無機塗装

耐候性の高い高機能塗料で外壁を際立つツートーンで仕上げる:船橋市田喜野井

施工後
今回の案件は、船橋市田喜野井でのインターネットからお問合せを頂いた御客様です。

サイディングボードの外壁、コロニアルの屋根の一般的なお家での施工でした。

カビ、苔、藻類の汚れを気にされており、アステックペイント防カビ防藻剤アステックプラスSを取材に添加しての施工をさせて頂きました。
 

コーキング廻り

目地 施工前
目地コーキング施工前

コーキングが硬化し、痩せてサイディングボードから剥離した状態でした。
 
目地コーキング打替え
目地コーキング抜き取り

カッターでコーキングW抜き取り、
養生テープを貼ります。
 
目地コーキング打替え 完了
目地コーキング打替え 施工後

コーキング材(変性シリコン)を充填し、ヘラで均し、養生テープをはがします。
 
目地コーキング施工後
目地コーキング打替え


目地コーキング施工後2
目地コーキング打替え2

抜き取り後
旧部材抜き取り後

壁4面の内、1面のコーキングを抜き取った写真です。
 

外壁塗装

下塗り1
下塗り1

白い外壁ですと、シーラーを塗布しても見難いですが、若干外壁色が濃くなるので、見分けがつきます。

噂ですが、この工程を省いてしまう塗装屋さんもいるそうなので、お気を付けください!
 
下塗り2
下塗り2

下塗りは、塗装の命と言われるほど、重要な工程です。
サイディングボードには、エポキシ系のシーラーを使用しました。
(アステックペイントエポパワーシーラーを使用)
 
下塗り前の外壁色
下塗り前の外壁色

下塗り前は、色が褪せているので、白く飛んでいます。
浸透性シーラーを塗る前の色です。
 
中塗り1
中塗り1

同系色の壁面塗装ですが、凹凸が激しいので、しっかりと塗り込みます。
液ダレが無いように仕上げるのも職人の腕が必要です。
 
中塗り2
中塗り2

元の外壁色と反対色になるので、細部までしっかりと塗り込まないと、色が透けてしまいます。
こちらも職人の腕の差が出るところです。
 
中塗り3
中塗り3

中塗り写真です。
 
外壁 施工後1
外壁 施工後1

大屋根の軒裏、破風板もしっかり塗装完了しました。
 
外壁 施工後2
外壁 施工後2

附帯部の雨樋、小庇、小庇軒、破風も指定色で塗装します。
 
外壁 施工後3
外壁 施工後3

ビニール養生を剥がし、ラインのチェック、はみだし箇所の補修、液ダレのチェックをして外壁塗装は完了です。
 

屋根修理→塗装

IMG_6256
瓦のクラック

高圧洗浄後、クラックが見えやすくなり、隠れたクラックが複数見つかりました。
 
クラックコーキング処理1
クラックコーキング処理1

クラック部分は、コーキングにて補修後に塗装します。
 
クラックコーキング処理2
ラックコーキング処理2

屋根1面に複数クラックが生じていて、4面で合計8箇所をコーキング処理しました。

今回はクラック処理で済んで良かったのですが、中には瓦が抜け落ちていることもあるんですよ!
 
棟板金釘の浮き
棟板金釘の浮き

棟板金を止めている釘が頭を出しています。
強い風や天候のせいで、板金の下にある貫板(ぬきいた)が痩せて、釘が抜けてくるんです。
 
浮き釘の打ち直し
浮き釘の打ち直し

板金廻りは、必ず浮き釘のチェックを行います。
 
屋根 下塗り
屋根 下塗り

アステックペイント HBプライマー

外壁同様、下地が命です。
しっかりと塗り込みます。
 
屋根 中塗り
屋根 中塗り

下塗りをしっかり塗り込むが故、縁切り部材(タスペーサー)が必要になります。

瓦と瓦の重なりが塗料で埋まってしまうと、染み込んだ水の出口が無くなり、雨漏りの原因となります。(瓦下部の重なり)
 
屋根 中塗り2
屋根 中塗り2

スリットに侵入した雨水の抜け道を確保するのが、縁切り部材です。

隙間が埋まったままだと、毛細管現象で水が瓦間を登って行き、雨漏りの原因になります。
 
屋根 上塗り
屋根 上塗り

2枚目の写真と比べると、艶が違うと思います。

タスペーサーを施工しているので、しっかり塗り込めます。

アステックペイント無機ハイブリッドコートJY-IR(無機遮熱塗料)
屋根色:スチールグレー
 

施工前〜施工後

before
施工前
ツートンカラーのサイディングボードのお家、
目地コーキングの割れ、欠落、北面のカビ、藻類の繁殖、屋根の退色、苔枯れによる痛み等を気にされていました。
 
allow
after
施工後
外壁:リファイン1000MF-IR、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)
色:ニンバス、ブロークンホワイト

屋根:無機ハイブリッドコートJY-IR
色:スチールグレー
 
before
屋根 施工前
枯れた苔、瓦色の退色、黒ずみが目立ち、瓦もクラックが生じていました。
 
allow
after
屋根 施工後
アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR
屋根色:スチールグレー
タスペーサー(縁切り部材):ダブル(瓦1枚に2個取付)
 
外壁・屋根塗装 完了
今回も、アステックペイント超耐候塗料での施工をさせて頂きました。
外壁耐候年数15年~20年、屋根耐候年数15年~20年です。
中でも、無機ハイブリッドコートJY-IRは、施工20年後の光沢保持80%以上の優れものです。

耐候性は、フッ素の1.5倍、シリコンの2.4倍とされています。
絶対おすすめの屋根材です。少しお高いですけど・・・。

リフォームをお考えの方々、是非、弊社にご相談をしてみて下さい。
お見積もりは無料! 様々なご要望に対し、的確なアドバイス・ご案内ができる事と思います。

担当:杢谷
 

漏水で腐食したベランダ床の修理・改修と水捌け改善・防水工事:市川市中山

今回の案件は、ベランダ床の水捌けの改善とベランダ軒の雨染みを気になされ、お見積依頼を頂いたお客様でした。

既存のベランダ防水はゴムシート防水をされておりましたが、集水口廻りからの漏水が見られ、ベランダ軒の雨染みの様子から、軒を開口するまでも無く内部の桁・胴縁まで腐食が進んでいることが容易に想像できるほどでした。

ベランダ軒の開口、桁、胴縁、コンパネ張りにより、ベランダ床の水捌けの改善工事のご報告とベランダ工事と併せて、外壁フッ素塗装、屋根無機塗装となりました。
 

ベランダ工事

ベランダ施工前
<開口前>

集水口下に漏水跡。ここまでの漏水跡は、空けるのが怖くなるくらいの物でした。白蟻がいないか心配です。
 
ベランダ開口後
<開口後>

案の定、桁の一部、胴縁、梁の一部の腐食と、床下地のコンパネが腐食していました。
 
木部補修1
<桁、梁、コンパネ補修>

腐食部をきれいに削り取り、接ぎ木して補修しました。

桁、梁等の主要木部は、垂木を抱かせ、金物補強で補修しました。
 
木部補修2
<桁、梁、コンパネ補修2>

梁は、変色が見られましたが、深刻なほどの痛みではなかったので、金物もしっかりと固定できました。
 
防蟻剤散布
<防蟻剤散布>

蟻道、白蟻は見受けられませんでしたが、防蟻剤を散布して、ベランダ軒を閉じました。
 

ベランダ床調整、FRP2PLY防水

ベランダ施工前
<ベランダ床施工前>

ベランダ床の半分くらいまで、水溜まりの跡が見受けられます。雨の後、水たまりが残り、いつまでも水が引かないことを悩んでおられました。
 
ベランダ傾斜付け
<ベランダ床 傾斜付け>

既存の床に垂木(前傾斜に高さ調整)を施工。コンパネを上張します。
また、手前には、水の流れを改善の為、側溝を作りました。
 
コンパネ張り完了
<コンパネ敷完了>

コンパネを敷き終わり、継ぎ目をパテ処理、入隅を割れ防止のクッション材取付をし、FRP防水プライマーを塗布します。
 
FRP防水1
<ガラス繊維マット敷>

コンパネの上にガラス繊維マットを2層重ね敷します。
 
エポキシ樹脂
<エポキシ樹脂>

ガラスマット(2PLY)の上から、エポキシ樹脂を流し込みます。
乾燥すれば、ガラス繊維強化プラスチック(G-FRP)防水の完了です。
 
before
ベランダ施工前
<ベランダ防水施工前>

ベランダの水捌けの問題は、かなり多くご相談を受けています。

大工職人と、防水職人の技術の差が出てくるところだと思います。
弊社は、自信を持ってお受けいたします。
 
allow
after
FRP防水完了
<FRP防水完了>

FRPトップ防水を施して、防水工事終了です。
劇的に水捌けが改善され、施主様に大変喜んでいただけました。
 

外壁・屋根 施工前→施工後

before
施工前

allow
after
施工後

外壁目地コーキングの打替え (変性シリコンNB)
外壁:アステック リファイン1000MF-IR (無機配合 遮熱フッ素塗料 色:クールホワイト)
屋根:アステック 無機ハイブリッドコートJY-IR (遮熱無機塗料 色:アイボリーブラック)
 
ベランダ軒の雨染みは意外に気付かない方が多いので、一度注意深くご覧になってみて下さい。
ひどい場合には白蟻の発生や梁の腐食等でベランダを撤去、再築する工事を何度も行っております。

今回のようなベランダの水捌けの改善のご相談も多数ございますので、気になっておられる方は弊社までお気軽にご相談ください。
 
担当:杢谷
 

評判の高いアステックのフッ素塗料と無機塗料で施工:葛飾区西新小岩

今回の案件は、ホームページにお問合せを頂いた葛飾区西新小岩の外壁・屋根塗装のご報告です。
サイディングボードの外壁とコロニアルの屋根瓦のお家で、周りにビルなどの高い建物が無く、日当たり良好のお家でした。

前回の外装工事より、高品質・高耐久の塗料のご相談を受け、迷わずアステックペイント リファインMF-IR無機ハイブリッドコートJY-IRをお勧めしました。

日当たりが良い立地条件だと、紫外線も強く浴びます。
塗料の劣化の主な原因は、紫外線でもあるので強い塗料で、遮熱機能のある塗料をお勧めしました。
そして、ベランダの痛みも激しかったので、防水工事も通気緩衝工法(ベランダ面積が大きい為)を施工いたしました。

before
P1100817-2
全体的に外壁が劣化し、外壁色が飛び、外壁目地もひび割れ、剥離、脱落した状態でした。
allow
after
P1120993-1
アステックペイント 
リファイン1000 MF-IR(スレートグレー)
無機ハイブリッドコートJY-IR(アイボリーブラック)で
施工いたしました。
 
目地シーリング打替え1
目地シーリング切り取り

目地のシーリングをカッターなどで、切り取ります。
目地シーリング打替え2
目地シーリング打ち

使用するシーリングは変性シリコンノンブリードタイプ。
塗装に適した材料です。
外壁下地処理(シーラー)
外壁塗装(下塗)

下地調整(シーラー)塗装です。浸透性のエポ系シーラーを使用しました。サイディングボードに浸透して、色の違いがはっきりと見られます。傷みが激しいですね。
 
外壁塗装(中塗り)
外壁塗装(中塗)

軒天の塗装後、下塗、中塗、上塗と工程を進めていきます。
外壁塗装(中塗り2)
外壁塗装 (上塗)

上塗りを完了後、塗装前に張ったビニール養生を剥がし、雨戸、樋等の附帯物を塗装して完了です。
 
外壁塗装 仕上がり
外壁塗装 完了

附帯物の樋、雨戸、出窓などの天場もしっかり塗装し、外壁塗装は、完了です。
屋根塗装 1
屋根塗装前の確認

高圧洗浄後、瓦のずれや、欠落箇所、屋根板金の釘の浮きなど、チェックし、補修をします。
屋根塗装 2
瓦のずれ補修など

瓦のずれを修正、コンクリートボンドにて、接着しました。(本来は、釘打ちで止まっていますが、釘が打てないので、ボンド付けです。また、ひび割れ、欠落は、パテ等で補修します。)
 
屋根塗装 3
縁切り部材設置

屋根の補修を行った後は、縁切り部材を施工します。タスペーサーという縁切り部材を瓦の間に挿入し、瓦が塗料によって接着しないようにします。
雨漏り防止になります。
 
屋根塗装 4
屋根塗装(下塗)

屋根塗装も3回塗りで仕上げます。
プライマー、中塗、上塗です。
基本、ローラーで仕上げていきます。
屋根塗装 5
屋根塗装(中塗)

光沢のある良い仕上がりです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは、20年以上経過しても、光沢保持率80%以上を誇る超耐候塗料です。
ちなみにフッ素樹脂の耐候年数は15年くらいです。
 
屋根塗装 6
屋根塗装(上塗)

アステックペイント
無機ハイブリッドコートJY-IR
色:アイボリーブラック

無機とは・・炭素を含まない化合物で、ガラスなどの様に紫外線により分解されない結合をもつものです。
 
今回のベランダ防水は、面積が広い事と、既存床面がモルタルであった為に、通気緩衝工法をお勧めしました。
ウレタン防水(密着工法)ですと、面積が広いと、剥離、膨れの可能性が大きくなるからです。
外壁、屋根塗装だけでなく、防水の関しても最適の工法、材料をお勧めしています。
 
防水 施工前
ベランダ防水・施工前確認

ベランダ床面が荒れて、ドレイン廻り(排水口回り)にも不安がありました。
周りがきれいになると、やはり気になってしまいますよね。
 
通気シート張り
通気シート張り

通気シートを施工し、床面から上がってくる蒸気を、このシートで抜け道を作る工法です。
もちろん、蒸気を抜く為に脱気筒を取り付けるのですが、密着工法ですと抜け道が無い為、膨れてしまいます。
 
通気緩衝工法 中塗
通気緩衝工法 中塗

通気シートの上にウレタン防水を施していきます。
通気緩衝工法 2
通気緩衝工法

ウレタン防水を2回施工した後、仕上げのトップ防水を施工し完成です。
脱気筒施工
脱気筒取付

先程ご説明した脱気筒です。
上がってきた蒸気を煙突のように外に逃がす事で、膨れたウレタン樹脂の破れを防ぎます。
 
ドレン廻り
ドレン廻り

ドレン廻りもシーリングとウレタン樹脂を流し防水完了です。
ドレンも新しいものに交換しました。
P1120989-1
外壁・屋根・ベランダ防水と外装リフォームのトップ3の施工でしたが、家屋のリフォームに関しては、先ず、外回りをしっかり固めてから、内装のリフォームをお考え下さい。
順序が逆になると、万が一雨漏りなどが起こってしまうと内装が台無しになってしまいます。そのような例をいくつも見てきていますので、お建て替えまでに、必ず一度は行うリフォームだと思いますので、お役立ていただければ幸いです。

また、リフォームをお考えの方々。良いアドバイスできますので、気軽にお声をお掛け下さい。
 

モルタル壁のひび割れに強いEC5000PCMで施工:市川市大野町

今回T様邸による外壁・屋根の塗装は、ASTECペイントの外壁EC5000PCM、屋根は無機ハイブリットコートJY-IRを使用しました。

お家の後ろ側がに苔や藻などが見られたため、防カビ剤プラスSという塗料を使いました。
これから塗装工事の流れと塗料の性能を分かりやすく説明していきます。
 
IMG_1718
塗装工事の一連の流れは、足場メッシュ養生→外壁屋根の洗浄→開口部養生→下塗り→中塗り→上塗りの順番になります。

良く聞く三回塗りとはこちらの事です。こちらの写真は足場を架けてメッシュ養生をした写真になります。
 
IMG_1735-2
外壁、屋根の洗浄を行ったあと、塗装できない箇所をビニール養生していきます。

一般的に金属は塗装できますが、アルミの部材などは塗装が剥がれやすくなるため塗装は避けます。
 
IMG_1744-1
<下塗り>

下塗りとは、元の外壁と新しく塗っていく塗料の接着剤のような働きをします。
 
IMG_1781-1
<中塗り>

中塗りは上塗りをしていく段階で、色ムラができないようにするために塗っていきます。
基本的には上塗りの塗料の色と同じになります。
IMG_1775
<上塗り>

今回使用した塗料、ASTECペイントのEC5000PCMの特長は、伸びる塗膜なのでひび割れに追随して、外壁の傷みを最小限に抑える役割となります。

外壁材がモルタルのお宅ですので、クラックやひび割れが起きやすいため、これは最適な塗料であることが言えます。
耐久年数も15年以上ということでフッ素同等の耐久性があります。
 
IMG_1729-2
<屋根洗浄後>

屋根の洗浄後の写真になります。
所々にひび割れがありましたため、コーキング処理をした後に塗装をおこないました。
 
IMG_1831-1
<屋根塗装後>

今回屋根の塗装に使用した塗料はASTECペイントの無機ハイブリットコートJY-IRという塗料になります。

この塗料の特徴は、フッ素以上の耐久年数と強い遮熱効果があることです。

夏場は特にエアコンの効きが良くなり実感することができると思います。
 
IMG_1922
上塗りが終了した後、付帯物の塗装をし工事完了になります。
 
最後までご覧いただきありがとうございます。

今回使用した塗料は、外壁、屋根ともにASTECペイントによる施工となりました。
様々なお宅の状態により、最も最適な塗料を選択致します。是非とも外壁、屋根の塗装でお考えの方は、オリエンタルホームサービスまでご連絡ください!

担当:大塚友教
 

御庭の樹木伐採と駐車場造作:船橋市藤原

今回のご依頼は、OB客様からのお庭の樹木伐採工事と駐車場造作、ぬかるみが激しい為に犬走工事を請け負わせていただきました。もちろん、外壁・屋根の塗装工事も併せてご依頼いただきました。
秋が深くなると、毎朝の落ち葉清掃が大変で、道路沿いの柿木3本と、梅木、夏みかんを各1本、背の低い立木を伐採撤去、駐車スペースを確保致しました。また、古井戸があった為、埋めるのも躊躇いがあるとの事で、埋め戻さずに鉄板で蓋をした形でスペースを作りました。古木や、古井戸何かと噂がありますので、弊社としても細心の注意を計らい施工させて頂いております。
before
施工前
(施工前) 門扉を入って右に立派な梅の木と低い立木が鬱蒼としています。 根から撤去し駐車スペースを作ります。
allow
after
施工後
(施工後)
立ち木を根から撤去し、砕石、メッシュを敷きます。 セメントが流れないように、木枠を作りセメントを流し込みます。 奥の白い鉄板が古井戸の蓋です。かなりの高さのセメントを流しました。
before
施工前 2
(施工前 2)
奥の住宅まで土の道である為、雨の日はとてもぬかるんでしまいます。

allow
after
施工後 2
(施工後 2)
門扉廻りと同様に、砕石、メッシュを敷きセメントを流し込みました。

立木伐採 1
(立ち木伐採 1)
先ず枝を切り落とし、軽量化を図ります。この枝だけでもかなりの重量になります。

立木伐採 2
(立ち木伐採 2)
根元から切り倒すスペースは、住宅のお庭の場合全くない為、安全に最新の注意を払います。枝を落とした後、徐々に幹を切り取っていきます。かなりの重量の為、時間を掛けながら行う作業です。

立ち木撤去後 1
(立ち木撤去後 2)
梅の木の根まできれいに撤去し、廻りの立ち木もきれいに抜き去りました。
立ち木撤去後 2
(立ち木撤去後 2)
きれいにならした後に、木枠作成用に墨出しをして型枠を作ります。

砕石敷
(砕石敷)
セメントの割れ防止と固定の役割をします。セメントは乾燥するまでは流動体の為、滑り防止になります。
また、メッシュは、寒暖差の伸縮による割れ防止になります。

セメント流し込み
(セメント流し込み)
セメントをポンプ車にて流し込み、表面を奇麗にならします。
2~3日乾燥させます。

後は、型枠を外し、縁を鏝で鳴らして終了になります。弊社は、外構工事にも力を入れておりますので、ご興味のある方は、ご連絡をお待ちしております。良いアドバイスができると思いますよ。
また、お庭の手入れがご高齢や、めんどくさいとお思いの方も良い職人がおりますので、お声を掛けてください。
併せて、内装、水廻り、増改築のリフォーム等、新築以外のご相談には、ばっちりお答えできますので、宜しくお願い致します。

船橋支店:杢谷 昌孝


外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市、野田市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区 他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス