電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
市川支店スタッフ工事日記
2015.07.27

塗装前に模様付け(パターン付け・肌合わせ)をしました

外壁修理・補修
この記事を書いたスタッフ 市川支店 根来

モルタル壁の塗膜が剥がれ落ちてしまっている、若しくは浮き上がってしまっている状態でお困りの方がいらっしゃると思います。

通常塗装工事は洗浄、ひび割れ補修、下塗り、中塗り、上塗りで仕上げていきます。
塗装作業を行う前に既存塗膜の状態を確認して浮いている所をケレン(削る)等を行って塗装下地を綺麗な状態に戻しますが塗膜のしっかりしている所はゴツゴツしていたり凸凹していたり「模様・柄」があります。

ケレンを行うと塗膜が無くなり下地が平らになるので「模様・柄」が消えてしまいます。
この状態で塗装をすると外壁面に統一感が無くなってしまうので新たに周囲に合わせて「模様・柄」をつけます。
これが「パターン付け・肌合わせ」と言う作業になります。

いくつかやり方があるので紹介していきます。

1. マスチックローラーを使う(特殊なローラーを使用します)

表面にツブツブ・ザラザラした模様を出していきます。

旧塗膜をケレンしたら吸いこみ止めのシーラーを塗布します。
エスケー化研・水性ミラクシーラーエコを使用。

シーラーが乾いたら周囲の柄に合わせてエスケー化研・ソフトサーフをマスチックローラーを使って凹凸をつけながら塗布していき

十分に乾燥させたら仕上げ材を塗布します。仕上げ材はエスケー化研・弾性クリーンマイルドシリコンを使用しました。

2. レナラック吹き(玉を吹いてから頭をローラーで押えます)

表面に大きな凹凸を出していきます。

下地がえぐれていたので洗浄で汚れを落としてからモルタルで左官を行い、平らな状態をつくり

吸いこみ止めのシーラーを塗布して、乾燥したら周囲の柄に合わせてエスケー化研・レナラックを専用の機械を使って均等に吹きつけて凹凸をつけます。

上げ材エスケー化研・水性セラミシリコンを塗布します。


外壁を綺麗に塗る事は難しい作業ではありません。
しかし下地処理をどういったやり方でするか、どう手を加えるかで綺麗プラス仕上がりに差が出ます。

一生に何度も出来ない工事が外装工事です。だからこそ妥協はするべきではないと思います。
塗装作業が完了して足場を解体したときに建物の全貌が見えます。
その時の施主様の笑顔が見れるようにしっかり工事を行っていきます。

外壁の状態・立地条件等により適した工事方法、材料が変わってきます。
耐久年数に優れている商材、機能性のある商材等色々あるので、施主様がどうしたいかを現実に繋げられるように提案できればと思います。

この記事を書いた人
市川支店 根来
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区