耐候性の高い高機能塗料で外壁を際立つツートーンで仕上げる:船橋市田喜野井

施工後
今回の案件は、船橋市田喜野井でのインターネットからお問合せを頂いた御客様です。

サイディングボードの外壁、コロニアルの屋根の一般的なお家での施工でした。

カビ、苔、藻類の汚れを気にされており、アステックペイント防カビ防藻剤アステックプラスSを取材に添加しての施工をさせて頂きました。
 

コーキング廻り

目地 施工前
目地コーキング施工前

コーキングが硬化し、痩せてサイディングボードから剥離した状態でした。
 
目地コーキング打替え
目地コーキング抜き取り

カッターでコーキングW抜き取り、
養生テープを貼ります。
 
目地コーキング打替え 完了
目地コーキング打替え 施工後

コーキング材(変性シリコン)を充填し、ヘラで均し、養生テープをはがします。
 
目地コーキング施工後
目地コーキング打替え


目地コーキング施工後2
目地コーキング打替え2

抜き取り後
旧部材抜き取り後

壁4面の内、1面のコーキングを抜き取った写真です。
 

外壁塗装

下塗り1
下塗り1

白い外壁ですと、シーラーを塗布しても見難いですが、若干外壁色が濃くなるので、見分けがつきます。

噂ですが、この工程を省いてしまう塗装屋さんもいるそうなので、お気を付けください!
 
下塗り2
下塗り2

下塗りは、塗装の命と言われるほど、重要な工程です。
サイディングボードには、エポキシ系のシーラーを使用しました。
(アステックペイントエポパワーシーラーを使用)
 
下塗り前の外壁色
下塗り前の外壁色

下塗り前は、色が褪せているので、白く飛んでいます。
浸透性シーラーを塗る前の色です。
 
中塗り1
中塗り1

同系色の壁面塗装ですが、凹凸が激しいので、しっかりと塗り込みます。
液ダレが無いように仕上げるのも職人の腕が必要です。
 
中塗り2
中塗り2

元の外壁色と反対色になるので、細部までしっかりと塗り込まないと、色が透けてしまいます。
こちらも職人の腕の差が出るところです。
 
中塗り3
中塗り3

中塗り写真です。
 
外壁 施工後1
外壁 施工後1

大屋根の軒裏、破風板もしっかり塗装完了しました。
 
外壁 施工後2
外壁 施工後2

附帯部の雨樋、小庇、小庇軒、破風も指定色で塗装します。
 
外壁 施工後3
外壁 施工後3

ビニール養生を剥がし、ラインのチェック、はみだし箇所の補修、液ダレのチェックをして外壁塗装は完了です。
 

屋根修理→塗装

IMG_6256
瓦のクラック

高圧洗浄後、クラックが見えやすくなり、隠れたクラックが複数見つかりました。
 
クラックコーキング処理1
クラックコーキング処理1

クラック部分は、コーキングにて補修後に塗装します。
 
クラックコーキング処理2
ラックコーキング処理2

屋根1面に複数クラックが生じていて、4面で合計8箇所をコーキング処理しました。

今回はクラック処理で済んで良かったのですが、中には瓦が抜け落ちていることもあるんですよ!
 
棟板金釘の浮き
棟板金釘の浮き

棟板金を止めている釘が頭を出しています。
強い風や天候のせいで、板金の下にある貫板(ぬきいた)が痩せて、釘が抜けてくるんです。
 
浮き釘の打ち直し
浮き釘の打ち直し

板金廻りは、必ず浮き釘のチェックを行います。
 
屋根 下塗り
屋根 下塗り

アステックペイント HBプライマー

外壁同様、下地が命です。
しっかりと塗り込みます。
 
屋根 中塗り
屋根 中塗り

下塗りをしっかり塗り込むが故、縁切り部材(タスペーサー)が必要になります。

瓦と瓦の重なりが塗料で埋まってしまうと、染み込んだ水の出口が無くなり、雨漏りの原因となります。(瓦下部の重なり)
 
屋根 中塗り2
屋根 中塗り2

スリットに侵入した雨水の抜け道を確保するのが、縁切り部材です。

隙間が埋まったままだと、毛細管現象で水が瓦間を登って行き、雨漏りの原因になります。
 
屋根 上塗り
屋根 上塗り

2枚目の写真と比べると、艶が違うと思います。

タスペーサーを施工しているので、しっかり塗り込めます。

アステックペイント無機ハイブリッドコートJY-IR(無機遮熱塗料)
屋根色:スチールグレー
 

施工前〜施工後

before
施工前
ツートンカラーのサイディングボードのお家、
目地コーキングの割れ、欠落、北面のカビ、藻類の繁殖、屋根の退色、苔枯れによる痛み等を気にされていました。
 
allow
after
施工後
外壁:リファイン1000MF-IR、アステックプラスS(防カビ抗菌剤)
色:ニンバス、ブロークンホワイト

屋根:無機ハイブリッドコートJY-IR
色:スチールグレー
 
before
屋根 施工前
枯れた苔、瓦色の退色、黒ずみが目立ち、瓦もクラックが生じていました。
 
allow
after
屋根 施工後
アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR
屋根色:スチールグレー
タスペーサー(縁切り部材):ダブル(瓦1枚に2個取付)
 
外壁・屋根塗装 完了
今回も、アステックペイント超耐候塗料での施工をさせて頂きました。
外壁耐候年数15年~20年、屋根耐候年数15年~20年です。
中でも、無機ハイブリッドコートJY-IRは、施工20年後の光沢保持80%以上の優れものです。

耐候性は、フッ素の1.5倍、シリコンの2.4倍とされています。
絶対おすすめの屋根材です。少しお高いですけど・・・。

リフォームをお考えの方々、是非、弊社にご相談をしてみて下さい。
お見積もりは無料! 様々なご要望に対し、的確なアドバイス・ご案内ができる事と思います。

担当:杢谷
 

ハウスメーカーの外壁フッ素塗装・屋根無機塗装工事:船橋市八木ケ谷

今回の案件は当社のホームページを見てお問い合わせを頂き、アステックペイントの超低汚染リファイン1000MF-IR、無機ハイブリッドコートJY-IRを施工させて頂いた案件です。
2回目の改修工事で、前回はハウスメーカーにご依頼された方でした。
ハウスメーカーさんにない塗料のアステックペイントにご興味を持って頂き施工させて頂きました。

工事前

施工前
10年前にハウスメーカーにて施工されてました。
今回は2度目の御塗り替えです。
現状は表面にチョーキング減少が見られており、目地コーキングの痛みを気にされてました。 

外壁塗装工事

目地シーリング打替え
シーリング撤去
目地のシーリング材をカッターで切り取ります。

目地シーリング
シーリング打ち
テープ養生でラインを作り、シーリングを充填します。
今回は、オートンイクシードを使用しました。
(通常は、変性シリコンを使用します。)
外壁シーリング補修
外壁クラック補修
サイディングのコーナー部分は、特にクラックが生じ易い箇所です。
変性シリコンで、補修しました。

下地調整
下地調整
下塗りには、浸透性のエポシーラーを使用しました。 無色透明の下地材です。

ダメ込
外壁中塗り
中塗りをしながら、ローラーで塗りにくい箇所を刷毛を使い塗装していきます。ダメ込という作業です。
塗り残しを防止します。

外壁塗装仕上がり
塗装完了
上塗りをし開口部のビニール養生を剥がし、外壁塗装完了です。
附帯部の雨樋、雨戸、軒天の塗装もしっかりと行います。
今回は、外壁塗料がフッ素ですので、附帯部塗装もフッ素塗料を使用しました。

屋根塗装工事

屋根 施工前
屋根施工前
高圧洗浄後の写真です。
前回塗装の表面が所々変色しています。
中には剥離も見られましたが、今回は下地に浸透性シーラーを使用したので、前回塗装分に浸透し剥離しにくい状態になっています。

タスペーサー施工
タスペーサー施工
タスペーサー(縁切り部材)を施工。
前回塗装の際、縁切りが無く瓦が塗料で接着状態でした。
瓦の下部に水抜けの隙間をキープする為の部材です。
(雨漏り防止)

浸透性シーラー
浸透性シーラー
今回は浸透性シーラーをご希望されてましたので、施工しました。

プライマー
下地調整(プライマー)
遮熱塗料の下地調整材です。
通常の3回塗りでは、この工程が初めの施工です。

屋根 施工後
屋根施工後
浸透性シーラー+プライマー+.無機塗料(2回塗り)で4回工程の仕上げです。
無機ハイブリッドコートJY-IRは遮熱機能と光沢の維持に優れた塗料です。 

工事の仕様

外壁塗装:アステックペイント リファイン1000MF-IR(遮熱フッ素塗料)(色:バーチグレー )
屋根塗装:アステックペイント 無機ハイブリッドコートJY-IR(遮熱無機塗料)(色:アイボリーブラック )
外壁目地シーリング:オートンイクシード+15(施主様のご希望で施工しました。)
附帯物塗装:雨戸、雨樋、霧除け等ターペン使用2液型フッ素塗料を使用しました。

現状の塗膜の状況、また、ご要望の材料等にお応えできる他、良いアドバイスもできますので、リフォームをお考えの方々、是非ご相談して頂ければと思います。

担当:杢谷 昌孝

外壁・屋根塗装、ベランダ防水工事:松戸市西馬橋 ホームページ反響案件 

今回の案件は、外壁・屋根塗装工事・ベランダ防水工事の外装リフォームの定番です。
弊社ホームページの施工事例をご覧頂いたお客様からのお問合せで、ハウスビルダーさんとの合い見積もりになりました。

アステックペイント/リファイン1000Si-IRと、スーパーシャネツサーモSiをお気に入り頂き、併せてベランダ防水と軒天の雨染みが気になられていたので、軒天板を一部外し軒天内の点検まで行いました。
 
施工前
<施工前>
外壁:サイディングボード
屋根:コロニアル

・目地コーキングの劣化
・サイディングボードの浮き
・軒天の雨染み
 
施工後
<施工後>
外壁:アステックペイント
   リファイン1000Si-IR
  (超低汚染 遮熱シリコン塗料)
屋根:アステックペイント
   スーパーシャネツサーモSi

・目地コーキング・打替え(変性シリコン)
・ボードの浮きは、タッピング後に塗装
・軒内点検
 
目地コーキング1
コーキング1

既存の目地コーキングをカッターを入れ抜き取ります。

目地プライマーを塗布し、変性シリコンコーキングを充填します。
 
目地コーキング2
コーキング2

目地コーキングの打替えと、サッシ廻りコーキング。

目地だけで無く、窓サッシ廻りのコーキングも行います。
 
シーラー、中塗り
シーラー、中塗り

職人さんにお願いして、無塗装、シーラー、中塗りを可視化できるように塗装してもらいました。
 
軒裏点検
軒裏点検

軒天に雨染みが発生していたので、 軒天板を外し、軒裏を点検しました。

軒裏内の垂木に腐食は見られませんでしたが、水が回った跡がありました。

原因は、破風板ジョイント部のコーキングの劣化でした。
 
破風板ジョイント コーキング処理
破風板コーキング

附帯物の破風板塗装時にコーキング補修してから塗装します。

軒天の雨染みの原因も見つかり、ご安心して頂けました。
 
破風板塗装
破風板塗装

附帯物の破風板、軒天、雨樋、水切り、出窓天場、下場等しっかりと仕上げます。
 
屋根クラック補修1
コロニアル補修1

コロニアルにクラックが発生。
雨漏りの原因にもなるので、補修をします。
 
屋根クラック補修2
コロニアル補修2

高圧洗浄後、屋根瓦を点検すると、かなりの頻度で瓦のクラックが発見されます。

コーキング、ポリパテなどで補修後、塗装します。
 
タスペーサー
タスペーサー

縁切り部材を施工し、雨漏り対策も完璧です。

(瓦同士が塗装でぴったりくっついてしまうと、毛細管現象で水が屋根内に留まり、雨漏りの原因になるので、それを防止するため、フチを切ってプラ部材を差し込みます)
 
屋根 施工前
屋根 施工前

築10年以上の屋根瓦は、著しく劣化しています。
瓦色の退色、クラックの発生、中には、瓦の脱落、欠損等
普段見えない箇所なので、早めにメンテナンスをお勧めします。
 
屋根 施工後
屋根 施工後

コロニアルの補修後、タスペーサーを施工、プライマー、中塗り、上塗りの3工程で、屋根塗装が完了します。
 
ベランダ施工前
ベランダ防水 施工前

FRP防水の上にアスファルトシングルが施工されたベランダでしたが、シングルの欠損箇所、剥離が目立っていました。
 
ベランダ施工前2
施工前

シングル葺きは表面の目が粗いので、雨染み汚れも定着していました。
 
ベランダ防水 下地処理
下地調整

コスト面とFRP本体を傷つけない為に、アスファルトシングルを剥がさず、カチオン処理を選択しました。

しっかり固めて、シングルの浮きを防ぎます。
 
通気シート
通気シート

下地処理後、通気シートを施工します。ウレタン防水内に溜まった空気を逃がす為の溝の入ったシートです。

脱気筒を取り付け、膨れた空気を逃がします。
 
ウレタン防水
ウレタン防水

通気シートの上にウレタン防水を施工します。

施工面積が広い場合は、通気緩衝工法がお勧めです。
密着工法では、上がってきた蒸気により、膨れが予想されます。
 
ウレタン防水 施工後
通気緩衝工法 完了

ノンスリップのトップ防水を施工してウレタン防水工事完了です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
<施工前>

・ベランダ右下にボードの浮き

・目地コーキング打替え
 
allow
after
IMG_4252-after
<施工後>

壁色:リファイン1000Si-IR オレンジホワイト

屋根色:スーパーシャネツサーモSi トゥルーブラック

ベランダ防水:ウレタン防水 通気緩衝工法
 
ホームページへのお問合せ頂きまして誠にありがとうございました。
お気になっていた点が全てクリアになり、仕上がりも大変気に入って頂き、お褒めのお言葉も頂戴しました。

今後ともより一層、お客様のためのご提案と、精一杯の工事をさせて頂きます。
リフォームをお考えの方々。是非、お声を掛けて頂ければと思います。

担当:杢谷
 

屋根・破風板・軒天塗装、防水修繕工事を行いました:千葉市緑区おゆみ野

今回は、前回塗装工事をご依頼頂いた方からの案件です。10年ほど前に外壁と屋根の塗装を行いましたが、屋根のアンテナが傾いているということで御連絡頂きました。日当たりも良い為、ついでに屋根の点検も行ってほしいとの事でしたので現調致しました。前回の塗装の耐久年数が8~10年ほどの塗料でしたので足場を組むのでしたら合わせて行うことになりました。外壁塗装は状態が良かったので行ないませんが、破風板と軒天は傷みが生じていたので一緒に塗装致します。屋根は、アステックペイント:スーパーシャネツサーモSIで塗装、破風板はシリコン塗装、軒天はカチオン系塗料にて塗装しました。その他、防水工事・アンテナ調整工事を行ったのでアップしていきます。

屋根塗装工事・アンテナ調整工事

cce1b8a84ec26323838e1c005777675b
施工前

※全体的に色あせが生じています。目立ったひび割れ等はございませんが、軒先には藻などが発生していました。
2e8fc5b5c5031534053defaf49269a1d
施工前

※屋根のアンテナが傾いています。BSアンテナは必要ないとの事なので、撤去します。支柱は調整して立て直します。
98d4f61c9a5690c82b280d9dda3c7907
施工中

※屋根の下塗りです。今回、上塗りが弱溶剤塗料なので、下塗りの選定に、スズカファイン:ベスコロフィラーHGを使用しました。(前回水性塗料の場合に最適)
92f13b4a54fecfd53ef79ba47379731c
施工中

※下塗り完了後、タスペーサーを挿入していきます。工法はダブル工法で行っています。
fd1f19a4b1d06831a192b3c3906e5446
施工後

※中塗り・上塗りを塗装し完了です。前回はブラウン系の色でしたが、今回はグリーン系の色にイメージチェンジしました。
1530277061936-1
施工後

※アンテナの状態が悪かったため、新規に立て直しました。10年以上経つと強度的にも弱くなるので点検が必要です。

破風板・軒天塗装工事

14d06498d73bc74ea2e584b5fe88f9e5
施工前

※破風板の塗装に剥がれ等の傷みが生じています。日当たりの良い箇所なので、南面や西面は特に傷みが早いです。
340dba709e2b76ffd2f1f25d160d7bef
施工中

※既存塗膜をケレン作業にて処理していきます。浮いている状態の塗膜がある場合は、早い段階で剥がれますので、研磨作業は肝心です。
be94ea2031a9f967fe06ab7e2775d2e4
施工後

※下塗り塗布後、シリコン塗装を施して完了です。注:素地は木材なので、傷んでいた部分の色の感じは傷んでいない部分と異なります。
f6092bf5ae49afc7db9c97ce6277c45e
施工後
241880fcdb6799316e0d69f106a4a94d
施工中

※軒天の取り合いを養生して、カチオン系塗装を行っていきます。
0ee1f330abe1df7aa062ed7c95146883
施工後

※全体的に2回塗装して完了です。

防水工事

5a978323e542afc933e5bb4626d018be
施工前

※防水塗膜に膨れが生じています。前回、密着工法で行っている為、今回は、通気緩衝工法で施工致します。
86dd9a5e43a73c6afa16d0dec5dc1bc7
施工中

※既存の塗膜を、研磨にて処理していきます。膨れ部の下地処理を行い、防水処理を行っていきます。
c63159d3e3bf553f288ff603243d2967
施工中

※通気シートを全体に張っていき、ドレン周りの処理をしていきます。ドレンは、経年の劣化がおきていたので改修用ドレンを設置しました。
615d200234be4195a778667c07e2f63a
施工中

※ウレタン防水層を流していきます。防水層塗り重ねていき、塗膜を確保していきます。
3c5cdb1db49a9648e167224c6fb5a4dc
施工中

※ウレタン防水塗布後、トップコートを塗布します。
1564a88090af3aa0a3ca8a39e64025a5
施工後

※乾燥後、室外機を下して施工完了です。通気緩衝工法の場合は、中央部分にある脱気筒が設置されます。湿気を逃がす役割なので基本的に高い位置に取り付けます。
962cf90c1e4d1b735359b197ba2bc23d
施工完了

※ガレージのアクリル板を洗浄し、取り付けて完了です。室内のドア調整なども行い、悩める箇所は改善できたと思います。次回は外壁塗装も再塗装が必要になるので、その時は又、宜しくお願い致します。

船橋支店:井辺 功太

遮断熱効果のある添加剤を配合して屋根瓦を塗装:船橋市坪井西

f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
今回ブログにアップさせて頂く瓦は陶器瓦になりますが、建物が高台に位置し、吹き抜けの内装になっているので、屋根の蓄熱により室内が暑いとのご依頼を受けました。

現状のままだと何も変化がないので、塗料に添加するだけで遮断熱の効果が得られる添加剤を配合して塗装することになりました。
まず、陶器瓦には普通の屋根材は塗装できないので、陶器瓦専用の屋根材を選定します。
今回塗装したのは、オリエンタル塗料工業株式会社のトウキマイルドを選びました。こちらに添加材を配合して施工していきたいと思います。
 
最近の屋根材で多く普及されているのが、カラーベスト(平板スレート)になります。
カラーベストは10年くらいになると塗装が必要になります。
そのほかに瓦が多くありますが、種類によって塗装が必要の瓦もあれば、必要のない瓦もあります。

塗装推奨の瓦は、モニエル瓦・プレスセメント瓦・セメント瓦が代表的になりますが、陶器瓦・釉薬瓦・素焼き瓦などは、基本的には塗装が必要のない瓦となっています。ですが、状況によっては塗装が必要なケースもあるのが今回の様な案件になります。
 
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
<建物全景>

高台に位置するので、夏場は暑いことが予想されます。足場を設置するので、外壁塗装工事も合わせて行っていきます。
 
f4bfb08486e32af00b4cfa1e6ecd0dea
<屋根施工前写真>

高圧洗浄後になります。
銀黒調の陶器瓦です。

陶器瓦の高圧洗浄は、通常のスレート瓦より水圧を下げて施工しないと雨漏りの可能性があるので注意です。
 
DSC_3288
<屋根使用塗料>

オリエンタル塗料工業(株)
トウキマイルド(弱溶剤二液型シリコン樹脂塗料)
 
DSC_3289
<遮断熱添加剤>

RAKコート
RAKコートは一般の塗料に添加して攪拌するだけで、遮熱・断熱効果を付加することができる遮熱塗料化のための添加剤です。
 
DSC_3290
<遮断熱添加剤>

様々な塗料に配合することが出来るので、コスト的にも抑えられ効果を発揮できます。
 
67b05eafa1ec1d9ffd23171d68d3c8d4
<施工中写真>

トウキマイルドは2回塗装の為、下塗りが不要です。(主剤2工程)既存の瓦の汚れ・苔などは確実に取り除かないといけません。

今回塗装した色は、シルバーブラックという色なので、既存の色合いとあまり変化がみられませんが綺麗に仕上がりました。
 
751f5b2b65129853d6ceeafbd1193206
<外壁施工前写真>

外壁も塗装を行なっていきます。
高圧洗浄・開口部ビニール養生を行い、作業に入ります。
 
f611d93c2cb088600cbc27d2f5d1b3b1
<外壁施工中写真>

シーリング処理を行っていきます。
既存がALCボードなので、全体的に増し打ちを行っていきます。
外壁の一部にツタが這っていたので、焼却除去していきます。
 
dc62ce3fe5f0e89cda3d66aaa697fb8c
<外壁施工中写真>

外壁の下塗りを行っていきます。
全体に万遍なく塗布していきます。
 
53e7a14add325fac061b82b7480164da
<外壁施工中写真>

下塗り終了後、中塗り及び上塗りを行います。
お客様のご要望により、3分艶で施行しました。附帯部の塗装も合わせて3分艶にしています。

使用した塗料はアステックペイント:超低汚染リファイン1000MF-IRで施行しました。
20e660dc00a4a624b36b8ab7dbe33980
<ベランダデッキ施工前写真>

ベランダのデッキも傷んでいたので、塗装を行なっていきます。
良く使うスペースなので、屋根同様に遮断熱添加剤を配合して塗装していきます。
7eb584d8acbea06f750cbf62d51b6bab
<デッキ施工中写真>

RAKコートを添加して塗装しました。
色は、附帯部と合わせて塗装したので統一感のある仕上がりになりました。
 
before
f6ff58def67d7892950c98485d294f73
allow
after
340d67176285d3cabd8497d2d2324e5a
施工完了です。
グレーを基調にしたシックな仕上がりになりました。

屋根の遮断熱効果がこれからどのように発揮するのか楽しみです。
陶器瓦の塗装も可能なので、色を替えてみたい等ありましたらご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

船橋支店:井辺 功太
 

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス