横暖ルーフSでの屋根カバー工事と外壁塗装:印西市小林浅間

印西市の小林浅間にて、屋根のカバー工事と外壁塗装の工事を行いましたのでUPしていきます。
IMG_9802
築年数は30年近い積水ハウスの物件です。
モルタルに見えますが、サイディングボードのうえにモルタルを打って仕上げている仕様です。
数か所ですが、下地のボードのなりにモルタルが割れてしまっている箇所が複数個所ありました。
CJJD3038-1
施工前の大屋根です。
傷みが激しくコロニアルが欠落している箇所もありました。

XSQY4601
下屋根の北面です。
日当たりが良くない面ですので、大屋根の方が傷みは顕著でしたが、やっぱり傷みはありますね。
IMG_1417
まずは、屋根のカバー工事からスタートしていきます。
写真は既存の屋根の上にルーフィング(防水紙)を敷いているところです。
軒先にはゼロスターターを取り付けていきます。
IMG_1426
ルーフィングを敷いた後は、ニチハの横暖ルーフSを葺いていきます。
写真はちょうど雪止め金具を取り付けているところです。
カバー工事を行うと、降雪時に雪が勢いよく滑るようになりますので、雪止め金具は必須工事です。

IMG_1463-1
一番最初に水の通り道である「谷」という部分を板金で造作していきます。
IMG_1465
ここまでくると、大屋根の工程の8割強が終了です。
この後、後程登場するタフモックという貫板を下地に使用して、棟板金を造作していきます。
IMG_1618
こちらが例のタフモックです。
棟の貫板が黒くなっているのがおわかり頂けると思います。
樹脂製のタフモックを使用していくことで、万が一棟板金の中に水が侵入しても、木ではないので腐らないんです。
これ、なかなかおススメですよ。
IMG_1241-1
冒頭の通り、サイディングの上にモルタルを打ってある仕様ですので、どうしてもクラック(ヒビ)が発生します。
IMG_1240-5
目立ってしまっているクラックひとつひとつにクラック処理を施し、シールを打っていきます。
IMG_1335-1
クラックのシール処理が終わると、壁は下塗りへと入っていきます。
ILXJ2673
今回の塗料も弊社ブログに度々登場する、アステックペイントのリファインシリーズで、リファイン1000MF-IRという20年超の期待耐用年数を誇る、超耐久塗料です。
この写真で使用している下塗り材は同じくアステックペイントのホワイトフィラーAという下塗り材です。
IMG_1338
工程は中塗りへと移ります。
今回は軒天もリファインMFで塗装していきますので、軒天から作業を進めていきます。
NGDM4871
軒天を1周塗装し終わると、中塗りは壁へと移っていきます。
色はホワイトリリィという色です。

IMG_1413-2
上塗り後です。
養生も取れて、スッキリしましたね。


IMG_1414-1
シャッターボックスや、化粧帯などの付帯物も塗装を施していきます。
今回、樋は軒樋、竪樋共にPanasonicのファインスケアシリーズに交換していますので、塗装は施しません。

before
IMG_9802-1
施工前
細かいひび割れと色あせが顕著でした。
allow
after
IMG_2008
施工後
「思ってたよりもキレイに仕上がってスッキリしました」
と奥様。
化粧帯や樋を黒で仕上げたことで、お家がグッと締まりましたね。
今回はポータルサイトからのお問合せで、「カバー工法で工事してください」とのご指定でした。
「ウチは塗装でいけるのか?それともカバーしなきゃだめなのか?」
という疑問をお持ちの方、ぜひお声がけ下さい!!
先々のプランやご予算に沿ったご提案をさせて頂きます。

本社 
久保田
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス

ページ
トップ
メールでのお問合せ