モルタル壁のひび割れに強いEC5000PCMで施工:市川市大野町

今回T様邸による外壁・屋根の塗装は、ASTECペイントの外壁EC5000PCM、屋根は無機ハイブリットコートJY-IRを使用しました。

お家の後ろ側がに苔や藻などが見られたため、防カビ剤プラスSという塗料を使いました。
これから塗装工事の流れと塗料の性能を分かりやすく説明していきます。
 
IMG_1718
塗装工事の一連の流れは、足場メッシュ養生→外壁屋根の洗浄→開口部養生→下塗り→中塗り→上塗りの順番になります。

良く聞く三回塗りとはこちらの事です。こちらの写真は足場を架けてメッシュ養生をした写真になります。
 
IMG_1735-2
外壁、屋根の洗浄を行ったあと、塗装できない箇所をビニール養生していきます。

一般的に金属は塗装できますが、アルミの部材などは塗装が剥がれやすくなるため塗装は避けます。
 
IMG_1744-1
<下塗り>

下塗りとは、元の外壁と新しく塗っていく塗料の接着剤のような働きをします。
 
IMG_1781-1
<中塗り>

中塗りは上塗りをしていく段階で、色ムラができないようにするために塗っていきます。
基本的には上塗りの塗料の色と同じになります。
IMG_1775
<上塗り>

今回使用した塗料、ASTECペイントのEC5000PCMの特長は、伸びる塗膜なのでひび割れに追随して、外壁の傷みを最小限に抑える役割となります。

外壁材がモルタルのお宅ですので、クラックやひび割れが起きやすいため、これは最適な塗料であることが言えます。
耐久年数も15年以上ということでフッ素同等の耐久性があります。
 
IMG_1729-2
<屋根洗浄後>

屋根の洗浄後の写真になります。
所々にひび割れがありましたため、コーキング処理をした後に塗装をおこないました。
 
IMG_1831-1
<屋根塗装後>

今回屋根の塗装に使用した塗料はASTECペイントの無機ハイブリットコートJY-IRという塗料になります。

この塗料の特徴は、フッ素以上の耐久年数と強い遮熱効果があることです。

夏場は特にエアコンの効きが良くなり実感することができると思います。
 
IMG_1922
上塗りが終了した後、付帯物の塗装をし工事完了になります。
 
最後までご覧いただきありがとうございます。

今回使用した塗料は、外壁、屋根ともにASTECペイントによる施工となりました。
様々なお宅の状態により、最も最適な塗料を選択致します。是非とも外壁、屋根の塗装でお考えの方は、オリエンタルホームサービスまでご連絡ください!

担当:大塚友教
 

新築時の施工不良でベランダが水漏れしていたのを緊急補修→修理完了

今回ご紹介するのは、現調の際に新築時の施工業者のベランダ防水工事の施工不良箇所が発覚し・・・という工事内容をアップします。

当然ながら一般の方は知識があまりない中での見積依頼ですので僕らは現地でしっかりで現状を把握・施主様にご報告する必要があります。施主様はあまり気にされていませんでしたが、今回の問題はベランダのFRP防水部分でした。
※FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。

ちなみに下の写真は雨が降った翌日の現調時の様子です。
 
DSC_2723
雨が降ったのは前日。
なのに水がたまっています。
水勾配が緩いのか・・・
 
DSC_2794
ベランダ笠木に付いている手摺の根元付近です。
水が溜まっています。
DSC_2765
水が溜まっていた排水部分の真下ではカビが発生しています・・・
恐らく内部は漏っています。
 

 
ちょっと嫌な予感がしたので、集水桝を外して下地の具合を確認してみようとしましたが、通常は回転させると外せるのですが何故かボンドでがっちり固定してあったので外れません。この時点で何か怪しさを感じます。

集水桝に横から少し衝撃を与えてみたら「スポンッ!」と変な音がなって、「あれ?」と思いベランダに戻ってみると下の写真のような状態です・・・
 
DSC_2784-1
まさかの排水ドレンが浮上がって外れてしまいました、と言うより固定されていません。

そもそも防水とがドレンと絡んでいない状態です。こんなんでは雨水がダダ流れです。
周囲の床もフカフカしています。
(下地が腐っているサイン)
DSC_2790
廻りを綺麗に掃除してみると、防水面の穴よりドレンのキャップの方が小さいんです!今まで乗っかっていたのが奇跡です。

残念ながら乗っかっていただけなので雨水は流れ込み、当然下地の板は腐食してました。
 
 
 
おそらく防水工事が完了後にこの辺りに水が溜まるので、ここの排水を後で取付けたものと思われます。その際、前の施工業者が開口寸法を間違えてしまい、どうにも出来なくなりコーキング等で抑え込んでまさかの工事終了にしてしまったのではないかなと。
私もこの業界に17年程いますが初めてみる納め方でびっくりしました。

とはいえ、このまま放置すると雨漏れが進行するので、現調当日ですが持っている材料で応急処置を行います。これを何とかするのが僕の仕事なので何とかしていきます。
 
DSC_2791
周囲に雑巾で水が来ないように塞き止めてからドレン周辺を掃除します。

大きく空いた穴を小さくする為にアルミテープを貼ります。
 
DSC_2792
水が入らないように捨てコーキングをたっぷり充填。
DSC_2793
ゆっくり排水管ごと挿入。
さらに上にコーキングを盛ります。
これで内側に水はまわりません。
 
後日、外壁・屋根塗装工事を先行で行ってから防水工事へと移ります。

防水工事を先にと思われるかもしれませんが、塗装を後にするとしっかり養生しても綺麗に仕上げた防水面が汚れる恐れもあります。
しばらくの間であれば応急処置をしっかり行っているので、水漏れに関しては全く問題ありません。
 
DSC_3535
まず、真下の天井部分の修復。
腐食した下地板、ケイカル板(ケイ酸カルシウム板)を補修・張り替えを行います。

外壁の塗装と併せて防カビ材を塗布しておきます。
 
DSC_3649
フカフカしているFRP防水層を撤去します。この際、床だけでなく立上り部分も腐食箇所は撤去となります。

当然ながら外壁塗装施工時に各所シーリング処理は念入りに行います。
床組とコンパネ下地を補強・張りなおします。
 
DSC_3654
既存のコンパネ下地は12mmの二重張りでしたが、勾配が緩く水が溜まりやすいので9mmの二重張りで納めます。

こうすると6mm分周囲より下がるので「水はけ力」がアップします。
1508918361473-1-e1508918651128
下地造作が終わったら防水工事となります。

入隅(角)に面木というものをいれます。
新たに縦ドレンを設置します。
前回施工同様の穴の開け間違えに注意です。

この際水が流れ込みやすいようにするために
若干彫り込みます。
 
1508910365829-e1508918560835
FRPで防水層を形成します。

この後、仕上げの塗装をして施工完了です。
before
DSC_2724
色褪せとともに問題を抱えていたベランダでしたが・・・
allow
after
1508910383031-1
写真を見ると補修箇所が一段下がっているのが分かると思います。今まで高かった部分を低くして排水改善としました。

排水ドレン周辺も下地からしっかり修復、全体も綺麗に仕上がりました。
手摺の根元も怪しかったのでシーリングを施しました。
 

 
防水の施工不良をご説明した所、「そう言えばリビングにいる時、雨の音が近くに感じていた」とおっしゃってました。
若干の違和感は感じていてもそれが普通と思っていたみたいです。

今回のパターンはその場でしっかり調査&応急処置が出来たのが良かった点ですね。
弊社の現調担当者はそこそこの装備車でお伺いしますので、その場での急な対応も可能なのも強みかと思います。

お問い合わせどしどしお待ちしております。

船橋支店 根来孝至
 

年数の経ったサイディングのクリア塗装について:市川市国分

20170715-24
千葉県市川市国分にあるお宅<M様邸>築15年のお宅を外壁・屋根塗装、ベランダ防水工事をしました。

商材は、外壁→ASTEC超低汚染リファインSi-IR、屋根→ASTECスーパーシャネツサーモSiを使用しました。
 
築15年、外壁材→サイディングボード、屋根材→カラーベスト・コロニアルのお宅です。
本当は模様を生かした塗装(クリヤー塗装)をおすすめしたかったのですが、 築年数が15年ということもあり塗りつぶしとなり1階と2階を塗り分けをして仕上げました。
 
IMG_2289
足場をかけて、メッシュ養生をはり、外壁、屋根を高圧洗浄していきます。
 
IMG_2231
次に外壁と屋根を下塗りをしていきます。
細かな箇所も塗装するために、ベランダの上にあったアクリル板も取り外しました。
 
IMG_2266
次は中塗りをしていきます。
もともと化粧帯がなく塗り分けしていなかったお宅だったのですが、1階と2階を塗り分ける為、帯の塗装を入れました。
 
IMG_2347
屋根の上塗り後になります。
今回屋根に使った商材ASTECスーパーシャネツサーモSiはチタン複合特殊無機顔料の使用により高い遮熱効果を発揮する屋根用塗料です。
その他にも、高耐候性や変退色防止性などの効果があります。
耐久年数は13~16年となっている高耐久性塗料です。
 
IMG_2280-1
外壁の上塗りした後の画像です。
今回外壁に使った商材ASTEC超低汚染リファインSi-IRはフッ素樹脂同等の「高耐候性」を実現した無機成分配合シリコン樹脂になります。

この塗料の特徴は超低汚染性や防カビ性・防藻性、高耐候性、しなやかで強い塗 膜といった特徴がある塗料です。
耐久年数は15~18年となっている高耐久性塗料です。
before
20170715-37
ベランダ施工前
allow
after
IMG_2426-e1507628744884
ベランダ施工後
before
IMG_2292
屋根施工前

築15年ということもあり色褪せや経年による劣化が見られていました。
 
allow
after
IMG_2343-1
屋根施工後

施工前には入っていなかった雨漏り防止治具「タスペーサー」を既存の屋根と屋根の隙間に入れました。
タスペーサーとは屋根塗装時の縁切り作業をより適切に行える部材です。長期的に下地への通気性を確保できます。
before
IMG_2308
外壁施工前
 
allow
after
IMG_2460
外壁施工後
今回は時間が経っていたため、クリア塗装で元の外壁の質感を再生できなかったのが少々残念なところでもありましたが、それでも施工前と施工後で見違えるようにキレイになった外観になりました。

サイディングの外壁は10年前後でメンテナンスをすれば、クリア塗装でまた元の質感を再生することも可能になります。
外壁の診断は無料で行っておりますので、思い当たる方は是非一度お問合せ頂ければと思います。

担当:大塚

不具合の出ていた瓦屋根(コロニアル)をカバー工法で葺き替え:船橋市丸山(瓦の剥がれ、抜け落ち、ひび割れ)

今回の案件は、ホームページに反響を頂いた船橋市丸山のI様邸です。

屋根がコロニアルだったのですが、築15年で瓦にアスベストが混入されていた時期からの切り替わり時期の瓦(この時期の瓦は、不具合が非常に多い)を使用されていた為、リコールの掛かっているパミールほどでは無い物の、割れやすく、ひどい箇所は瓦が抜け落ちているほどでした。

外壁に関してはリシン仕上げの外壁でモルタル壁でしたので、アステックペイントEC-5000PCM(ひび割れに強い)塗料をお勧めし施工しました。
 
屋根 施工前 1
施工前

瓦が釘で止めてあるのですが、瓦が脆く、釘廻りが割れて抜け落ちてしまっています。
屋根 施工前 2
施工前

抜け落ちている瓦の上に被さっている瓦で見えない所で釘打ちされていますが、釘廻りからひび割れし、瓦の半分が抜け落ちてしまっています。
 
屋根 施工前 3
施工前

至る所で瓦の抜け落ちが見られました。
カバー工法 1
施工中

カバー工法で最初に葺く軒先のスターターの素材は、ガルバリウム鋼板で錆びにくい、長持ちする素材です。
カバー工法 2
施工中

本来はルーフィング(防水シート)を屋根全体に施工してから、金属瓦を葺いていくのですが、風の強い立地でしたので、ルーフィングが飛ばないように並行して施工しました。
 
カバー工法 3
施工中(終盤)

棟板金残しで、屋根全体が葺き上がりました。
カバー工法 仕上がり
カバー工法(仕上がり:大屋根)

施工途中に雪止め金具を取り付けながら、屋根を葺き上げていき、ケラバ板金、棟板金で抑えて施工完了です。
 
カバー工法 仕上がり2
カバー工法(仕上がり:下屋根)

大屋根同様に施工していきます。
外壁塗装 下塗り
外壁(下塗り)

下塗り材は、アステックペイント 微弾性フィラー エピテックフィラーAEを施工しています。
外壁塗装 中塗り
外壁塗装(中塗り)

外壁塗装の主材は、アステックペイント EC-5000PCM(超弾性防水塗料)で、外壁のクラック対策もバッチリです。
外壁塗装 仕上がり
外壁塗装(仕上がり)

EC-5000PCM(色:オフホワイト)
外壁塗装 仕上がり2
外壁塗装(仕上がり)

1F帯下の外壁色をツートンカラーで仕上げました。
EC-5000PCM(色:ニンバス)
ベランダ防水
ベランダ防水

ベランダは、既存床FRP防水でしたので、FRPトップ防水にて仕上げました。

やはり周りがきれいになると、手を付けなかった所が目立ってしまいますよね。また一緒に施工すると料金もお得になりますよ。
 
最近はホームページの問い合わせも増えてきているので、スタッフ一同大変喜んでおります。

中には、ご質問、疑問点、他社からご説明があった事象のご確認など、直接施工に関係ないお問い合わせにもお答えしておりますので、お気軽にお声掛けして下さい。

お声掛けのついでにお見積もり依頼の方もお待ちしております。
ご成約頂けなくても、後に役立てるお話しはできるかと思いますのでお気軽に声を掛けてください。

アステックペイント超耐候性塗料の最強ペアで施工:船橋市夏見

施工後
今回の案件は、毎度おなじみの最強塗料アステックペイントEC-5000PCM(超弾性防水塗料)無機ハイブリッドコートJY-IR(遮熱無機塗料)の超耐候性最強ペアの施工です。

既存外壁(ジョリパット)で、ヘアクラックが出初めの築14年のお家でした。
ご近所様もリフォームをちらほら始めている環境で、ハウスメーカーは”新築何とかさん”の住宅地での施工でした。
高圧洗浄後
<高圧洗浄後>
茶色い汚れ(苔、藻類の枯れたもの)は、高圧洗浄できれいに洗浄されました。
ただ、経年劣化の為、旧塗膜も一緒に剥がれてしまいます。 思っている以上に、屋根瓦の痛みは大きいのです。なぜなら、屋根は紫外線を一番多く受けている箇所だから
シーラー後
<中塗り後>
中塗り(2回目の塗装)だけでは、きれいに仕上がりません。屋根瓦が荒れている事と、シーラー(1回目の塗装)の吸い込みの違いによるものです。
失敗しないためにも、施工の際は、3回塗りを必ず確認してください。
下地調整 1
<下地調整 1>
壁全体にエピテックフィラーAEを塗装。3回塗りの1回目の塗装工程です。
 
下地調整 2
<下地調整 2>
ベランダの内壁もしっかり下地を塗ります。
下地調整 3
<下地調整 3>

中塗り 1
<中塗り 1>
アステックペイント 
EC-5000PCM 色ワームクレイ
中塗り後の写真です。
 
中塗り 2
<中塗り 2>
ベランダ内 中塗り
上塗り
<上塗り>
上塗り完了後、ビニール養生を外します。
附帯物塗装
<附帯物塗装>
外壁を仕上げた後に、附帯物(幕板、フードカバー、雨樋 等)を塗装します。
FRPトップ防水
<FRPトップ防水>
FRP製の土間も、トップ防水できれいになりました。防水工事は、既存床との相性がありますので、的確な材料選択が必要になります。選択を間違えると、膨れや剥離の原因になります。
 
足場解体 前
<足場解体 前>
附帯物の塗装も終わり、後は足場を解体するのみです。
仕上がり
<塗装完了>
外壁材 EC-5000PCM
外壁色 ワームクレイ
屋根材 無機ハイブリッドコートJY-IR
屋根材色 スレートグリーン
防水 FRPトップ防水

きれいに仕上がりご満足いただけました。
 

施工前→施工後

before
施工前(屋根)
<屋根 施工前>
苔、藻類が枯れた後の茶色い屋根になっていました。
allow
after
屋根 施工後
<屋根 施工後>
フッ素塗料より長持ちする、無機ハイブリッドコートJY-IRです。
しっかり3回塗りを施し遮熱機能も付いているので、来年の夏は2Fのお部屋のクーラーの利きが楽しみですね。
before
施工前
<施工前>
目立った大きなクラックはありませんでしたが、ジョリパットの外壁の為、表面の目が粗い為、経年の汚れで、色がくすんでしまっていました。
allow
after
施工後
<施工後>
施工後の写真です。すっかりリフレッシュした外壁と、選択色のワームクレイのオレンジでかわいく仕上がりました。

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス