電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
千葉本社スタッフ工事日記
2015.10.17

コロニアルからガルバリウム鋼板のカバー工法:屋根葺き替え工事 千葉市中央区川戸町

屋根葺き替え工事
この記事を書いたスタッフ 本社 本間

今回はコロニアル屋根の上からガルバリウム鋼板のカバー工法を行いました。ガルバリウムとはアルミニウム55.0%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%の合金メッキ鋼板の名称です。従来の鋼板に比べて耐久性耐腐食性施工性に優れ、また軽量であることから耐震性の心配もありませんので最近はガルバリウムの屋根が増えてきています。※カバー工法とは、従来の屋根葺き替え工事と違い、瓦(カラーベスト)を葺き替えることなく、新しい屋根に変えることです。カラーベストの上からガルバニウム鋼板でカバーします。非常に軽いガルバニウム鋼板だからこそ出来る方法です。

こちらが既存の屋根になります。T様のお宅では雨漏りしている訳ではありませんでしたが、今後のメンテナンスや家の美観を考慮してガルバリウムを選ばれました。唯一ご心配されていたのが雨天時の雨音です。確かに瓦やコロニアルに比べてガルバリウム鋼板は非常に薄い素材ですので雨音はしますが、断熱材入りを使用する事で問題は解決です。

施工はまず既存の棟板金を外しルーフィング(防水シート)を下から張っていきます。ルーフィングは雨漏りを防ぐ大切な下葺き材になりますので、上下左右共に十分に重なっているかどうか確認します。

次に屋根の谷部分を先に施工し、ガルバリウム鋼板を加工して下から順番に重ね合わせ、専用のビスで固定していきます。

鋼板が張り終わったら棟に木材の下地を入れ、棟包みを専用のビスで取り付けていきます。

最後防水シール処理を行い完成です。ガルバリウムは施工時に傷付きやすい素材でもありますので、施工が終わったら必ず目視で点検を行います。

こちらが完成の写真になります。ガルバリウムの耐久年数は25年と非常に高く、塩害の地域でも15年となっています。特にメンテナンスをする必要はありませんが、やはり時々点検することをお勧めします。
今回はカバー工法でしたが、もし瓦屋根等からガルバリウム鋼板に葺き替えを検討されている方がいましたら、ルーフィングの上に遮熱シートを入れるなど遮熱や防音の対策をする必要も出てくるかもしれませんのでお気軽にご相談して下さい。

→オリエンタルホームサービスの屋根葺き替え工事工事はこちら

この記事を書いた人
本社 本間
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区