ベランダ廻りからの漏水改修工事(雨漏り修理):船橋市海神町東

ベランダ廻りからの漏水があり、改修工事を行いましたのでアップします。
「雨の強い日や、風向きによって1階の窓から雨が漏ってくる」という状況です。
まずは状況の把握が大切です。現調の際に簡易的ですが雨漏れ対策の準備も一応していきます。
DSC_3866
施工前

ベランダの天端に板金、鉄手摺があり
さらに瓦が絡む納まりになっています。
ぱっと見て怪しい所があちらこちらにあります。
DSC_3862
施工前

瓦と板金が重なる部分です。板金が中に立ち上がっていますが継目重なり部分の雨仕舞が悪いのと鉄手摺の根元が腐食。水が廻っている証拠です。


現調後、状況を施主様に報告。
手摺廻りの修繕とベランダの床もブカブカしていたのでベニヤ板を張って強化してから防水の再施工をする事になりました。

今回は防水⇒手摺廻りの順番で作業をすすめていきます。
DSC_4657
防水下地造作

既存の下地を調整します。
床の角に付いている面木の撤去や胴縁の取り付けを先行で行います。
DSC_4717
防水下地造作

防水下地として床・立上りにベニヤを張っていきます。
床を剥がして張り替える方法もありますが
今回は重ね張りにて施工としました。
1521709197917
防水工事

床・立上りはFRP防水で施工します。FRP防水はベニヤ下地との相性が抜群です。
1521709213691
防水工事

トップコートでバシっと仕上げます。
1521709238659
防水工事

ベランダの沓石についてはFRP防水は出来ないのでウレタン防水で施工。
防水工事も使い分けが大切です。
防水工事が終わったら手摺廻りの修繕となります。
DSC_4839-1
瓦の撤去、板金、鉄手摺の撤去後です。
水が廻った痕跡がありましたが予想よりは良い状態です。
1517650127703
新たに取り付ける板金の下地を造作します。
DSC_5012-2
板金の取付です。
施工前は瓦の手前までの取付になっていましたが今回は全体をカバーします。
DSC_5129
板金の上にアルミの手摺を取り付けて完了。
サビでボロボロになることもありません。


ベランダと同じで鉄製だった面格子も交換しました。
DSC_4848
サビてボロボロです。
DSC_5005-1
撤去して、掃除。
DSC_5015
アルミ製の縦格子の取付、完了。
before
DSC_3860
allow
after
DSC_5069
今回の雨漏れとは関係なかったですが歪んでいた隅棟瓦の積み直しも行いました。
手摺の色は下の雨戸の色と合わせたいとの事でしたのでシロになりました。
あれから何度も激しい雨や雪が降っていますがバッチリ施工したので心配ありません。

担当:船橋支店 根来孝至

船橋支店入居ビル 外装工事を承りました。 船橋市山野町

施工前
今回の案件は、弊社、船橋支店が入っているSビルになります。

ビルのオーナー様より、外装工事、屋上・ベランダ防水工事、窓ガラスをペアガラスに交換、内窓取付の工事のご依頼を頂きました。
RC構造のビルで外壁のクラックをご心配されておりましたので、今回はクラックによる水の侵入対策として、最も適した塗料であるアステックペイントEC-5000PCMをお勧めしました。

カラーリングはオーナー様ご希望のツートンカラーで仕上げました。
防水工事は、ウレタン防水(通気緩衝工法、密着工法)で施工しました。

断熱ガラスの工事には今回船橋市の補助金制度を利用して(上限10万)施工となりました。
 
 
屋上防水 施工前
【屋上防水 1】

屋上ガーデニングで、鉢植えが並んでいる状態の為、屋上半分ずつに分けて施工をしました。
屋上防水 2
【屋上防水 2】

既存の屋上は、通気緩衝工法での防水が施されていました。

鉢植えを片側半分に移動した後、プライマー、中塗り、上塗りでウレタン防水施工をしました。
 
屋上防水 施工後
【屋上防水 3】

施工が全て終了し、鉢植えを元通りに戻して作業は全て終了です。
before
施工前
【施工前】

施工前は、統一色のすっきりとした外観でしたが、今回は、遊び心で、ツートンカラーをご選択です。
 
allow
after
施工後
【施工後】

EC-5000PCMの塗装色は、建物の梁部分をアイアンバーグで、本体をクールグレイで仕上げました。
 
内階段 1
(内階段 1)

 住居、2Fテナント店舗へと上がる内階段は、アステックペイント リファイン1000 MF-IR(トゥルーホワイト)で仕上げました。
 
内階段 2
(内階段 2)
内階段 3
(内階段 3)
外壁塗装 1
(外壁塗装 1)

今回は、ツートンカラーの為、色の塗分けになります。境が無い事に加え、壁面が玉吹きになっている為、塗分けのラインが作りにくいので、コーキング処理をして、塗分けのラインを作りました。
外壁塗装 2
(外壁塗装 2)

通常の3回塗りで仕上げるため、1回目のフィラーを塗っている写真です。

細部まで塗らないと意味がありませんので、塗りづらい箇所は、刷毛を使ってしっかりと下地造りを行います。
 
外壁塗装 3
(外壁塗装 3)

外壁塗装仕上がりです。

普通に塗ってしまうと、ガタガタのラインになってしまいます。経験の賜物です。(場数は熟しています。(^^♪)

コーキング処理により、スッキリとした綺麗なラインを出す事ができました。
 
 
後は、補助金申請の受理票が届き次第、ガラス工事の着工です。
ちなみに受理前に施工してしまうと、補助金が下りませんので注意しましょう。

今回は船橋市の補助金をご使用でしたが、国の補助金も工事項目に制限があります。
弊社は登録業者ですので申請可能です。補助金利用をお考えの方には、良いアドバイスができるかと思いますので、お気軽にお声を掛けてください。

ガラス交換の報告については、後日アップしたいと思います。
 

ビル外装工事、外壁:アステック5000PCM:屋上防水の完成:千葉県流山市南流山

今回の案件はビルの塗装と一面タイル斫り(はつり:解体作業)・モルタル仕上げと、屋上・ベランダ防水工事を任せていただきました。
今月は、風の強い日が続き月内の工事終了が厳しかったのですが、自社職人I君(職長)らの頑張りで、何とか終わらせることができました。
仕上げもタイルベースを吹いてヘッドカット仕上げ(スタッコ調)模様付けしてからのアステックペイント:EC-5000PCMのツートン仕上げで、施主様も大変満足していただけました。
before
施工前
(施工前)
1面タイルが施工されており、他の業者さんにタイルが剥離していると指摘され、ご相談がありました。当初は、部分補修という事でしたが、全面撤去、モルタル仕上げに変更になりましたが、タイル斫りにかなり難航しました。
オーバー目に指摘をする業者さんもいますので、注意してください。
allow
after
施工後
(施工後)
タイル斫り撤去、モルタル仕上げ、タイルベース吹き付けヘッドカット仕上げ、塗装は、アステックペイントEC-5000PCMツートン仕上げです。ちなみにツートン色は、リクエストにお応えして、調色しました。
タイル斫り
(タイル斫り)
ハンマードリルでタイルを斫ります。業者に脅され、全面斫りになりましたが、弊社の見立て通り剥離はありませんでした。結果、斫り作業は難航してしまいました。
モルタル下地
(モルタル下地処理)
タイル撤去後、シーラーを塗布、各コーナーにコーナー定規を取り付け専用モルタルで表面を仕上げます。
モルタル仕上げ
(施工後)
最も職人の腕の差が出る箇所ですが、きれいに仕上がりました。
表面が波打ったり最悪の場合クラック、剥離、落下します。何事も下地の処理で仕上がりの良さが左右されます。
模様付け
(模様付け)
下地を壁面に塗った後、タイルベースを吹き付けます。
ヘッドカット
(ヘッドカット)
吹いた玉状のタイルベースをプラスチックローラーで平らに押し潰します。
塗装
(通常塗装 3回塗り)
ヘッドカット終了後、通常の3回塗りを行います。シーラー、中塗り、上塗りです。今回はEC-5000PCM特別色(調色)で仕上げました。
before
屋上防水(施工前)
(屋上防水.施工前)
施工前の屋上です。目立ったクラックはありませんでしたが、立上りのシートの剥離や、ドレン廻りの劣化がありました。
allow
after
屋上防水(施工後)
(屋上防水施工後)
今回は、通気緩衝工法で防水施工しました。銀色の塔みたいなものが脱気筒で、防水面内に生じた膨れの原因になる空気を逃がす役割をします。
通気緩衝工法 1
(通気緩衝工法-1)
下地処理を施した後、通気シートを張ります。立上りなどのコーナーにはクラック対策として入隅コーキングとメッシュ張りを施してあります。
通気緩衝工法 2
(脱気筒取り付け)
通気シートを切り取り脱気筒を取り付けます。既存面から上がってくる蒸気等膨れの原因となる空気を逃がす煙突のような役割をします。
屋上防水(施工後)
(通気緩衝工法ー2)
仕上げは、ウレタン防水を流し防水完了です。今回は屋上で、歩行も無い事から、鏡面仕上げを施しました。頻繁に歩行のある箇所はノンスリップ仕上げを施します。
外壁塗装 施工後
(外壁塗装 施工後)
2色に塗分け、境のライン取りをタッチアップして完成です。ヘッドカット模様なので、ラインを出すのが難しい箇所です。ここも、職人の腕が問われる箇所ですね。弊社の職長の腕前はいかがですか?
ベランダ防水 施工後
(ベランダ防水 施工後)
ベランダ防水は、屋上に比べ面積も少ないので、メッシュ入り密着工法で仕上げました。もちろん歩行があるので、ノンスリップ仕上げです。


いよいよ塗装のシーズンに入ります。アパート等入れ替わりの時期になってきますね。
既存の外壁にベストマッチの材料、工法等いろいろアドバイスできます。
もちろん人生で一番大きなお買い物の大切なお住まいのリフォームも内外装問わず、外構、太陽光発電、増築まで、様々なご要望にお応え致します。

船橋支店:杢谷 昌孝

オリエンタルホームサービスのビル修繕工事はこちらをご覧ください。

屋上防水工事・ウレタン防水・通気緩衝工法を行いました

今回は屋上防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)をしましたのでご紹介します。

防水工事にもウレタン防水・FRP防水・シート防水・アスファルト防水等があります。
防水の種類は既存下地の状態等を加味しての選択となりますので、いつも通りにまず現地調査を行います。
DSC00974
現地調査・施工前

1mマスで目地パッキンがあり、前回のトップコートらしきものがいたる所で剥がれています。
屋上ということでプランター類・エアコン室外機が多くおかれています。これらの移動なども考えないといけません。
既存下地・状態等を考えて、今回はウレタン防水を通気緩衝工法で行います。

ウレタン防水は密着工法もありますが、面積が大きいと膨れ等の発生が問題になるので通気緩衝工法がおすすめとなります。
IMG_1647
施工中①

高圧洗浄・ケレンを行い、古い塗膜を落とせるだけ落とします。
その後、目地パッキンを撤去します。
この作業を行わずに防水工事をすると
数年後に浮き上がりなどが発生し防水層に
IMG_1645
施工中②

撤去後、シーリング工事を行います。
ヘラを使ってしっかり充填します。
IMG_1648
施工中③

シーリング工事後、既存の上塗り材と今回の防水材の密着を強固する為にカチオンを塗布します。
IMG_1646
施工中④

カチオンをコテでしごいていきます。
IMG_1652
施工中⑤

プライマーを塗布します。
IMG_1656
施工中⑥

通気シートを敷きます。
シートの継ぎ目はテープで処理します。
IMG_1643
施工中⑦

手摺の沓石廻りも同様にしっかりと施工します。
IMG_1649
施工中⑧

排水管廻りに改修用ドレンを設置します。
防水面の雨漏れなどの原因は排水管廻りが多くを占めるのでしっかりと施工します。
IMG_1651
施工中⑨

脱気塔を設置します。
防水面積で個数は前後しますが今回は2箇所となります。
この筒から湿気などを逃がして膨れを防ぐ重要な役割を担います。
IMG_1653
施工中⑩

ウレタン防水を2層流し、さらにもう1層流します。
コテで施工すると塗膜も厚くなりますがマスチックローラーという
多孔質ローラーで施工する場合もあります。
DSC_0784
施工中⑪

2層流す事でしっかりとした厚みが出るので防水効果が高まります。
before
DSC_0785
施工中⑧の配管廻りに防水を施して・・・
allow
after
DSC_1045
ストレーナーを設置。
DSC_1034
施工後の写真となります。
しっかり厚みもついて防水力が抜群にアップしました。
一般的な住宅の場合は屋根の勾配で雨水が流れますが屋上の場合は陸屋根でほぼ平らなので
防水層の質が非常に重要となります。
今回は屋上防水と同時にベランダ防水・外壁塗装工事を施工させていただきました。
いずれも足場が無いと作業が困難ですので足場の費用もふまえて同時に施工することをお勧めします。
⇒防水工事の詳細ページ

船橋支店:根来孝至

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス