ベランダ雨漏り補修 FRP防水2PLY 市川市曽谷

FRP防水 完了
今回の案件は、ベランダから雨漏りが発生し、緊急のお問合せを頂いたベランダ補修FRP防水工事です。

FRP防水はプラスチックの防水層なので、劣化が少なく長持ちする防水なのですが、防水層が割れてしまうと漏水してしまいます。
クラックの主な原因は、防水層でなく、下地に原因があることが多いです。
 
今回の案件は下地(根太)の間隔が45cmで幅が広く、防水層がたわんでしまいクラックが生じていました。
 
家の造りから屋根のあった箇所をベランダに作り替えた際、下地の垂木の間隔を屋根垂木の間隔のまま、ベランダ下地として用いた為、たわみが発生したことが推測されました。
下地より作り直すのがベストでしたが、かなりの費用が掛かり、施工途中で雨になると更なる漏水が考えられる為、コンパネを重ね貼りし、たわみの軽減とFRP2PLY防水を施しました。
 

施工開始

施工前
施工前

もともと屋根だった箇所を、バルコニーに作り替えてありましたが、下地の垂木の間隔が屋根用の間隔だった為、歩行の際に床がたわんでしまい、クラックが生じていました。
 
FRP防水層のクラック
FRP防水層のクラック

下地の根太垂木に沿って、数本のクラックが生じていました。
 
防水テープ
クラック補修

クラックが生じた箇所を、防水テープで借り補修してありました。
 
防水テープ 2
クラック補修 2

他のクラック箇所もクリアのコーキングで部分補修しました。
 
コンパネ補強(重ね張り)
コンパネ重ね張り

コンパネ(12ミリ)を重ね貼りすることで、床のたわみを軽減しました。
 
床 補強
床 補強

コンパネを隙間なく床に敷き詰め、反りが無いようにビスで固定していきます。
 
床 補強 2
床 補強 2

元々、屋根だった箇所にベランダを造作してあるので、複雑な造りになっている箇所も、ベニヤを敷き詰めます。
 
床 補強完了
床 補強完了

ベランダ床に12ミリベニヤを敷き詰め、根太の間隔広さを軽減し、たわみをなくしました。
 
ガラスマット敷
ガラスマット敷

プライマーを施し、ガラスマットを敷き、エポキシ樹脂で防水層を形成します。
 
ガラスマット敷 2
ガラスマット敷 2

ガラスマットを敷き、エポキシ樹脂で防水層を形成する工程を2回行います。
これが、2PLYという施工法です。
 
FRP防水 2PLY完了
FRP防水 2PLY完了

エポキシ樹脂が乾くと透明なプラスチック層になります。
ガラスの繊維が補強材となりプラスチックを形成する防水が、FRP(繊維強化プラスチック)です。
 
トップ防水
トップ防水

FRPが乾燥したら、トップ防水を掛けます。
只、トップ防水のみには、ほとんど防水効果がありませんので、注意して下さい。
 
トップ防水 2
トップ防水 2

立上りもトップ防水を掛け、塗り残しの内容に仕上げます。
 
FRP防水 完了
トップ防水 完了

FRP防水完了です。
 
before
施工前
施工前

元々、屋根だった箇所をベランダに作り替えたバルコニー。
下地(根太)の間隔を変更していない為、床がたわみ、FRP層にクラックが生じ、雨漏りが発生していました。
 
allow
after
FRP防水 完了
施工後

FRP防水(2PLY)完了。
コンパネを重ね貼りすることで、床のたわみも軽減し、 漏水なく、ベランダで過ごせるようになりました。
 

施工前 〜 施工後

リフォームは、表だけの物ではありません。
せっかく高価な費用をかけてリフォームをするなら、適切でない箇所も併せて直してこそだと思います。
リフォームをお考えの際は、色々良いアドバイスできる弊社に、是非お声掛けをしてください!

担当:杢谷
 

漏水したアパートのベランダ補修・防水工事:習志野市津田沼

今回の案件は、14戸口アパートのベランダに漏水が見られ、ベランダ土間がぶかぶかになっている状態のものでした。 たまたま、空き部屋が出来た為、その部屋を拠点に4部屋分のベランダ床補修と、再防水を行いました。 原因は、洗濯機排水口からの漏水とベランダ笠木からの漏水でした。腰壁を撤去し壁内の間柱の交換と、交換できない部分は添え木による補修とサイディング交換を行い、ベランダ床は13mmベニヤ張りFRP防水を施工しました。

大工工事

IMG_3368-1
笠木端部のコーキング切れ
端部に漏水防止のコーキングが無く、隙間が空きっぱなしの状態でした。 貸部屋なので、気付くのが遅くなり、大掛かりな工事になってしまいました。
笠木解体
笠木解体1
笠木中央部の間柱が辛うじて形を成していました。

IMG_3576
笠木解体2
腰壁の中に柱は一部を残して腐食により、崩れ落ちていました。

ベランダ土間
ベランダ土間
ベランダ土間は、コンパネの上にゴムシート防水がされていましたが、端部のシーリングが切れていた為と、排水廻りから水の侵入により、一部コンパネがぶかぶかしていました。

IMG_3582-1
排水溝廻り
ゴムシートを捲ると子よな状態でした。底が抜ける前に気が付けてよかったと思えるくらいの痛みです。

排水溝
排水溝
溝のゴムシートを捲りました。コンパネが波打つほどぐちゃぐちゃの状態です。

間柱取付
腰壁間柱
交換部屋の場所にもよりますが、写真の通り間柱全交換になりました。

コンパネ張り
ベランダ土間
腐食部を撤去補修後、13mmベニヤを上張しました。

防水紙
防水紙張り
交換した間柱に防水紙張りし、漏水に対応します。

サイデイング張り1
サイディング張り1
新規サイディング張りをし、腰壁の工事は終了です。

笠木端部コーキング
端部コーキング
もちろん笠木の端部、サイディング目地のコーキングもしっかりと行います。

FRP防水

サイディング張り2
ベランダ土間FRP防水
腰壁が終了し、土間の防水工事に移ります。

プライマー
プライマー塗布
コンパネに次の工程のガラスマット敷、エポキシ樹脂塗布の為の下地造りをします。

エポキシ樹脂
下地調整
排水溝にもエポキシ樹脂で、プラスチック層を形成します。プラスチックなので、ゴムシートの様に端部に隙間はできません。但し、割れる事が最大の脅威です。

エポキシ樹脂2
ガラスマット+エポキシ樹脂
エポキシ樹脂によりプラスチック防水層を形成します。 FRPは繊維強化プラスチックの略です。

FRPトップ
トップコーティング
仕上げのトップコートを塗布します。

FRP防水完了
FRP防水完了
ベランダ補修工事完了です。

今回の案件は、賃貸アパートの補修時期の難しさがわかるご報告になったと思います。お住まいになられていれば、気付ける箇所も、空き部屋にならない限り、管理会社さんもお部屋に伺うことは無いので、傷みの発見が遅れてしまいます。 そうならない為にも、補修はやれる時にしっかりとやっておきましょう。かといって、費用は抑えたいですよね! そんな時は、弊社にお任せください。アフターフォローまでばっちり対応させて頂きます! アパート、マンションのオーナー様方々。ご相談お待ちしております。

アパートの大規模修繕施工事例はこちらをご覧ください。

船橋支店:杢谷 昌孝

漏水で腐食したベランダ床の修理・改修と水捌け改善・防水工事:市川市中山

今回の案件は、ベランダ床の水捌けの改善とベランダ軒の雨染みを気になされ、お見積依頼を頂いたお客様でした。

既存のベランダ防水はゴムシート防水をされておりましたが、集水口廻りからの漏水が見られ、ベランダ軒の雨染みの様子から、軒を開口するまでも無く内部の桁・胴縁まで腐食が進んでいることが容易に想像できるほどでした。

ベランダ軒の開口、桁、胴縁、コンパネ張りにより、ベランダ床の水捌けの改善工事のご報告とベランダ工事と併せて、外壁フッ素塗装、屋根無機塗装となりました。
 

ベランダ工事

ベランダ施工前
<開口前>

集水口下に漏水跡。ここまでの漏水跡は、空けるのが怖くなるくらいの物でした。白蟻がいないか心配です。
 
ベランダ開口後
<開口後>

案の定、桁の一部、胴縁、梁の一部の腐食と、床下地のコンパネが腐食していました。
 
木部補修1
<桁、梁、コンパネ補修>

腐食部をきれいに削り取り、接ぎ木して補修しました。

桁、梁等の主要木部は、垂木を抱かせ、金物補強で補修しました。
 
木部補修2
<桁、梁、コンパネ補修2>

梁は、変色が見られましたが、深刻なほどの痛みではなかったので、金物もしっかりと固定できました。
 
防蟻剤散布
<防蟻剤散布>

蟻道、白蟻は見受けられませんでしたが、防蟻剤を散布して、ベランダ軒を閉じました。
 

ベランダ床調整、FRP2PLY防水

ベランダ施工前
<ベランダ床施工前>

ベランダ床の半分くらいまで、水溜まりの跡が見受けられます。雨の後、水たまりが残り、いつまでも水が引かないことを悩んでおられました。
 
ベランダ傾斜付け
<ベランダ床 傾斜付け>

既存の床に垂木(前傾斜に高さ調整)を施工。コンパネを上張します。
また、手前には、水の流れを改善の為、側溝を作りました。
 
コンパネ張り完了
<コンパネ敷完了>

コンパネを敷き終わり、継ぎ目をパテ処理、入隅を割れ防止のクッション材取付をし、FRP防水プライマーを塗布します。
 
FRP防水1
<ガラス繊維マット敷>

コンパネの上にガラス繊維マットを2層重ね敷します。
 
エポキシ樹脂
<エポキシ樹脂>

ガラスマット(2PLY)の上から、エポキシ樹脂を流し込みます。
乾燥すれば、ガラス繊維強化プラスチック(G-FRP)防水の完了です。
 
before
ベランダ施工前
<ベランダ防水施工前>

ベランダの水捌けの問題は、かなり多くご相談を受けています。

大工職人と、防水職人の技術の差が出てくるところだと思います。
弊社は、自信を持ってお受けいたします。
 
allow
after
FRP防水完了
<FRP防水完了>

FRPトップ防水を施して、防水工事終了です。
劇的に水捌けが改善され、施主様に大変喜んでいただけました。
 

外壁・屋根 施工前→施工後

before
施工前

allow
after
施工後

外壁目地コーキングの打替え (変性シリコンNB)
外壁:アステック リファイン1000MF-IR (無機配合 遮熱フッ素塗料 色:クールホワイト)
屋根:アステック 無機ハイブリッドコートJY-IR (遮熱無機塗料 色:アイボリーブラック)
 
ベランダ軒の雨染みは意外に気付かない方が多いので、一度注意深くご覧になってみて下さい。
ひどい場合には白蟻の発生や梁の腐食等でベランダを撤去、再築する工事を何度も行っております。

今回のようなベランダの水捌けの改善のご相談も多数ございますので、気になっておられる方は弊社までお気軽にご相談ください。
 
担当:杢谷
 

ベランダ廻りからの漏水改修工事(雨漏り修理):船橋市海神町東

ベランダ廻りからの漏水があり、改修工事を行いましたのでアップします。
「雨の強い日や、風向きによって1階の窓から雨が漏ってくる」という状況です。
まずは状況の把握が大切です。現調の際に簡易的ですが雨漏れ対策の準備も一応していきます。
DSC_3866
施工前

ベランダの天端に板金、鉄手摺があり
さらに瓦が絡む納まりになっています。
ぱっと見て怪しい所があちらこちらにあります。
DSC_3862
施工前

瓦と板金が重なる部分です。板金が中に立ち上がっていますが継目重なり部分の雨仕舞が悪いのと鉄手摺の根元が腐食。水が廻っている証拠です。


現調後、状況を施主様に報告。
手摺廻りの修繕とベランダの床もブカブカしていたのでベニヤ板を張って強化してから防水の再施工をする事になりました。

今回は防水⇒手摺廻りの順番で作業をすすめていきます。
DSC_4657
防水下地造作

既存の下地を調整します。
床の角に付いている面木の撤去や胴縁の取り付けを先行で行います。
DSC_4717
防水下地造作

防水下地として床・立上りにベニヤを張っていきます。
床を剥がして張り替える方法もありますが
今回は重ね張りにて施工としました。
1521709197917
防水工事

床・立上りはFRP防水で施工します。FRP防水はベニヤ下地との相性が抜群です。
1521709213691
防水工事

トップコートでバシっと仕上げます。
1521709238659
防水工事

ベランダの沓石についてはFRP防水は出来ないのでウレタン防水で施工。
防水工事も使い分けが大切です。
防水工事が終わったら手摺廻りの修繕となります。
DSC_4839-1
瓦の撤去、板金、鉄手摺の撤去後です。
水が廻った痕跡がありましたが予想よりは良い状態です。
1517650127703
新たに取り付ける板金の下地を造作します。
DSC_5012-2
板金の取付です。
施工前は瓦の手前までの取付になっていましたが今回は全体をカバーします。
DSC_5129
板金の上にアルミの手摺を取り付けて完了。
サビでボロボロになることもありません。


ベランダと同じで鉄製だった面格子も交換しました。
DSC_4848
サビてボロボロです。
DSC_5005-1
撤去して、掃除。
DSC_5015
アルミ製の縦格子の取付、完了。
before
DSC_3860
allow
after
DSC_5069
今回の雨漏れとは関係なかったですが歪んでいた隅棟瓦の積み直しも行いました。
手摺の色は下の雨戸の色と合わせたいとの事でしたのでシロになりました。
あれから何度も激しい雨や雪が降っていますがバッチリ施工したので心配ありません。

担当:船橋支店 根来孝至

トップ防水、1PLY防水、2PLY防水、違いって?:市川市塩焼

今回のご依頼頂いたのはベランダ防水工事でした。
既存の防水もFRP防水でしたが、トップコートが細かくひび割れが生じ、剥がれてしまっている状態でした。

費用を抑えるのであれば、トップコートを上塗りすることで施工完了にもできるのですが、現状のガタガタの表面の上に塗装するだけですので、現状のひび割れやデコボコが残る汚い色付けだけの仕上がりが予想できるので、一旦既存の床面をキレイにしてからのFRPを1PLY(ワンプライ)施す防水工事をお勧めしました。
 
FRP防水はガラス繊維でできたマットをポリエステル樹脂で固めて防水層にする防水工法です。このマットの積層枚数を○PLY(プライ)とあらわします。1PLYというのはこのマットを1枚で防水層とするという意味。2PLYは1枚樹脂で固めたらその上にもう1枚やる、つまりマット2枚積層するということです。因みに3PLY以上は対費用効果の面から無駄ということでありません。間違ってほしくないのは、1PLY=手抜きではないということです。各メーカーでも1PLYの仕様は出ています。詳しく書くと、ガラスマットにも2種類があります。いわゆるサンパチマット(#380)とヨンゴーマット(#450)です。簡単に言いますとガラス繊維の密度の違いで、380より450の方が、密度が高いマットです。2PLY工法には#380マットを2枚積層するのですが、1PLYの場合には#450のマットを1枚張る仕様で出ています。ただですね、僕もFRP防水をやっていますが、1PLYではやりません。防水工事というのは責任施工ですので、新築では10年保証しなくてはいけません。メーカーで仕様として出している以上、きちんと試験をして大丈夫だとは思うのですが、試験場と実際の現場では少し違うと思うからです。その辺は経験測で危ない橋は渡りたくないというところでしょうか。。因みにFRP防水ではRC下地の380マット2PLYのみJASS8(建築工事標準仕様書)の標準仕様に採用されています。

施工中写真

施工前 1
<施工前>
FRP防水のトップが、ひび割れています。爪でひっかくとポロポロ剥がれてくる状態でした。
施工前2
<施工前>
防水的には問題ないので、このままトップコートを重ね塗りで仕上げることは可能ですが、仕上がりは、ひび割れ跡がくっきりと残ってしまいます。また、ささくれ立っている箇所は、密着していないので、数年で剥離してきます。
ケレン 1
<ケレン>
グラインダーを使い、カップワイヤーでケレンします。
剥がせる所はすべて剥がし、密着度を高めます。
 
ケレン 2
<ケレン>
浮き箇所等ケレン後清掃します。
 
カチオン塗布 1
<カチオン塗布>
ケレン終了後、残ったトップコートが剥離しないようにカチオンで固める処理方法で、施工しました。
 
カチオン塗布 2
<カチオン塗布>
モルタル樹脂なので、左官仕上げしたように平らに仕上げていきます。
 
カチオン塗布 3
<カチオン塗布>
室外機の下にも塗布しこの後施工するガラスマットとエポキシ樹脂の密着度を高める作業です。
 
ガラスマット敷 1
<ガラスマット敷>
床全面にガラスマットを敷きます。
このガラスマットが1層だと1PLYと言い、2層重ねると2PLYと言います。
新築時は、2PLYで施工してあるのが一般的です。
 
ガラスマット敷 2
<ガラスマット敷>
室外機の下にも馬を使い持ち上げてから、ガラスマットを敷き込みます。
 
エポキシ樹脂塗布 1
<エポキシ樹脂塗布>
ガラスマットの上にエポキシ樹脂を塗布していきます。
このエポキシ樹脂が固まりプラスチックの防水層を形成します。
 
エポキシ樹脂塗布 2
<エポキシ樹脂塗布>
エポキシ樹脂を塗布後、ガラスマットにバルーンが残るので、プラスチックローラーで、空気を抜きながら密着させていきます。
空気抜き用(押さえ用)ローラー
<空気抜き用(押さえ用)ローラー>
FRP防水は、エポキシ樹脂を固めて防水層を作りますが、樹脂だけだと容易に剥離してしまいます。
そこで、ガラス繊維を強化繊維として、密着度と強度を強めたプラスチック防水です。
 
トップコート 1
<トップコート>
エポキシ塗布時の赤褐色の床面は、エポキシ樹脂が乾燥し、グリーン掛かった透明色になりました。
この床面にトップコートを塗布していきます。
 
トップコート 2
<トップコート>
一般的にトップ(コート)防水と言われる防水工事がこの工程です。
実際、トップコートには防水の機能はありません。
お考えの方はご注意ください!
 

施工完了

before
施工前 1
allow
after
施工後
以上で、FRPの1PLY防水工事は終了です。

ケレン→1PLYまたは2PLYの防水施工をしない「トップ防水」だけでは、防水効果が高くないという事はおわかり頂けたと思いますが、決してダメな方法という訳ではありません。
防水をメインということであれば、少なくとも1PLY防水をお勧めします。

FRPが割れていないけど表面の汚れがひどいからという理由で、色付けをするための「トップ防水」をしようという場合は安価でできますので、その際はご相談下さい。

担当者:杢谷 昌孝

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス