陸屋根ウレタン通気緩衝工事 千葉市若葉区千城台東

IMG_8285-1
千葉市若葉区千城台東で2階建ての陸屋根防水工事をしました。
今回工事した建物は築30年で、定期的にメンテナンスをしていたので大きな破損はありませんでしたが、トップコート劣化が見受けられ排水廻りに汚れが溜まっている状態で、良いタイミングでの工事となりました。

陸屋根は傾斜がなく、水捌けも悪いので雨漏りしやすく、それだけ防水が重要になります。
今回の施工はウレタン防水通気緩衝工法です。

通気緩衝工法とは、膨れの原因である水分を、通気緩衝シートと脱気筒で逃がすことが出来ます。
またウレタン防水なので面で防水機能を維持でき、膨れ以外にも通常の防水効果もある工法となります。
通気緩衝工法の一部をご紹介致します。
 

工事前

pict191217_1607230000
工事前の写真です。
メンテナンスをしていなかった為、ドレンのごみ詰まりや、床面と立上りの一部膨れがある状態でした。
 
IMG_6381
排水廻りです。
土や葉っぱが集まっていて、水はけがわるく、雨水が溜まりやすくなってしまっていました。
ごみを取り除き洗浄をしていきます。
 

ウレタン防水通気緩衝工法

IMG_8256
洗浄しカチオンで下地調整をします。床表面を整えます。
 
IMG_8259-1
プライマー塗布します。下地との密着を強くし膨れ防止の役割があります。
 
IMG_8260-2
床面に通気緩衝シートを貼っていきます。
 
IMG_8286
脱気筒を取り付けます。
下地→通気層→脱気装置という流れで滞留水分が抜け、防水層の膨れを抑制します。
 
IMG_7670
シートの継ぎ目をテープで固定していきます。
 
IMG_7669
今回は脱気筒を2箇所に設置しています。
 
IMG_8262-1
立上りです。下地処理をしていきます。
 
IMG_8264-1
立上りの表面を整えていきます。
 
IMG_8268-1
膨れ等を整えたら、さらにカチオンで下地調整をしていきます。
カチオン系モルタルは接着に優れており頑丈でヒビが入りにくいものです。
 
IMG_7672
立上りにメッシュシートを貼っていきます。
メッシュを貼ることで地震や衝撃への強度が増します。
 
IMG_7674
メッシュにウレタンを塗布していきます。
 
IMG_8271-1
床面です。ウレタン防水一層目です。
 
IMG_7771-1
平場、立上りにウレタン防水2層目を塗布していきます。
塗膜に厚みをつけます。防水層に厚みをつけたら仕上げに入ります。
 
IMG_7964
仕上げのトップコートです。
ウレタン塗膜層を紫外線から保護する役割をしています。
 
IMG_7965
グレー色で仕上げのトップコートをしていきます。
 
IMG_7975-1
トップコート中です。平面、立上りを全て塗ったら完了です。
 

工事後

247784c9318e3b0266daac955656e65d
仕上げ後です。平面、立上りとトップコートしていますので防水層を紫外線から保護します。
 
IMG_7997
ドレン廻りも綺麗に仕上がっています。ストレーナーも新しいものになってます。
 
c6dc3379737525f86081d80dfa0b91c1
今回は施主様のご要望と予算に応じて、ウレタン防水通気緩衝工法で工事をしました。

膨れ対策として脱気筒を2箇所に設置しています。陸屋根の防水は、ほぼ平らなので防水層の質が重要となります。
経年劣化すると立上りのひび割れや排水管廻りなどからの雨漏りが多い建物となりますので定期点検を推奨します。

屋根などの高所は目視確認が困難な箇所となりますのでメンテナンスする、しないにかかわらず、プロに点検を依頼し、お住まいの建物状態を知っておくことが大切です。

点検とお見積りは無料となっていますので弊社オリエンタルホームサービスにお気軽にお問合せ下さいませ。

また、LINEでのお問合せを始めています。LINEなので、スマホから簡単にお問合せが可能となってます。
建物写真を送信して頂ければ、素早く見積もり対応が出来ますので、是非ご利用下さいませ。

担当 渡部
 

佐倉市城で外壁・屋根の塗装と大工・防水工事

IMG_4918
佐倉市城のお客様より、外壁塗装、屋根塗装のご依頼を頂戴しました。

着工が11月でしたが、着工の1週間前の雨で、漏水が発覚。
散水テストを実施した結果、バルコニーからの漏水でしたので、大工工事と防水工事も行うことになりました。
 
2Fがモルタル、1Fがサイディングボードのお宅です。
敷地内に電線が走っている為、電線を防護する防護管の設置も必須でした。
 
IMG_201910092059346
こちらは、施工前の破風板。
IMG_6813-2
元々傷んでいたところに、9月の台風15号、10月の19号が通過したため、破損していました。
 
IMG_6789
高圧洗浄→養生&大工工事の後は既存の古いシールを抜き取っていきます。

抜き取るのは縦のシールのみ。サッシ周りは増し打ちにて施工していきます。
 
IMG_6797
こちらは抜き取ったシールの一部。
カッターを入れて、引っ張って抜き取っていきます。
 
IMG_6822
シールを抜き取った後は、新しいシールを打っていきます。
周りに貼ってある紫色のテープをはがすと、シールだけが残ります。
 
IMG_6886-3
1Fサイディングのシールと並行して、2Fの下塗りを進めていきます。

2Fはモルタルですので、塗料の吸い込み防止の為に下塗りを2回入れ、計4回での塗装を施します。
 
IMG_6890
1Fも下塗りに入っていきます。
 
IMG_6891-2
今回は1Fの色がガラッと変わって濃くなるため、下塗りを白にしていきます。
 
IMG_7081-1
この写真、真ん中を境に違う色になっていますが、実は同じ塗料の同じ色です。

左の紫色の部分が上塗り、右の茶色の部分が中塗りです。
顔料の関係で塗りたては紫色ですが、乾燥していくと右側の茶色の色に変化していきます。
 
IMG_7076
乾燥するとこの様に同色になります。
 
IMG_202001312006570
悪さをしていた、問題のバルコニー。
タイルが敷いてあったために、バルコニー床のクラック(ヒビ)に気が付かずに生活されていたんですね。
 
IMG_202001312006571
そのバルコニーを洗浄していきます。
 
IMG_202001312006572
そのバルコニーに新たな下地となるコンパネを打ち付けて施工していきます。
このコンパネが、新しい床になるわけです。
 
IMG_202001312006573
溝の部分にもコンパネを打ち付けていきます。
 
IMG_202001312006576
そのコンパネにプライマー(糊付け材のようなもの)を塗布し
 
IMG_202001312006578
FRPのガラスマットを敷きこんでいきます。
 
IMG_2020013120065710
最後にFRPのトップ防水を2回塗布し
IMG_2020013120065711
悪さをしていたバルコニーの床が仕上がりました。
ドレンについている、ストレーナも交換しました。
 

施工前〜施工後

before
IMG_4918-1
allow
after
IMG_7230-1
冒頭に書いたように、ガラッと雰囲気が変わりました。
使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
 
2019年は、千葉県に強い台風が2つ襲来したうえ、9月以降はとにかく大量の雨が降った印象があり、それに伴って漏水もかなりの件数で起こっています。
ちょっとした漏水でも放置せずに、お気軽にお問合せ下さい。

本社 久保田
 

長期間外壁の美観を保つフッ素塗料を使用した塗り替え工事:千葉市若葉区千城台東

IMG_1249
千葉市若葉区千城台東で外壁塗装工事をしました。
一般的な家の壁に使用されている外壁材には、サイディング壁とモルタル壁などがあります。今回はサイディングの塗装工事です。

サイディングボードの建物で代表的な傷みが目地(シーリング部分)の経年劣化になります。
縦目地、サッシ廻り、入隅なども含めてシーリングの痩せやひび割れが発生します。

外壁塗装はただ塗っていくわけでなく、クラックや目地のコーキング処理、場合によっては下塗りを2回入れるなど現場によって工程が変わっていきます。

いくら良い塗料を使っても、下地処理をしっかりと行っていないと、意味がなくなってしまいます。

今回はフッ素塗料を使用した現場の工事中の一部をご紹介します。
 

工事前

IMG_9451
コーキングの痩せや亀裂、ひび割れが縦目地を中心に見受けれました。
コーキングの劣化は放置しておくと最悪、雨漏りやボードの浮きなどにも繋がってしまい、メンテナンスや美観にも悪影響を与えてしまいます。
 
IMG_9459
サッシ廻りにもコーキングが入っています。
四方で増し打ちしていきます。
 
IMG_9450-1
ボードの浮きや反りが発生していました。
縦目地の劣化が進むとサイディングボードが傷んできてしまいます。
 
IMG_9461
増築部のアルミサイディングです。

アルミサイディングも塗装が可能です。
専用の下塗り材を使用して塗装していきます。
 

工事中

IMG_0339
縦目地は打ち替え工事をしています。
既存の縦目地を切り取っています。
 
IMG_0372
テープを貼り、コーキング材を施工する準備していきます。
 
IMG_0424
縦目地を施工しています。
コーキング材を打っていきます。
 
IMG_0422-1
サッシ廻りのコーキングです。
コーキングが完了したらテープを剥がしていきます。
 
IMG_0436-2
附帯部の廻りもコーキングしていきます。
 
IMG_0354
サイディングが浮いていた箇所は、ビスで固定していきます。
 

3回塗装

IMG_0815-1
下塗りしています。
アルミサイディング用の下塗り材を使用しています。
下塗りは重要です。
 
IMG_0504
左側の綺麗な白い仕上がりの外壁が下塗り後です。
下塗りが完了したら主材塗装の工程です。
 
IMG_0816
中塗りをしています。
中塗りから主剤を使用しています。
クリーンマイルドフッ素を使用しています。
 
IMG_0818
上塗りをしています。
主材のフッ素塗料を重ねて塗る事で耐久性を高めています。
 
IMG_0829
上塗り後です。色は調色です。
57-70Dを使用しています。
 
IMG_0672-1
上塗り後です。57-70Dです。
個性的な鮮やかな色味となってます。
 

工事後

IMG_0674
コーキングです。
コーキングは塗膜で保護されているため、長持ちします。
 
IMG_0840-1
外壁だけでなく、附帯部塗装もしています。
塗り替え工事で美観を演出していきます。
 
IMG_0705
塗装後です。
軒天井や破風板は白で塗装しています。
最終点検をしてから足場を解体していきます。
 
IMG_1250
足場解体後です。
綺麗に仕上がりました。
 
before
IMG_9461-1
allow
after
IMG_1247
塗り替え工事をしたことで、建物の美観が蘇りました。

今回使用した塗料はSK化研のクリーンマイルドフッ素です。
フッ素塗料なので艶が長持ちします。期待耐用年数が15年~20年の塗料となっています。

今回はサイディングボードの浮きや反り、目地コーキングの剥がれや亀裂など様々な傷みが発生していました。
どの傷みも塗装の工程に入る前の下地処理が必要となる部分でした。
こういった下地処理をしっかりと行うことで、仕上がりや耐久性にもかかわってきます。

千葉市の塗装工事はオリエンタルホームサービスへお任せください。
建物の無料診断も行っていますのでお気軽にお問合せ下さい。

担当 渡部
 

横暖ルーフSでの屋根カバー工事と外壁塗装:印西市小林浅間

印西市の小林浅間にて、屋根のカバー工事と外壁塗装の工事を行いましたのでUPしていきます。
IMG_9802
築年数は30年近い積水ハウスの物件です。
モルタルに見えますが、サイディングボードのうえにモルタルを打って仕上げている仕様です。
数か所ですが、下地のボードのなりにモルタルが割れてしまっている箇所が複数個所ありました。
CJJD3038-1
施工前の大屋根です。
傷みが激しくコロニアルが欠落している箇所もありました。

XSQY4601
下屋根の北面です。
日当たりが良くない面ですので、大屋根の方が傷みは顕著でしたが、やっぱり傷みはありますね。
IMG_1417
まずは、屋根のカバー工事からスタートしていきます。
写真は既存の屋根の上にルーフィング(防水紙)を敷いているところです。
軒先にはゼロスターターを取り付けていきます。
IMG_1426
ルーフィングを敷いた後は、ニチハの横暖ルーフSを葺いていきます。
写真はちょうど雪止め金具を取り付けているところです。
カバー工事を行うと、降雪時に雪が勢いよく滑るようになりますので、雪止め金具は必須工事です。

IMG_1463-1
一番最初に水の通り道である「谷」という部分を板金で造作していきます。
IMG_1465
ここまでくると、大屋根の工程の8割強が終了です。
この後、後程登場するタフモックという貫板を下地に使用して、棟板金を造作していきます。
IMG_1618
こちらが例のタフモックです。
棟の貫板が黒くなっているのがおわかり頂けると思います。
樹脂製のタフモックを使用していくことで、万が一棟板金の中に水が侵入しても、木ではないので腐らないんです。
これ、なかなかおススメですよ。
IMG_1241-1
冒頭の通り、サイディングの上にモルタルを打ってある仕様ですので、どうしてもクラック(ヒビ)が発生します。
IMG_1240-5
目立ってしまっているクラックひとつひとつにクラック処理を施し、シールを打っていきます。
IMG_1335-1
クラックのシール処理が終わると、壁は下塗りへと入っていきます。
ILXJ2673
今回の塗料も弊社ブログに度々登場する、アステックペイントのリファインシリーズで、リファイン1000MF-IRという20年超の期待耐用年数を誇る、超耐久塗料です。
この写真で使用している下塗り材は同じくアステックペイントのホワイトフィラーAという下塗り材です。
IMG_1338
工程は中塗りへと移ります。
今回は軒天もリファインMFで塗装していきますので、軒天から作業を進めていきます。
NGDM4871
軒天を1周塗装し終わると、中塗りは壁へと移っていきます。
色はホワイトリリィという色です。

IMG_1413-2
上塗り後です。
養生も取れて、スッキリしましたね。


IMG_1414-1
シャッターボックスや、化粧帯などの付帯物も塗装を施していきます。
今回、樋は軒樋、竪樋共にPanasonicのファインスケアシリーズに交換していますので、塗装は施しません。

before
IMG_9802-1
施工前
細かいひび割れと色あせが顕著でした。
allow
after
IMG_2008
施工後
「思ってたよりもキレイに仕上がってスッキリしました」
と奥様。
化粧帯や樋を黒で仕上げたことで、お家がグッと締まりましたね。
今回はポータルサイトからのお問合せで、「カバー工法で工事してください」とのご指定でした。
「ウチは塗装でいけるのか?それともカバーしなきゃだめなのか?」
という疑問をお持ちの方、ぜひお声がけ下さい!!
先々のプランやご予算に沿ったご提案をさせて頂きます。

本社 
久保田

紫外線に強いシリコン塗料を使用した外壁塗装:花見川区宮野木台

IMG_1046-1
千葉市花見川区宮野木台で外壁塗装をしました。
築13年で日当たりが良い立地なので、紫外線に強いシリコン塗料を使用して塗装をしました。

建物を明るい印象にしたいとの事で、ブロークンホワイト(白)色を選んで頂き、外壁と附帯部(破風板、雨樋)を白にして、大きくイメージチェンジをしています。

使用した塗料は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRを使用。
このリファイン1000Si-IRは美観保持性に優れた塗料で、耐用年数が15年~18年でフッ素塗料と同等の高い耐候性を発揮する塗料です。
 
IMG_1067
工事前の外壁です。築13年です。
サイディングの色あせや汚れの付着が見受けられます。
色褪せはサイディングが傷み始めているサインです。
ボロボロになる前に手入れをする事がサイディングを長持ちさせるコツです。
 
IMG_1065
工事前の外壁です。日当たりの良い面です。

サイディングの色あせや、破風板や雨樋の色あせなどが見受けられます。
塗装する事で新築時の様な艶が蘇ります。
 

超低汚染リファインSi-IRを使用した外壁塗装3回塗装

IMG_3330
下塗りです。1回目の塗装です。
主材を塗装する前に、下塗りをして主材が密着しやすいようにします。
 
IMG_3328-1
今回の下塗りでは、クリヤー色を使用しました。
色が濃くなっている外壁が下塗りを施工している場所です。
 
IMG_3347
中塗りです。2回目の塗装です。
中塗りから主材を使用していきます。
リファイン1000Si-IRを使用してます。
色はブロークンホワイトです。
 
IMG_3363-2
下塗りと中塗りの写真です。
白くなっている部分が中塗り中の外壁です。
塗り残しが無いように塗装していきます。
 
IMG_3505-1
上塗り。3回目の塗装です。
主材を重ねて塗装していきます。
耐久性を高める工程です。
 
IMG_3497
主材を重ねて塗装していきます。
紫外線に強い塗料です。
 
IMG_3502
塗装後の外壁です。綺麗に仕上がってます。
ブロークンホワイトを使用して塗装しています。
 
IMG_3504
塗装後の外壁です。ベランダ面です。
リファインは高耐候性、遮熱性を有してるので、日当たりが良いベランダ面のサイディングをガッチリ護ります。
 

施工後

IMG_3809-1
工事後の写真です。雨樋を白で塗装してます。
 
IMG_3801-1
工事後の写真です、破風板とダクトカバーを白で塗装しています。
 
IMG_3802-1

IMG_3794

IMG_3785

IMG_3793-1

IMG_3786
外壁と附帯部を白で統一した事で、大きくイメージチェンジが出来ました。

今回外壁に使用した塗料は(超低汚染リファイン1000Si-IR)で色はブロークンホワイトです。
ブロークンホワイトはサイディングボードの建物だけでなく、モルタル壁でも映える色なので、かなりおすすめの色となってます。

白は汚れが付着しやすいイメージがあると思いますが、今回仕様したシリーズの塗料は、藻や苔の発生を抑え、親水性が高い(水となじみやすい性質)ので、塗装後の美観を長期的に維持する事が可能です。
アステックペイントジャパンのリファインシリーズは、美壁に求められるあらゆる機能を備えた塗料になっています。

千葉市で美壁革命、遮熱塗装で気になった方は、オリエンタルホームサービスへお問い合わせ下さい。
現地調査は無料です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。皆様のお問い合わせお待ちしております。

担当 渡部 大輔
 

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス