船橋スタッフブログ

header_main_funabashi
地域密着、外壁・屋根塗装専門だからこそ提供できる満足度の高い工事。
船橋支店スタッフが交代で日々の工事をお伝えいたします。
今回の案件は当社のホームページを見てお問い合わせを頂き、アステックペイントの超低汚染リファイン1000MF-IR、無機ハイブリッドコートJY-IRを施工させて頂いた案件です。
2回目の改修工事で、前回はハウスメーカーにご依頼された方でした。
ハウスメーカーさんにない塗料のアステックペイントにご興味を持って頂き施工させて頂きました。

工事前

施工前
10年前にハウスメーカーにて施工されてました。
今回は2度目の御塗り替えです。
現状は表面にチョーキング減少が見られており、目地コーキングの痛みを気にされてました。 

外壁塗装工事

目地シーリング打替え
シーリング撤去
目地のシーリング材をカッターで切り取ります。

目地シーリング
シーリング打ち
テープ養生でラインを作り、シーリングを充填します。
今回は、オートンイクシードを使用しました。
(通常は、変性シリコンを使用します。)
外壁シーリング補修
外壁クラック補修
サイディングのコーナー部分は、特にクラックが生じ易い箇所です。
変性シリコンで、補修しました。

下地調整
下地調整
下塗りには、浸透性のエポシーラーを使用しました。 無色透明の下地材です。

ダメ込
外壁中塗り
中塗りをしながら、ローラーで塗りにくい箇所を刷毛を使い塗装していきます。ダメ込という作業です。
塗り残しを防止します。

外壁塗装仕上がり
塗装完了
上塗りをし開口部のビニール養生を剥がし、外壁塗装完了です。
附帯部の雨樋、雨戸、軒天の塗装もしっかりと行います。
今回は、外壁塗料がフッ素ですので、附帯部塗装もフッ素塗料を使用しました。

屋根塗装工事

屋根 施工前
屋根施工前
高圧洗浄後の写真です。
前回塗装の表面が所々変色しています。
中には剥離も見られましたが、今回は下地に浸透性シーラーを使用したので、前回塗装分に浸透し剥離しにくい状態になっています。

タスペーサー施工
タスペーサー施工
タスペーサー(縁切り部材)を施工。
前回塗装の際、縁切りが無く瓦が塗料で接着状態でした。
瓦の下部に水抜けの隙間をキープする為の部材です。
(雨漏り防止)

浸透性シーラー
浸透性シーラー
今回は浸透性シーラーをご希望されてましたので、施工しました。

プライマー
下地調整(プライマー)
遮熱塗料の下地調整材です。
通常の3回塗りでは、この工程が初めの施工です。

屋根 施工後
屋根施工後
浸透性シーラー+プライマー+.無機塗料(2回塗り)で4回工程の仕上げです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは遮熱機能と光沢の維持に優れた塗料です。 

工事の仕様

外壁塗装:アステックペイント リファイン1000MF-IR(遮熱フッ素塗料)(色:バーチグレー )
屋根塗装:アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR(遮熱無機塗料)(色:アイボリーブラック )
外壁目地シーリング:オートンイクシード+15(施主様のご希望で施工しました。)
附帯物塗装:雨戸、雨樋、霧除け等ターペン使用2液型フッ素塗料を使用しました。

現状の塗膜の状況、また、ご要望の材料等にお応えできる他、良いアドバイスもできますので、リフォームをお考えの方々、是非ご相談して頂ければと思います。

担当:杢谷 昌孝
今回の案件は雨漏れでお悩みのお宅の外装工事となります。
新築で建ててから間もなく雨漏れが発生。
当時、施工会社さんによって修繕が行われましたが大雨等のまとまった量が降るとやはり漏ってしまうとの事でした。
木造2階建て・窯業系サイディングで施工されています。

建物診断

DSC_5170
建物診断①

この面の1階に雨漏れが発生しています。

DSC01112
建物診断②

新築時の施工会社さんが色々手を尽くした跡がみられます。
考えられる原因であろう箇所はシーリング処理がしてあります。通常サイディング張りは上下を実(凸と凹)で納めるので水は入らないのですがここについてもシーリング処理が施されています。


状況を把握して後日、ハシゴ・ホース等を揃えて改めて伺います。雨漏れ調査の場合は中と外で二人で作業を行います。

雨漏り調査-1

DSC_6483
雨漏れ調査①サッシ下端

下から順番に水をかけていきます。
やみくもにホースでバシャバシャやると全てが台無しになります。
DSC_6481
雨漏れ調査②帯天端

慌てず時間をかけてじっくり水をかけます。
滞留する水が流れ出るのも加味しなければなりません。
DSC_6477
雨漏れ調査③サッシ枠・サイディング重ね合わせ部分

じっくりです。

上記のように順番に行います。今回は8段階に分けて調査を行っています。
多箇所からの原因も考えられるので水が出てきても、さらに時間をおいて養生等を行い再検査をします。
この辺りか?みたいな感じで勢いよく放水する業者さんがいますが全くもってお話になりません。

雨漏り調査-2

before
DSC_6472
白っぽい所が雨染みです。
allow
after
DSC_6476
マスキングテープで印をして状況を見極めます。
やがてこんな感じに濡れてきたので侵入ルートの特定ができました。

今回の調査時間は2人で準備~片付けで約4時間半でした。
調査の結果を施主様にご説明、施工方法についてもご理解を頂き工事に着手します。
雨漏れ修繕・外壁塗装・屋根塗装・ベランダFRP防水の施工となりました。

施工写真

before
DSC_5146-1
施工前
allow
after
68a663cc497de04830547ce625357929
施工後
(外壁:超低汚染リファイン1000Si-IR)

before
DSC01088-1
屋根施工前
allow
after
20180803_142727n
屋根施工後
(アステックペイント:スーパーシャネツサーモSi)

before
1534475452316
防水施工前
allow
after
1534475395617
ベランダ防水施工後
(防水:FRP防水・1PLY)


サイディングボードは雨漏れがしにくいと言うイメージがありますが
やはり施工不良や経年劣化等であちこち不具合は生じてきます。
10年を超えて来たら一度、信頼できる業者さんに建物全体を診断してもらうのが
間違いないですね。
雨漏れの場合、塗装するだけでは解消しませんので要注意です。
雨漏りに関しては弊社フリーダイヤル0120-891-801までお気軽にお問い合わせくださいませ!


船橋支店:根来孝至
テナント兼住居のビルを塗装工事(2面)及び防水工事を行いました。築年数は20年以上になりますので、長く住まれる建物のメンテナンスとして今回ご依頼頂きました。

建物外壁は、ALCボード・タイルで構成されていて、日当たりも良いことから、色褪せ・ひび割れ・塗膜の劣化等の傷みが見られますので、耐久性の高い塗装(アステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IR)で施工致しました。タイル面は、窓周りから雨漏りしていたこともあり、シーリング工事・タイル面を保護するクリアー塗装(ダイフレックス:クリアプラス)で塗装しました。

全体写真

f44a6acd2ad6fc5b0d42215bdbb2a6df
施工前全体写真
637fc21c502b7bd449afc17ff2459817
施工前全体写真

外壁施工中写真

625ff7de17ed7516c2e1c53a067308df
施工中

薬剤散布(スペースショット)を行っています。タイル面・外壁面に噴霧していき、高圧洗浄前に行います。乾燥期間を空ける事で、より汚れが落ちやすくなります。
289a1c4c22506a491a9fea6ded502457
施工中

※高圧洗浄を行っています。写真左側が洗浄後、右側が行っていない状態です。タイル面は特に目地部分に汚れが目立ちますので、入念に洗浄を行っていきます。
2b9a157e221526893bd7900dc69ee4e0
施工中

※ALC塗装面、シーリング処理(増打ち)を行っています。使用は、ウレタンNBで施工しました。
3753825220e9003f1eb702d3d763bae8
施工中

※庇 欠損部左官補修。

919e2915d2ce31906ca9d99efd63546d
施工中

※ALC塗装面 下塗り塗布。
アステックペイント:エピテックフィラーAEを塗布していきます。
7b1cfa92b295e87cc85688ddf632acc4
施工後

※ALC塗装面 中塗り・上塗り塗布。
アステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IRを塗装しました。環境的に塗装面が傷みやすい立地なので、耐久性の高い塗料を選択頂きました。

リファインSI:期待耐候年数 15~18年
827fc70ff006231efb9cdd231680b870
施工後

※庇 欠損部補修。
左官処理後、パターン処理を行い施工しました。
866c84272baa9dd3aa8edcb232b8c17a
施工後

※テナント側軒天
カチオン系塗装を行いました。水が廻っている箇所でもありましたので、パテ処理を行い塗装処理をしています。
a20752e9a03b405f8e826ba5e989300c
施工中

※タイル面のクリアー塗装を行っていきます。今回使用した塗料は、クリアプラスという商品で、5工程の塗装工事になります。

写真は、CPプライマーを塗布。(1工程)
34cd1de90b8f019dff9a6487cbd83706
施工中

※クリアプラス塗布。(2工程)
水性のアクリル樹脂塗料。膜厚をつける塗装になります。
a8702dd9492870e38f12d5d74ecde64c
施工後

※上塗りは、CPトップを塗布していきます。(2工程)
仕上げ材は半艶なので、違和感なく仕上がります。
3693f2141f3a475de9223483df697c2e
施工後

※窓周り・繋ぎ・目地 等シーリング処理。(打替え)
タイル面は、塗装完了後シーリング処理を行います。雨漏りの原因の大半は、シーリングの劣化部分から発生することが多いので、耐久性の高いシーリング材をお勧めします。

防水工事写真

0c95bfe682a7b7364b97c145819c38f5
施工前

※屋上防水面の施工に入っていきます。既存防水が通気緩衝工法なので、脱気筒を生かし、密着工法で施工していきます。
8d2dcab4dbcde41a05624ad1080dab59
施工前

※防水施工前に、既存劣化部分の塗膜を下地処理を行います。
64b9476400793172bd3d32d90e48e468-1
施工中

※下地処理後、プライマー塗布・補強用クロスを施工していきます。
964fcd461a86fcb50d34136453869a59
施工中

※パラペット天端部分を防水処理していきます。
足場控え部分は、撤去後施工していきます。
c5b5b2ed6dbb45fabbff749e42eb5e4d
施工中

※ウレタン防水中塗りを2工程行います。
378946c5c153d6a306e89384a8b062c7
施工後

※トップコートを塗布して完了です。
before
b486895d3e644310e062913b811325b6
施工前

※バルコニーの防水工事です。初防水の為、バルコニーは通気緩衝工法で行います。
allow
after
0d2b88ebe653495faac2087f31698625-1
施工後

※脱気筒を設置し、ウレタン防水完了です。

完成写真

before
25aedd0ba9addc8e2fde01bd787c33d5
施工前
allow
after
940439feea9f90f2492ebfc0bb512341
施工後全体写真

※施工完了です。タイル面のクリアーは変わり映え無く仕上がりました。
before
0a26dc7f277c6951b5e33a5194b5070b-1
施工前
allow
after
6dc1908750b2363e445de829a1e365e1
施工後完了写真

※ALC塗装面は、色を濃い茶色に仕上げました。選択色は、パイオニアになります。
カーポートの屋根は劣化により取付不可だったので、部分交換致しました。
20年近く経ちますと、思いがけない雨漏りや破損などの劣化が出てきますので、今一度、自宅や持ち物件の外装を点検するのも良いのではないでしょうか。心当たりのある方は、一度ご相談いただければと思っていますので宜しくお願い致します。

ビルや大規模修繕はオリエンタルホームサービスまでお問い合わせ下さい。

船橋支店:井辺 功太
今回の案件は、外壁・屋根塗装工事・ベランダ防水工事の外装リフォームの定番です。
弊社ホームページの施工事例をご覧頂いたお客様からのお問合せで、ハウスビルダーさんとの合い見積もりになりました。

アステックペイント/リファイン1000Si-IRと、スーパーシャネツサーモSiをお気に入り頂き、併せてベランダ防水と軒天の雨染みが気になられていたので、軒天板を一部外し軒天内の点検まで行いました。
 
施工前
<施工前>
外壁:サイディングボード
屋根:コロニアル

・目地コーキングの劣化
・サイディングボードの浮き
・軒天の雨染み
 
施工後
<施工後>
外壁:アステックペイント
   リファイン1000Si-IR
  (超低汚染 遮熱シリコン塗料)
屋根:アステックペイント
   スーパーシャネツサーモSi

・目地コーキング・打替え(変性シリコン)
・ボードの浮きは、タッピング後に塗装
・軒内点検
 
目地コーキング1
コーキング1

既存の目地コーキングをカッターを入れ抜き取ります。

目地プライマーを塗布し、変性シリコンコーキングを充填します。
 
目地コーキング2
コーキング2

目地コーキングの打替えと、サッシ廻りコーキング。

目地だけで無く、窓サッシ廻りのコーキングも行います。
 
シーラー、中塗り
シーラー、中塗り

職人さんにお願いして、無塗装、シーラー、中塗りを可視化できるように塗装してもらいました。
 
軒裏点検
軒裏点検

軒天に雨染みが発生していたので、 軒天板を外し、軒裏を点検しました。

軒裏内の垂木に腐食は見られませんでしたが、水が回った跡がありました。

原因は、破風板ジョイント部のコーキングの劣化でした。
 
破風板ジョイント コーキング処理
破風板コーキング

附帯物の破風板塗装時にコーキング補修してから塗装します。

軒天の雨染みの原因も見つかり、ご安心して頂けました。
 
破風板塗装
破風板塗装

附帯物の破風板、軒天、雨樋、水切り、出窓天場、下場等しっかりと仕上げます。
 
屋根クラック補修1
コロニアル補修1

コロニアルにクラックが発生。
雨漏りの原因にもなるので、補修をします。
 
屋根クラック補修2
コロニアル補修2

高圧洗浄後、屋根瓦を点検すると、かなりの頻度で瓦のクラックが発見されます。

コーキング、ポリパテなどで補修後、塗装します。
 
タスペーサー
タスペーサー

縁切り部材を施工し、雨漏り対策も完璧です。

(瓦同士が塗装でぴったりくっついてしまうと、毛細管現象で水が屋根内に留まり、雨漏りの原因になるので、それを防止するため、フチを切ってプラ部材を差し込みます)
 
屋根 施工前
屋根 施工前

築10年以上の屋根瓦は、著しく劣化しています。
瓦色の退色、クラックの発生、中には、瓦の脱落、欠損等
普段見えない箇所なので、早めにメンテナンスをお勧めします。
 
屋根 施工後
屋根 施工後

コロニアルの補修後、タスペーサーを施工、プライマー、中塗り、上塗りの3工程で、屋根塗装が完了します。
 
ベランダ施工前
ベランダ防水 施工前

FRP防水の上にアスファルトシングルが施工されたベランダでしたが、シングルの欠損箇所、剥離が目立っていました。
 
ベランダ施工前2
施工前

シングル葺きは表面の目が粗いので、雨染み汚れも定着していました。
 
ベランダ防水 下地処理
下地調整

コスト面とFRP本体を傷つけない為に、アスファルトシングルを剥がさず、カチオン処理を選択しました。

しっかり固めて、シングルの浮きを防ぎます。
 
通気シート
通気シート

下地処理後、通気シートを施工します。ウレタン防水内に溜まった空気を逃がす為の溝の入ったシートです。

脱気筒を取り付け、膨れた空気を逃がします。
 
ウレタン防水
ウレタン防水

通気シートの上にウレタン防水を施工します。

施工面積が広い場合は、通気緩衝工法がお勧めです。
密着工法では、上がってきた蒸気により、膨れが予想されます。
 
ウレタン防水 施工後
通気緩衝工法 完了

ノンスリップのトップ防水を施工してウレタン防水工事完了です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
<施工前>

・ベランダ右下にボードの浮き

・目地コーキング打替え
 
allow
after
IMG_4252-after
<施工後>

壁色:リファイン1000Si-IR オレンジホワイト

屋根色:スーパーシャネツサーモSi トゥルーブラック

ベランダ防水:ウレタン防水 通気緩衝工法
 
ホームページへのお問合せ頂きまして誠にありがとうございました。
お気になっていた点が全てクリアになり、仕上がりも大変気に入って頂き、お褒めのお言葉も頂戴しました。

今後ともより一層、お客様のためのご提案と、精一杯の工事をさせて頂きます。
リフォームをお考えの方々。是非、お声を掛けて頂ければと思います。

担当:杢谷
 
屋根のカバー工法、外壁の塗装、一部サイディングの張り替え工事をご紹介します。

外壁に使用する塗料については、今後の汚れが気になると言う事で、弊社一押しの超低汚染リファインシリーズを、屋根は超耐候性の横暖ルーフシリーズでの施工となります。
アクセントに一部外壁を木目調サイディングに張り替えも行いました。
 

外壁塗装・サイディング張り替え工事

DSC_5673
外壁施工前写真(1)

シーリングの劣化が全体的にあります。
 
DSC_5666
外壁施工前写真(2)

日当たりの良い南面はサイディングボードの反りも発生しています。
今回、特にこの部分の反りが気になるとの事とアクセントも加味してサイディングボードの張り替えも行います。
 
20180511_101546n
サイディング張り替え施工中

既存のサイディングボードを剥がして下地の確認、調整を行います。
 
20180511_154048n
サイディング張り替え施工後

シーリング処理は塗装面と同時に行います。
 
20180511_102145n
塗装に入る前に反りのあったサイディングボードのタッピングを行います。
まずは釘打ち、効かなければビス止めとなります。
ただ、無理やり行うと板自体が割れてしますので注意が必要です。
 
20180516_143850n
タッピング後、シーリング処理を行います。
状況にもよりますが板間継目は打替え、開口部廻り等は増し打ちが基本となります。
 
20180518_130528n
下地処理・下地調整が終わると塗装のスタートとなります。

まず、非塗装部を養生して軒天と呼ばれる天井部分をケンエースGIIと言う防カビ塗料を調色して塗装します。
通常は既存の色に合わせてホワイト系が多いですが今回はガラッと色を変えます。
 
20180518_130540n
右と左でガラッと色を変えます。
最終的に全体の仕上がりが楽しみです。
ちなみにエアコンのダクトカバーも外して塗装します。
20180524_095424n
軒天塗装後、外壁を仕上げていきます。
下塗り、中塗り、上塗りの3工程です。

写真は中塗りから上塗りをしているところです。
乾く前は青っぽい色ですが乾くと徐々に仕上げのチャコール色になります。
 
20180525_120702n
附帯部も仕上げます。
 

屋根工事

20180509_152629n
屋根施工前(1)

塗装に不適切な屋根材で施工してあるのでカバー工法でのご提案となります。
 
PICT_20180408_102045
屋根施工前(2)

層間剥離(ミルフィーユ状のボロボロ崩れ)が進行しています。
 
20180601_100933n
屋根施工中

既存の雪止め金具、板金類を撤去してルーフィング(防水紙)を張ります。
その後、下から本体を張り上げていきます。
 
20180605_131016n
屋根施工後

壁際の板金もしっかり納めます。
 

施工前〜施工後

before
DSC_5683-1
allow
after
DSC_6176
軒裏を赤と茶色で塗り分けする事でアクセントになっています。
いずれ作り直すとの事で木のフェンス等は塗装しませんでした。
 
before
PICT_20180408_101234
allow
after
20180601_144759n
屋根の勾配にもよりますがカラーベストよりも滑りやすくなる為、雪止め金具の設置は必須となります。
 
before
20180601_145045n
劣化でちぎれていた冷媒ホース
 
allow
after
20180609_155821n
ジョイント部分を付け直して、色が浮かないようにクロのビニールテープでホースを巻いて新たに固定しました。
 
今回のテーマは「クロ」で外壁をアステックペイントの超低汚染リファイン1000Si-IR(チャコール)・附帯部を日本ペイントのファインパーフェクトトップ(N-15)で。屋根をニチハの横暖ルーフαS(KブラックS)で施工させて頂きました。
共に耐候年数の高い商材となります。

今回は外壁・屋根工事と併せてベランダのトップ防水も行いました。

外壁と屋根の商材を決める際は、それぞれを同じ耐候年数に揃えるか、または劣化度合いの高い屋根を1ランク上の商材で施工する事を私はお勧めしております。

船橋支店:根来孝至
 

株式会社オリエンタルホームサービス


TEL: 0120-891-801

土・日・祝日も受付中!


本 社

千葉市中央区登戸1-4-1
第3CIビル6F

船橋支店

千葉県船橋市山野町135-8
砂井ビル1F

表示価格はすべて税込みです

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ