築30年超の屋根葺き替え工事(カバー工法):柏市高田

完了写真
今回の案件は長年雨漏りで悩まれておられる方で、他社さんで数年単位で補修工事をされておられるお客様より、ネットからご依頼を頂きました。

築年数は30年を過ぎたお宅で、1Fサッシ廻りよりの雨漏りに加え、2Fの寝室天井に雨染みができ始めた所でご相談がありました。

施工中の他社さんは信用できないという事で、弊社にての施工を選択して頂きました。
 

施工開始

棟板金撤去
棟板金撤去

まず棟板金を撤去し屋根をフラットな状態にします。
 
ルーフィング敷き
ルーフィング敷き1

フラットな状態の屋根にルーフィング(アスファルトルーフィング)を敷きます。(防水の為です)
 
ルーフィング2
ルーフィング敷き2

下から上(軒先から棟)へルーフィングを重ねて貼っていきます。
ルーフィングを止めるのにコンプレッサーで釘止めします。(コロニアルを貫通して止め、釘がルーフィングを突き破らないように、薄板を下敷きに打ち込み固定します。)
 
本谷取付
本谷取付

ルーフィングを張り終えると、本谷、捨て谷を取り付け、雨水の通り道を作ります。
 
スターター取付
スターター取付

役物を取り付けた後に、軒先廻りにスターターを取り付けていきます。
雨樋にうまく雨水が流れるように水切り付きの専用部材を取り付けます。
 
金属瓦葺き
金属瓦葺き

軒先スターターに引っ掛けるように棟に向かい金属瓦を葺いていきます。
途中、雪止め金具を取り付けます。
 
棟取付
棟取付

棟まで金属瓦を葺き終り後、棟を造作します。
 
施工完了1
施工完了1

棟板金を取り付け、カバー工法 完了です。
 
施工完了2
施工完了2

本谷の仕上がり写真です。
 
下屋根 雨仕舞
下屋根 雨仕舞

下屋根や外壁に面した箇所は、雨押さえの金物を取り付けます。
壁との取り合いをコーキングで処理します。
 
下屋根処理
雨押え完了

下屋根の完了写真です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
施工前

コロニアル葺きのオーソドックスな屋根です。
経年劣化で傷みはありましたが、瓦の割れや脱落などはありませんでした。
棟板金にはかなりの浮きが見られました。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板の金属瓦を、カバー工法にて仕上げました。軽量な金属がわらなので耐震性能が高まりました。

<使用材料>ニチハ:横暖ルーフS 屋根全周 雪止め
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)完了です。
今回は築30年超えのお宅で、カバー工法をお勧めしました。

和瓦タイプでしたら、天井に点検口を開け、水の後追いをし、漏水個所を特定・補修または葺き替えになります。
コロニアルタイプですと、30年以上経過した瓦は他の場所も傷みが激しいので、常に補修が必要になる恐れがあります。
葺き替えの場合は、コロニアルにはアスベストが混入しており、既存コロニアルの撤去に莫大な費用がかかる為、カバー工法をお勧めしました。

耐震性の高い軽量な金属瓦と重ね葺きになるので雨漏りの心配も少なく、何度も補修を繰り返すことも少なく、ベストな工法と思います。

既存の屋根に瓦を葺かれておられ、耐震にご不安のある方、既築年数の高い屋根にご不安を持たれている方々には、金属瓦葺きをお勧めします。

担当:杢谷
 

千葉県船橋市松が丘にて雪止め金具工事(カラーベスト用の後付けタイプ)

真冬の大雪になる前に、早めに手を打っておいた方がよい雪止め金具。現在の新築の多くは、建てた当初から雪止め金具を設置しているお宅が多いですがあくまで雪止め金具も屋根工事におけるオプションなので最初から設置しないお宅もあるのが現状です。また設置していないことにより、雪の落下による雨樋の破損やカーポートなどの家周りにあるエクステリアなどの破損も現状増えています。すならないためにも屋根の雪止め金具はとても重要なものです。

今回は足場が無い状態でしたので梯子を使用しての雪止め金具設置です。
(*設置箇所や屋根の傾斜や勾配によっては足場が必要な場合がありますので、設置する前には現地の下見は欠かせません。)

まずは屋根に梯子をかけて取付開始します。
CIMG3444
梯子の先端に付いている「足」。
これがあると雨樋にたて掛けることも無く、横滑りも無いので安全に昇降ができます。
CIMG3446
雪止め金具を取付する際、ハンマー等で叩いて差し込むのですが、その振動で屋根の隙間から溜まった雨水がでてきていました。

カラーベスト用の雪止め金具
今回はカラーベスト用の後付け雪止め金具を取り付けました。以前に屋根の塗装がされていた色がブラックでしたので、雪止め金具の色も屋根色に合わせてブラックで設置しました。

下屋根の雪止め金具
下屋根にも大屋根と同じように雪止め金具を設置しました。

今回は他社さんで屋根塗装を2回しているお宅での工事だったのですが塗装の際に縁切りがされてなく、屋根材(カラーベスト)の中に水が溜まってしまっている状態でした・・・
屋根塗装は2回目、3回目と塗り重ねをしていくと隙間が埋まってしまい雨水が滞留しやすくなり屋根材の劣化を進行させてしまうので縁切り作業はしっかり行う事が大切です。

雪止め金具の金額や施工事例はこちらをご覧ください


施工場所・・・千葉県船橋市松が丘
船橋支店  根来孝至

この時期になると・・・雪止め金具

バタバタです。師走ってやつですね・・・根来です。 そして、この時期にお問合せが多いのが雪止め金具設置工事依頼です。 先日も屋根に登って付けてきましたよ♪ 雪止め金具たち・・・。


CIMG0529-300x2251
薄型スレート屋根の場合は差し込み式です。

CIMG0534-300x2251
取付け後はこんな感じに・・・


IMG_5676-300x225
金属屋根の場合は挟み込み式です。

CIMG0104-300x225
取付け後はこんな感じに・・・

屋根の種類によって適した金具を選びます♪


瓦の雪止め金具設置工事

こんにちは、船橋支店の根来です。 瓦屋根のお宅から雪止め金具の設置依頼を頂いたので 施工しました。 今まで雨樋が雪の重みで外側に傾いてました。 雪止めを設置して雨樋の傾きも直したのでこれで安心です。 同様にお困りの方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

瓦の雪止め金具

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス