和室の木部あく洗い・クロス工事・襖交換工事:千葉市中央区矢作町

以前、外壁塗装・屋根塗装でお世話になったOB客様より和室の内装工事のご依頼を頂きました。塗装だけの会社と思われがちですが、実は内装等もかなり力を入れてるんです。今回の工事では和室の木枠の美観を復活させる「あく洗い」と、既存土壁からクロス(壁紙)へといった内装工事を行ったのでその様子をアップしていきます。

あく洗い工事

DSC_0220-2
一番は写真のような土壁の経年劣化を気にされており、クロスを張りたいとのことでご要望を頂きました。
DSC_0222-1
天井との境の木部も色せてきていました。
DSC_0223-1
同時に経年による木枠の色合いも気になるとのことで施主様からのご相談を頂き木部のあく洗いをご提案させていただきました。
DSC_9714
さっそくあく洗いの様子をアップしていきます。まずは木部に染み付いたあくを出していく為に専用の薬品を塗布していきます。
DSC_9710
壁につかないように同じように薬品を塗布していきます。
DSC_9713
押入れの物にも薬品がつかないようにしっかり養生工事も施しました。
DSC_9731-1
続いて表面に浮き出てきたあく汚れを写真のように除去していきます。
DSC_9732
ペーパー掛けによる作業です。
DSC_9728
しっかり擦ることで仕上がりも変わってきます。

DSC_9726
あく抜きを行っていくとある程度元の色味に復活していく様子がわかっていただけると思います。
DSC_9751
引き続き行っていく工程が染み抜きの作業となります。再び専用の薬品を塗布していきます。
DSC_9753
染み抜きの工程により木の色合いが更に蘇っていきます。
DSC_9840
その後木部専用のワックスにより、写真のように磨きをかけてすべての作業が完了となります。
DSC_9841
ワックスをかけることによって艶がよみがえり高級感が出てきます。

木部あく洗い仕上がり

before
DSC_0225-1
施工前です。

allow
after
DSC_9849
施工前の写真と見比べていただくと、木枠の色味が新築時の木枠に復活したかのように見受けられるかと思います。

クロス張替・襖交換

1534063728770-1
量産クロスにての張替をしました。
DSC_0100-e1535870381127-1
襖も新鳥の子の「光」シリーズにて選んで頂きました。
壁紙に関しては、ベニヤ板による下地を作ったのちクロスを張っていきました。今回はそのほかにふすまの張替とをお任せいただきました。外装リフォームだけでなく内装リフォームも常時担当させていただいておりますので、お気軽にご相談いただけたらと思います。

担当者:大網 晃

ダイニングキッチンとリビングのフロアー重ね貼り工事:君津市泉

君津市のお客様より「フローリングの床を重ね貼りしたい」というお問い合わせを頂きました。
PanasonicのリフォームフロアーAというフロアー材を重ね貼りすることになりましたので、UPしてきます。

IMG_4697
施工前のリビングです。
一見床はきれいなように見えますが、これはタイルカーペットを敷いてある為です。
IMG_4676
こちらはダイニングキッチン。
リビングもですが、歩くと床鳴りが摩る部分もところどころありました。

IMG_5661
実はこのダイニングキッチンとリビングは、引き戸を挟んで続き間になってます。

IMG_4684
今回6mmのフロアー材を重ね貼りしますので、このレールも現在の高さより6mm上がります。
ということは、引き戸の高さを6mm短くしなければならないわけです。
ドアの加工は、後程登場します
IMG_5672
フロアーカーペットを撤去した後は、床鳴りを抑える為に、タッカー(ホチキスの様な物)を打っていきます。
IMG_5676
フロアーの床鳴りは、フロアー材が下地の木から浮いてしまう事で発生します。
部屋を歩き回ると床鳴りが起こる場所がわかりますので、床鳴りがした場所は全てタッカーを打ち込んで止めていきます。

IMG_5689
まずはリビングの方から貼っていきます。
IMG_5696
続き間になっていますので、途中でどうしても柱が出てきます。
柱の端部を床から6mmカットし、ここに重ね貼りするフロアー材を差し込んで収めていきます。

IMG_5699
続き間になっている上に引き戸のレールもありますので、先にリビングの方まで少しだけフロアー材を貼ってしまう作戦です。
IMG_5711
柱周りをクリアすると、スピードは一気に上がります。
パソコンラックなどを移動しながら、リビング全体を先に貼っていきます。
IMG_5715
掃き出し窓の際は、サッシの高さよりもフロアーの方が高くなってしまうため、通称への字という見切り材で段差を見切っていきます。
これでリビングの方は作業終了です。

IMG_5758
リビングに引き続き、ダイニングキッチンの方も貼っていきます。
キッチンストッカー(床下収納)が2つあるので、ストッカー周りも加工していきます。
ここまでくると、全工程の8割が終了です。

IMG_5718
先ほど触れたドア加工がここで登場します。
IMG_5719
ドアをフロアー材分、6mm削っていきます。言うまでもなく一発勝負なので、ミスは絶対にできません。
最後はかんなで調整し、ドアもスッキリ収まりました。


IMG_5730
リビングの施工後。
初めにタッカーで床をしっかり押さえた為、床鳴りもしなくなりました。
IMG_5772
ダイニングキッチン施工後。
食器棚や大型冷蔵庫、ラックなどあり、荷物の移動に時間がかかりましたが、こちらも完璧に仕上がりました。
今回のフロアー材は、PanasonicのリフォームフロアーAのチェリーという色です。


ブログでは塗装工事の事例が多いですが、弊社は塗装工事だけではありません。
浴室やキッチン、トイレ、今回の様な大工工事も実はかなり施工しています。
内外装できますので、お気軽にお声がけ下さい!!

担当者:久保田 寿俊

テナントビルエントランス改修工事(修繕と塗装):千葉市中央区中央

今回は千葉市中央区にありますビルをお持ちのオーナー様で、古くなったエントランスを綺麗にされたいとの事でご依頼を受けました。 また、エントランス内も雰囲気を変えたいとのご要望もありアステックペイントの多彩色模様のグラナートSPをご提案させて頂きました。

IMG_9623
こちらは、施工前の写真になります。
IMG_9624
こちらは、角度を変えた施工前の写真になります。築40年以上の建物で、エントランスの入り口には現在使用していない受付のカウンターがあります。オーナー様は、まずカウンターが使用していないのにかなりの面積を有している為、撤去をご所望でした。あとは、全体的な色合いが暗く感じられ昭和の匂いが漂う感じの改善です。
IMG_9631
こちらも別角度の施工前の写真になります。今回は、階段やそれに付随する壁は、手を付けません。
IMG_9633
その他には、正面に写る大きなポストを交換してほしいとの事でした。簡単に請け負ったのですが、後で後悔することに。
IMG_2922
まずは、壁を塗装する前にポストを撤去します。素地が出て来たことによりこのポストは、建てた時より使われていたことが分かります。つぎにつける予定のポストは、既存の物よりも高さが半分くらい小さくなる為、塗装を全体的にしていきます。
IMG_2923
無事に外して、仮置きをしておきます。新しいポストが付くまで引継ぎがある為です。なぜ、後悔したかと言いますとこのポストを2人で外しに行ったのですが40年前のステンレス製のポストは、想像以上に重く、余裕だと思って作業をしたところ大変苦労したという事でした。
IMG_2932-1
壁を塗装する前にまずは、天井を塗装していきます。見て頂いてお分かりのように右が施工前で、左が新しく塗装をかけている所です。
IMG_2936-1
観葉植物にも塗料が付かない様に養生をしていきます。通行する人の邪魔になる為、今回はサッシと共に養生しました。
IMG_2941
テナントビルという事もあり溶剤の塗料では匂いがきつい為、今回は水性の塗料(ニッペ水性ケンエース)で施工しております。
下地の色も有り2回塗装です。
IMG_3031
前回の塗装が、目地の入る塗装であったため今回もその目地を生かして塗装していきます。吹き付けをする前にラッカーテープ(紙テープ)で養生をしていきます。
IMG_3036
養生の上から主材を吹き付けていきます。今回は、アステックペイントのグラナートを使用しました。汚れも付きづらいうえに多彩色の為、飽きのこない色です。
IMG_3048
ポストを取り付けしていきます。
水平を取りながら、穴をあけてつけていきます。
IMG_3277-1
全部のポストを付けてから、壁に出来た段差をモルタルで埋めていきます。
IMG_3366
モルタルで埋めた箇所をパターンを付けて塗装をしていきます。

完成写真

IMG_3034
全体に吹き付けた写真になります。以前の壁の色が暗い色だったため、今回の色で大分明るくなったと思われます。
エントランスは、ビルの顔ともいえるところですので、オーナー様も仕上がりに満足されていました。

ビル修繕工事でお悩みのあるオーナー様は是非オリエンタルホームサービスへお問い合わせください。

担当:大久保 大輔

絨毯からコルクフローリングへの内装工事:習志野市大久保

今回は、絨毯からコルクフローリングへの内装工事の紹介です。


内装工事を施工するにあたって、お客様が重要視する内容は各家庭によって違いがあります。その中で金額が気になるのはもちろんの事ですが、工事内容の中で重要視される項目を挙げるとしたらまずは機能性ですよね。


例を挙げるとしたらキッチンやシステムバスなど、住まれている中で、利便性のある商品を選ぶのは当然なことだと思います。もう一つ重要視するとしたら見栄えも挙げられます。

実際に生活していて常に目に入るものなので、どうせなら好みの色であったり形をしている方が良いに決まってます。今回施工しました床工事も同じです。


機能性や見栄えは、選ぶ商品によって変わります。フローリングであったり、畳であったり、CF(クッションフロアー)など種類は様々です。

様々な床工事の中で、今回の施工内容は、既存の絨毯からコルクフローリングの張り替え工事を行いましたので紹介させていただきます。

P4110194
施工前:この部屋はもともと畳だったので、床鳴りがひどいのが悩みの一つでした。後は、絨毯なので掃除が大変なのが今回施工していただくきっかけでもあったようです。荷物を事前に移動して頂いたので、スムーズに作業に入ることが出来ました。
P4110207
施工中:絨毯撤去後。既存の絨毯は部分的に接着している部分と、グリッパーでおさえているので、撤去していきます。絨毯を剥がす際の注意点は、細かい粉じんが舞うことがあるので慎重に剥がしていきます。
IMG_6810
施工中:コルクを貼っていく際に、厚みが何種類かあるので、敷居との高さ調整を合わせるために、5.5mmのべニアを張りつめていきます。注意点は、各箇所にて高さが違いますので、一番低い部分で合わせていきます。既存の状態によっては段差が生じることもあります。
P4150195
施工中:べニアを貼った後、下地に段差が出来ると仕上がりに支障がでますので、パテ処理を行います。釘頭、繋ぎ合わせの部分を処理します。パテ乾燥後、コルクを貼っていきます。加工部分は、現場にて調整・施工します。
P4160230
施工完了:今回使用しましたコルク(コッパーコルクワックス仕上げコルクタイル)になります。厚みは3.2mmで施工しました。色は、ライトです。価格もリーズナブルで温かみのある床に仕上がりました。
床工事をお考えの方は、気軽にご連絡下さい。

本社:井辺 功太

内装の床工事はオリエンタルホームサービスまでお問合せ下さい。

習志野市鷺沼で階段の手摺(てすり)取付工事をしてきました。

今回は、習志野市鷺沼にて階段の手摺(てすり)を取り付けてきました。
手摺はもともと付いていたのですが、設置高さが低すぎてかえって危ないという事で交換することになりました。
IMG_48451
こちらは施工前の写真です。一見問題は無いように見えますが、上がったところの角部分からの手摺が低すぎて実用性が低くなっています。どちらかというと子供用ぐらいの高さです。

IMG_5188
まずは、元の手摺を撤去していきます。

IMG_51891
この写真でわかると思います。
手摺の付いていた板が膝の高さと変わりません。
これじゃあ怖いですよね。

IMG_51911
施工中の写真です。元の手摺を撤去した状態です。 ここから新しい手摺の高さを決めていきます。

IMG_5192
手摺の高さを施主様と相談して高さが決まったら、取り付ける予定箇所を決めてテープで印を付けていきます。
階段の角度と合わせて傾斜を取ります。
IMG_5194
今回はこの形で決まりました。

一番奥の角のところが微妙な傾斜角度にせざるを得なかったので、施工時は少々複雑な加工してあげなければいけません。

IMG_5198
まず、手摺を取り付ける板を取り付けます。
部材同士を組み合わせる部分の角度を合わせて、切り加工したものを壁に取り付けていきます。

壁の裏側に下地があるところにベースの部材を止めるのですが、都合の良い所に下地が無く大変でした。
※下地:内壁自体を支えている、骨組みに当たる部分。

壁をたたいてみるとコンコンと音が軽い部分とゴンゴンと重い部分がありますが、その音が重い所が壁を支えている下地になります。
体重がかかる部分ですので、壁下地に直結していないと、いざ使うときに取付部分ごと落ちて事故の原因にもなります。

元々の手摺を撤去した時に、変なところに釘を打っているなとは思っていたのですが、案の定でした。

IMG_52002
今度は、手摺の足(取付部)を付けて行きます。

IMG_5203
足がつけ終わったら、順序良く手摺を付けていきます。

IMG_52081
こちらが左側の完成写真です。

IMG_5206
階段を上まで上がったところです。



IMG_5210
作業はまだ全ては終わっていません。
左側の手摺取り付けがまだ少し残っています。

IMG_5215
ただ、こちらは左側と比べると、かなり簡単でしたのであっという間の作業でした。
こうして見るとだいぶ印象が変わりますね。


IMG_52201
最後に滑り止めのステップを付けて終了です。これで安心して二階に行けます。

もし手摺がグラグラしていたり、手摺の高さに違和感を感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。


外壁塗装、屋根塗装、その他、リフォームに関することなら
お気軽にご相談ください

施工エリア

千葉県

千葉市中央区、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市美浜区、千葉市緑区、習志野市、八千代市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、東金市、大網白里市、佐倉市、八街市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、浦安市、四街道市、山武市、富里市、成田市、酒々井町、印旛村、本埜村、栄町、我孫子市、流山市、茂原市、長柄町、長南町

東京都

東京都江戸川区、東京都葛飾区、東京都足立区、他
施工エリア

受付時間/9:00〜19:30 定休日/月曜

©株式会社オリエンタルホームサービス
千葉の外壁塗装・屋根塗装 オリエンタルホームサービス