電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
市川支店スタッフ工事日記
2019.01.12

耐候性の高い高機能塗料で外壁を際立つツートーンで仕上げる:船橋市田喜野井

外壁塗装屋根塗装屋根遮熱塗装無機塗装
この記事を書いたスタッフ 市川支店 杢谷

今回の案件は、船橋市田喜野井でのインターネットからお問合せを頂いた御客様です。
サイディングボードの外壁、コロニアルの屋根の一般的なお家での施工でした。

カビ、苔、藻類の汚れを気にされており、アステックペイント防カビ防藻剤アステックプラスSを取材に添加しての施工をさせて頂きました。
 

コーキング廻り

目地コーキング施工前
コーキングが硬化し、痩せてサイディングボードから剥離した状態でした。

目地コーキング抜き取り
カッターでコーキングW抜き取り、養生テープを貼ります。

目地コーキング打替え 施工後
コーキング材(変性シリコン)を充填し、ヘラで均し、養生テープをはがします。 

目地コーキング打替え

目地コーキング打替え2

旧部材抜き取り後
壁4面の内、1面のコーキングを抜き取った写真です。 

外壁塗装

下塗り1
白い外壁ですと、シーラーを塗布しても見難いですが、若干外壁色が濃くなるので、見分けがつきます。
噂ですが、この工程を省いてしまう塗装屋さんもいるそうなので、お気を付けください!

下塗り2
下塗りは、塗装の命と言われるほど、重要な工程です。サイディングボードには、エポキシ系のシーラーを使用しました。(アステックペイントエポパワーシーラーを使用)

下塗り前の外壁色
下塗り前は、色が褪せているので、白く飛んでいます。浸透性シーラーを塗る前の色です。 

中塗り1
同系色の壁面塗装ですが、凹凸が激しいので、しっかりと塗り込みます。液ダレが無いように仕上げるのも職人の腕が必要です。

中塗り2
元の外壁色と反対色になるので、細部までしっかりと塗り込まないと、色が透けてしまいます。こちらも職人の腕の差が出るところです。

中塗り3
中塗り写真です。

外壁 施工後1
大屋根の軒裏、破風板もしっかり塗装完了しました。 

外壁 施工後2
附帯部の雨樋、小庇、小庇軒、破風も指定色で塗装します。

外壁 施工後3
ビニール養生を剥がし、ラインのチェック、はみだし箇所の補修、液ダレのチェックをして外壁塗装は完了です。 

屋根修理→塗装

瓦のクラック
高圧洗浄後、クラックが見えやすくなり、隠れたクラックが複数見つかりました。

クラックコーキング処理1
クラック部分は、コーキングにて補修後に塗装します。 

クラックコーキング処理2
屋根1面に複数クラックが生じていて、4面で合計8箇所をコーキング処理しました。
今回はクラック処理で済んで良かったのですが、中には瓦が抜け落ちていることもあるんですよ! 

棟板金釘の浮き
棟板金を止めている釘が頭を出しています。強い風や天候のせいで、板金の下にある貫板(ぬきいた)が痩せて、釘が抜けてくるんです。

浮き釘の打ち直し
板金廻りは、必ず浮き釘のチェックを行います。

屋根 下塗り
アステックペイント HBプライマー
外壁同様、下地が命です。しっかりと塗り込みます。

屋根 中塗り
下塗りをしっかり塗り込むが故、縁切り部材(タスペーサー)が必要になります。
瓦と瓦の重なりが塗料で埋まってしまうと、染み込んだ水の出口が無くなり、雨漏りの原因となります。(瓦下部の重なり) 

屋根 中塗り2
スリットに侵入した雨水の抜け道を確保するのが、縁切り部材です。
隙間が埋まったままだと、毛細管現象で水が瓦間を登って行き、雨漏りの原因になります。 

屋根 上塗り
2枚目の写真と比べると、艶が違うと思います。
タスペーサーを施工しているので、しっかり塗り込めます。
アステックペイント無機ハイブリッドコートJY-IR(無機遮熱塗料)屋根色:スチールグレー

施工前〜施工後

Before

ツートンカラーのサイディングボードのお家、目地コーキングの割れ、欠落、北面のカビ、藻類の繁殖、屋根の退色、苔枯れによる痛み等を気にされていました。 

After

外壁:リファイン1000MF-IR、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)色:ニンバス、ブロークンホワイト
屋根:無機ハイブリッドコートJY-IR色:スチールグレー
 

Before

枯れた苔、瓦色の退色、黒ずみが目立ち、瓦もクラックが生じていました。 

After

アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR屋根色:スチールグレータスペーサー(縁切り部材):ダブル(瓦1枚に2個取付)

今回も、アステックペイント超耐候塗料での施工をさせて頂きました。外壁耐候年数15年~20年、屋根耐候年数15年~20年です。中でも、無機ハイブリッドコートJY-IRは、施工20年後の光沢保持80%以上の優れものです。
耐候性は、フッ素の1.5倍、シリコンの2.4倍とされています。絶対おすすめの屋根材です。少しお高いですけど・・・。
リフォームをお考えの方々、是非、弊社にご相談をしてみて下さい。お見積もりは無料! 様々なご要望に対し、的確なアドバイス・ご案内ができる事と思います。

この記事を書いた人
市川支店 杢谷
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区