劣化したコロニアル屋根の葺き替え(カバー工法):船橋市丸山

今回は屋根葺き替え工事(カバー工法)ヒランビーを施工しました。
築15年を過ぎると屋根のご心配をされる方が多くなり、築年数から、屋根の葺き替えを進めております。
ガルバリウム鋼板の瓦なので、軽い素材ですので、ご安心して頂けます。
before
施工前
施工前

コロニアルの瓦で経年劣化でのクラックが数カ所見られました。
紫外線により、瓦の変色、退色も見られます。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板(ヒランビー)で施工。
GLカラー(遮熱タイプ)の金属瓦なので、夏の日差しも安心です。
 

施工開始 〜 施工後

ルーフィング
棟板金撤去・ルーフィング

既存の棟板金を撤去し、ルーフィングを施工します。
 
ルーフィング・谷板金
ルーフィング・谷板金

ルーフィングを全面に施工後、谷板金を施します。
 
ヒランビー施工
ヒランビー施工

軒先スターターを全周に施工し、屋根下段から棟へと段々に重ねて施工していきます。
 
ヒランビー施工2
ヒランビー施工 2

下段から金属がわらを引っ掛けて、ビス止めしていきます。
 
雪止め金具
雪止め金具

金属瓦なので、降雪の際、積雪が滑り落ちやすくなるので、屋根廻り全周に取り付けることが必須になります。
 
ヒランビー施工3
ヒランビー施工 完了

棟板金を取り付けて完了です。
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)は瓦を重ねる工法なので、雨漏りの心配がなくなるリフォームです。
築浅のお家でしたら屋根の塗装で十分カバーできますが、15年を過ぎてのリフォームには、お勧めの施工方法です。

コロニアルはもともと割れやすく、何より屋根はお家の中で一番紫外線を受ける箇所になります。
屋根劣化の主な原因は紫外線なので、築15年を超えたらカバー工法をオススメします。

また、赤外線による熱伝導も、遮熱タイプの屋根瓦を使用すれば問題解決です!
コロニアルの屋根に遮熱タイプの屋根葺き替えをお考え下さい!

担当:杢谷
  

築30年超の屋根葺き替え工事(カバー工法):柏市高田

完了写真
今回の案件は長年雨漏りで悩まれておられる方で、他社さんで数年単位で補修工事をされておられるお客様より、ネットからご依頼を頂きました。

築年数は30年を過ぎたお宅で、1Fサッシ廻りよりの雨漏りに加え、2Fの寝室天井に雨染みができ始めた所でご相談がありました。

施工中の他社さんは信用できないという事で、弊社にての施工を選択して頂きました。
 

施工開始

棟板金撤去
棟板金撤去

まず棟板金を撤去し屋根をフラットな状態にします。
 
ルーフィング敷き
ルーフィング敷き1

フラットな状態の屋根にルーフィング(アスファルトルーフィング)を敷きます。(防水の為です)
 
ルーフィング2
ルーフィング敷き2

下から上(軒先から棟)へルーフィングを重ねて貼っていきます。
ルーフィングを止めるのにコンプレッサーで釘止めします。(コロニアルを貫通して止め、釘がルーフィングを突き破らないように、薄板を下敷きに打ち込み固定します。)
 
本谷取付
本谷取付

ルーフィングを張り終えると、本谷、捨て谷を取り付け、雨水の通り道を作ります。
 
スターター取付
スターター取付

役物を取り付けた後に、軒先廻りにスターターを取り付けていきます。
雨樋にうまく雨水が流れるように水切り付きの専用部材を取り付けます。
 
金属瓦葺き
金属瓦葺き

軒先スターターに引っ掛けるように棟に向かい金属瓦を葺いていきます。
途中、雪止め金具を取り付けます。
 
棟取付
棟取付

棟まで金属瓦を葺き終り後、棟を造作します。
 
施工完了1
施工完了1

棟板金を取り付け、カバー工法 完了です。
 
施工完了2
施工完了2

本谷の仕上がり写真です。
 
下屋根 雨仕舞
下屋根 雨仕舞

下屋根や外壁に面した箇所は、雨押さえの金物を取り付けます。
壁との取り合いをコーキングで処理します。
 
下屋根処理
雨押え完了

下屋根の完了写真です。
 

施工前〜施工後

before
施工前
施工前

コロニアル葺きのオーソドックスな屋根です。
経年劣化で傷みはありましたが、瓦の割れや脱落などはありませんでした。
棟板金にはかなりの浮きが見られました。
 
allow
after
施工後
施工後

ガルバリウム鋼板の金属瓦を、カバー工法にて仕上げました。軽量な金属がわらなので耐震性能が高まりました。

<使用材料>ニチハ:横暖ルーフS 屋根全周 雪止め
 
完了写真
屋根葺き替え工事(カバー工法)完了です。
今回は築30年超えのお宅で、カバー工法をお勧めしました。

和瓦タイプでしたら、天井に点検口を開け、水の後追いをし、漏水個所を特定・補修または葺き替えになります。
コロニアルタイプですと、30年以上経過した瓦は他の場所も傷みが激しいので、常に補修が必要になる恐れがあります。
葺き替えの場合は、コロニアルにはアスベストが混入しており、既存コロニアルの撤去に莫大な費用がかかる為、カバー工法をお勧めしました。

耐震性の高い軽量な金属瓦と重ね葺きになるので雨漏りの心配も少なく、何度も補修を繰り返すことも少なく、ベストな工法と思います。

既存の屋根に瓦を葺かれておられ、耐震にご不安のある方、既築年数の高い屋根にご不安を持たれている方々には、金属瓦葺きをお勧めします。

担当:杢谷
 

屋根のカバー工法と外壁の超低汚染塗装で耐久性の高い施工を:船橋市二和東

屋根のカバー工法、外壁の塗装、一部サイディングの張り替え工事をご紹介します。

外壁に使用する塗料については、今後の汚れが気になると言う事で、弊社一押しの超低汚染リファインシリーズを、屋根は超耐候性の横暖ルーフシリーズでの施工となります。
アクセントに一部外壁を木目調サイディングに張り替えも行いました。
 

外壁塗装・サイディング張り替え工事

DSC_5673
外壁施工前写真(1)

シーリングの劣化が全体的にあります。
 
DSC_5666
外壁施工前写真(2)

日当たりの良い南面はサイディングボードの反りも発生しています。
今回、特にこの部分の反りが気になるとの事とアクセントも加味してサイディングボードの張り替えも行います。
 
20180511_101546n
サイディング張り替え施工中

既存のサイディングボードを剥がして下地の確認、調整を行います。
 
20180511_154048n
サイディング張り替え施工後

シーリング処理は塗装面と同時に行います。
 
20180511_102145n
塗装に入る前に反りのあったサイディングボードのタッピングを行います。
まずは釘打ち、効かなければビス止めとなります。
ただ、無理やり行うと板自体が割れてしますので注意が必要です。
 
20180516_143850n
タッピング後、シーリング処理を行います。
状況にもよりますが板間継目は打替え、開口部廻り等は増し打ちが基本となります。
 
20180518_130528n
下地処理・下地調整が終わると塗装のスタートとなります。

まず、非塗装部を養生して軒天と呼ばれる天井部分をケンエースGIIと言う防カビ塗料を調色して塗装します。
通常は既存の色に合わせてホワイト系が多いですが今回はガラッと色を変えます。
 
20180518_130540n
右と左でガラッと色を変えます。
最終的に全体の仕上がりが楽しみです。
ちなみにエアコンのダクトカバーも外して塗装します。
20180524_095424n
軒天塗装後、外壁を仕上げていきます。
下塗り、中塗り、上塗りの3工程です。

写真は中塗りから上塗りをしているところです。
乾く前は青っぽい色ですが乾くと徐々に仕上げのチャコール色になります。
 
20180525_120702n
附帯部も仕上げます。
 

屋根工事

20180509_152629n
屋根施工前(1)

塗装に不適切な屋根材で施工してあるのでカバー工法でのご提案となります。
 
PICT_20180408_102045
屋根施工前(2)

層間剥離(ミルフィーユ状のボロボロ崩れ)が進行しています。
 
20180601_100933n
屋根施工中

既存の雪止め金具、板金類を撤去してルーフィング(防水紙)を張ります。
その後、下から本体を張り上げていきます。
 
20180605_131016n
屋根施工後

壁際の板金もしっかり納めます。
 

施工前〜施工後

before
DSC_5683-1
allow
after
DSC_6176
軒裏を赤と茶色で塗り分けする事でアクセントになっています。
いずれ作り直すとの事で木のフェンス等は塗装しませんでした。
 
before
PICT_20180408_101234
allow
after
20180601_144759n
屋根の勾配にもよりますがカラーベストよりも滑りやすくなる為、雪止め金具の設置は必須となります。
 
before
20180601_145045n
劣化でちぎれていた冷媒ホース
 
allow
after
20180609_155821n
ジョイント部分を付け直して、色が浮かないようにクロのビニールテープでホースを巻いて新たに固定しました。
 
今回のテーマは「クロ」で外壁をアステックペイントの超低汚染リファイン1000Si-IR(チャコール)・附帯部を日本ペイントのファインパーフェクトトップ(N-15)で。屋根をニチハの横暖ルーフαS(KブラックS)で施工させて頂きました。
共に耐候年数の高い商材となります。

今回は外壁・屋根工事と併せてベランダのトップ防水も行いました。

外壁と屋根の商材を決める際は、それぞれを同じ耐候年数に揃えるか、または劣化度合いの高い屋根を1ランク上の商材で施工する事を私はお勧めしております。

船橋支店:根来孝至
 

スーパーガルテクト(アイジ―工業)による屋根カバー工法

屋根材の剥がれの原因で良く上がるのが「ニチハのパミール」という部材があります。
たびたび弊社のブログやインターネットなどで出てきています。

年数を重ねるとミルフィーユ状に剥がれていくので、塗装を施しても下から剥がれていきます。
短期間で屋根に不具合が見られる可能性が高いです。
ということで、こちらの屋根材は「塗装工事」が基本的には不可になります。

この場合は重ね葺き(カバー工法)が一般的に最善の施工になるわけですが、屋根材も様々あります。
今回施工させて頂いた屋根材は、アイジー工業:スーパーガルテクトで施行しました。
特徴としては、遮熱性・断熱性・高級感のある質感となります。
コスト的には若干上がりますが、長期の保証(メーカー保証)・耐久性に優れているので、建物および立地条件としてはお勧めになります。

足場を設置するので外壁塗装・ベランダ防水工事と合わせて施行していきます。
 
145b722bb5c140a8f4c25cf8b76c3119-1
施工前全体写真
ca0b445880d23a06c18b67a4abb449f7
施工前屋根写真

築年数は11年程です。
状態は軽度ですが、塗装工事は出来ない状態と思って良いでしょう。

パミールの場合、施工前は状態が軽度でも洗浄を行うと悪化することがほとんどなので、担当者の現調・図面などで調べる必要があると思います。
 
001-2
パミールは小口部分(○印)がミルフィーユ状に膨れていることが多いので、それで見分けることもできます。

この端っこの部分が複層状にバサバサとなっていて、状態が悪いと剥がれて崩れている事もあります。

洗浄するとこの部分が飛び散って大変な事になります。
 
867366e7f952aca0be2cf8a09d7df5f2
施工中屋根写真

既存の棟板金を撤去していきます。
アンテナがある場合は位置をずらすので、施工完了後に調整が必要になります。
 
7a3cd3981c17a1e85c9d339b2dc74d50
施工中屋根写真

ルーフィングを下から貼っていきます。
屋根工事の場合は下から施工していきますので、軒先の加工を行います。

注意点としては、建物の状況、雨樋の形状によっては、雨樋も交換しなければならないといけないので、現調時に担当者と打ち合わせを行ってください。
 
f6f1b04d3ce4d96a0f95307ce400037e
写真右の黒いものは棟板金部分の部材です。

基本的には木材の貫板を使用しますが、経年劣化により腐食する場合もありますので、オプションで樹脂製の板に変更する事が出来ます。
 
80a756a1db384266a37b6aea2853b8fa
施工中屋根写真

雪止め金具を設置しています。
ガルバリウムの場合は、非常に滑りやすくなるので確実につけた方が良いと思います。
 
b22f29437885f850aeb4a68394da8668
屋根完了写真

施工完了です。
今回使用した色はシェイドチャコールになります。
その他に4種類の色がありますので、家の外壁の色に合わせて施工したら雰囲気も変わり良いと思います。
 
12f8ca33b6bd9b43bf3f475c06839d44
外壁完了写真

使用した商材は、アステックペイントのリファイン1000Si-IRです。

雨樋の交換は必要なかったので、サッシの色に合わせて塗装しました。
 
f78ddd660ff08a80de3b8b75c00cb483
ベランダ防水完了写真

既存の防水はFRP防水だったので、ガラスマットを敷き直し施行しました。
 

施工前 〜 施工後

before
145b722bb5c140a8f4c25cf8b76c3119-1
施工前
allow
after
0fd760c85dd1ba9dd98856310cac9fd3-1
施工後
 
雨により多少工期が長引きましたが、ご満足いただけました。
外壁は淡いピンクとホワイト仕上げ、既存の外壁に近い様に仕上がりました。

今年も残りわずかですが、外装工事をご検討されてる方はまずはお気軽に御連絡下さい。

船橋支店:井辺 功太
 

ニチハのパミールは不具合対策を慎重に:鎌ケ谷市東中沢

88d88408f73ddf921df9c3dd3adab9fe-1
築年数は10年ほどになりますが、今回の屋根材は最近よく見かけるニチハのパミールで、少々訳あって塗装工事が出来ない屋根材なので、今回はガルバリウム鋼板でカバー工法を行いました。

(←左写真は施工後)
外壁は通常の塗装工事で、ベランダ側の外壁はデザインサイディングなので既存の模様を生かしたクリアー塗装で施行していきます。
ベランダ防水に関しては、塗膜の状態はそこまで傷んでいませんが、下地とFRP層の密着が良くない為、新規にコンパネを敷きFRP(ガラスマット)を施工していきます。
 
2ebf073d14035788c86a17510a14fa1d
施工前全体写真

日当たりも良く高台になっているので、紫外線の影響を非常に受けています。

全体の外壁は濃い黄色の壁面だったようですが、著しい色あせが見られます。
ベランダ部分の壁面は難付着ボード(高耐久コーティングボード)なので目立った傷みは見られません。
 
b19def5b0ae4d0bff9538065a852126b
施工前屋根写真

こちらがニチハ製造のパミールです。
特徴としては屋根材がミルフィーユ状に剥がれていく現象がおきます。(拡大写真で見ると屋根の端が剥がれているのが分かります)
状態の良し悪しは立地条件によって異なりますが、年数の経っているこの屋根材の場合は基本的に塗装が不可になるのがほとんどですので要注意です。
 

<コラム:パミールについて>

このパミールはミルフィーユ状の積層で屋根材が構成されていますが、この屋根材が経年変化で端から剥がれ崩れてきます。
おおよそ10年前後で現象が出始め、同様の事例が全国で頻発しています。

これは塗装で上塗りしてもボロボロの部分を止め固めることができず、塗ってもすぐに剥がれ落ちてしまうので、当社としても補償が付けられない案件となっています。

そんなパミールを使っている屋根の解決策は「葺き替え」しか手がありません。


 
6277f533a1c799790387b082039274ff
外壁施工中

高圧洗浄を施した後に、既存シーリング材を撤去していきます。
縦目地は全て切り取り、サッシ廻り・入隅は増し打ちの工法です。
3aec96ba2d5df4d786167f5ce41859c6
外壁施工中

シーリング撤去後、新規でシーリング材を充填していきます。
乾燥及びサッシ等のビニル養生を施した後、透明のシーラー材を全体に塗布していきます。
 
3a1a661f028b12c22188debd75a81ee5
外壁施工中

外壁下地材塗布後、中塗り上塗りの2工程を行っていきます。

使用の塗装材はアステックペイント:超低汚染リファイン1000SI-IRで施行しました。
汚れが付きにくく耐久性の高い塗装材です。
08217fc910441aa5edc61120e2862ba0
外壁施工中

ベランダ塗装面は難付着ボードなので、一般的なクリアー材が施工できないので要注意です。

使用した塗装材はアステックペイント:スーパーSDクリアーFを施工しました。
光触媒コーティングには使用できませんが、今回のサイディングには相性の良い塗装材です。
クリアー塗装は2工程が基本になります。
 
d37823f6a4759388632ad9ad73ddbeac
屋根施工中

既存の棟板金・貫板(木材)を撤去していきます。
0a3d8cb06ac14fe9299fcc8d3e138bfd
屋根施工中

全体にルーフィング材を敷き詰めていき、本体のガルバリウム鋼板を重ねていきます。
使用の屋根材は稲垣商事:ヒランビー220きわみになります。
 
142eb575b5cef0bfc41412aca2e67915
防水施工中

既存防水材と下地材の密着が良くなかったため、新規にコンパネを敷いて施工しました。
張替ですと工期も金額も上がってしまいますので、今回は上張りを選択しました。
 
5f490751f9cb72fac69c23a2e2fa9003
防水施工中

コンパネの上にプライマーを塗布し、FRPを敷いていきます。
最後にトップコートを塗って施工完了です。
before
b19def5b0ae4d0bff9538065a852126b
屋根 施工前
allow
after
02c2e03fd1eb6f3eb3912f13302d19f5
屋根 施工後
 
before
2ebf073d14035788c86a17510a14fa1d
施工前 全体写真
allow
after
88d88408f73ddf921df9c3dd3adab9fe-1
施工後 全体写真
 
既存の色に近い感じに仕上がりました。施主様のお気に入りの配色との事だったので、塗り板サンプルで色合わせして発注しました。仕上がりも満足頂き感無量です。

綿密に打合せを行い、納得のいく施工を目指していますので、外装工事をお考えの方は気軽に御連絡下さい。宜しくお願い致します。

船橋支店:井辺 功太

外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス