船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
da998317494707c6179005b442c25d6d
築年数18年になる建物です。経年劣化が進みシーリング材・外壁の色褪せ等が大きく目立ちます。
屋根は、板金のサビ・苔等が発生していて、緊急性のある傷みが生じています。

塗り替えを考えるにあたり、どこに頼んで良いかわからないとの事で、以前に施工させて頂いたお客様のご紹介という形で今回塗装させて頂くことになりました。

今回を使用した塗料はラジカル塗料です。ラジカル塗料って、聞き覚えが無いかもしれないので簡単に説明します。

外壁用塗料のグレードでは、フッ素>ラジカル>シリコン>ウレタンの順に分かれています。
ラジカル塗料はフッ素塗料に近いほどの高性能にもかかわらず、シリコン塗料並の低単価ということで、最近徐々に広まりつつあります。

高性能かつ低単価の「リファイン」は当社のイチオシの塗料です。
 
f9ead1e13cc7cbea1af8714faa08e2b6
<施工前>

1Fと2Fのツートンの建物になります。
今回も通常の塗り分けに合わせて塗り替えを行います。
まずは高圧洗浄を行い施工に入っていきます。
 
321522d8eafcfeea82afea9c6e6efda4
<施工中>

縦目地シーリングを撤去していき、その後プライマーを塗布していきます。
サッシ廻り・帯上も同様にプライマーを塗布します。
 
4be5c54a8bd582a929e80b0c59047f6e
<施工中>

シーリング材を充填していきます。
塗装を行いますので、ノンブリードタイプのシーリング材で仕上げていきます。
 
c10de904b3b2574b6fb59cfc96fae30c
<施工中>

シーリング乾燥後、養生を施して下塗り材を全体に塗布していきます。
今回はタイトルにある「ラジカル塗料」であるアステックペイントの超低汚染リファインを塗るので、下塗りにエピテックフィラーAEを塗っていきます。

注)外壁の状態により、シーラーまたはフィラーを選定します。
 
f01485cddee7c39c3c3f7a292ffee59c
<施工中>

外壁の中塗り・上塗りを行っていきます。
前回の色より茶系統でまとめました。
 
f611d93c2cb088600cbc27d2f5d1b3b1-1
<施工中>

外壁の上塗り完了後、養生を取り附帯部の塗装に入ります。
アルミなどを除いた塗装可能箇所は全てシリコン塗料で塗っていきます。
 
5a04350e354711f523bfb4fc46ce61e0
<屋根施工前>

続いて屋根の塗装を行います。
屋根の状況は外壁よりも劣化が激しく、汚れ等も目立ちます。
 
200bc804ad701abb59c19f9ef4597b8a
<屋根施工中>

まずは高圧洗浄を行っていきます。
クラック等はあまり見られませんでしたが、錆等の発生が出ています。
海も近いので塩害もあるかもしれません。
 
0f78adaba9b795af2c0fe91236f1bd44
<屋根施工中>

棟板金の釘が出てたりしますので、再度打ち込みボンドもしくはシーリング材で固定していきます。
屋根にクラックがある場合は、専用ボンド等で補修します。
 
013cb297681b02dc2c142c61632de571
<屋根施工中>

屋根下地処理後、下塗りを塗布していきます。
棟板金・雪止金具は、錆止め塗装を塗っていきます。
 
8831cfbf5ab1a0512026c7f8a45c54b5
<屋根施工中>

屋根下塗り完了後、中塗り・上塗りを行っていきます。
今回は、アステックペイントのスーパーシャネツサーモSiで塗装しました。
 

施工完了

before
da998317494707c6179005b442c25d6d-1
allow
after
288d2f6c096ac49098f2dcd7f7f1b2f5
本案件ですが既存の外壁はグレー系統でしたが、今回は茶系統でまとめました。

施工中も寒い時期でしたが、職人への心遣い等施主様には大変お世話になりました。
色合い・仕上がりも満足頂き良かったです。

外壁塗装をお考えの際には、一つの選択肢としてラジカル塗料を考慮してみてはいかがでしょうか。

もちろんお見積もりは無料でご案内いたしますので、その際はぜひお気軽にお声がけ下さい。


船橋支店:井辺功太
 
完了写真
今回の案件は長年雨漏りで悩まれておられる方で、他社さんで数年単位で補修工事をされておられるお客様より、ネットからご依頼を頂きました。

築年数は30年を過ぎたお宅で、1Fサッシ廻りよりの雨漏りに加え、2Fの寝室天井に雨染みができ始めた所でご相談がありました。

施工中の他社さんは信用できないという事で、弊社にての施工を選択して頂きました。
 

施工開始

棟板金撤去
棟板金撤去

まず棟板金を撤去し屋根をフラットな状態にします。
 
ルーフィング敷き
ルーフィング敷き1

フラットな状態の屋根にルーフィング(アスファルトルーフィング)を敷きます。(防水の為です)
 
ルーフィング2
ルーフィング敷き2

下から上(軒先から棟)へルーフィングを重ねて貼っていきます。
ルーフィングを止めるのにコンプレッサーで釘止めします。(コロニアルを貫通して止め、釘がルーフィングを突き破らないように、薄板を下敷きに打ち込み固定します。)
 
本谷取付
本谷取付

ルーフィングを張り終えると、本谷、捨て谷を取り付け、雨水の通り道を作ります。
 
スターター取付
スターター取付

役物を取り付けた後に、軒先廻りにスターターを取り付けていきます。
雨樋にうまく雨水が流れるように水切り付きの専用部材を取り付けます。
 
金属瓦葺き
金属瓦葺き

軒先スターターに引っ掛けるように棟に向かい金属瓦を葺いていきます。
途中、雪止め金具を取り付けます。
 
棟取付
棟取付

棟まで金属瓦を葺き終り後、棟を造作します。
 
施工完了1
施工完了1

棟板金を取り付け、カバー工法 完了です。
 
施工完了2
施工完了2

本谷の仕上がり写真です。
 
下屋根 雨仕舞
下屋根 雨仕舞

下屋根や外壁に面した箇所は、雨押さえの金物を取り付けます。
壁との取り合いをコーキングで処理します。
 
下屋根処理
雨押え完了

下屋根の完了写真です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
施工前

コロニアル葺きのオーソドックスな屋根です。
経年劣化で傷みはありましたが、瓦の割れや脱落などはありませんでした。
棟板金にはかなりの浮きが見られました。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板の金属瓦を、カバー工法にて仕上げました。軽量な金属がわらなので耐震性能が高まりました。

<使用材料>ニチハ:横暖ルーフS 屋根全周 雪止め
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)完了です。
今回は築30年超えのお宅で、カバー工法をお勧めしました。

和瓦タイプでしたら、天井に点検口を開け、水の後追いをし、漏水個所を特定・補修または葺き替えになります。
コロニアルタイプですと、30年以上経過した瓦は他の場所も傷みが激しいので、常に補修が必要になる恐れがあります。
葺き替えの場合は、コロニアルにはアスベストが混入しており、既存コロニアルの撤去に莫大な費用がかかる為、カバー工法をお勧めしました。

耐震性の高い軽量な金属瓦と重ね葺きになるので雨漏りの心配も少なく、何度も補修を繰り返すことも少なく、ベストな工法と思います。

既存の屋根に瓦を葺かれておられ、耐震にご不安のある方、既築年数の高い屋根にご不安を持たれている方々には、金属瓦葺きをお勧めします。

担当:杢谷
 
施工後
今回の案件は、船橋市田喜野井でのインターネットからお問合せを頂いた御客様です。

サイディングボードの外壁、コロニアルの屋根の一般的なお家での施工でした。

カビ、苔、藻類の汚れを気にされており、アステックペイント防カビ防藻剤アステックプラスSを取材に添加しての施工をさせて頂きました。
 

コーキング廻り

目地 施工前
目地コーキング施工前

コーキングが硬化し、痩せてサイディングボードから剥離した状態でした。
 
目地コーキング打替え
目地コーキング抜き取り

カッターでコーキングW抜き取り、
養生テープを貼ります。
 
目地コーキング打替え 完了
目地コーキング打替え 施工後

コーキング材(変性シリコン)を充填し、ヘラで均し、養生テープをはがします。
 
目地コーキング施工後
目地コーキング打替え


目地コーキング施工後2
目地コーキング打替え2

抜き取り後
旧部材抜き取り後

壁4面の内、1面のコーキングを抜き取った写真です。
 

外壁塗装

下塗り1
下塗り1

白い外壁ですと、シーラーを塗布しても見難いですが、若干外壁色が濃くなるので、見分けがつきます。

噂ですが、この工程を省いてしまう塗装屋さんもいるそうなので、お気を付けください!
 
下塗り2
下塗り2

下塗りは、塗装の命と言われるほど、重要な工程です。
サイディングボードには、エポキシ系のシーラーを使用しました。
(アステックペイントエポパワーシーラーを使用)
 
下塗り前の外壁色
下塗り前の外壁色

下塗り前は、色が褪せているので、白く飛んでいます。
浸透性シーラーを塗る前の色です。
 
中塗り1
中塗り1

同系色の壁面塗装ですが、凹凸が激しいので、しっかりと塗り込みます。
液ダレが無いように仕上げるのも職人の腕が必要です。
 
中塗り2
中塗り2

元の外壁色と反対色になるので、細部までしっかりと塗り込まないと、色が透けてしまいます。
こちらも職人の腕の差が出るところです。
 
中塗り3
中塗り3

中塗り写真です。
 
外壁 施工後1
外壁 施工後1

大屋根の軒裏、破風板もしっかり塗装完了しました。
 
外壁 施工後2
外壁 施工後2

附帯部の雨樋、小庇、小庇軒、破風も指定色で塗装します。
 
外壁 施工後3
外壁 施工後3

ビニール養生を剥がし、ラインのチェック、はみだし箇所の補修、液ダレのチェックをして外壁塗装は完了です。
 

屋根修理→塗装

IMG_6256
瓦のクラック

高圧洗浄後、クラックが見えやすくなり、隠れたクラックが複数見つかりました。
 
クラックコーキング処理1
クラックコーキング処理1

クラック部分は、コーキングにて補修後に塗装します。
 
クラックコーキング処理2
ラックコーキング処理2

屋根1面に複数クラックが生じていて、4面で合計8箇所をコーキング処理しました。

今回はクラック処理で済んで良かったのですが、中には瓦が抜け落ちていることもあるんですよ!
 
棟板金釘の浮き
棟板金釘の浮き

棟板金を止めている釘が頭を出しています。
強い風や天候のせいで、板金の下にある貫板(ぬきいた)が痩せて、釘が抜けてくるんです。
 
浮き釘の打ち直し
浮き釘の打ち直し

板金廻りは、必ず浮き釘のチェックを行います。
 
屋根 下塗り
屋根 下塗り

アステックペイント HBプライマー

外壁同様、下地が命です。
しっかりと塗り込みます。
 
屋根 中塗り
屋根 中塗り

下塗りをしっかり塗り込むが故、縁切り部材(タスペーサー)が必要になります。

瓦と瓦の重なりが塗料で埋まってしまうと、染み込んだ水の出口が無くなり、雨漏りの原因となります。(瓦下部の重なり)
 
屋根 中塗り2
屋根 中塗り2

スリットに侵入した雨水の抜け道を確保するのが、縁切り部材です。

隙間が埋まったままだと、毛細管現象で水が瓦間を登って行き、雨漏りの原因になります。
 
屋根 上塗り
屋根 上塗り

2枚目の写真と比べると、艶が違うと思います。

タスペーサーを施工しているので、しっかり塗り込めます。

アステックペイント無機ハイブリッドコートJY-IR(無機遮熱塗料)
屋根色:スチールグレー
 

施工前〜施工後

before
施工前
ツートンカラーのサイディングボードのお家、
目地コーキングの割れ、欠落、北面のカビ、藻類の繁殖、屋根の退色、苔枯れによる痛み等を気にされていました。
 
allow
after
施工後
外壁:リファイン1000MF-IR、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)
色:ニンバス、ブロークンホワイト

屋根:無機ハイブリッドコートJY-IR
色:スチールグレー
 
before
屋根 施工前
枯れた苔、瓦色の退色、黒ずみが目立ち、瓦もクラックが生じていました。
 
allow
after
屋根 施工後
アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR
屋根色:スチールグレー
タスペーサー(縁切り部材):ダブル(瓦1枚に2個取付)
 
外壁・屋根塗装 完了
今回も、アステックペイント超耐候塗料での施工をさせて頂きました。
外壁耐候年数15年~20年、屋根耐候年数15年~20年です。
中でも、無機ハイブリッドコートJY-IRは、施工20年後の光沢保持80%以上の優れものです。

耐候性は、フッ素の1.5倍、シリコンの2.4倍とされています。
絶対おすすめの屋根材です。少しお高いですけど・・・。

リフォームをお考えの方々、是非、弊社にご相談をしてみて下さい。
お見積もりは無料! 様々なご要望に対し、的確なアドバイス・ご案内ができる事と思います。

担当:杢谷
 
今回の案件は当社のホームページを見てお問い合わせを頂き、アステックペイントの超低汚染リファイン1000MF-IR、無機ハイブリッドコートJY-IRを施工させて頂いた案件です。
2回目の改修工事で、前回はハウスメーカーにご依頼された方でした。
ハウスメーカーさんにない塗料のアステックペイントにご興味を持って頂き施工させて頂きました。

工事前

施工前
10年前にハウスメーカーにて施工されてました。
今回は2度目の御塗り替えです。
現状は表面にチョーキング減少が見られており、目地コーキングの痛みを気にされてました。 

外壁塗装工事

目地シーリング打替え
シーリング撤去
目地のシーリング材をカッターで切り取ります。

目地シーリング
シーリング打ち
テープ養生でラインを作り、シーリングを充填します。
今回は、オートンイクシードを使用しました。
(通常は、変性シリコンを使用します。)
外壁シーリング補修
外壁クラック補修
サイディングのコーナー部分は、特にクラックが生じ易い箇所です。
変性シリコンで、補修しました。

下地調整
下地調整
下塗りには、浸透性のエポシーラーを使用しました。 無色透明の下地材です。

ダメ込
外壁中塗り
中塗りをしながら、ローラーで塗りにくい箇所を刷毛を使い塗装していきます。ダメ込という作業です。
塗り残しを防止します。

外壁塗装仕上がり
塗装完了
上塗りをし開口部のビニール養生を剥がし、外壁塗装完了です。
附帯部の雨樋、雨戸、軒天の塗装もしっかりと行います。
今回は、外壁塗料がフッ素ですので、附帯部塗装もフッ素塗料を使用しました。

屋根塗装工事

屋根 施工前
屋根施工前
高圧洗浄後の写真です。
前回塗装の表面が所々変色しています。
中には剥離も見られましたが、今回は下地に浸透性シーラーを使用したので、前回塗装分に浸透し剥離しにくい状態になっています。

タスペーサー施工
タスペーサー施工
タスペーサー(縁切り部材)を施工。
前回塗装の際、縁切りが無く瓦が塗料で接着状態でした。
瓦の下部に水抜けの隙間をキープする為の部材です。
(雨漏り防止)

浸透性シーラー
浸透性シーラー
今回は浸透性シーラーをご希望されてましたので、施工しました。

プライマー
下地調整(プライマー)
遮熱塗料の下地調整材です。
通常の3回塗りでは、この工程が初めの施工です。

屋根 施工後
屋根施工後
浸透性シーラー+プライマー+.無機塗料(2回塗り)で4回工程の仕上げです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは遮熱機能と光沢の維持に優れた塗料です。 

工事の仕様

外壁塗装:アステックペイント リファイン1000MF-IR(遮熱フッ素塗料)(色:バーチグレー )
屋根塗装:アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR(遮熱無機塗料)(色:アイボリーブラック )
外壁目地シーリング:オートンイクシード+15(施主様のご希望で施工しました。)
附帯物塗装:雨戸、雨樋、霧除け等ターペン使用2液型フッ素塗料を使用しました。

現状の塗膜の状況、また、ご要望の材料等にお応えできる他、良いアドバイスもできますので、リフォームをお考えの方々、是非ご相談して頂ければと思います。

担当:杢谷 昌孝
今回の案件は雨漏れでお悩みのお宅の外装工事となります。
新築で建ててから間もなく雨漏れが発生。
当時、施工会社さんによって修繕が行われましたが大雨等のまとまった量が降るとやはり漏ってしまうとの事でした。
木造2階建て・窯業系サイディングで施工されています。

建物診断

DSC_5170
建物診断①

この面の1階に雨漏れが発生しています。

DSC01112
建物診断②

新築時の施工会社さんが色々手を尽くした跡がみられます。
考えられる原因であろう箇所はシーリング処理がしてあります。通常サイディング張りは上下を実(凸と凹)で納めるので水は入らないのですがここについてもシーリング処理が施されています。


状況を把握して後日、ハシゴ・ホース等を揃えて改めて伺います。雨漏れ調査の場合は中と外で二人で作業を行います。

雨漏り調査-1

DSC_6483
雨漏れ調査①サッシ下端

下から順番に水をかけていきます。
やみくもにホースでバシャバシャやると全てが台無しになります。
DSC_6481
雨漏れ調査②帯天端

慌てず時間をかけてじっくり水をかけます。
滞留する水が流れ出るのも加味しなければなりません。
DSC_6477
雨漏れ調査③サッシ枠・サイディング重ね合わせ部分

じっくりです。

上記のように順番に行います。今回は8段階に分けて調査を行っています。
多箇所からの原因も考えられるので水が出てきても、さらに時間をおいて養生等を行い再検査をします。
この辺りか?みたいな感じで勢いよく放水する業者さんがいますが全くもってお話になりません。

雨漏り調査-2

before
DSC_6472
白っぽい所が雨染みです。
allow
after
DSC_6476
マスキングテープで印をして状況を見極めます。
やがてこんな感じに濡れてきたので侵入ルートの特定ができました。

今回の調査時間は2人で準備~片付けで約4時間半でした。
調査の結果を施主様にご説明、施工方法についてもご理解を頂き工事に着手します。
雨漏れ修繕・外壁塗装・屋根塗装・ベランダFRP防水の施工となりました。

施工写真

before
DSC_5146-1
施工前
allow
after
68a663cc497de04830547ce625357929
施工後
(外壁:超低汚染リファイン1000Si-IR)

before
DSC01088-1
屋根施工前
allow
after
20180803_142727n
屋根施工後
(アステックペイント:スーパーシャネツサーモSi)

before
1534475452316
防水施工前
allow
after
1534475395617
ベランダ防水施工後
(防水:FRP防水・1PLY)


サイディングボードは雨漏れがしにくいと言うイメージがありますが
やはり施工不良や経年劣化等であちこち不具合は生じてきます。
10年を超えて来たら一度、信頼できる業者さんに建物全体を診断してもらうのが
間違いないですね。
雨漏れの場合、塗装するだけでは解消しませんので要注意です。
雨漏りに関しては弊社フリーダイヤル0120-891-801までお気軽にお問い合わせくださいませ!


船橋支店:根来孝至

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ