電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
市川支店スタッフ工事日記
2016.01.10

雨水浸入により腐食したベランダの改修工事:市川市国分

外壁塗装
この記事を書いたスタッフ 本社 久保田

千葉県市川市国分の施主様より「大雨が降ると1階の掃出し窓から雨漏りがする」とのご相談を頂きました。一度雨漏りが始まってしまうと、漏っている箇所を突き止めることがまず大変です。

お伺いして雨漏りしている掃出し窓の上のベランダを拝見させて頂くと・・・写真向かって右側上部、シート防水が水分によって膨れてしまっていることが見て取れると思います。シート防水でぐるっと一周巻いてしまっているので、中に入ってしまった水分の抜け道がなくなり、膨れてしまっていました。この施工には、少々驚かされました。

シート防水の膨れている箇所とその下地のベニヤをカットして開口してみると・・・予想以上に腐食が進んでいました。傷みが激しかった為、工事方法を大幅に変更し、ベランダを殆ど丸ごと造り替える工事になりました。

ベランダの笠木(手すりが取り付けられている板金)を外してみると、どうやら手すりを固定する為のビス穴からも、雨水が浸入していた様で、天板の腐食具合はかなりのものでした。

ベランダのサイディングやベニヤ、傷んでいる柱を撤去していきます。生きている木は、補強していきます。

ベランダの軒天も解体し、中の木の様子を確認すると、こちらも傷みが相当出ている状態でした。傷んでしまっている木は交換していきます。

交換後です。

柱や大引きを交換した後は、下地を貼っていきます。この上に防水シートを施工し、サイディングを貼っていきます。

こちらはベランダ内部の写真です。写真中央よりやや右上にある穴は排水用ドレンの穴です。ドレンに向かって勾配が付いているのもおわかり頂けると思います。段差をつけることで、雨水がよりドレンに流れやすくなります。

ベランダ内部の施工後です。既存のシート防水から、FRP防水に変更しました。ベランダの内壁にもサイディングを貼りました。

サイディング施工後は、笠木の取付になります。サイディングを施工したことにより、以前よりもベランダの厚みが増した為、板金を現場加工していきます。

笠木を取り付けた後は、手すりを元に戻していきます。あまり知られていない事実ですが、建築基準法でベランダの手すりの高さは、床から110cm以上と定められています。

ココが肝心です!!元々手すりの基部にコーキングを打っておらずそこからの雨漏りでしたので、コーキングをしっかりと施していきます。これで雨水の浸入もなくなります。

施工前

元々は風窓が付いていましたが・・・

施工後

雰囲気も変わっていい感じです。

オシャレではありますが、風窓は雨漏りの原因になりやすいので、今回は撤去してしまいました。 ベランダからの雨漏りなどでお困りの方や、ベランダの改修工事をお考えの方、是非お問い合わせください!!

市川市の施工事例はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人
本社 久保田
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区