗布 2
<エポキシ樹脂塗布>
エポキシ樹脂を塗布後、ガラスマットにバルーンが残るので、プラスチックローラーで、空気を抜きながら密着させていきます。
空気抜き用(押さえ用)ローラー
<空気抜き用(押さえ用)ローラー>
FRP防水は、エポキシ樹脂を固めて防水層を作りますが、樹脂だけだと容易に剥離してしまいます。
そこで、ガラス繊維を強化繊維として、密着度と強度を強めたプラスチック防水です。
 
トップコート 1
<トップコート>
エポキシ塗布時の赤褐色の床面は、エポキシ樹脂が乾燥し、グリーン掛かった透明色になりました。
この床面にトップコートを塗布していきます。
 
トップコート 2
<トップコート>
一般的にトップ(コート)防水と言われる防水工事がこの工程です。
実際、トップコートには防水の機能はありません。
お考えの方はご注意ください!
 

施工完了

before
施工前 1
allow
after
施工後
以上で、FRPの1PLY防水工事は終了です。

ケレン→1PLYまたは2PLYの防水施工をしない「トップ防水」だけでは、防水効果が高くないという事はおわかり頂けたと思いますが、決してダメな方法という訳ではありません。
防水をメインということであれば、少なくとも1PLY防水をお勧めします。

FRPが割れていないけど表面の汚れがひどいからという理由で、色付けをするための「トップ防水」をしようという場合は安価でできますので、その際はご相談下さい。

担当者:杢谷 昌孝

f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
今回ブログにアップさせて頂く瓦は陶器瓦になりますが、建物が高台に位置し、吹き抜けの内装になっているので、屋根の蓄熱により室内が暑いとのご依頼を受けました。

現状のままだと何も変化がないので、塗料に添加するだけで遮断熱の効果が得られる添加剤を配合して塗装することになりました。
まず、陶器瓦には普通の屋根材は塗装できないので、陶器瓦専用の屋根材を選定します。
今回塗装したのは、オリエンタル塗料工業株式会社のトウキマイルドを選びました。こちらに添加材を配合して施工していきたいと思います。
 
最近の屋根材で多く普及されているのが、カラーベスト(平板スレート)になります。
カラーベストは10年くらいになると塗装が必要になります。
そのほかに瓦が多くありますが、種類によって塗装が必要の瓦もあれば、必要のない瓦もあります。

塗装推奨の瓦は、モニエル瓦・プレスセメント瓦・セメント瓦が代表的になりますが、陶器瓦・釉薬瓦・素焼き瓦などは、基本的には塗装が必要のない瓦となっています。ですが、状況によっては塗装が必要なケースもあるのが今回の様な案件になります。
 
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
<建物全景>

高台に位置するので、夏場は暑いことが予想されます。足場を設置するので、外壁塗装工事も合わせて行っていきます。
 
f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
<屋根施工前写真>

高圧洗浄後になります。
銀黒調の陶器瓦です。

陶器瓦の高圧洗浄は、通常のスレート瓦より水圧を下げて施工しないと雨漏りの可能性があるので注意です。
 
DSC_3288
<屋根使用塗料>

オリエンタル塗料工業(株)
トウキマイルド(弱溶剤二液型シリコン樹脂塗料)
 
DSC_3289
<遮断熱添加剤>

RAKコート
RAKコートは一般の塗料に添加して攪拌するだけで、遮熱・断熱効果を付加することができる遮熱塗料化のための添加剤です。
 
DSC_3290
<遮断熱添加剤>

様々な塗料に配合することが出来るので、コスト的にも抑えられ効果を発揮できます。
 
67b05eafa1ec1d9ffd23171d68d3c8d4
<施工中写真>

トウキマイルドは2回塗装の為、下塗りが不要です。(主剤2工程)既存の瓦の汚れ・苔などは確実に取り除かないといけません。

今回塗装した色は、シルバーブラックという色なので、既存の色合いとあまり変化がみられませんが綺麗に仕上がりました。
 
751f5b2b65129853d6ceeafbd1193206
<外壁施工前写真>

外壁も塗装を行なっていきます。
高圧洗浄・開口部ビニール養生を行い、作業に入ります。
 
f611d93c2cb088600cbc27d2f5d1b3b1
<外壁施工中写真>

シーリング処理を行っていきます。
既存がALCボードなので、全体的に増し打ちを行っていきます。
外壁の一部にツタが這っていたので、焼却除去していきます。
 
dc62ce3fe5f0e89cda3d66aaa697fb8c
<外壁施工中写真>

外壁の下塗りを行っていきます。
全体に万遍なく塗布していきます。
 
53e7a14add325fac061b82b7480164da
<外壁施工中写真>

下塗り終了後、中塗り及び上塗りを行います。
お客様のご要望により、3分艶で施行しました。附帯部の塗装も合わせて3分艶にしています。

使用した塗料はアステックペイント:超低汚染リファイン1000MF-IRで施行しました。
20e660dc00a4a624b36b8ab7dbe33980
<ベランダデッキ施工前写真>

ベランダのデッキも傷んでいたので、塗装を行なっていきます。
良く使うスペースなので、屋根同様に遮断熱添加剤を配合して塗装していきます。
7eb584d8acbea06f750cbf62d51b6bab
<デッキ施工中写真>

RAKコートを添加して塗装しました。
色は、附帯部と合わせて塗装したので統一感のある仕上がりになりました。
 
before
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
allow
after
340d67176285d3cabd8497d2d2324e5a
施工完了です。
グレーを基調にしたシックな仕上がりになりました。

屋根の遮断熱効果がこれからどのように発揮するのか楽しみです。
陶器瓦の塗装も可能なので、色を替えてみたい等ありましたらご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

船橋支店:井辺 功太
 
今回の案件は、ホームページにお問合せを頂いた葛飾区西新小岩の外壁・屋根塗装のご報告です。
サイディングボードの外壁とコロニアルの屋根瓦のお家で、周りにビルなどの高い建物が無く、日当たり良好のお家でした。

前回の外装工事より、高品質・高耐久の塗料のご相談を受け、迷わずアステックペイント リファインMF-IR無機ハイブリッドコートJY-IRをお勧めしました。

日当たりが良い立地条件だと、紫外線も強く浴びます。
塗料の劣化の主な原因は、紫外線でもあるので強い塗料で、遮熱機能のある塗料をお勧めしました。
そして、ベランダの痛みも激しかったので、防水工事も通気緩衝工法(ベランダ面積が大きい為)を施工いたしました。

before
P1100817-2
全体的に外壁が劣化し、外壁色が飛び、外壁目地もひび割れ、剥離、脱落した状態でした。
allow
after
P1120993-1
アステックペイント 
リファイン1000 MF-IR(スレートグレー)
無機ハイブリッドコートJY-IR(アイボリーブラック)で
施工いたしました。
 
目地シーリング打替え1
目地シーリング切り取り

目地のシーリングをカッターなどで、切り取ります。
目地シーリング打替え2
目地シーリング打ち

使用するシーリングは変性シリコンノンブリードタイプ。
塗装に適した材料です。
外壁下地処理(シーラー)
外壁塗装(下塗)

下地調整(シーラー)塗装です。浸透性のエポ系シーラーを使用しました。サイディングボードに浸透して、色の違いがはっきりと見られます。傷みが激しいですね。
 
外壁塗装(中塗り)
外壁塗装(中塗)

軒天の塗装後、下塗、中塗、上塗と工程を進めていきます。
外壁塗装(中塗り2)
外壁塗装 (上塗)

上塗りを完了後、塗装前に張ったビニール養生を剥がし、雨戸、樋等の附帯物を塗装して完了です。
 
外壁塗装 仕上がり
外壁塗装 完了

附帯物の樋、雨戸、出窓などの天場もしっかり塗装し、外壁塗装は、完了です。
屋根塗装 1
屋根塗装前の確認

高圧洗浄後、瓦のずれや、欠落箇所、屋根板金の釘の浮きなど、チェックし、補修をします。
屋根塗装 2
瓦のずれ補修など

瓦のずれを修正、コンクリートボンドにて、接着しました。(本来は、釘打ちで止まっていますが、釘が打てないので、ボンド付けです。また、ひび割れ、欠落は、パテ等で補修します。)
 
屋根塗装 3
縁切り部材設置

屋根の補修を行った後は、縁切り部材を施工します。タスペーサーという縁切り部材を瓦の間に挿入し、瓦が塗料によって接着しないようにします。
雨漏り防止になります。
 
屋根塗装 4
屋根塗装(下塗)

屋根塗装も3回塗りで仕上げます。
プライマー、中塗、上塗です。
基本、ローラーで仕上げていきます。
屋根塗装 5
屋根塗装(中塗)

光沢のある良い仕上がりです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは、20年以上経過しても、光沢保持率80%以上を誇る超耐候塗料です。
ちなみにフッ素樹脂の耐候年数は15年くらいです。
 
屋根塗装 6
屋根塗装(上塗)

アステックペイント
無機ハイブリッドコートJY-IR
色:アイボリーブラック

無機とは・・炭素を含まない化合物で、ガラスなどの様に紫外線により分解されない結合をもつものです。
 
今回のベランダ防水は、面積が広い事と、既存床面がモルタルであった為に、通気緩衝工法をお勧めしました。
ウレタン防水(密着工法)ですと、面積が広いと、剥離、膨れの可能性が大きくなるからです。
外壁、屋根塗装だけでなく、防水の関しても最適の工法、材料をお勧めしています。
 
防水 施工前
ベランダ防水・施工前確認

ベランダ床面が荒れて、ドレイン廻り(排水口回り)にも不安がありました。
周りがきれいになると、やはり気になってしまいますよね。
 
通気シート張り
通気シート張り

通気シートを施工し、床面から上がってくる蒸気を、このシートで抜け道を作る工法です。
もちろん、蒸気を抜く為に脱気筒を取り付けるのですが、密着工法ですと抜け道が無い為、膨れてしまいます。
 
通気緩衝工法 中塗
通気緩衝工法 中塗

通気シートの上にウレタン防水を施していきます。
通気緩衝工法 2
通気緩衝工法

ウレタン防水を2回施工した後、仕上げのトップ防水を施工し完成です。
脱気筒施工
脱気筒取付

先程ご説明した脱気筒です。
上がってきた蒸気を煙突のように外に逃がす事で、膨れたウレタン樹脂の破れを防ぎます。
 
ドレン廻り
ドレン廻り

ドレン廻りもシーリングとウレタン樹脂を流し防水完了です。
ドレンも新しいものに交換しました。
P1120989-1
外壁・屋根・ベランダ防水と外装リフォームのトップ3の施工でしたが、家屋のリフォームに関しては、先ず、外回りをしっかり固めてから、内装のリフォームをお考え下さい。
順序が逆になると、万が一雨漏りなどが起こってしまうと内装が台無しになってしまいます。そのような例をいくつも見てきていますので、お建て替えまでに、必ず一度は行うリフォームだと思いますので、お役立ていただければ幸いです。

また、リフォームをお考えの方々。良いアドバイスできますので、気軽にお声をお掛け下さい。
 

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ