電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
市川支店スタッフ工事日記
2016.05.29

市川市国分:雪害で歪んでしまった軒樋の交換工事

その他の工事
この記事を書いたスタッフ 本社 久保田

2年前の雪害、みなさんもご記憶に新しいと思いますが・・・あれだけの降雪があれば、軒樋が曲がってしまっても不思議ではありません。今回は雪害で歪んだ軒樋の交換工事をUPしていきたいと思います。

このような樋、よく見かけますよね?意外と知られていない事実ですが、軒樋交換工事は火災保険の<降雪による災害>が認定されると、保険適用になる場合があります。

縦樋のマスよりも、出隅(樋の角)が下がってしまっているところがたくさんあるので・・・

こんな形で、出隅に水が溜まってしまい、つなぎ目部分から溜まった水がポタポタ垂れてきていました。

こちらもマスに向かって勾配が取れていない逆勾配。やはり水が溜まってしまっていますね。

まずは、樋受けの金具から、軒樋本体を外していきます。

樋受けの金具も交換する為、外していきます。横打ちタイプという金具で、現在は在庫として扱っている金物問屋さんが少ない金具ですので、納品までに時間がかかります。

まず、軒樋の端と端に横内の金具を打ち付け、墨出し器(墨つぼ)を使って、勾配を取っていきます。金具と金具の間に見えている黄色い糸が、墨出し器の糸です。この糸の勾配が、そのまま樋の勾配になります。

こちらも墨出し器を使って勾配を取っているところです。勾配が決まったところで、中間の金具を取り付けていきます。

勾配が決まり、全ての金具を取り付けた後は、いよいよ軒樋本体を金具に固定していきます。

施工後です。マスに向かって勾配をつけている為、雨水もすんなり流れてくれます。今回の樋の商材はデンカ株式会社というメーカーのDL55という軒樋です。

Before

施工前です。逆になってしまっていた勾配、歪んでしまっていた樋も・・・

After

全て解消されました。やはり歪んでいない樋は気持ちがいいですね!!!

すべての軒樋を交換するとなると、軒樋交換工事は足場がなければできない工事になります。軒樋の歪みや曲がりが気になる方は、塗装工事の際に一緒に施工されることをお勧め致します。今回の軒樋交換工事は火災保険適用となりました。

この記事を書いた人
本社 久保田
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区