電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
千葉本社スタッフ工事日記
2020.02.20

TOTO:ピュアレストMR・GG1でトイレ交換を工事しました(壁排水と床排水):市原市君塚

トイレ工事
この記事を書いたスタッフ 本社 本間

市原市君塚のS様邸で1F・2Fのトイレ交換工事を行いました。

一般的に戸建てのトイレは床排水が多いのですが、稀に集合住宅でよく使われる壁排水を使用する場合があります。今回S様邸では2Fが壁排水で1Fが床排水でしたので、その違いを順を追って説明していきたいと思います。

こちらが2Fの既存のトイレの写真です。

ごく普通のトイレですが床を辿って行くと奥が段差になっていて、配管が収まっているスペースになっています。

壁排水のトイレを外すとこんな感じです。

奥の段差から横向きに排水管が見えますが、床からこの排水管の中心までの高さの事を排水心と言い、トイレを選定するのに欠かせないポイントになります。

CF(クッションフロア)を張り替えて巾木を戻した写真になります。床がフラットではないので少々時間がかかりましたが、綺麗に仕上げられたと思います。床材を変えるだけでも雰囲気ががらりと変わりますので、トイレ交換を検討中の方は絶対にお勧めです。

施工後の写真です。排水心155mmのTOTOピュアレストMRはお掃除が楽なフチなし形状で、更にトルネード洗浄で便器の中を洗い流し、大4.8L 小3.6Lの超節水型トイレです。

1Fのトイレは右手に手洗いカウンターがあり、手洗い無しのタンクが取り付けられています。タンクレスや手洗い無しのタンクの方がお掃除がし易く、希望される方も多いのですが、使用後に手を洗う場所まで考慮してトイレを選定されると良いでしょう。

床排水のトイレを外した状態です。床下から排水管が配管されていて、奥の壁から管の中心が排水心となります。排水心が200mmか305mm~540mmかによって商品に梱包されている部材が変わってくるので、排水心はしっかりと把握しておくことが大切です。

2Fと同様にCFを張り替えました。薄いピンク系をお選びになりましたので、可愛らしい雰囲気になりました。CFが終わったら排水管に床フランジを取り付けて、アジャスターと呼ばれる部材を加工し取り付けます。

最後に便器を固定し機能部を取り付ければ完成です。こちらのトイレはTOTO:GG1。タンクが非常にコンパクトになっていて、すっきりとした空間を演出します。こちらも大4.8L 小3.6Lの他にeco小3.4Lの超節水型仕様になっています。当然便器はフチなし形状で、更に汚れを付きにくくする為に便座に座ると自動で便器内にミストをふきつけて水のクッションを作る「プレミスト」機能が標準で付いていますので、お掃除を重視されている方からもご好評頂いております。トイレの交換を検討されている方、ご不憫・ご不便を感じている方、一度気軽にご相談して下さい。

水廻り・内装工事はオリエンタルホームサービスへご相談ください。

この記事を書いた人
本社 本間
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区