屋根工事、破損した棟板金を交換と遮熱塗装工事:香取市牧野

pict200216_1240170000
築18年の2階建ての改修工事をしました。壁(サイディング)屋根(カラーベスト)の塗装工事の1部をご紹介します。

香取市牧野で屋根板金工事、屋根塗装工事、外壁塗装工事をしました。あわせて、雪止め金具を設置したいとのことで新規で雪止め金具を設置後に、屋根塗装工事をしました。

写真は工事前の写真です。経年により藻やコケの付着が見受けられます。
また一部の棟が強風によりとばされ補強されていました。

棟の貫と板金を交換後、遮熱塗料を使用し、建物の美観を整える工事の一部をご紹介していきます。
 

棟交換工事

IMG_8602
工事前の棟板金です。
棟包みと貫、コーキングを撤去していきます。
 
IMG_8693-1
新しく貫を設置しています。
新規設置となるので木材ではなく樹脂製のタフモックを選んで頂きました。樹脂製なので水分で劣化することがありません。
 
IMG_8692
タフモック(貫)に棟包みを軒先から順にかぶせて固定していきます。
板金はブラックを使用しています。カラー板金なので色の種類が豊富です。
 
IMG_8855
棟交換後です。棟交換は、土台の貫と、板金交換をします。

長持ちする塗料を使用する場合は棟交換を検討してみてもよいと思います。
 

雪止め金具設置

IMG_8616-1
取付前の写真です。
雪止め金具を取り付けたいとの事でしたので、取付け工事をしています。

雪止めとは、屋根に積もった雪がいっぺんに地面に落ちることを防ぐために、屋根に設置する設備のことを言います。
 
IMG_8856-1
雪止め金具設置後です。
スレート用の金具を取り付けています。

降雪が少ないからこそ、あらかじめ雪止めを設置し、不意のトラブルや事故を未然に防ぐことが大切です。
施主様の安全意識を高く感じました。
 

屋根遮熱塗装工事

pict200216_1240000000
工事前です。高圧洗浄をしてから塗装工事となります。
 
IMG_8615-1
高圧洗浄をしていきます。洗浄後の屋根です。

色が白っぽくなっています。
今回は遮熱塗料を使用して3回塗装をしていきます。
 
IMG_9260-1
1回目の塗装です。下塗り工程となります。

アステックペイントの下塗り材を使用しています。
サーモテックシーラーを使用していきます。
下塗りですが、遮熱効果があります。
 
IMG_9101-1
下塗り後の屋根です。

下塗り材のシーラーは、上塗り材との密着性を高め、主材が屋根材に吸い込まれるのを防いでくれる役割があります。
 
IMG_9240
下塗りが終わった後、屋根材の重なり部分にタスペーサーを挿入し、隙間を確保していきます。

タスペーサーバネの構造で充分な隙間をつくります。
重ね塗りしても塞がれる心配がありません。
 
IMG_9247
色が黒くなっている面が中塗りです。
今回使用している主剤は、アステックペイント、スーパシャネツサーモSiとなります。

トゥルーブラックを使用しています。遮熱効果があるシリコン塗料です。
IMG_9227
上塗り中の写真です。
主剤を重ねて塗ることで耐久性を高め美観も整えていきます。
遮熱効果がより発揮されます。
 
IMG_9192
上塗り後の写真です。色はトゥルーブラックです。

人気が高い色となっています。
屋根は耐久性の高い遮熱塗料です。シリコンで13年~16年とされています。
 

施工前から施工後

IMG_7648-1
施工前の外壁です。

既存外壁の経年による色落ちを気にされておりました。
新築当初は明るい色だったとのことで、基本色ではなく特別仕様の調色を選ばれました。
 
IMG_9426-1
施工後の外壁です。

使用した塗料はアステックペイントのリファイン1000Si-IRです。
シリコンの中でも耐久性が高いものとなります。(期待耐用年数15年~18年)です。

今回使用した色は特別仕様の調色塗装となります。
 
IMG_7658-1
外塀の汚れを気にされていました。
艶をおさえた塗装が希望との事でしたので、SK化研アートフレッシュを使用して雰囲気あふれる塀塗装をしています。
 
IMG_9405
壁色に合わせて、塀塗装をしています。

SK化研アートフレッシュ(調色)3回塗装です。
建物とのバランスが取れています。
施主様のこだわりを感じる仕上がりです。
 
before
IMG_8615-2
塗装工事前のカラーベストです。
表面の色褪せが目立ちます。
塗装工事で美観を整えていきます。
 
allowdown
after
IMG_9196-1
今回は外壁塗装と屋根塗装工事の他に、棟交換、雪止め金具設置、バルコニー防水工事をしています。

千葉県内の塗装工事や屋根修繕工事、FRP・ウレタン防水工事はオリエンタルホームサービスまで一度お問い合わせ下さい。
点検からお見積りまで無料となっていますので、メンテナンスする、しないにかかわらず、お気軽にお問合せ下さいませ。
大切なお住まいの状態を知っておくという事が大切です。

また、LINEでのお問合せを始めています。LINEなので、スマホから簡単にお問合せが可能となってます。
建物写真が必要ですが添付して頂ければ、お悩みを解決できるようにスタッフがお答え致します。

この機会に無料診断のLINEを是非ご利用下さいませ。

担当:渡部
 

超高耐久ガルバを使用した屋根カバー工法 千葉市緑区おゆみ野中央

pict190705_1550330000
千葉市緑区おゆみ野中央で屋根重ね葺き工事を行いました。
屋根重ね葺き工事は、既存の屋根の上に防水紙と新規屋根材を重ねて施工することです。
重ねて施工するので、カバー工法といいます。

カバー工法のメリットは既存の屋根の上に、重ねるので2重の防水効果と遮熱性がアップします。
また、既存屋根を撤去しないので、工期短縮、処分費がかからず経済的な工事となります。
屋根材の形状や材質も選べるので、低価格でイメージチェンジしたい方などにおすすめな工事です。

今回の工事ではIGKOGYOのスーパーガルテクトシリーズを使用しました。
スーパーガルテクトは超高耐久ガルバを採用していて表面に遮熱性を兼ね備えている、耐久性が特徴の屋根材となります。

今回の工事は施主様のご要望で遮熱性フッ素樹脂を塗装したスーパガルテクトフッ素(最高グレード)の屋根材を使用した工事となります。
 

ルーフィング下ぶき施工

pict190705_1551210000
工事前の屋根の状態です。
今回はカバー工法なのでこの屋根材の上に防水紙を施工し、スーパーガルテクトフッ素本体を施工していきます。
 
IMG_1975-1
最初に防水紙を施工する準備をします。
棟包みと貫板を撤去します。
 
IMG_1984-1
棟包みと貫板の撤去が完了しました。
 
IMG_1991
雪止め金具も撤去します。
屋根上の障害物を撤去したら、防水紙を施工していきます。
 
IMG_1998
防水紙です。下葺き材、ルーフィングといいます。
今回使用している商材は田島ルーフィングのニューライナールーフィングを使用してます。
TAJIMA商品の中でも高耐久な商材となります。
 
IMG_2129
ルーフィングを軒先から棟にかけて施工していきます。
ルーフィングが完了したら、役物を施工していきます。
 
IMG_2074-1
軒先に役物を取り付けます。
今回は本体が黒なので、本体に合わせて黒で施工します。
 
IMG_2125
ケラバを取り付けています。
役物の取付が完了したら本体の施工となります。
 

スーパーガルテクトフッ素本体施工

IMG_2118
本体施工です。ルーフィング同様、軒先から棟にかけて下から順番に施工していきます。
 
IMG_2134-1
軒先から1枚1枚、重ね合わせて施工していきます。
重そうな材料を重ねて施工していますが、超軽量なので建物にかかる負担も心配いりません。
 
IMG_2126
スーパーガルテクトの断面です。断熱材が入ってます。
断熱効果の高いポリイソシアヌレートフォームを採用しています。
雨音などの遮音性能や難燃性能にも優れてます。
 
IMG_2114-1
雪止め金具を取り付けます。
 
IMG_2193
本体を棟まで施工したら、貫板、棟包みを施工します。
 
IMG_2214-1
IMG_2371
本体施工が完了したら、棟をおさめます。
 
IMG_2375
壁際にもコーキングを施工して、カバー工法完成です。
 
IMG_3296
IGKOGYOスーパーガルテクトフッ素、ブラックです。高級感ある艶で綺麗に仕上がってます。
 
IMG_2644-1
塗膜の耐久性が高い、遮熱性フッ素樹脂塗装を採用しているので変退色に強い屋根材です。
 
IMG_3563-1
壁際完成後です。
外壁の色と屋根材の色のバランスが絶妙な仕上がりです。
 
IMG_3322-1
カバー工法の完成です。綺麗に仕上がりました。美観もバッチリです。
次世代ガルバ鋼板なので耐久性も兼ね備えています。
 
IMG_2620
今回使用したスーパーガルテクトフッ素は塗膜の耐久性が高く色褪せしにくいので、いつまでも美しい外観を保てます。
ガルテクトシリーズは次世代ガルバ鋼板なので耐久性も向上している為、穴あきや赤錆にも強い商材です。

見た目だけでなく、遮熱や断熱性にも優れているので長期間住まいを快適にします。
屋根工事方法やカバー工法の屋根材で迷っている方におススメです。

ご予算に合わせて工事をご提案致します。
カバー工法、重ね葺き工事、お見積り無料なので是非お問合せ下さい。
LINEでの無料お問合せも対応しています。外壁塗装や屋根塗装も、お気軽にご相談下さい。

担当 渡部
 

ガルバリウム鋼板を使用した屋根重ね葺き工事 千葉市花見川区検見川町

IMG_8669
花見川区検見川町で屋根(カラーベスト)のカバー工法(重ね葺き)工事をしました。
今回担当したのはニチハパミール(カラーベスト材)から稲垣商事、ヒランビー(ガルバリウム鋼板)を使用したカバー工法です。

ICひらぶきヒランビー220はガルバリウム鋼板の屋根材で、軽量性に富んでいるので重ね葺きに適した屋根材です。
又、豊富な色(8色)から屋根材を選べるので建物に適したコーディネートが可能な屋根材となっています。
加えて綺麗な平葺きデザインとなるので、美しくスッキリとした屋根の見た目にする事が出来ます。

今回の工事ではインパクトのある色をチョイスしました。
インクブルーNC(U09Z)を使用しています。パミールからヒランビーへの屋根重ね葺き工事の一部をご紹介致します。
綺麗な屋根へ一新されています。
 

築13年ニチハパミール

IMG_8675-1
屋根材にパミールを使っている現場の写真となります。

パミールはカラーベストの先端から傷みが進行する素材となってます。
日当たりの悪い面は、軒先に痛みが出ています。
写真の白くなってしまっている部分が素地が傷んでいる箇所です。
 
IMG_8684-1
こちらは日の当たりが良い面の屋根写真です。

左記の写真と比較すると白い部分が少ないですが、屋根材先端の変色が見受けられます。

このまま放っておけば、水が滞留しやすくなっていますので、先端から徐々に剥がれてしまいます。
最悪のケースは屋根材ごとズレ落ちてしまいます。
 
IMG_8679
日の当たりが良い屋根です。
この写真ではあまり傷んでないようにみえますが、屋根材の先端に変色があるので、雨水が滞留し、湿気も溜まりやすい状態になっています。
 
IMG_8670
剥離が酷い箇所のアップの写真です。
剥離してしまっています。剥離が酷くなると、雨漏りの直接の原因に繋がってしまいます。
雨漏りする前のメンテナンスが必要です。
 

重ね葺き工事

IMG_9250
重ね葺き工事では、既存の雪止め金具を撤去します。
 
28d9c38079433d5922cd17b6df614efe
矢印の箇所は棟板金です。
棟板金と板金を固定している貫板を撤去します。
 
IMG_9262
撤去した貫板です。
 
IMG_9261-1
撤去した棟板金です。
 
IMG_9244-2
下地処理を終えたら、ルーフィング(下葺き材)を施工していきます。
改質ゴムアスファルトルーフィングでの下葺きなので耐久性もばっちりです。
 
IMG_9248
戸建ての雨仕舞いは1次防水、2次防水の2重構造になってます。
1次防水は、屋根本体や板金による仕上げ材によるものです。

ルーフィングシートは2次防水の役割を担ってますので、重要な建材です。
重ね葺き工事でも使用します。
 
IMG_9260
軒先の役物、軒先スターターです。
 
IMG_9289
軒先加工中です。
軒先に取り付けていきます。
 
IMG_9287-1
ケラバ加工中です。
雨天時などに屋根からの水切りの役割を果たし、外壁や窓への吹き込み防止の役目があります。
 
IMG_9286
壁際の役物、雨押さえです。
外壁と屋根のつなぎ部分です。
 
IMG_9296-1
役物全体の写真です。
役物施工が終わったら、屋根材施工になります。
 
IMG_9324-2
ヒランビーを軒先から施工しています。
軒先から順番に施工していきます。
 
IMG_9325
ヒランビー施工中の写真です。
きれいに仕上がってます。
 
IMG_9282
ヒランビー施工中です。
棟の部分です。雪止め金具も取り付けています。
 
IMG_9508
棟板金の貫板は腐食を起こさない樹脂製貫板を使用しています。
樹脂製の貫板は、湿気や雨水の影響による腐食がないので長期の耐久性が期待出来ます。
 
IMG_9509
樹脂性貫板です。
ビスで固定していきます。
 
IMG_9361
樹脂製の貫板施工が終わったら、棟板金を施工します。
貫板がしっかりしているので板金が風で飛ばされてしまう心配もいりません。
 
IMG_9363
施工後の壁際の屋根です。
綺麗に仕上がってます。
 

重ね葺き施工後

IMG_9448
施工後の写真です。
インクブルーが映えてます。
 
IMG_9447
施工後の写真です。
今回は屋根材のブルーに合わせて、破風板も青で塗装しています。色合いも綺麗です。
 
IMG_9429
施工後の写真です。
 
IMG_9432
施工後の写真です。
 
IMG_9438
施工後の写真です。
 
IMG_9356
施工後の写真です。
 
IMG_9450
今回の重ね葺き工事にて使用した屋根材は、稲垣商事のひらぶきヒランビー220です。色はインクブルーNC(U03Z)です。
高級感溢れるブルー色となっていて、かなりおすすめな色です。

ヒランビーはデザイン性も高く耐久性ある屋根材なので、カバー工法にお勧めです。
カバー工法はコストパフォーマンスが高く経済的な工事です。
カバー工法を検討している方はぜひオリエンタルホームサービスまでお問い合わせ下さい。

カバー工法、葺き替え工事、瓦の積みなおし工事等、屋根工事を検討している方は是非弊社へお問い合わせ下さい。

担当 渡部
 

カラーベスト屋根の雪止め金具取り付け工事:千葉県佐倉市染井野

2年前に関東地区でも沢山の雪が降りました。当時は交通渋滞や事故など様々な災害に見舞われました。異常気象によりあまり雪が降らない場所でも大雪になる目安になったと思います。

関東地区または千葉県内においても屋根の雪止め金具の設置工事は必要な工事だと思います。2年前も大雪の後に沢山の問い合わせを頂きました。

今回はこちらの現場にて雪止め金具の設置を行いました。

屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
大屋根、下屋根両方に取り付けをしました。形状的に家の四方から雪が落ちる可能性がありますので全体的に取付を行いました。
左には駐車場のカーポートがあり、雪が落ちて割れやすい位置にあります。
また前面は道路ですので取付をした方がいいですね。


屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
既存屋根下地がカラーベストですので今回はこちらの雪止め金具を取り付けしていきます。
大きなホームセンター等でも取り扱っていまして、一般の方でも手に入ります。
ただ施工は屋根に上がっての作業となりますので、転落事故にならないように、専門業者に依頼して下さい。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
設置個所の写真ですが、屋根は塗装されており滑りやすくなってますので設置には十分安全に配慮して取り付けていきます。
左の隣家には物置が見えると思いますが、雪止め金具が無いと大きな雪が落ち破損やへこみなどの事故が発生してしまうかもしれません。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
施工中の写真です。
屋根に塗装がして有る為、金具の設置個所が塗料でくっついてしまっていますので、スクレイパー等の工具を差し込んで挿入スペースを確保しながら設置しました。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
施工完了写真です。これで雪が降っても安心ですね。
2年前の雪の後に沢山の問い合わせを頂いた時に様々な災害が起きていました。

車の板金が衝撃でへこんでいたり、駐車場のカーポートのアクリル板の屋根が割れたり、雨樋が重みにより破損したりなど色んな事がありました。最悪の場合は歩いている人に雪が当たって人身事故にもなる可能性もあると思いますので、雪止め金具工事はぜひともして頂きたい工事の中の一つです。


屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
雪止め金具にも様々な種類がありますので紹介していきます。
今回施工した屋根材はカラーベストでしたが、和瓦にも設置はもちろん可能です。
築年数がたっていても後からの設置は全然できますので安心して下さい。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
このように瓦の形状に違和感なく取り付けできるような様々な色や形の雪止め金具があります。
美観も大事だと思いますので、色や形にもこだわって工事する事もできます。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
こちらは瓦棒タイプに設置できるものです。
通常の屋根より表面がツルツルしていますので、大き目のしっかりした部材を取り付けします。
またオプションで屋根の端まで一本で繋がった部材や枯葉除けネットもプラスして取り付けもする事も出来ます。
屋根の雪止め金具取り付け工事 千葉県佐倉市染井野
板金加工(ガルバリウム鋼板)の屋根には重なりにボルト締め付け型の部材を取り付けます。
色も現状の屋根色と同色ですので違和感が無く、家の美観として溶け込んでいると思います。


この様に現在沢山の雪止め金具の取り扱いがありますので、どのような屋根にも対応できるようになっています。
雪止め金具工事は工期も短く、コストもあまり掛かりませんので、まだ設置していない方は是非とも検討して頂きたい工事です。
今年は暖冬と言われていますが、いつ大雪がふるかも解りませんので、皆さん早めの準備をして下さい。

雪止め金具の料金や種類はこちらをご覧ください。

工事部 前田 

あすみが丘S邸外壁、屋根塗装工事

こんにちわ(*´ω`) 最近暑くて飲んだ物を汗からダダ漏れの…加藤です!!! あすみが丘S邸の外壁塗装屋根塗装工事完工しました(*^^)v
955b1c75d52723795ed5d1afbb6ca1cb

施工前は全体的に色褪せや苔などが多く大分傷んでました...

DSCF18281

壁も全体的にチョーキングという防水切れの
サインがでてましたI

チョーキングというのは、指の腹で壁をなでると
指に壁の色の粉が付着することです!

是非地形によってチョーキングでたら
塗装考えてみて下さい!!


2015-04-12-10.22.05

まずわ旧塗膜を洗浄にてきれいに 落としていきます( `ー´)ノ

2015-04-10-14.33.41

壁もチョーキングで発生していた粉が 綺麗に落ちて白っぽくなりました!

e6ac74f89823534c326391da898b09a2

次は下塗りをガッツリ入れていきます! 塗装は下塗りが大事ですからね!!

5208dee92c9967db16a077293a6a82ec

壁も同様です(^^♪

4e0489d523cb2683686b3fce963af2ca1

下塗りから中塗りも入れていきます!
上塗りはもっと艶でますよ~( *´艸`)
f49ef2a14e91ed6fdf80c8599416bc2c

壁も下塗りから中塗り入れていきます( `ー´)ノ

before
2015-04-10-14.32.41


色褪せしていたやねも...

allow
after
2015-04-23-14.58.16

大分しまった感Gで仕上がって一安心です(*'ω'*)

before
DSCF1819

最初わ色褪せて明るくしまった感じがなかった 壁も...

allow
after
2015-04-28-11.30.08

引き締まって周りに溶け込んでますね!!


旦那さんにも最後自分の想像通りの色になってよかったです。
 って笑顔で言ってもらえてよかったです(#^^#) 
 この一言がどんなに嬉しいことか.…(^^♪m 無事終わってよかったです! 塗装お考えの方は是非自分にまかして下さい!
 でわ!

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス