電話受付9:00~19:30 定休日:月曜日
電話番号
土日祝OK
電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ
市川支店スタッフ工事日記
2015.10.27

折半屋根塗装工事(ガレージ屋根):千葉県船橋市上山町

屋根塗装
この記事を書いたスタッフ 市川支店 根来

ガレージ折半屋根塗装工事を行いました。素材が鋼板でサビには決して強くはないので定期的な塗装等によるメンテナンスが必要となります。
今回は御自宅の外壁・屋根塗装と併せて工事させて頂きました。

折半屋根とは:梁・母屋に直接屋根材を葺くことが出来るので野地板(屋根の下地材)がいらず工期の短縮にも対応でき、強風地帯においても強靭性を発揮するとともに水の流れる方向につなぎ目が出来ない為、雨仕舞にも高いな性能が期待できます主に工場やガレージの屋根に施工されているのが多く見受けられる波型の鋼板製の金属屋根。

それでは現状から仕上げまでをアップしていきます。

施工前・・・
屋根本体に目立ったサビは無かったのですが固定ボルトにサビがありました。全体的には色褪せも目立ちます。

施工前・・・
細かいところを見ていくと笠木を固定しているビス頭、繋ぎのシーリングの劣化があります。使っているシーリング材がシリコンコーキングなのでこの上からは塗装は出来ません・・・

上記の点に注視して作業を進めていきます・・・

施工中・・・
ケレン作業、シーリング補修を行います。(写真はシーリング補修です)

施工中・・・
続いて下塗り作業を行います。細部までしっかり塗装していきます。この工程は塗装において非常に大事な工程となります。

施工中・・・
下塗りが終わったら仕上げ材(ルーフスターSi/エスケー化研)を2回塗装していきます。塗り残しが無いように注意しながら塗膜厚をつけていきます。

施工後・・・
塗装工程が完了後、ボルトキャップを被せて工事完了となります。ボルトキャップを被せることによりボルトの接合部の防サビ性能がさらに有効になります。
屋根本体が濃いグレー色でボルトキャップが淡いグレー色なので濃淡アクセントカラーになって個人的に気に入っています。

Before

何故か屋根材が短く、雨水が樋にうまく入らず壁にまわっていたので・・・

After

折半屋根の下に水切りを造作・加工して取付。これで雨が樋にしっかり流れるようになりました。敷地が狭く足場が架けられない中での作業だったので、板金職人さんに感謝です。

Before

折半の裏側は断熱のスタイロフォームが張り付けてあり塗装できなかったので・・・

After

グレー色のガルバリウム鋼板を加工して仕上げました。折半屋根以外にもシャッター本体、シャッターBOXも塗装しています。

全てにおいて共通ですが古くなりすぎたり、傷みすぎている状態では塗装ではどうにも出来ない場合があります。
今回の案件は状態が悪くなかったので塗装で維持できましたが、下地材(屋根、外壁材等)が腐ってしまう状態まで放置してしまうと必要以上に費用、工事日数等が発生してしまいます。
出来る限り早め、早めのメンテナンスをお勧めします。

→オリエンタルホームサービスの屋根塗装

この記事を書いた人
市川支店 根来
このスタッフのその他の工事日記
【関連記事】
施工対応エリア

施工対応エリア

施工対応エリア
千葉県

千葉県

  • 千葉市中央区
  • 千葉市若葉区
  • 千葉市稲毛区
  • 千葉市花見川区
  • 千葉市美浜区
  • 千葉市緑区
  • 習志野市
  • 八千代市
  • 市原市
  • 袖ヶ浦市
  • 木更津市
  • 東金市
  • 大網白里市
  • 佐倉市
  • 八街市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 鎌ヶ谷市
  • 白井市
  • 印西市
  • 浦安市
  • 四街道市
  • 山武市
  • 富里市
  • 成田市
  • 酒々井町
  • 栄町
  • 我孫子市
  • 流山市
  • 茂原市
  • 長柄町
  • 長南町
東京都

東京都

  • 東京都江戸川区
  • 東京都葛飾区