高所作業車を使用した台風被害修繕工事:千葉市花見川区

2019年は大きな台風が2つ千葉県を直撃しました。
その台風の風により、美容室さんの天井が剥がれて下がってしまい、オーナー様より修繕のお問い合わせを頂きました。今回はその天井の修繕工事をUPしていきます。
 
IMG_5383
今回お問い合わせを頂きました、千葉市花見川区の美容室さん。
天井が剥がれて下がって(浮いて?)しまっています。
 
IMG_5385-1
このままにしておくと天井材が落ちる可能性があるので、ビス止めして固定し、最後に調色して塗装します。
 
IMG_9117-1
今回お世話になった、高所作業車がこちら。
12mまで届くタイプの高所作業車です。
 
IMG_9119
天井が剥がれてしまっている箇所は合計4箇所。
下がっていきている天井材を持ち上げて、そこに直接ビスを打ち込んで固定していきます。
 
IMG_2020032016461216
実際の破損個所のUPがこちら。
上ってみると、下から見ているよりも大きく口が開いてしまっていました。
 
IMG_2020032016461218-2
施工後の写真がこちら。
キレイに収めることができました。
思っていたよりも下地がきちんと入っていたため、直接固定することが出来ました
 
IMG_2020032016461215
浮いてしまっていた天井が、4か所すべて収まりました。
これで不安なく営業して頂けると思います。
 

熱線ポリカを屋根に使用したテラス囲いで快適生活:千葉市中央区千葉寺町

IMG_8197-1
千葉市中央区千葉寺町にてテラス囲い交換工事をしました。

今回工事したテラス囲いは強風の影響で骨組みが大きく曲がっていました。
骨組みが曲がった為に、雨の度に水が侵入しテラススペースを有効活用出来なくなっていました。

骨組部品が廃盤であった為、修理が出来なかったので交換工事をしました。

写真は新設したテラス囲いです。 囲い取付の工事期間は2日間となっています。解体から新設工事の一部をご紹介します。
 

工事前

IMG_7999
強風でポリカが破損してしまっている状態です。
せっかく囲いがついているのに、この状態では雨が室内に侵入してしまいます。
 
IMG_8007
屋根の骨組みが大きく変形しています。
強制的にポリカを付けている状態です。
密着性が悪く天井から雨水が侵入しやすくなってます。
 

解体工事

IMG_7998-1
まずは破損しているテラス囲いの解体撤去をしていきます。中身はからっぽの状態です。
 
IMG_8001
床や網戸やガラス窓を撤去していきます。
 
IMG_8002
テラス内の吊り下げ式物干しやカーテンレールなどの設置物も撤去していきます。
 
IMG_8003
床も撤去して骨組みだけにしていきます。
 
IMG_8005
テラス脚部分になります。
土間に埋まっている柱は斫ってから撤去します。
 
IMG_8004
土に埋まって固定されている柱も撤去します。
 
IMG_8083
解体後です。引き抜きと斫りをして撤去しました。
 
IMG_8085
骨組みの柱は切断してます。
解体が終わったら新設工事をしていきます。
 

新設工事

IMG_8198
穴を掘り土台から施工していきます。
 
IMG_8199-1
土台です。土台を固めていきます。
 
IMG_8204
土台を固めていきます。
 
IMG_8205
土台を固めています。
 
IMG_8073-1
屋根ポリカを施工しています。
今回は熱線ポリカを使用しています。
 
IMG_8069-1
屋根ポリカ施工中です。
屋根の施工後は囲いを取付けて、床、網戸、窓を順番に取り付けていきます。
 

施工後

IMG_8197-2
新設したテラス囲いです。ブロンズ色のテラスとなります。

建物の附帯部の色とバランスが取れています。
カーテンをとりつけているので囲い内の直射日光対策、視線対策もバッチリしています。
 
IMG_8184
屋根に熱線ポリカです。

ポリカーボネート板とはどんなものかといいますと、樹脂製の薄い板ですが、特長はその強度にあります。
強度といっても硬いというわけでなく弾力性に優れています。過透性があるので光を取り込むことが出来る優れものです。
 
IMG_8194
土台の写真です。ガッチリ固定しています。
 
IMG_8196
外壁と骨組みの取り合いの雨仕舞はコーキングしています。
 
IMG_8185
テラス囲いには雨水を流す、樋もついています。
 
IMG_8189-2
網戸は正面2枚、側面に各1枚設置しています。
換気もバッチリです。
 
before
IMG_7998-1
allow
after
IMG_8183
今回工事したテラス囲いは、(株)大仙のソレイド2間×7尺のR型タイプとなります。色はブロンズです。
床デッキはマロンブラウン。屋根は熱線ポリカクリヤーの組み合わせとなってます。

熱線遮断ポリカの屋根でカーテンも取り付けてあるので、屋根下温度の上昇や直射日光を防ぎます。
それによりテラス内、室内も快適になります。

テラス囲いは、洗濯を干すスペースや趣味のスペースで利用することが出来ます。
また室内と外をつなげるマルチスペースとして家の一部をアウトドアな空間に出来るので好みの過ごしかたが実現出来ます。日常が楽しくなりテラス囲いで生活が豊かになります。

オリエンタルホームサービスは様々なタイプのテラスや、テラス囲いを提案出来ますので、お気軽にお問合せ下さい。

担当 渡部
 

超高耐久ガルバを使用した屋根カバー工法 千葉市緑区おゆみ野中央

pict190705_1550330000
千葉市緑区おゆみ野中央で屋根重ね葺き工事を行いました。
屋根重ね葺き工事は、既存の屋根の上に防水紙と新規屋根材を重ねて施工することです。
重ねて施工するので、カバー工法といいます。

カバー工法のメリットは既存の屋根の上に、重ねるので2重の防水効果と遮熱性がアップします。
また、既存屋根を撤去しないので、工期短縮、処分費がかからず経済的な工事となります。
屋根材の形状や材質も選べるので、低価格でイメージチェンジしたい方などにおすすめな工事です。

今回の工事ではIGKOGYOのスーパーガルテクトシリーズを使用しました。
スーパーガルテクトは超高耐久ガルバを採用していて表面に遮熱性を兼ね備えている、耐久性が特徴の屋根材となります。

今回の工事は施主様のご要望で遮熱性フッ素樹脂を塗装したスーパガルテクトフッ素(最高グレード)の屋根材を使用した工事となります。
 

ルーフィング下ぶき施工

pict190705_1551210000
工事前の屋根の状態です。
今回はカバー工法なのでこの屋根材の上に防水紙を施工し、スーパーガルテクトフッ素本体を施工していきます。
 
IMG_1975-1
最初に防水紙を施工する準備をします。
棟包みと貫板を撤去します。
 
IMG_1984-1
棟包みと貫板の撤去が完了しました。
 
IMG_1991
雪止め金具も撤去します。
屋根上の障害物を撤去したら、防水紙を施工していきます。
 
IMG_1998
防水紙です。下葺き材、ルーフィングといいます。
今回使用している商材は田島ルーフィングのニューライナールーフィングを使用してます。
TAJIMA商品の中でも高耐久な商材となります。
 
IMG_2129
ルーフィングを軒先から棟にかけて施工していきます。
ルーフィングが完了したら、役物を施工していきます。
 
IMG_2074-1
軒先に役物を取り付けます。
今回は本体が黒なので、本体に合わせて黒で施工します。
 
IMG_2125
ケラバを取り付けています。
役物の取付が完了したら本体の施工となります。
 

スーパーガルテクトフッ素本体施工

IMG_2118
本体施工です。ルーフィング同様、軒先から棟にかけて下から順番に施工していきます。
 
IMG_2134-1
軒先から1枚1枚、重ね合わせて施工していきます。
重そうな材料を重ねて施工していますが、超軽量なので建物にかかる負担も心配いりません。
 
IMG_2126
スーパーガルテクトの断面です。断熱材が入ってます。
断熱効果の高いポリイソシアヌレートフォームを採用しています。
雨音などの遮音性能や難燃性能にも優れてます。
 
IMG_2114-1
雪止め金具を取り付けます。
 
IMG_2193
本体を棟まで施工したら、貫板、棟包みを施工します。
 
IMG_2214-1
IMG_2371
本体施工が完了したら、棟をおさめます。
 
IMG_2375
壁際にもコーキングを施工して、カバー工法完成です。
 
IMG_3296
IGKOGYOスーパーガルテクトフッ素、ブラックです。高級感ある艶で綺麗に仕上がってます。
 
IMG_2644-1
塗膜の耐久性が高い、遮熱性フッ素樹脂塗装を採用しているので変退色に強い屋根材です。
 
IMG_3563-1
壁際完成後です。
外壁の色と屋根材の色のバランスが絶妙な仕上がりです。
 
IMG_3322-1
カバー工法の完成です。綺麗に仕上がりました。美観もバッチリです。
次世代ガルバ鋼板なので耐久性も兼ね備えています。
 
IMG_2620
今回使用したスーパーガルテクトフッ素は塗膜の耐久性が高く色褪せしにくいので、いつまでも美しい外観を保てます。
ガルテクトシリーズは次世代ガルバ鋼板なので耐久性も向上している為、穴あきや赤錆にも強い商材です。

見た目だけでなく、遮熱や断熱性にも優れているので長期間住まいを快適にします。
屋根工事方法やカバー工法の屋根材で迷っている方におススメです。

ご予算に合わせて工事をご提案致します。
カバー工法、重ね葺き工事、お見積り無料なので是非お問合せ下さい。
LINEでの無料お問合せも対応しています。外壁塗装や屋根塗装も、お気軽にご相談下さい。

担当 渡部
 

錆びた鉄階段の撤去、木製階段造作工事:千葉市中央区登戸

IMG_8969-1
2019年最初のお問い合わせで「鉄製の階段が腐食して落ちてしまっている所に階段を新規で再設置したいという物でした。

「木で階段を新規に造作して欲しい」という事でしたので、そちらの施工内容を掲載致します。
 
弊社本社から近いお宅でした。

伺ってみると鉄製の階段が腐食し、昇降、出入りが出来ない状態になっていました。
裏口の階段とはいえ、出入りできないとさすがに不便ですよね。

玄関への階段も木製で造作し直してあり、そちらはまだ新しくキレイな状態でした。
 
IMG_8971
踊り場が錆落ちて無くなってしまっているので、裏口が全く使えない状態です。

この階段が使えない為、お車への移動は全て玄関から回っていました。
 
IMG_9670
まずは既存鉄製階段と残土を撤去し、枠を組んでいきます。
 
IMG_9673-1
枠を組んだ所にコンクリートを流し込み、階段の土台を造っていきます。
 
IMG_9669
現場で左官工事を進めている間に、作業場にて木製の階段を造作しておきます。

現場のスペースが非常に狭く作業スペースが確保できない為、寸法を測って別の作業場で木製階段を造作。

その後、造作した階段をトラックで運び、現場では取り付けと微調整のみを行う作戦です。
 


IMG_9486
現場にて取り付けと微調整を行い、最後に防腐塗料を塗布して完成です。

これで、裏口からの出入りも出来るようになりました。
 
塗装工事のブログが多い弊社ですが、この様な大工工事、内装工事も相当数行っています。

今回は「木製階段」とのご指定がありましたが、いろいろな材料、工法での施工が可能です。
お見積もりは無料ですので、工事の内容に関わらず、是非一度お問い合わせ下さい!

担当:久保田
 

アパート階段のヒビの修繕・共用部の長尺シート工事:八街市榎戸

以前からお世話になっている八街市の不動産会社様より 「アパートの共用部にクラックが発生しているのでみてもらいたい」 というご依頼を頂戴しました。 現場調査に伺い、修繕のために長尺シートのご提案をさせて頂きました。 今回はその長尺シートの工事をUPしたいと思います。

長尺シート工事施工

IMG_4780-1
施工前です。
下地がモルタルの為、築年数が経過してしまうとどうしても傷んでクラック(ヒビ)が入ってしまいます。 この上にまたモルタルを施工してもまた割れてしまいますので、長尺シートをご提案させて頂きました。

IMG_4798
2F共用部の踊り場部分です。 モルタルが欠落してなくなってしまっています。
IMG_4800
このクラックが2F共用部最大のクラック。
壁際とフェンス下の端部、こういったクラックはウレタンの線防水を施してから長尺シートを敷設していきます。

IMG_6321-1
まずはカチオンを塗布して表面を固め、下地を作っていきます。

IMG_6180
カチオン塗布後
カチオンを塗布して下地を固めたことで、細かいクラックはこの時点でほとんどなくなってしまいます。

IMG_6184
共用部通路の両端部と、カチオンを塗布しても目立ってしまう大きなクラックに関しては、ウレタンの線防水で対応するためシーラーを塗布していきます。

IMG_6191
線防水完了後はこの様になります。
共用部の両端部とクラックからの水の侵入を、ウレタンの線防水で抑えるというわけです。

IMG_6299-2
ウレタンの線防水後は、いよいよ長尺シートを貼っていきます。

IMG_6304
階段は1段飛ばしで施工していきます。

IMG_6312
この工程が最終段階。
端部のシーリングです。
シールを打っていくことで、雨水の侵入を完全にシャットアウトします!

施工前・施工後

before
IMG_4780-1
施工前の写真です。

allow
after
IMG_6203-1
施工後
長尺シートを施工するだけで、雰囲気がガラッと変わりますね。 目立っていたクラックもなくなり、綺麗な廊下になりました。
before
IMG_4794-1
階段踏み面施工前です。
allow
after
IMG_6280-1
階段踏み面施工後
今回使用した商材は、タキロンのタキステップという材料です。

もともとがモルタル面でしたのでウレタン防水かも?!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、長尺シートを張ることで高級感もでて雰囲気もだいぶ変わります。特にアパートのオーナー様にはお勧めの材料です。気になる方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせ下さい。

担当者:久保田 寿俊

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス