ウレタン防水

ベランダ床の膨れ防止のための脱気筒取付 / ウレタン防水工事:千葉市若葉区若松台

IMG_9025
立地によるベランダの湿気でお悩みの方、ベランダのお手入れ方法でお悩みの方、ベランダ防水工事をご検討中の方は必見です。

千葉市若葉区若松台のF様邸で、ウレタン防水通気緩衝工法(脱気筒取付)の工事を行いました。
 
今回は通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材を塗布する防水工法になります。

降雨などの上からの水分をシャットアウトすると共に、ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させるため、安全で信頼性の高い防水工事となります。
 
IMG_0017
工事前の写真となります。
湿気がたまりやすい立地でしたので藻やコケが多いベランダでした。
広いベランダでしたので日々のお手入れは難しいです。
 
IMG_0018-1
下地に水分を含んでしまっていた為内部から上がってきた水蒸気により防水層が膨れ上がり、剥離していました。
今回はお客様のご要望で湿気を逃がす防水工事を提案しました。
 
IMG_9007
洗浄後の写真です。

コケや藻の付着を落とします。
経年による傷み、ひび割れが目立ちます。

ベランダの傷みは雨漏りの原因に繋がるので、この状態で放っておくわけには行きません。
 
IMG_9008
下地処理 1

防水工事では下地処理がとても重要です。
経年の劣化で下地がボロボロでしたのでサンダーがけで下地調整をします。
この作業が良い防水層を作ります。
IMG_9009
下地処理 2

シール材で埋めて補修をしていきます。ヘラで表面は平滑にします。
IMG_9010
下地処理完了

平滑な表面に仕上がれば下地処理は完了です。
 

IMG_9011
プライマー塗布

通気緩衝シートを貼る前に、密着性の高いプライマーを塗布します。
接着の良い下地処理剤を使用しています。
IMG_9012
通気緩衝シート張り

通気緩衝シートの貼り付けです。
これがウレタン防水工事の上で下地の水分を逃がすための施工です。
穴が開いたシートを間に入れることで塗膜と下地の密着が半分になります。
この空間によって水蒸気が発生しても塗膜が膨れを起こさない防水層が出来上がります。
 
IMG_9013
ジョイントテープ(ジョイント処理)

結合部にテープを継ぎ目のないように貼ります。
ジョイント部分の水の侵入を防ぐため、テープの上にウレタン塗膜防水材を塗布します。
 
IMG_9015
メッシュ貼り(立ち上がり)

ベランダの立ち上がりにメッシュを貼ります。
衝撃による防水層のひび割れの抑制します。

防水層の厚みの確保をする為、補強メッシュシートを貼っていきます。
IMG_9016
脱気筒設置

工事のメインとなる湿気の逃げ道となる脱気筒です。
動かないようにしっかりと固定します。
勾配の高い位置に取り付けることにより蒸気を逃がします。
IMG_9017-1
ウレタン塗膜1層目施工

ウレタンの1層目です。
1層目の塗膜を平滑に施工をしていかなければなりません。
 
IMG_9018
ウレタン塗膜2層目施工

1層目の乾燥を確認してから2層目を施工していきます。
FRP防水と比較すると、ウレタン防水は厚膜のため乾燥までの時間も長くなります。
 
IMG_9019-1
保護材塗布(トップコート)

ウレタン防水層の上から保護材トップコートを塗布します。
ウレタン防水自体は紫外線に大変弱く、そのまま露出させているとひび割れの原因にもなりかねません。
トップコートでの表面保護により綺麗に、且つ高耐久に仕上げる効果があります。
IMG_1492-1
ウレタン防水通気緩衝工法完了です。
とても綺麗に仕上がっています。
IMG_9021
今回の工事にて脱気筒を取り付けています。
 
IMG_9022-1
併せてドレン工事もしています。

施工前〜施工後

before
IMG_9006-1
allowdown
after
IMG_9025
 
トップコートの塗り替え目安は5年です


施工後5年後からベランダ防水のヒビ等が気になり始めるとは思いますが、大体の原因はトップコートの劣化です。
防水層には大きな影響はありませんが、やはり防水塗膜の傷みの原因になりますので早め早めのメンテナンスが大事です。

防水工事でお悩みの方はコチラのページへ
↓↓↓↓↓↓↓

大切な住まいを長持ちさせる方法

千葉市内や千葉県内でベランダの防水工事を検討中の方や工事時費用でお悩みの方は
オリエンタルホームサービスへお気軽にお問い合せ下さいませ。

担当:渡部

錆びたベランダの手すり部の錆落とし、溶接、ペンキ塗り直し

今回は錆がかなり進んでしまったベランダの手すりを補修しました。

床からの立ち上がり部分自体の錆がかなり進んでいたため、錆が進行しきった部分は切り離し、追加部材を溶接した後にケレン(下地処理)をしてペンキを塗り直しました。
とにかく全体的に錆がすごかったのでより丁寧に作業を進めました。
before
DSCF2254
施工前はこんな感じです。

以前はここまで錆びて腐ってました。
床からの切り離しもなかなか大変でした。
allow
after
DSCF2282
こちらが施工中ですが、ここまで直ります。

溶接が終わり、塗装を塗るために全体的に溶接部分を平らにグラインダーを使って擦って行きます。

この時ちゃんとに平らに擦らないと塗装をした際に凸凹が目立ってしまいます。
 
DSCF2265
細い棒、太い棒を溶接するのにやりやすい様に全体的にレベルを合わせて切っていきます
DSCF2257
近くで取った写真です。

完全に水平面を合わせるのは難しかったので、部材を加工しながら擦ってmm単位で合わしていきます。

今回部材が薄いので、半自動溶接機を使いたかったのですが、小さい溶接機が何処探しても借りられませんでした。

ですのでアーク溶接というこの現場には少々大きめな溶接機を借りたため、きっちり合わせないと部材が溶けすぎて、穴が開かないように注意をしながらの作業になりました。
 
DSCF2273
まず親骨(縦方向の太めの柱部分)から溶接していきます。
DSCF2272
このように親骨を先に決めた後に、細かい物と橫路を付けていきます。
DSCF2292
縦横の溶接完了後の写真になります。
DSCF2279
この斜めの部分の加工がものすごく大変でした。

mm単位で隙間が空いてしまい、切ったり擦ったり何度も繰り返しました。
 
DSCF2296
グラインダーを使って溶接面を平らに擦った後に錆止めを塗っていきます。

今回下地を強くするために2液の強い錆び止めを使いました。錆び止めを塗る時もかすれないように、ネタをいっぱい付けてしっかり錆び止めが入るように塗りました。

錆び止めが入ってない所が無い様に、見落とし確認しながら塗りました。見落としがあるとまた錆びてしまいますからね。
DSCF2299
上塗りも2回、丁寧に見落し確認しながら塗りました。
DSCF2303
元々、付け根が錆びていましたので、付け根の部分に土手を作って、ネタを流して盛り上げた後に防水を行いました。



今回はもともとの状況を見て、次はそういう状況にならないよう対策を練りながら作業を進めました。

「物は壊れる、勝手には直らない」ので何か劣化を見つけたら、まずは私たちにご相談下さい。

以上、職人加藤の「手すりの塗り直し・防水処理やってみた」でした。

ベランダウレタン防水工事!!

本日2度目の登場になります…山本です(^-^)今回は、ウレタン防水工事をご紹介いたします($・・)/~~~

CIMG3675
樋からの排水による泥が…


CIMG3679
排水部分になります…かなり泥が堆積しています(゜-゜)

CIMG4169
ウレタン防水後になります($・・)/~~~膜厚もしっかりとつき、これなら10年以上間違いなく大丈夫です(^-^)

CIMG4170
排水部分も改修用ドレーンを入れ、雨漏りの心配もありません($・・)/~~~




今回は、家の塗装と同様に、維持管理にかなり重要な防水をご紹介させていただきました($・・)/~~~家のメンテナンスの際、塗装と同様に御検討されてみてはいかがですか?

東京都台東区 屋上防水

今日は健康診断でした。結果はきっと良いはずです!・・・根来です

今回は屋上防水をアップします♪
現段階で雨漏れしてます・・・
なんとかします!
施工前
施工前・・・

色褪せも目立ちます。
施工前
施工前・・・

ドレン廻りも・・・怪しいです。劣化してます。
施工前
施工前・・・

同じくドレン廻り・・・非常に怪しいです。なんとかしなきゃです。
掃除
施工中・・・

屋上にある植木などを片付けます。
ちなみに写真は井辺功太さんです♪
工事する前の準備も大変です(^_^;)
施工中
施工中・・・

既存のシートを撤去!
密着が悪かったですw
施工中
施工中・・・

カチオン塗布します。
施工中
施工中・・・

目地のシーリングを打ちます。
プライマーを塗布。
施工中
施工中・・・

通気シートを敷きます。
施工中
施工中・・・

ウレタンを流します。
もう1回流します。
施工中
施工中・・・

トップコートを塗布します。
ピカピカに輝いてます♪
before
施工中
怪しかったここは・・・
allow
after
施工後
完璧!
before
施工後
怪しかった脱気筒も・・・
allow
after
施工後
ステンレス製に交換!
before
施工前「
同じく・・・
allow
after
施工後
歩行に支障ないように脱気盤も採用!
怪しいところは全て治しました。
怪しくないところも治しました。

やれるすべてを出し尽くしました!!これで安心です

千葉市中央区商業物件改修工事

本社、大久保です。11月に入り今年も2カ月を切り、なんとも早いです。

先月の末から千葉駅近くの商業物件で全面改修工事が始まりました。雨漏りがひどく、屋根の葺き替えと屋上防水、外壁塗装と施工する箇所が意外とあります。来週は、ガラスの交換と一部内装のクロス工事の予定です。

千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ